Samurai Goal

解任


スポンサード リンク





<ザッケローニ>電撃復帰で「森保一監督」3月解任危機 

1: Egg ★ 2020/01/22(水) 07:15:25.71 ID:+vrrqXwU9
「これまでどおり、『日本代表の勝利』『日本サッカーの発展と歴史の継承』、そして『応援してくれる人たちが喜んでもらえるように』という軸を、ぶらさずにやっていきたい」

 U-23アジア選手権に出場した日本は、2敗1分けと惨敗。同大会でのグループステージ敗退は、代表史上初だ。それでも、帰国後の日本代表・森保一監督(51)は冒頭のように話し、続投に意欲を見せた。

「A代表」と「五輪代表」のポストを兼任する森保監督。手腕が疑問視されているのは、A代表でも同じだ。国内組のみのA代表で臨んだ昨年12月の「E-1選手権」では、韓国に敗れ、優勝を逃した。W杯2次予選こそ全勝中だが、森保監督の戦術、采配について、日に日に批判の声が大きくなっている。

「だからといって、すぐに後任を探せる時期ではないんです。Jリーグは開幕に向けて各チームがキャンプ入りしていて、優秀な監督はすでに確保されている。欧州もシーズン真っ最中。フリーの立場の監督は、限られている」(スポーツ紙サッカー担当記者)

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)は1月16日に、「今までどおり変わらない形で」と、森保続投を支持したが、なかなか解任に踏み切れないのには、裏事情がある。

「そもそも田嶋会長が、『オールジャパンの監督にふさわしい』と言って、東京五輪代表と兼任で任命したのが森保さん。それを、五輪間近に解任となれば、田嶋会長自身の任命責任が問われる」(前出・記者)

 人材難と会長のメンツのために続投とは寂しい話だが、「電撃解任の可能性は残されている」とベテランサッカーライターは語る。

「3月27日に南アフリカ、3月30日にコートジボワールと、五輪代表の強化試合がおこなわれる。そこで連敗するようなら、五輪代表監督について、交代問題が再燃する。その時点で五輪本番までは4カ月。

 ロシアW杯直前にも、ハリルホジッチ監督を解任して西野朗氏を “昇格” させた。その前例どおりなら、現在、監督代行を務めている横内昭展コーチ、あるいは、ロンドン五輪で指揮を執った関塚隆技術委員長の内部昇格といった形になる。

 ただ、協会としても毎回のように内部昇格ですませている印象は避けたい」

 そこで、協会内で囁かれているのが、意外な人物の復帰だ。

「じつは、2020年元日の天皇杯決勝に、ザッケローニ元日本代表監督が来場していた。それだけでなく、昨年12月のJ1リーグ最終節でも、横浜F・マリノス対FC東京の試合を観に来ていたんです。『彼と仲のよい田嶋会長が、“視察” を手配した』といわれています。

 昨年まではUAEの代表監督を務めていたが、『UAEでは、ひどい目にあった。給料の遅配は当たり前だし、選手は規律を守らない。その点、日本はすべてが素晴らしい』と協会関係者に漏らすほど、現在も日本協会とは良好な関係。

 東京五輪本番で、彼を日本代表の指揮官に電撃復帰させるという選択肢は、非常に現実的。日本サッカーも熟知していますから」(同前)

 最近は、日本代表戦でもスタジアムに空席が目立ち、テレビ中継の視聴率も苦戦中。前出のスポーツ紙記者はこう話す。

「ファンの関心を引くために、Jリーグで活躍したかつてのスター選手、ストイコビッチやブッフバルトも候補として挙がっているようだ」

 ファンからも、森保続投に疑問の声が上がっている。決断まで残された時間は少ない。少しでも早く、真の “オールジャパン” 体制になれるといいが……。

1/22(水) 6:38配信 フラッシュ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200122-00010001-flash-peo

写真
no title

森保一監督は解任すべきか?→名良橋晃氏「横内昭展さんならOKだが、それ以外はNG」 

1: 豆次郎 ★ 2020/01/17(金) 19:18:23.00 ID:r8xauNed9
J-CASTニュース
1/16(木) 20:22配信
森保一監督は解任すべきか? 名良橋晃氏「横内さんならOKだが、それ以外はNG」

(前半略)

解任すれば「ハリルホジッチ氏の時の二の舞にならないか」

 インターネット上でも批判の声が大きくなっている森保監督。五輪監督からの解任論をどう思うか、名良橋氏は「難しい判断。五輪まで時間は限られている」としてこう話す。

  「解任すべきかどうかは何とも言えない。ただもし解任するとしたら、横内(昭展)さんならOK、それ以外ならNGだろう。森保さんの兼任を解いてA代表のみの監督にし、横内さんを五輪監督にするという判断なら、遅くないと思う。
  
  横内さんは、森保監督より東京五輪世代を見てきた。トゥーロン国際大会でも準優勝という結果を出している。森保監督の隣で支えてきた方なので、戦術の落とし込みは森保監督と共通しており、連続性は保てるだろう」

 横内昭展氏(52)は、森保監督がA代表に帯同している時に五輪代表の監督代行をつとめており、今のチームをよく知る人物。19年6月のトゥーロン国際大会は、決勝で敗れて準優勝だったものの、ブラジル相手にPK戦までもつれ込んだ。同10月に親善試合でブラジルと再戦した時は、3-2で勝利した。

 一方、「横内氏以外はNG」について、名良橋氏はバヒド・ハリルホジッチ氏の解任劇を引き合いにこう話していた。

  「今まったく新しい監督を呼んでも、チーム作りの時間がない。サッカーの中身が変わるとすれば、『今まで積み重ねてきたことは何だったのか』は問われる。実際、ハリルホジッチ氏がロシア・ワールドカップ(W杯)2か月前に解任された時がそうだった。
  
  このまま森保監督が兼任するなら、協会がサポート体制を整えないといけない。もし解任するなら、ハリルホジッチ氏の時の二の舞にならないか、考えないといけない。ロシアW杯はベスト16という結果が出たが、東京五輪でもそうなるかは何も分からない」

(J-CASTニュース編集部 青木正典)

全文はこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000012-jct-spo
no title

<バルセロナ>バルベルデ監督解任を正式発表!後任はセティエン、2022年までの契約締結.. 

1: Egg ★ 2020/01/14(火) 08:53:25.29 ID:2ySeFKYy9
バルセロナは13日、エルネスト・バルベルデ監督の退任を発表。後任にキケ・セティエン氏を迎えたこと発表した。

今シーズン、リーガ・エスパニョーラ首位に立つもののやや安定性に欠けるバルセロナ。さらに、2020年に入ってからは最下位エスパニョールとのダービーでドローを演じ、スペイン・スーパーカップ準決勝ではアトレティコ・マドリーに逆転負けを喫するなど、2試合で勝利なし。これを受け、バルベルデ監督の進退問題が急浮上し、さまざまな憶測が広がっていた。

そして13日、バルセロナは双方合意の下、バルベルデ監督の退任を発表。リーガ・エスパニョーラ連覇をもたらした55歳指揮官だが、クラブを去ることになった。

またバルセロナは、後任にセティエン氏を迎えたことも発表している。契約は2022年までとなる。

61歳のセティエン氏は、2001年にラシン・サンタンデールで指導者キャリアをスタート。その後スペインの様々なクラブを渡り歩き、2017-18シーズンから指揮を執ったレアル・ベティスでは、自身の哲学であるポゼッション・フットボールを前面に押し出し、就任初年度でリーガ6位に導いた。しかし翌シーズンは不振が続き、2019年6月に退任している。

シーズン後半戦に突入したばかりの1月に、大きな決断を下したバルセロナ。現在もリーガ首位を走っている中、この決断は今後にどの影響を及ぼすのだろうか。

1/14(火) 7:35配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00010005-goal-socc

写真
no title

U-23日本代表、森保監督解任は荒療治。その後任候補は? 人材難の中”適任”と思えるのは再び… 

1205Japan_getty-560x373[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 22:10:48.61 ID:qERu1uWr9
【U-23日本代表 1-2 U-23シリア代表 U-23アジア選手権・グループB第2節】

 サッカーU-23日本代表は12日、AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)グループステージ第2節でU-23シリア代表と対戦。同点で迎えた87分に決勝ゴールを許した日本代表は1-2で敗れた。この結果によりグループステージ敗退が決定し、東京五輪前最後の公式戦は悲惨な結果に終わった。

 昨年11月のU-22コロンビア戦の敗戦に続き、今大会の連敗が与えるダメージは大きい。目標とする東京五輪での金メダル獲得はもちろん、グループステージ突破すら現実味が薄いものとなりつつある。少しでも勝ち進むためには、荒療治も検討しなければいけない。つまり、それは森保一監督の解任となる。
 
後任として最も有力なのは横内昭展氏の昇格だろう。
監督代行として、森保監督がA代表を指揮する際は、この年代のチームを率いてきた。
サンフレッチェ広島時代から森保監督を支え、選手のことも熟知している。

横内監督代行が指揮を執った昨年のトゥーロン国際では準優勝、10月のブラジル遠征ではU-22ブラジル代表に勝利するなど、結果を残している。

 技術委員長が監督を務めるという前例も存在する。
しかも、西野朗氏が率いたロシアワールドカップではベスト16に入り、その人事は“成功”している。
つまり関塚隆技術委員長が登板する可能性も否めない。実際、関塚氏は2012年のロンドン五輪でU-23日本代表を率いてベスト4に導いている。
是非はともかくそういう決断が下る可能性も否定できない。

 しかし、内部人事が現状を打破するとは考えにくい。
昨季のJリーグで言えば、ジュビロ磐田は名波浩監督から鈴木秀人監督へ交代したが状態は上向かず。
今季のアーセナルはウナイ・エメリ監督を解任してアシスタントコーチのフレドリック・ユングベリを暫定監督に据えたが、状況は変わらなかった。
くしくも両クラブともに改善が見られたのは、外部から新指揮官を招いた後だった。

 では、外部からの招へいを考えてみる。
ただ、国内での経験がない監督は適任とは言えない。
クラブチームと異なり、指導できる機会はあとわずかしかない。
日本人指導者を中心に考えるのがベターだろう。

松本山雅を8シーズン率いた反町康治氏は、昨シーズン限りで監督を退任した。2008年の北京五輪を率いた経験もある。
しかし、このときは3連敗でグループステージ敗退している。
自国開催のひのき舞台に再び迎え入れるには腰が重い。

 川崎フロンターレと名古屋グランパスを率いた風間八宏氏や、ベガルタ仙台を約6シーズン率いた渡邉晋氏も現在はフリーだ。
ただ、彼らが指向するサッカーを落とし込む時間はあまりないので、両氏の指導力が発揮できる環境とは言い難い。
鹿島アントラーズの監督を退任した大岩剛氏や、ジュビロ磐田を率いた名波浩氏も現在はフリーだが、森保監督の後任に推すほどの材料が見つからない。

 新シーズンを迎えるJクラブは新体制がほぼ固まっている。
実績のある指導者のほとんどは既に仕えるクラブが決まっている。
解任論を叫ぶのは簡単だが、監督を解任すれば問題が解決するわけではない。後任人事とその後のビジョンをセットで考えなければいけない。

Posted on 2020.01.13
https://www.footballchannel.jp/2020/01/13/post357576/

日本サッカー協会・田島会長、森保監督解任の可能性について「仮定の話はしない」 

images




1: ゴアマガラ ★ 2020/01/13(月) 03:09:43.70 ID:8OOV80I59
日本サッカー協会の田島会長が、2連敗で1次リーグ敗退が決まったU-23シリア戦後に取材に応じ、A代表と五輪代表を兼任する中で結果を出せない森保監督について言及した。

 「もちろん今は兼任すること、いろいろなチームでトライしていることはわかっている。だからと言って、負けていいとは思っていないから、
そこはしっかりと森保と話をしたい」と敗退の原因を指揮官と話し合う機会を作ることを明言。解任の可能性を考えるかについては「仮定の話はしない。
基本、すべてに勝っていくのは難しいとわかっている。だけど、負けていいわけではない」と話した。
試合後、田島会長は森保監督、選手たちを前に「最後までもう1試合、胸を張って戦ってほしい。下を向いちゃいけない」と伝えたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-01130024-sph-socc

前スレ 1:2020/01/13(月) 00:47:30.26
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578846397/

アルゼンチン人コーチが語る「僕の国なら間違いなく監督解任」「結果が出ない人はさようならに」 

1: Egg ★ 2020/01/11(土) 00:20:04.00 ID:GLMnqEaW9
 実兄のピチは、あのディエゴ・マラドーナと共にワールドユース東京大会(1979年)で世界一となった右ウイング。息子は、京都サンガから栃木SCへの移籍が決まったエスクデロ競飛王。自身は、元アルゼンチンユース代表&ビーチサッカーアルゼンチン代表であるセルヒオ・エスクデロ。

 最近、川越市のフットサル場で自身のスクールを始めた彼が、韓国に惨敗したA代表に続き、五輪世代もサウジアラビアに完敗した事実について語った。

昨夜のサウジアラビア戦からも日本サッカーの限界が見えてしまいましたね。日本代表は弱いチームを相手にするとそれなりのスコアで勝ちますが、韓国やサウジアラビアなど実力のある国と対峙すると、途端に何も出来なくなってしまいます。サウジアラビア戦は、見るべきものがほとんど無い、非常にお粗末な内容でした。

 日本サッカーの成長が止まってしまったかのようです。サウジアラビア戦を見る限り、<世代交代>なんて何一つ起きていません。サイドを抉るようなシーンもありましたが、クロスの精度がイマイチでした。走って走って頑張ってはいますが、勝てるチームではないですね。

 それに対してサウジアラビアの背番号7、アブドゥルラフマン・ガリーブはペナルティエリアまで切れ込んでいくドリブルも、シュートもパスも良かった。日本にとって危険な選手でした。日本は誰も彼を止められませんでしたね…。

 アブドゥルラフマン・ガリーブのような<怖い選手>が、日本にはいません。試合に変化を付けられる選手、あるいは自分の意志をピッチで表現し、決定的な仕事を成し遂げられる選手の存在が無いーーーそれが、今日の日本代表のもっとも大きな課題です。

 5年ほど前は、本田圭佑、香川真司、乾貴士みたいにピッチの空気を変えられる選手がいたんですがね。そういう個の強さが、今のサムライブルーからは見られなくなってしまった。

 昨日の試合を見る限り、全員がアベレージ以下の日本代表としか表現できません。ボールを止めて、蹴る。それは出来るけれども、監督の指示に従っているだけ。言われたことをこなしているだけで試合は勝てないです。こんな状態で、どうやって五輪でメダルを目指すのでしょうか? 昨日はファンも失望したでしょう。

  

 何度でも言いますが、日本の指導者は教え過ぎです。また、選手を怒ることが仕事だと勘違いしている人が少なくない。日本社会全体が「厳しい指導=いい指導」みたいな錯覚に陥っています。僕の国では、若い選手や幼い選手を頭ごなしに怒鳴ったりはしませんよ。

 そういった日本の風土が今のA代表や五輪代表に繋がってしまっています。指導者がもっと海外の一流国から学ぶ姿勢を出していかないと。ただ、ドイツやオランダやイングランドの真似をしても、日本人には無理なんです。体格もストライドも体の強さも違うんですから。アルゼンチンやスペインなど、体格が似た国のサッカーを模倣するべきです。僕は、日本人には南米のスタイルが合うように感じますね。

 日本人は足裏を使う選手や股抜きを狙う選手がほとんどいませんね。パスで逃げるような選手ばかりが育ってしまっています。止めてパスだけじゃなく、ゴールを目指さないと。

 韓国、サウジアラビア、ベトナムは日本より遥かにシャープな成長曲線を描いていますよ。森保監督の采配についてですが、2試合連続でこういった結果ですから、アルゼンチンだったら間違いなく解雇です。僕の国なら「この状況を打破するには?」という議論が起こり、結果が出ない人はさようなら、となりますね。

 たとえ負けても、いいサッカーを見せていたら、将来に期待が持てるじゃないですが。でも、今のA代表、五輪代表から可能性を感じることは難しいでしょう。ピッチから、選手の迷いばかりが伝わって来ていますね。本当に残念です。

林壮一 | ノンフィクションライター
1/11(土) 0:01
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20200111-00158422/

写真
no title

UAE、ファン・マルバイク代表監督を解任  

20191205-00365581-usoccer-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/05(木) 19:48:41.27 ID:ozpAEX079
アラブ首長国連邦サッカー協会(UAEFA)は4日、ベルト・ファン・マルバイク代表監督(67)の解任を発表した。

前任のアルベルト・ザッケローニ監督の契約満了に伴い、今年3月に4年契約で就任したファン・マルバイク監督。だが、カタール・ワールドカップのアジア2次予選では、4試合を終えてグループGの4位に沈んでいる。

また、アラブ湾岸カップサッカー連盟主催のガルフカップでも、今月2日にカタール代表に4-2で敗れグループ3位で決着。準決勝進出を逃し、成績不振で今回の解任に至ったようだ。

なお、後任に関しては数日中に発表されるとのこと。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00365581-usoccer-socc

W杯予選で大苦戦のイランに衝撃! 給与を一度も払わずにヴィルモッツ監督を解任か 

20191127-00067167-sdigestw-000-6-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/27(水) 16:01:52.55 ID:lYjEbBdw9
ケイロス時代にも同様の問題が
 幾度となく日本代表の脅威となってきたイラン代表が苦境に立たされている。

 現在、行なわれているカタール・ワールドカップのアジア2次予選のグループCで勝点6のイランは、1試合未消化ながらイラク(勝点11)とバーレーン(勝点9)の後塵を拝して3位と苦しんでいる。

 まだ4試合も残されているとはいえ、これ以上の取りこぼしは許されないなかで、由々しき問題が発生している。

 ベルギー・メディア『Sudinfo』は、今年5月に就任したベルギー人のマーク・ヴィルモッツ監督に対して、およそ5か月半の間、イラン・サッカー連盟(FFIRI)が一度も給与が支払っていないという契約違反が続いていると報じた。

 同メディアは、イランの共同通信『IRNA』が、「現地時間11月25日にFFIRIが、予選敗退も現実味を帯びてきた現状から2022年までの契約を締結しているヴィルモッツを双方の合意の下に解任する方針を固めた」と報じたとし、「両者の間に生じた亀裂の原因は、給与を支払っていないイラン側に問題がある」と言及した。

 イラン・メディアやファンから厳しいバッシングを受けているヴィルモッツも、自身のツイッターで、次のようにつぶやいている。

「真実は、イランが犯した重大な契約違反のために、スタッフと私にとって耐え難い状況が作り出されたことだ。この問題に対しては私の弁護士が取り組んでいて、これ以上のコメントはしたくない」

 ヴィルモッツの前任者であるカルロス・ケイロス(現コロンビア代表監督)にも、給料未払いで、国際サッカー連盟(FIFA)に提訴されていたイラン代表。今回の騒動が大事になれば、チームへの影響は計り知れない。

 なお、『Tehran Times』をはじめとする複数の地元メディアによれば、すでに正式解任が時間の問題となっているヴィルモッツの後任には、かつてイラン代表を率いた経験のあるクロアチア人のブランコ・イバンコビッチが指名される可能性が高いと報じられている。

 この身から出た錆によって、イランは2010年の南アフリカ大会以来となるワールドカップ予選敗退を喫してしまうのか――。ペルシャの雄が揺れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00067167-sdigestw-socc

ミラン、ジャンパオロ監督を解任!3勝4敗と黒星先行でクラブ史上最短解任  

20191009-00362671-usoccer-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/09(水) 10:50:27.14 ID:2Ru6bVE89
ミランは8日、マルコ・ジャンパオロ監督(52)の解任を発表した。就任から111日での解任はクラブ史上最短とのことだ。

昨シーズン限りでミランを退任したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の後任として、今年6月に就任したジャンパオロ監督。エンポリやサンプドリアで評価を高め、ロッソネリの指揮官の座を勝ち取ったものの、チームはここまでセリエA3勝4敗と低迷。直近のジェノア戦の勝利で3連敗から脱したが、内容は芳しくなく、不満の声が募っていた。

イタリア『スカイ』によれば、後任には昨季までインテルを率いていたルチアーノ・スパレッティ氏の名が挙がっていたが、2021年まで残っていたインテルとの契約を巡る違約金の関係で合意には至らず、ステファノ・ピオリ氏(53)を招へいする方向とのことだ。

ピオリ氏はこれまでボローニャやラツィオ、インテルで手腕を振るい、直近では2017年夏から2年間フィオレンティーナで指揮を執っていたが、今年4月に突如辞任を発表していた。

ただ、ミラニスタからはインテルで結果を残せなかったピオリ氏の就任をSNS上で反対する声が上がっているとのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00362671-usoccer-socc

柴崎所属デポルティボがアンケラ監督解任 セサル新監督  

20191008-10080199-nksports-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/08(火) 12:02:07.28 ID:2wy9GNFE9
日本代表MF柴崎岳所属のデポルティボ監督が、開幕からわずか10試合で解任された。デポルティボが7日、監督のフアン・アントニオ・アンケラを解任したと発表した。クラブの公式サイトが伝えている。

また、デポルティボは同日、新監督にルイス・アンヘル・セサルが就任したことを発表した。これまでラシン・フェロール、ヒムナスティック・タラゴナ、ポリデポルティボ・エヒド、アルコヤーノ、アルバセーテ、ルーゴ、バリャドリードで監督を務め、昨シーズンは3部リーグ降格の危機にひんしていたテネリフェで最後の4試合を指揮し、チームを見事2部リーグ残留に導いた。

アンケラは今夏、デポルティボ監督に就任したが、チームは2部リーグ開幕から10試合を戦うも、開幕戦でオビエドに勝利してから1度も勝利がなく、6日にホームで行われた第10節アルメリア戦で9試合連続未勝利となっている。その成績は1勝5分け4敗の勝ち点8で降格圏内の20位に低迷している。

アンケラは2部リーグで今シーズン、約1カ月前に解任されたオビエドのセルヒオ・エヘアに続き、2番目に更迭された監督となった。

ヘタフェからデポルティボに今シーズン完全移籍を果たした柴崎は、アンケラ指揮下の開幕からの10試合中8試合に出場し、その全てをスタメンでプレーし1アシストを記録している。

柴崎はアンケラ最後の試合となったアルメリア戦、後半45分まで出場した。スペイン紙アスの評価は2点(最高3点)で、チームの中でベルガンティーニョスと並び2番目に高い評価を受けた選手となった。

チームが新監督を迎えた中、柴崎は日本代表でW杯予選2試合を戦うため、13日に行われる次節ラス・パルマス戦を欠場しなければならない。

(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-10080199-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索