Samurai Goal

観客


スポンサード リンク





スタジアムに観客がいないとサッカー選手のケンカが減少することが判明 

スクリーンショット 2021-01-29 18.17.36




1: 2021/01/28(木) 23:52:15.73 _USER9
2021年01月28日 23時00分 サイエンス

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、世界各地のサッカー場では無観客試合が行われています。こうした試合で発生した感情的な口論や審判への抗議の回数を調べた研究により、「観客がいない試合では試合中のサッカー選手や関係者の間の衝突が減る」ことが確かめられました。

Analysis System for Emotional Behavior in Football (ASEB-F): matches of FC Red Bull Salzburg without supporters during the COVID-19 pandemic | Humanities and Social Sciences Communications
https://www.nature.com/articles/s41599-020-00699-1

Absence of supporters during football matches associated with fewer altercations on pitch | EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases/2021-01/s-aos012121.php

Empty football stadiums have made players, and coaches more polite | Daily Mail Online
https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-9185353/Empty-football-stadiums-players-coaches-polite.html

COVID-19対策として、オーストリアのサッカーリーグであるサッカー・ブンデスリーガでは無観客での試合が多く行われています。これについて、ザルツブルク大学の心理学者であるマイケル・レイトナー氏は、「観客がいない試合、いわゆる『ゴーストゲーム』がスポーツに参加する人の行動に与える影響を知るまたとない機会です」とコメント。FCレッドブル・ザルツブルク(RBS)の行った無観客試合を対象とした研究を行うことにしました。

研究に使用されたのは、観客が入った状態で開催された2018~2019年のシーズンのプレー10試合と、ゴーストゲームとして開催された2019~2020年のプレー10試合、合計20試合分のデータです。レイトナー氏らは、全20試合のプレー映像を「サッカーにおける感情行動分析システム(ASEB-F)」で分析し、試合中に選手や審判の間で行われた口論などの感情的な行動を分析しました。

その結果、観客がいない試合では相手チームの選手や審判に対する感情的な行動が、観客がいる試合より19.5%も少ないことが確認されました。また、選手だけでなく審判も、感情的な状況に積極的に加わる回数が14.2%減少しました。

分析では、感情的な行動の回数だけでなく、時間も短くなったことが分かっています。観客がいる試合では、選手・審判・スタッフが感情的な行動に関与した時間は合計で41分42秒でしたが、ゴーストゲームでは合計27分9秒しかありませんでした。

この結果について、レイトナー氏は「サポーターからの外的要因がないことで、選手やスタッフは頻繁に落ち着きを取り戻すようになりました。また、言い争いになることが4.7%減少、議論が白熱することも5.1%減少しました」と述べました。

レイトナー氏によると、ゴーストゲームでは観客ありの試合に比べて「チャンスを逃した後悔」と「抗議行動」などが増えていた一方で、口論や他の選手や審判を巻き込んだ議論は全て減少していたとのことです。

また、この研究ではほかにも、観客の有無が試合の内容や成績にも影響を与えることが分かっています。論文の共著者であるファビオ・リッチラン氏は「RBSは2018~19年のシーズンでは10試合で28点を決めていたのに対し、2019~2020年では36点と、全体から見て6.1%増にあたる8点の点数増となりました。この傾向は、両シーズンの間に行われたチャンピオンシップグループの全120試合でも同様で、合計95点のゴールが記録された以前の結果に比べ、ゴーストゲームで行われた試合では20%も多い合計114点の得点が記録されました」と述べました。

レイトナー・リッチラン両氏は論文の中で、「今回の研究のデータは、1つのサッカークラブの試合に集中しているため、研究結果が普遍的かどうかを調べるにはさらなる研究が必要です」と指摘。その上で、「私たちの研究により、サポーターの不在は選手やスタッフ、審判の行動に多大な影響を与えることが示されました」と結論付けました。

https://gigazine.net/news/20210128-football-absence-supporters-less-emotional-behavior/

天皇杯&全国高校サッカーのチケット販売中止 ルヴァン杯決勝は『観客2万6000人』で開催へ 

スクリーンショット 2020-12-25 9.40.17




1: 2020/12/24(木) 22:27:16.40 _USER9
国立競技場

 新型コロナウイルス拡大防止のため、政府が23日に東京都などの感染拡大地域を対象に、1月11日までの大規模イベントの入場者上限を5000人に戻す方針を示したことを受け、正月前後に開催されるサッカーイベントが24日、次々とチケット販売を中止した。

 12月31日開幕の全国高校選手権は、9日の準決勝と11日の決勝(ともに埼スタ)のチケット販売を行う予定だった。しかし、この日ホームページで観客を保護者・学校関係者などの「応援団」に限定すると発表。イベント制限は東京都が対象だが、「競技(試合)を開催することを第一とし」、チケット販売を中止すると決めた。

 天皇杯も12月27日の準決勝(等々力など)のチケット販売をこの日で終了。26日から予定されていた1月1日の決勝(国立競技場)の一般販売を中止すると決めた。すでに購入済みのチケットは、各試合の前日まで払い戻しを受け付ける。

 なお、すでにチケットが完売した1月4日のルヴァン杯決勝のFC東京―柏(国立競技場)は、予定通り2万6000人の観客を迎えて開催する。この日、Jリーグの村井チェアマンは「ご来場の方におかれましても、一層の感染対策へのご協力をお願い申し上げます」とコメントし、感染の予防を呼びかけた。

中日スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e0810d4f55904f1713dfd7f583bcde4cf097a92
12/24(木) 20:23配信

Jリーグ、プロ野球とも予定通りに10日から、5000人を上限に観客を入れて開催していく方針を確認 

20200407-00372851-usoccer-000-1-view




1: 2020/07/06(月) 13:27:23.71
サッカーJリーグとプロ野球による「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第11回会合が6日、オンラインで開かれ、無観客で試合を実施しているJリーグ、プロ野球とも予定通りに10日から、5000人を上限に観客を入れて開催していく方針を確認した。

「全試合見たいぐらい」 リーグ再開にファン興奮―サッカーJ1

東京都では再び感染者が増えているが、専門家チームは爆発的な市中感染ではなく、特定の場所などで感染が多いとの認識を示した。座長の賀来満夫・東北医科薬科大特任教授は「完全なゼロリスクはない。感染状況を見ながら、社会活動を回してリスクコントロールしていく必要がある」と説明した。
 
政府指針では、8月1日から収容人数の50%以内の入場が可能になる。連絡会議では今後の感染状況を見極めながら20日前後に判断するとしたが、プロ野球の斉藤惇コミッショナーは「よほどのことがない限り8月1日のラインは崩れていないと理解して準備していく」と述べた。
 
各チームで定期的に実施しているPCR検査については経済的に負担が大きいことから、専門家チームは、半額程度で済み、15~30分で判定できる抗原検査の将来的な導入も議論していくとした。

2020年07月06日12時45分 時事通信
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020070600461&g=spo

関連スレ
【プロ野球】7・10から観客5000人変更なし 8・1から数万人へ拡大は専門家が20日前後に再検討へ [首都圏の虎★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594007269/

観客1070人?韓国で開催中のサッカーE-1選手権で日本人記者が驚く=韓国ネット「韓国は野球の国だから」 

20191212-058691069[1]




1: ガラケー記者 ★ 2019/12/13(金) 13:05:03.17 ID:CAP_USER
2019年12月12日、韓国・スポーツ朝鮮は、11日に行われたサッカーのE-1選手権の韓国対香港の試合について「1070人、日本人記者の鋭い質問『どうしてこんなに観客が少ないんですか』」と題する記事を報じた。

記事は、韓国の釜山アジアドメインスタジアムで行われた同試合の客席を「ガラガラ状態だった」と表現。取材に来ていた日本人記者から「どうしてこんなに観客が少ないのか」との質問が出たと伝えている。同競技場の収容人数は5万3000人余りだというが、この試合の観客は1070人だったという。

記事は原因の1つに「気温」を挙げ、「試合が行われた時刻は13度だった」と説明。また、「大気汚染も悪化しており、屋外でスポーツを観戦するにはあまり良い環境ではなかった」とした。さらに、「韓国(FIFAランキング41位)と香港(同139位)の実力差が大きく、これまでの対戦成績も韓国が20勝2敗5分けと圧倒的に優位だったことも関心度を下げた」「ソン・フンミンやイ・ガンインら欧州組のスター選手の不在も関心の低下につながった」とも指摘している。

韓国のネットユーザーからは「韓国は(サッカーより)野球の国だから。野球の中継はしてくれるけど、サッカーはそうじゃない。ベトナムとの試合やW杯の本選くらにならないと中継してくれない」「地上波で中継もしてくれない、お知らせもしてくれない。そんな大会を誰が見ると思う?負けたら叩かれるし、勝っても称賛されない大会。それなら強い国との親善試合の方がレベルアップの面でもいいだろう」「代表といっても国内の1.5軍並み。それなら日本のように五輪代表が来年の練習として出るべきだったんじゃない?」などと指摘する声が寄せられている。

記事によると、前出の日本人記者は18日に行われる日韓戦についても「観客が集まるのか」と不安を漏らしたという。
Record china
2019年12月13日(金) 12時20分
https://www.recordchina.co.jp/b766546-s0-c50-d0127.html

決定的動画! ネイマール、観客にパンチ 「最低だ」「処分されるべき」「史上最悪」と波紋広がる 

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/28(日) 14:29:40.13 ID:FTk9iwFy9
2019.04.28 THE ANSWER編集部
https://the-ans.jp/news/59453/
no title


フランス杯決勝後にまさかの行動、海外メディアが決定的瞬間を公開

 海外サッカー、フランスリーグ1部パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールの行動が波紋を呼んでいる。
27日(日本時間28日)のフランス杯決勝で5連覇を逃した試合後、表彰に向かう際、観客に対してパンチを入れるようなシーンを海外メディアが動画付きで公開。決定的瞬間に対し、海外ファンに「彼は処分されるべきだ」「最低だ」と辛辣な声が広がっている。

 PK戦の末に5連覇を逃した試合後だった。表彰式のためにスタンドを上がっていく際、ファンからハイタッチを求める手が待つ中、途中で足を止めたネイマール。
スマホで撮影していた通路側の男性に何か言われたのか、挑発的な表情で何やら言葉を返す。そして、相手の肩から顔付近を目がけ、押すような形で右手を出した。周囲も一瞬、何が起きたのかわからない様子だった。

 怪我をさせるようなものではないが、褒められるものではない振る舞い。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」スペイン語版公式インスタグラムが決定的瞬間を動画付きで公開すると、目撃した海外ファンから「彼は処分されるべきだ」「最低だ」「彼はチームから抜け出す方法を探しているんだ」「史上最悪のブラジル人サッカー選手」など波紋が広がっている。

動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1122268475207057408/pu/vid/636x360/DEQev9EXxyJrTXFM.mp4

ピッチに乱入した観客が選手を暴行→そのままプレー続けて決勝点もぎとる イングランド2部 ※動画  

1: ばーど ★ 2019/03/13(水) 11:50:38.18 ID:tKDGX2Y59
百戦錬磨の「10番」の選手も、ボールを持っていない時に後ろから殴られるとは思ってもみなかっただろう。

【動画】英サッカー、ピッチに乱入した観客が選手を暴行→そのままプレー続け決勝点を決める
https://www.youtube.com/watch?v=J2w3bTpcc6A



3月10日に開催されたサッカーのイングランド2部リーグ、バーミンガム・シティーとアストン・ヴィラの試合で、ピッチに乱入した観客から選手が暴行を受ける一幕があった。

イギリスの新聞・ガーディアンによれば、試合開始からわずか9分、観客がピッチに乱入し、アストンヴィラのキャプテン・ジャック・グリーリッシュ選手に暴行。その後、暴行したファンは警備員に捕えられた。

男性が選手めがけて一直線に駆け寄り、首をめがけて強烈なラリアットを掛けているように見える。その後両チームの選手たちが入り乱れ、乱闘騒ぎとなった。

幸いにもグリーリッシュ選手にけがはなく、そのままプレーを続行した。

すると、この後に驚きの展開が待っていた。

暴行を受けたグリーリッシュ選手が、この試合で唯一の得点となる決勝点を決め、アストン・ヴィラが1-0で勝利を収めたのだ。

試合後、暴行を受けたグリーリッシュ選手に対して、ライバルチームのバーミンガム・シティーは声明を発表し、謝罪した。

熱狂するダービーマッチで「悲劇」のヒーローが、一転チームを勝利に導いた。

サッカーの神様が、事態をしっかりと見ていたのだろうか。

3/12(火) 12:24
ハフポスト日本版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00010003-huffpost-soci
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索