Samurai Goal

視聴率


スポンサード リンク





視聴率10%割れは当たり前…森保ジャパン続投に嘆くTV局、笑う韓国 

1: ばーど ★ 2020/01/21(火) 06:40:19.11 ID:6GqHzjd09
 すでに臨界点を超えている。サッカー・U-23日本代表・森保一監督への批判が一向に鳴り止まない。

 チームはタイで行われたU-23アジア選手権で史上初の屈辱となる1次リーグ敗退。開催国特権で出場できる東京五輪への試金石となる同大会で大恥をかく結果に終わりながら、何の責任も問われないまま森保体制が本番まで継続される見込みとなった。極めて無責任な日本サッカー協会の監督人事が日本国内からの大ブーイングはもちろんのこと、世界中でもハレーションを引き起こしている。

■ それでもJFA会長は「森保続投」の意思

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は森保監督の去就について「結果は満足できないが・・・。負けることも絶対にプラスになる。今まで通り全く変わらない形でサポートしていくつもり」などと強い口調でコメント。基本的には技術委員会の議論を待つとしながらも早々と田嶋会長自ら森保体制の続投を強く支持し、釘を刺した。これに追随するかのように他の理事からも特に異論は出ておらず事実上、メスすら入れることなく現状維持の方向性が固まっている。

 この「森保続投」が周囲から激しい反発を受けているのも無理はない。熱心なサポーターだけでなく、世の一般層の多くの人たちもU-23アジア選手権における日本の無様な惨敗には怒り心頭の様子である。ネット上でも森保監督への辞任要求が今も沸き起こり続けていることを考えれば、安易な続投内定は日本サッカー界を地獄の淵に引きずり込む危険性をはらんでいると言えるだろう。
.

 いや、もうすでに崩壊の一途を辿りつつあるのかもしれない。森保監督の手腕のなさは、U-23日本代表だけでなく兼任監督を務めるA代表でも証明されてしまっているからだ。

 昨年12月18日に韓国・釜山で行われたE-1選手権の最終戦で森保監督率いるA代表は韓国代表に0―1で完敗。スコアだけ見れば確かに僅差だが、試合内容ではその差が明らかで韓国の前にほぼ何もできず屈した。引き分け以上で2013年大会以来2回目の優勝が決まる有利な状況だったものの、結局は相手の韓国に3大会連続5度目の優勝を奪われる屈辱の結末となった。

 V逸した指揮官は「選手も個々のケアをする中で強度が足りず、相手に上回られたのかなと思う」と述べていたが、韓国よりも前の試合から1日多い中3日で臨めていた状況であったことを考えれば明らかな詭弁である。

■ 視聴率10%割れは当たり前の森保ジャパン

 とにかく森保監督には、この手の的外れな言動が多い。各試合における細かい点は割愛するが、有識者たちから再三に渡って指摘されているように戦術もナンセンスなことが多く、果たして選手たちの理解を得られているのかも甚だ疑問である。こうなると兼任監督としての技量は疑わしいと言わざるを得ない。

 話を戻すが、今回のU-23アジア選手権でチームを率いた時も理解し難い「?」があった。

 1次リーグB組最終戦でU-23カタール代表と引き分けた際、前半終了間際にMF田中碧(川崎F)が一発退場。球際での競り合いで相手選手と接触し、主審は笛を吹かずに試合続行となっていたものの結局VAR判定で危険と判断されて覆ってしまい、レッドカードを食らった。ところが世界中のメディアも試合後に「疑惑の退場」と糾弾した判定に対し、その直後の森保監督は何の抗議もせずじまい。まるで他人事のような振る舞いを見せたことにネット上では批判が頂点に達した。

 ちなみにU-23アジア選手権でも、そして昨年末のE-1選手権でも森保監督は両代表に海外組を招集しなかった。両大会終了後、それぞれの敗因を分析した中において、いずれもベストメンバーで臨めなかったことを匂わせるような発言まで指揮官は口にしていたが、いやはや何とも情けない限りだ。責任逃れも、ここに極まれりである。

以下ソース先で

1/21(火) 6:01
JBpress
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200118-00059022-jbpressz-life
no title

<U―23アジア選手権1次リーグB組「日本―カタール戦」(後9・54)>のー平均視聴率は8・6%! 

20200116-00000136-spnannex-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/16(木) 12:41:35.18 ID:9FKbYJAR9
テレビ朝日が15日に生中継したサッカーの東京五輪予選を兼ねるU―23アジア選手権1次リーグB組「日本―カタール戦」(後9・54)の平均視聴率は8・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが16日、分かった。

 12日のシリア戦で敗れ、1次リーグ敗退が決定した日本。カタール戦は、前半終了間際に不可解なVAR判定によってMF田中碧(21)が一発退場。後半28分にFW小川航基(22)が今大会初ゴールを記録して先制したが、同32分に日本のペナルティーエリア内でMF斉藤が相手選手を倒したとしてPKの判定。ここで再びVARチェックが入るが主審は映像を確認せず、このPKを決められ1―1の引き分けに終わった。

 なお、9日に同局で生中継された同大会の初戦「日本―サウジアラビア戦」(後10・05)の平均視聴率は8・7%、2戦目のシリア戦(後10・05)は8・8%だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00000136-spnannex-socc

【衝撃の結果】サッカー森保ジャパン 視聴率5試合連続1桁 

images000




1: 名無し募集中。。。 2020/01/07(火) 21:54:32.67 0
11/19火 *8.6% 19:20-21:24 CX* キリンチャレンジカップサッカー・日本×ベネズエラ
12/10火 *6.8% 19:25-21:29 CX* 東アジアE-1サッカー選手権・日本×中国
12/14土 *6.6% 19:25-21:24 CX* 東アジアE-1サッカー選手権・日本×香港
12/18水 *7.9% 19:25-21:24 CX* 東アジアE-1サッカー選手権・日本×韓国
12/28土 *5.6% 19:20-21:24 NTV キリンチャレンジカップサッカー・U-22日本×U-22ジャマイカ

2019年もスポーツ番組が高視聴率 1、2位はラグビー、野球•サッカーは… 

20200106-00000049-dal-000-8-view[1]




1: 牛丼 ★ 2020/01/06(月) 14:39:44.61 ID:UjA2Mrps9
2019年もスポーツ番組が高視聴率 1、2位はラグビー、大坂なおみも…

 2019年の年間高世帯視聴率上位30番組が6日、分かり、1位はラグビーワールドカップ2019の「日本対南アフリカ」戦(NHK総合)の41・6%だった。2位もラグビーワールドカップの「日本対スコットランド」戦(日本テレビ)の39・2%だった。

 やはり2019年、お茶の間を席巻したのはラグビーだった。ラグビーワールドカップは上位30番組の中で、サモア戦(日本テレビ)も32・8%で11位。南アフリカ戦は、21時16分からの24分間でも24・1%で28位となっている。

 他にもスポーツ中継は注目度が高く、ラグビーの他にも全豪テニス女子シングルス「大坂なおみ対ペトラクビトバ」(NHK総合)が32・3%で12位。箱根駅伝(日本テレビ)も復路が32・1%で13位、往路が30・7%で15位。また朝乃山が優勝した大相撲夏場所千秋楽(NHK総合)も26・3%と高い数字。千秋楽は米国のトランプ大統領が生観戦したことでも注目を集めた。

 また、世界フィギュアスケート選手権の男子フリー(フジテレビ)も24・3%で27位だった。

 歴代ワーストだったNHKの「第70回NHK紅白歌合戦」は2部が37・3%で4位だった。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000049-dal-spo

<箱根駅伝をめぐる思惑>上回る視聴率を上げたのは、サッカー(49%)フィギュア(34%)ラグビー(42%) 

1: Egg ★ 2019/12/28(土) 23:18:18.36 ID:UdJ/NaEt9
正月の箱根駅伝は視聴率No.1のスポーツ番組
no title


もうすぐ今年も終わりです。年末年始は家でゆっくりテレビを観て過ごす人も多いでしょう。そのような人向けに、スポーツ番組は人気コンテンツの1つです。

年末年始に放映されるスポーツ番組の中で、最も視聴率が高いのが「東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)」です。毎年1月2日と3日に日本テレビ(系列局含む)で放映されますが、概ね28~29%の視聴率を上げています。

しかも、この高い視聴率を30年近くの長きに渡って続けていることに驚かされます。さらに、今年(2019年)は久しぶりに30%を超えました(1月2日:30.7%、1月3日:32.1%)。

テレビ離れが顕著な現在、箱根駅伝は間違いなく“超”が付くドル箱コンテンツと言えましょう。

ちなみに、ここ数年のスポーツ番組で、箱根駅伝を上回る視聴率を上げたのは、2018年サッカーW杯の日本代表戦(コロンビア戦:48.7%、ポーランド戦44.1%等)、2018年冬季五輪ピョンチャン大会の男子フィギュアスケート(33.9%)、まだ記憶に新しい2019年ラグビーW杯の日本代表戦(南アフリカ戦:41.6%等)くらいしかありません。

しかも、これらは全て4年に1度開催される大会であり、ある種の“瞬間風速”に過ぎません。こうしたことからも、箱根駅伝は視聴率No.1のスポーツ番組と言っても過言ではないのです。

それにしても、なぜ箱根駅伝の人気はこうも高いのでしょうか? 

地方大会の1つである箱根駅伝は、事実上は真の大学王者決定戦

箱根駅伝は、「全日本大学駅伝」「出雲駅伝」とともに学生三大駅伝大会の1つです。しかし、箱根駅伝の出場校は関東陸上連盟の大学に限定されているため、ハッキリ言うと、地方大会の1つに過ぎません。

ただし、大会の格としては圧倒的な最上位であり、事実上、”箱根駅伝の勝者=真の大学王者”と見なされていると断言できます。

箱根駅伝が最上位に位置付けられている理由の1つが、その走行距離の長さと険しさです。往復で約217kmは、全日本(約107km)や出雲(約45km)を大きく上回ります。

そして、テレビ視聴者を釘付けにするクライマックスが、過酷な箱根の山登りである「第5区」でしょう。過去、第5区では途中棄権を含む数々の壮絶なドラマが繰り広げられ、“山の神”と称された山登りスペシャリストのスター選手が何人も登場してきました。

テレビ番組として、商業的な成功を導く多くの要素が含まれているのです。

12/28(土) 11:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00015131-toushin-bus_all

【視聴率】サッカーE-1男子優勝決定日韓戦、週間スポーツ8位にランクイン!7.9%と判明 ※依頼あり  

news_20180723172037-thumb-autox380-141389[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/25(水) 11:04:17.16 ID:aJKGLqF39
 
※国際Aマッチデーではありません

詳細はリンク先をご覧ください。

[視聴率データ]週間高世帯視聴率番組10.
VOL.51 2019年 12月16日(月)~12月22日(日)
7.スポーツ【関東地区】
https://www.videor.co.jp/tvrating/
ビデオリサーチ


※その他の娯楽番組10位の視聴率は12・8%


関連スレ

全日本なわとびかっとび王選手権とサッカー日本代表国際AマッチE-1男子優勝決定日韓戦の視聴率、翌日11:00現在報道なし
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576721399/
(同時間帯番組などの情報はこちら)

【視聴率】サッカー日本代表国際AマッチE-1選手権男子 中国戦6・8% 香港戦6・6% サンデースポーツ上回る ★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576706193/

【視聴率】<焼き豚VSサカ豚論争終結へ>サッカー日本代表国際Aマッチキリンチャレンジカップベネズエラ戦は8・6% ★10
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575104116/


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★249
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577119481/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E9%8E%E7%83&ita=8&creator=Egg
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%B5%E3%83%E3%AB%E3%BC&ita=8&creator=%E7%A0%E6%BC%A0

サッカー代表の視聴率6.6%ωωωωωωωωωωωωωωωω  

images000




1: 風吹けば名無し 2019/12/18(水) 16:02:14.52 ID:ZIfrfqCR0
前はこんな大会でも15%余裕で取ってたのに

サッカーA代表のゴールデンタイムの試合が、2試合続けて視聴率一桁だったらしいんだけど  

7e1bb677-s




1: 名無し募集中。。。 2019/12/11(水) 13:58:07.21 0
本当?

放映権料って結構高くなかった?

10日開幕・東アジアE-1選手権 “異質”森保ジャパンにフジが悲鳴「このメンバーでどう盛り上げろと…」  

20191205-00000021-tospoweb-000-3-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/12/05(木) 19:51:37.64 ID:qF3c32LP9
森保ジャパンでまたもや“惨劇”が繰り返されるのか。東アジアE―1選手権(10日開幕、韓国)に臨む森保ジャパンのメンバー22人が発表となり、大量10人もの選手が初選出された。
来夏の東京五輪に備えてU―22世代の強化に重点を置いた結果、スター選手不在という異例のチーム編成に大会を中継するフジテレビも悲鳴を上げるなど、各方面に大きな影響を与えそうだ。

発表された日本代表メンバーを見て多くのファンがネット検索したのではないだろうか。森保ジャパンが臨む東アジアE―1選手権は国際Aマッチデーではないため、欧州組が不参加。
国内組での編成となったが、明らかに“異質”なメンバー構成となった。

 昨夏のロシアW杯出場など実績がある好調のMF宇佐美貴史(27=G大阪)やDF槙野智章(32=浦和)が選外となり、代わりに大量10人が初選出。
J1得点ランキング首位のMF仲川輝人(27=横浜M)こそ順当と言えるが、FW田川亨介(20=FC東京)やMF相馬勇紀(22=鹿島)は所属クラブでも定位置を確保できていない。

来夏に向けた東京五輪世代の強化を優先したメンバー編成という森保一監督(51)は「ここで経験値を上げてもらうことが、後の大きな成果につながる」ともくろむが、
A代表の華やかさに欠けるのは明らか。大会はフジテレビ系で中継されるが、モロに影響を受けそうだ。
「ただでさえ国内の選手だけなのに、正直このメンバーでどう盛り上げろというのか…」とフジテレビ関係者はタメ息をつく。

 森保ジャパン発足後は視聴率が伸び悩んでいる中、11月にフジテレビ系が中継した国際親善試合ベネズエラ戦はMF南野拓実(24=ザルツブルク)やMF久保建英(18=マジョルカ)ら欧州でプレーする主力組が不参加だった影響もあり、
1―4と惨敗。視聴率はついに2桁を割り込む8・6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と衝撃的な数字にまで落ち込んだ。

昨年夏のロシアW杯後、エース本田圭佑(33=フィテッセ)や主将のMF長谷部誠(35=Eフランクフルト)が代表を引退し、
人気低迷が叫ばれる状況でのメンバー選考に「(視聴率も)2桁いったら御の字だね。5~6%とかいうことにならなければいいけど…」と前出の関係者は、先行きを危惧していた。

 日本代表の人気が定着した1993年のJリーグ創設以降はお目にかかったことがないような低視聴率を“叩き出す”ことになるのか。
巨額な資金を提供している多数のスポンサーを抱える日本代表だけに、今大会の“結果”次第では大きな波紋が広がりかねない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00000021-tospoweb-socc

森保ジャパン、人気ない。スタジアムに空席、視聴率はついに1ケタも…  

20191202-00000019-sasahi-000-4-view[2]




1: ひかり ★ 2019/12/02(月) 22:01:17.35 ID:3rCG7ePq9
 日本中が熱狂と興奮に包まれた2018年ロシアワールドカップから1年半。サッカー日本代表を取り巻く状況が厳しさを増している。2019年は1~2月のアジアカップ準優勝というまずまずの成績からスタート。
9月から始まった2022年カタールワールドカップアジア2次予選も前半戦4連勝と取りこぼすことなく来ているのに、森保ジャパン人気は高まるどころか、盛り上がりに欠ける印象が否めないのだ。
 
 それを如実に表しているのが、テレビ視聴率。11月14日の2次予選・キルギス戦の地上波平均視聴率(関東地区)は10.6%(以下ビデオリサーチの公開データ参照)と辛うじて2ケタをキープしたものの、
現代表の主力である長友佑都、吉田麻也、南野拓実、大迫勇也らを欠いた19日の親善試合・ベネズエラ戦に至っては8.6%と、とうとう1ケタまで落ち込んでしまった。

 川島永嗣や柴崎岳、原口元気といったロシア16強戦士が揃ってピッチに立ったにもかかわらずこの数字とは、サッカー業界全体のショックは大きかった。

 9~11月に開催されたラグビーワールドカップで日本代表が大躍進したこと、2020年東京五輪が近づき、陸上や水泳、バドミントンや卓球などメダル有力競技への関心が高まっていることも逆風になっているのか、
サッカー人気が相対的に落ちているのは事実のようだ。11月18~24日のスポーツ番組の平均視聴率を見ると、大相撲九州場所、NHK杯フィギュアと人気スポーツが上位にランクイン。ベネズエラ戦がこれらより
下というのは仕方ないが、今回は全日本実業団女子駅伝やエリエールレディスオープンゴルフよりも数字が低かった。

 日本代表が前半から4失点を喫する惨敗も苦境に追い打ちをかけ、ネット上では「かつては20%が当たり前だったサッカーがついに1ケタか」「サッカーももう終わったな」「見たい選手がいない」などという
書き込みが相次いだ。こうした一般人の反応は観客動員数にも表れており、2019年の親善試合は満員にならない試合が目立つ。
 2次予選初戦・ミャンマー戦直前に行われた9月5日のパラグアイ戦はアクセスの悪いカシマスタジアムでの平日夜開催ということもあったが、2万9071人と3万人を割ってしまった。日本サッカー協会の田嶋幸三会長は
「代表チームがヤンゴンにすぐ移動できるように鹿嶋開催を選んだ」と説明していたが、ここまでスタンドが閑散としていたのは近年稀に見る出来事だった。

「本田圭佑や長谷部誠、香川真司といったロシアまでのスター選手が揃って代表から去り、『本田ロス』『長谷部ロス』『香川ロス』と言われるように、今は目玉選手がいない。ここまでスターらしいスターがいないのは、
93年にJリーグが発足してから初めてと言ってもいいかもしれない。期待の18歳・久保建英もA代表ではまだ出番がほとんどなく、所属のマジョルカでのインパクトも今一つ。他にお客を呼べる選手がいないとなると、
森保ジャパンの不人気に拍車がかかるのもやむを得ない」と長年、日本代表に携わる関係者も頭を抱えている。

 加えて、森保監督のスター性不足を指摘する声も上がっている。93年10月28日の『ドーハの悲劇』を経験したレジェンドであり、指揮官に転じてからはサンフレッチェ広島を3度もJリーグ優勝に導いた彼は、
非常に真面目で人当たりがよく、周囲の信頼も厚い。森保批判をする関係者はまずいないという。しかしながら、「発言が地味すぎて面白味に欠ける」「内容も(現役時代のポジションである)ボランチらしく守りの姿勢で
リスクを回避する」といった意見も聞こえてくる。

 指揮官自身もそのことを自覚しているのか、しばしば記者会見で「面白いことを言えなくてすみません」と苦笑いしながら自ら詫びることもあるが、歯に衣着せぬ発言でズバリ指摘してきたトルシエやハリルホジッチに比べると
物足りなく、ジーコやザッケローニ、岡田武史やオシムのような存在感も乏しい。また、日本代表の非公開練習の多さ、選手取材対応日の少なさも相まって「強く、魅力ある代表」を発信できていない点も問題ではないだろうか。
 代表人気低下の影響もあるのか、11月のキルギス戦でお披露目された2019-20年用の新ユニホームの売れ行きも芳しくない模様だ。

以下略ソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00000019-sasahi-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索