Samurai Goal

西野朗


スポンサード リンク





「ハリル×西野」共通点は“緊急就任!?”二人の大きな差とは? 

20180409_7858-1
1 2018/06/09(土) 23:46:45.13 _USER9
八百長疑惑でアギーレ監督が解任されるという前代未聞の事態を受け、バヒド・ハリルホジッチ氏(65)が新監督に就任した。

日本サッカー協会からのオファーに本人が首を縦に振るまで、2週間かかった。
2015年3月13日の就任会見で「2週間でいろんなディスカッションをして決めた」と明かしたハリル氏は、「私は負けることが大嫌いだ。

負けて病気になったこともある」と強調。この頃日本代表はFIFAランキング50位台をウロウロしていたが、
「私は(監督として)アルジェリア代表を17位まで引き上げた。少し時間をくれ。必ず日本代表を引き上げる」と約束した。もっとも、現在の日本代表のFIFAランキングは60位に落ちている。

現役時代はユーゴスラビア代表の頼れるストライカーで、ハンサムな顔立ちと半端でない実力を兼ね備えたアイドルサッカー選手だった。

自らカフェやレストランの経営にも乗り出したが、ボスニア紛争(1992-95年)の戦火で全てを失った。
「あの頃の話はしたくない」と口をつぐむが、護身用の銃が暴発し下半身に大けがを負ったこともあったという。95年に一家でフランスに移住。
パリの小さなアパート住まいから始め、各国のクラブで監督として実績を積み上げながら、今の地位まで成り上がった。

ハリルホジッチ監督も就任当初は、現在の西野朗監督(63)同様、緊急登板だった。3カ月後にはW杯アジア2次予選が控えていた。

そこで徹底したのが管理主義だ。頭ごなしに「Jリーグの選手の9割は体脂肪に問題がある」と言い切り、
「サッカー選手の体脂肪は9%が理想。12%を超えた選手は代表のリストから外す」と厳命した。

MF宇佐美(現デュッセルドルフ)は体脂肪ノイローゼに陥り、記者が別の代表選手にJリーグのスポンサーである菓子メーカーのビスケットを勧めたところ、
「こんなの食べたら、またハリルに怒られるよ」と拒まれたこともある。日本代表に常にピリピリした空気が流れるようになった。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

夕刊フジ / 2018年6月9日 17時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/00fujispo1806060006/

西野「危機感全く感じない」“強がり発言?”その言葉の真意とは... 

no title
1 2018/06/10(日) 03:12:54.70 _USER9
西野監督、2戦2敗も「危機感まったく感じてない」

<国際親善試合:日本0-2スイス>◇8日◇スイス・ルガノ

 ワールドカップ・ロシア大会に出場する日本は、FIFAランク6位のスイスに0-2で完敗した。

 就任から2戦2敗となった西野朗監督(63)はそれでも前向きだった。

 選手たちのプレーが求める水準に達しているのか? と聞かれると「非常にいいと思います。選手たちのコンディションは躍動感がありますし、連動して攻守に高い水準のパフォーマンス。
グループとしてのパフォーマンスが若干取れていない。フィニッシュのところの課題は残しましたけど、守備から攻撃のスイッチ、攻撃から守備の連動性は、求めているところまできている」と評価した。

 W杯まで時間がなく、残る国際親善試合は12日パラグアイ戦(インスブルック)の1試合だけ。
危機感は? と問われると「毎試合、毎試合選手とトライして、チーム、私自身もマイナスのイメージはまったくもっていませんし、いいチャレンジをしていると思います。
チャレンジしていく、前向きにとらえられる状況。チームとして危機感というところは、まったく感じてはいません」と断言した。

日刊スポーツ 2018年6月9日8時4分
https://www.nikkansports.com/soccer/russia2018/news/201806090000048.html

強気?居直り?西野監督、就任後2連敗も「なぜネガティブにならないといけないのか」

 悲観的な様子はまったく見せなかった。2試合連続の0-2で就任後2連敗を喫した日本代表の西野朗監督は
「チームとして危機感というのはまったく感じていない」と居直るように言った。
 PKとカウンターで簡単に2失点を喫し、攻撃でも単調なミドルシュートやクロスボールに終始するなど2試合連続で無得点に終わった。
試合後の記者会見では「監督自身、チームに危機感を感じているか」というストレートな質問も出たが、「なぜネガティブにならなければいけないんでしょうか」と反論した。

「結果だけを捉えればそういうことになると思うが、チームも私自身もマイナスのイメージはまったく持っていないし、良いチャレンジをしていると思う」。
今はW杯本大会までの過程にあり、本番に向けてチャレンジをしている段階という考えが指揮官の頭にはある。

 5月30日のガーナ戦(0-2)で3バックを採用したのも、「現実的にW杯のゲームに入っていく中で、どうしてもディフェンスという意識を全体に持たせながらの入りになる」という守備の意識付けを図るため。
この日の狙いも「奪ったところからのイメージの共有」をテーマとし、「奪ったあとの全体のリアクションを高めていこうという中で、ディフェンスに関しては連動して戦えていた。
守備から攻撃に対するリアクションも良かったと思う」と評価した。

「選手たちのコンディションをみなさんがどう捉えているかだが、非常に躍動感があるし、連動して攻守に高い水準でできている」。
ここまで順調に来ているとの認識を示す西野監督は「最終的にペナルティーを攻略できない状況に関しては、迫力、変化が少し足りなかったかなと感じる」と、
最後の精度に課題があることを認めながらも、「そこまでの流れ、動き、アプローチは決して悪くなかったと思う」と強調した。

「最終的なフィニッシュのところでの課題は残したが、今、取り組んでいるディフェンスから攻撃へのスイッチ、あるいは攻撃から守備への全体的な連動性については、
求めているところに来ていると思う」。5月21日の始動から3週間足らず。限られた時間でチームづくりは着実に進んでいるとの見解を口にし、
「この短期間で詰めるというか、チャレンジしていくことを前向きに捉えられる状況だと思うので、チームとして危機感というのはまったく感じてはいない」とあくまでも強気だった。

ゲキサカ 18/6/9 12:02
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246691-246691-fl

西野監督、まさかの“質問”にフリーズ!!「えっ」会場に笑いが起こった! 

1 2018/06/09(土) 17:55:51.43 _USER9
【日本代表】思わず「えっ」。西野監督が言葉に詰まった想定外の質問
6/8(金) 7:27配信
SOCCER DIGEST Web

ある質問に驚きを隠せなかった西野監督。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)
no title

その瞬間だけは場の空気が和んだ

2018年6月7日に行なわれたスイス戦の前日会見で、西野朗監督が「えっ」と思わず言葉に詰まる場面があった。
海外メディアから「なぜ日本は強いと思われますか?」と英語で質問され、
その内容を同席した日本サッカー協会の広報から伝えられると、少し驚いた顔で「えっ」と反応したのである。
 
まさか欧州のメディアから「日本が強い」ということを言われるとは思わなかったからだろう。
その直後、西野監督が「誰がそう思われているんですか? 強いと思われている……。質問された方がそう思われているということですか?」と逆質問。
質問者が「日本は連続してワールドカップに出ているから」と答えると、西野監督は冷静に次のように述べた。
 
「日本代表は連続してワールドカップにアジアの予選を勝ち抜いて出場しているチームですし、周りのアジアの国々を牽引している日本サッカーなので、
ワールドカップには自信を持って出場したい。ただ、これがワールドカップでチャレンジをしても、あるところで留まっている歴史があることも認めなくてはいけないと思う。
アジアで勝ち抜いたことがまだワールドカップの中では十分に発揮できない、認めてもらえないことがあるのも現実だと思っています」
 
西野監督が「えっ」と言った時には会場が笑いで包まれた。緊迫したムードが漂うなか、その瞬間だけは場の空気も和やかになった。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00041569-sdigestw-socc

西野監督の感想が的外れ!?「形はできている。あとは決定力」 

20180609-00000030-goal-000-3-view
1 2018/06/09(土) 04:15:48.62 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000030-goal-socc
6/9(土) 4:03配信
54
GOAL

良いところ無く完敗も…日本代表・西野監督「形はできている。あとは決定力」

日本代表は8日、スイスとの国際親善試合で0-2と敗れた。

ロシア・ワールドカップまで2週間を切った中、FIFAランキング6位の強豪スイスと対戦した日本。しかし、チャンスをほぼ作ることができずに完敗。これでガーナ戦に続き、西野ジャパン発足後2連敗、いまだノーゴールに終わるなど課題が浮き彫りとなる結果となった。

試合後、西野朗監督はフラッシュインタビューで以下のように語った。

「得点が取れなかったですが、形はできていると思います。最後の迫力というか、ボールを運ぶことはできています。(アタッキング)サードまでは侵入できていると思いますが、スイスのセンターは強かったので、変化がないと崩せないような気がしました」

「(攻守の切り替えについては)非常に良かった。攻撃から守備にかかるハイプレス、ボールを奪うところはねらい通りでした。守備に関しては良かったです。ビルドアップも良かった。最後はガーナ戦と同じ。あとは決定力に尽きると思います」

「選手にはバックアップの充実も大事だと思う。パラグアイ戦は今日のバックアップの選手を起用することになります」

日本代表は、このあと12日に本大会前最後となる親善試合でパラグアイと対戦。そしていよいよ、19日にコロンビアとの初戦を迎える。24日にはセネガル、28日にポーランドと対戦する。

“西野監督に厳しい声”『今さら試すな!!』スイス戦の試験的発言に対して! 

201806070007-spnavi_2018060800001_view
1 2018/06/08(金) 14:39:32.77 _USER9
【ルガノ(スイス)=藤基泰寛】サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、8日午後7時(日本時間9日午前2時)からスイス代表(世界ランク6位)とアウェーのルガノでの強化試合に臨む日本代表(同61位)の西野監督が7日、試合会場で記者会見を行った。

 5月30日のガーナ戦では0―2で敗れたが、西野監督は「本大会でどう戦うかが、着実に選手たちの共通意識になってきている」とチームが前進していることを強調。その上でスイス戦では「システムやメンバー編成など、色々なことに挑戦したい」と意気込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180608-00050071-yom-socc

『ゆとりJAPAN!?』ハリルではありえない練習スタイルを貫く! 

20180607-00000005-sanspo-000-2-view
1 2018/06/07(木) 08:49:10.13 _USER9
サッカー・日本代表合宿(5日、オーストリア・ゼーフェルト)大自然ののどかな陽気が、そのままピッチに反映されたようだった。主力組とサブ組に分かれると、センタリングからのシュート練習を約30分間繰り返した。

 「きょうはフリートレーニングです」

 約1時間半の軽めの練習を終えると、西野監督は一言残して帰りのバスに乗り込んだ。

 23選手の平均年齢が過去最高28・26歳(W杯第1戦時)のおっさんジャパン。練習漬けだったハリルホジッチ前監督の練習とは対照的な脱力トレーニングだった。

 午後4時半から練習開始。ウオーミングアップ後、2組に分かれた。紅白戦ではなく、主に攻撃面のセットプレーやクロスに重点的に取り組んだ。

 守備選手を置かないフリーの状況で決定率は低かったが、「セットプレーだけの練習は(代表で)記憶の限りではないですね」とMF山口。GK東口も「こういうドリル的な練習は、今まであまりなかった」と驚いた。トップ選手が集まる代表では、珍しい基礎練習だけの一日だった。

6/7(木) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000005-sanspo-socc

西野監督『批判の記事は一切見ない』議論が起こる事も承知の様子 

11316034

 サッカー日本代表の西野朗監督が1日、千葉県内で報道陣の取材に応じた。
5月31日に発表したW杯ロシア大会のメンバー23人が、サッカーファンを中心に様々な議論の的となっているが、そうした反響については「まったく見ていないです」ときっぱりと言い切った。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00000162-dal-socc

西野監督の目標『俺たちのサッカーで決勝T進出!!』www 

スクリーンショット-2018-04-09-16.41.43
1   2018/06/01(金) 17:48:53.92 _USER9
5/31(木) 16:42配信
西野監督、目標は2大会ぶり決勝T進出「日本らしい、日本のサッカーをやりたい」

 日本サッカー協会は31日、東京都内のホテルで田嶋幸三会長(60)、関塚隆技術委員長(57)、西野朗監督(63)が出席して記者会見を行い、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表した。

 主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)やDF長友佑都(31=ガラタサライ)、MF本田圭佑(31=パチューカ)、MF香川真司(29=ドルトムント)、FW岡崎慎司(32=レスター)ら前回の14年ブラジル大会経験者から約半分の11人が選出。その一方で、前日30日のガーナ戦に招集されていた26選手からはMF三竿健斗(22=鹿島)、MF井手口陽介(21=クルトゥラル・レオネサ)、FW浅野拓磨(23=シュツットガルト)の若手3選手が落選した。

 W杯本大会での目標を聞かれた西野監督は「日本チームらしい、日本のサッカーをやりたい」とし、「具体的な数字をということであれば、1試合1試合ポイントを取ってグループステージは抜けたい」と岡田武史監督が率いた2010年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を目標に掲げ「そういう数字が残せれば日本のサッカーがある程度表現、披露できるのではと思っている」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000128-spnannex-socc

西野監督「メンバー今朝決めた」←“嘘だろ”の声が飛び交う!! 

1   2018/05/31(木) 16:33:47.32 _USER9
5/31(木) 16:30配信
W杯日本代表 約半分が4年前と同じメンバー 西野監督「最終的には今朝決めた」

 日本サッカー協会は31日、東京都内のホテルで田嶋幸三会長(60)、関塚隆技術委員長(57)、西野朗監督(63)が出席して記者会見を行い、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表メンバー23人を発表した。

 主将のMF長谷部誠(34=フランクフルト)やDF長友佑都(31=ガラタサライ)、MF本田圭佑(31=パチューカ)、MF香川真司(29=ドルトムント)、FW岡崎慎司(32=レスター)ら前回の14年ブラジル大会経験者から約半分の11人が選出。その一方で、前日30日のガーナ戦に招集されていた26選手からはMF三竿健斗(22=鹿島)、MF井手口陽介(21=クルトゥラル・レオネサ)、FW浅野拓磨(23=シュツットガルト)の若手3選手が落選した。

 西野監督はW杯出場権を持たないガーナ代表に0―2で完敗した前日30日のW杯壮行試合を踏まえて「最終的には今朝決めた」とし、落選となった3選手については「非常に有望な若手3人。この舞台に立たせてくれたのも彼らの力も大きい。代表でのパフォーマンスは強く感じている」と労った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000123-spnannex-socc
no title

【悲報】西野JAPAN“初陣”黒星発進!!W杯までにどう立て直す? 

5acc57472ed99

◇W杯壮行試合 日本代表0―2ガーナ代表(2018年5月30日 日産ス)

 サッカー日本代表は30日、日産スタジアムで行われた国際親善試合でガーナ代表と対戦し、0―2で敗れた。

 4月に解任されたハリルホジッチ前監督の後任に就任した西野朗監督の初陣で、6月14日開幕のワールドカップ(W杯)ロシア大会へ向けた壮行試合。FIFAランク60位の日本に対し、同50位と順位は格上だがW杯出場権を持たないガーナに完敗したことで、W杯本番へ不安を残した。W杯に出場する日本代表メンバー23人は31日に発表される。

 ガーナは前半9分、ペナルティーアーク内のFKをパーティーが右足で決めて先制。後半6分にはボアテングがPKで追加点を決めた。日本は試合開始早々の前半わずか12秒で急造3バックのサイドを突かれてあわや失点という場面を作られ、先制されたシーンは大きく開いた壁の間を抜かれてのもの。先発した本田は前半に得意のFKで見せ場を作ったものの決められず、後半にはGK川島が与えたPKを決められた。

 日本代表のW杯メンバーは31日午後4時から発表され、W杯1次リーグでH組に入った日本は6月19日にコロンビア(FIFAランク16位)、24日にセネガル(同28位)、28日にポーランド(同10位)と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000152-spnannex-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索