Samurai Goal

西野朗


スポンサード リンク





『脱ハリル』西野流がもたらす“三大変化”は功を奏すのだろうか 

1   2018/05/23(水) 01:59:55.47 _USER9
日本代表は21日、ロシアW杯最終登録メンバー23人を絞り込む選考試合となる親善試合ガーナ戦(30日、日産ス)に向けた合宿を千葉県内で開始した。
ハリルホジッチ前監督の解任を受けて就任した西野朗監督(63)体制での始動日は、右太ももの負傷のため宿舎で調整したMF乾貴士(エイバル)を除く海外組10人が約1時間30分、体を動かした。
西野監督は前任者とは違い、練習中はコーチに指導を任せるなど“脱ハリル流”でW杯に向けたチーム作りを進めていく方針だ。

男は黙して多くを語らない―。指導日初日を迎えた西野監督はダンディーな顔を崩さず、静かに選手たちの動きを見守った。「非常にワクワクしている」。練習後に始動日の感想について聞かれると頬を緩めたが、
指示はすべてコーチに任せる“西野流”は、明らかにハリル前監督のチームマネジメントとは違った。

《1》指導法 ハリル氏は時に声を荒らげながら、身ぶり手ぶりで指導した。西野監督は無言で選手の動きを追った。円陣もハリル氏の指導初日は約15分だったが、この日は約6分。

《2》宿舎での過ごし方 ハリル氏は昼食後は部屋の行き来を禁止してシエスタ(昼寝)を厳命していたが撤廃。また、宿舎で家族や関係者と会うことを許さなかったが、西野体制はある程度認める見込みだ。

《3》食事会場 ハリル監督は全員の顔が見えるように長テーブルで一緒に食事をしたが、現体制では丸テーブルでいくつかのグループに分かれて食事する。

W杯開幕を2か月後に控えた時点での監督交代。選手に動揺を与えない目的もあるが、昔からドンと構えるのが“西野流”。選手たちにも笑みがこぼれた。
一方で「今まで積み上げてきた日本代表もある」と前体制を全否定せず、良い部分は継続することを伝えた。

G大阪時代に指導を受けたMF宇佐美は「オーラと貫禄がある。短い言葉に重みがある」と語る。「いい形で入れた。準備をしっかりして選手たちをトップフォームに近づけたい」と指揮官。
心身共に窮屈になる徹底管理ではなく、“自由”を与えながらW杯仕様のチームを作っていく。(斎藤 成俊)

2018年5月22日 6時2分 スポーツ報知
http://news.livedoor.com/article/detail/14748514/

写真
no title

西野監督を酷評「使い勝手いい奴を評価」元Jリーガーの“異端児”が言及 

1   2018/05/20(日) 07:21:04.05 _USER9
ガーナ戦に向けた日本代表メンバー27人を発表、元Jリーガー石塚氏が選考に持論

写真
no title


日本サッカー協会は18日、都内で記者会見を開き、30日に行われる国際親善試合ガーナ戦の招集メンバー27名を発表した。その選考を巡って議論百出となっているなか、かつて“天才司令塔”として名を馳せた元Jリーガーの石塚啓次氏が、代表のメンバー選考について自身の公式インスタグラムで言及。「しょーもな過ぎるね!」「使い勝手エエ奴が評価されるとは…」など持論を展開している。

 日本代表は6月にロシア・ワールドカップ(W杯)を控えるなか、30日の国内壮行試合ガーナ戦を経て、31日にW杯本大会登録メンバー23人を発表予定。そんななか、ガーナ戦に向けて27人が発表された。

 日本代表の西野朗監督は、数選手の選考理由について会見で口を開いている。岡崎については「運動量が多いだけでなく、2つ、3つ先のプレーへの貢献度や献身がチームに欠かせないと判断した」と語り、香川についても「代えの利かないプレースタイルを持っている選手」と高い評価を下した。

 その一方で多くの議論が巻き起こっているのが、ポルティモネンセのMF中島翔哉の落選だ。今季ポルトガルリーグで10得点12アシストと圧巻の活躍を披露し、3月ベルギー遠征のマリ戦(1-1)ではA代表デビュー戦で即ゴールという離れ業をやってのけた。続くウクライナ戦でも起用され、切れ味鋭いドリブルで相手を翻弄した。期待の新星として大きな注目を集めていたが、今回の選考であえなく落選。西野監督は「中島は1年間ポルトガルのリーグで結果を出した」と働きを評価しつつも、選外の理由を次のように明かしている。

つづく

フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00104892-soccermzw-socc

“逆らえば干す”西野監督の厳しさ、逆鱗に触れる「NG行動」とは? 

1   2018/05/19(土) 00:29:21.39 _USER9
西野ジャパンがいよいよ本格始動する。6月14日(日本時間同15日)開幕のロシアW杯に臨む日本代表の西野朗新監督(63)は、国際親善試合のガーナ戦(30日、日産)に向け、21日から国内で合宿をスタートさせる。
選手たちはW杯最終登録メンバー23人を巡る最後のサバイバルレースに突入するが、新指揮官の前では絶対にやってはいけない“NG行動”があるという。

かつて西野監督に指導を受けたことのある選手たちは「練習中でもほとんど怒らないし、声を荒らげるようなこともほぼない」
「真面目で選手ともコミュニケーションをとってくれる」との素顔を語る一方で、意外な“裏の顔”もあるという。

1996年アトランタ五輪を目指す代表チームで西野監督の指導を受けた元Jリーガーはこう明かす。
「ある選手が試合で交代となった時に、スネ当てを地面に叩きつけた。それを見た西野さんは、すぐに選手を呼び出し『オレにそんな態度をとった選手は初めてだ』と激怒しました。
コーチにも『監督の前で何てことを』と説教されて、その後は代表に呼ばれなくなった」

またJ1G大阪の監督時代にも同じようなことがあったという。「ある外国人選手が交代の時に、やはり脱いだユニホームをピッチに投げつけたそうです。
ブラジル人FWだったのですが、西野さんは良く思わなかったみたい。(ブラジル人FWは)オフには契約を解除されていました。
その後、別のJクラブに移籍した時には、G大阪時代について『僕は子供だった』と話していたそうですよ」

選手が悔しさを紛らすため、ピッチに物を投げつける光景はよく見られるが「ふがいない自分に腹を立てた」というのが表向き。
しかし西野監督には、自身に反発する態度を見せたと映るようだ。仮に日本代表選手が練習や試合で同じような態度をとれば、厳罰は必至。W杯最終登録メンバー入りも絶望的となる。

前出の元選手は「西野さんは意外に体育会系なんですよね。五輪代表時代も少し態度が悪い選手が何人かいて、そいつらがクラブユース出身だったから(高校や大学出身選手と比較し)
『クラブ上がりのやつらは…』って言ってましたしね。西野さんは監督になってもスターなんです。今では経験も積んで名将になり、そんなには怒らないでしょうけど、やんちゃなタイプの選手は気をつけたほうがいいですよ」。

特に今回は緊急登板となっただけに、W杯までにイレブンを直接指導する期間は約1か月しかない。
選手の見極めはもちろん戦術を浸透させ、チームを束ねるには時に厳格な姿勢も必要となりそうだが、果たして…。

5/18(金) 16:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000029-tospoweb-socc&pos=2

写真
no title

“ガンバッテ、ニシノサン”ジーコが西野に激励のメールを送る!! 

1   2018/05/17(木) 17:58:21.84 _USER9
ブラジルの元スーパースターで、2006年W杯ドイツ大会では監督として日本代表を率いたジーコ氏(65)が夕刊フジの独占インタビューに応じた。

W杯ロシア大会(6月14日開幕)を控える日本代表・西野朗監督(63)、主軸として活躍が期待される本田圭佑(31)=パチューカ、さらにはJ1神戸入りが取り沙汰されるスペイン代表MFイニエスタ(34)=バルセロナ=へ、次々と直言。同氏は16日にいったん母国ブラジルへ帰国するが、再来日して30日のガーナ戦(日産ス)をナマ観戦し、西野ジャパンをアシストする意向も明かした。(聞き手・久保武司)

 --ジーコさんが日本代表を指揮した2006年W杯ドイツ大会から12年がたった

 ジーコ「えっ、もうそんなにたったのかい? 早かったね~。私はその間に孫が7人もできたよ」

 --日本代表はW杯本戦2カ月前になって西野監督が就任した

 「“ガンバッテ、ニシノサン”と(日本語で)メールを送ったよ。なんといっても彼は(1996年アトランタ五輪で)ブラジルを倒した監督だからね」

 --ジーコさんはW杯ドイツ大会のメンバー発表会見の際、印字されたメンバー表を読み上げるのではなく、逆に真っ白な紙に1人1人、選手名を書き込みながら発表していったのが印象的

 「頭の中で、本大会に連れて行くメンバーはすぐに決まったよ」

 --でも、サプライズがあった。最後の最後で「マキ~(FW巻誠一郎)」と

 「実はあそこだけが決まっていなかった。FW久保竜彦(当時横浜FM)をどうしてもW杯に連れて行きたかったが、腰痛でドクターストップがかかってしまって。最後の最後に長谷部(現フランクフルト)を外すときにも迷った。でも、あのときはヒデ(中田英寿氏)を筆頭に、(中村)俊輔、稲本、小野、中田(浩二氏)、福西(崇史)といった、そうそうたるメンバーがいたからね」

つづく

夕刊フジ 5/17(木) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000017-ykf-spo

写真no title

「本田・西野」“Wスキャンダル!?”対応に田嶋会長も右往左往? 

1   2018/05/17(木) 12:15:45.28 _USER9
日本代表は18日、週明けの21日にスタートする国内合宿メンバーを発表する。この中からロシアW杯本大会メンバーが選ばれるわけだし、いよいよ100%W杯モード突入である。

 ところが! 14日、日本サッカー協会(JFA)の幹部たちが、夜遅くまで鳩首会談を開いたという。日本代表に関係する人物のスキャンダルを一部週刊誌が掲載するという情報が耳に入ってきたからだ。

「解任されたハリルホジッチ前監督の後釜に座った西野朗監督(63)、その西野監督の前職・技術委員会の委員長に就任した関塚隆ロンドン五輪監督(57)のネガティブな情報が報じられる――という話をJFA田嶋幸三会長(60)が聞き及ぶことになり、14日にJFA幹部を招集して午後10時すぎまで『善後策をどう講じるか?』を話し合ったようです。もっとも、具体策は何も出てこず、結局は田嶋会長の『週刊誌に負けないように頑張ろう!』という間の抜けたセリフで散会となった」(放送関係者)

■本田圭佑をめぐるスキャンダルも?

 実はもうひとつ、やっかいな案件があった。

 FW本田圭佑(31)のことをある週刊誌が取材しているという話にもなり、田嶋会長は週刊誌対策に右往左往しながら「W杯前の大事な時期に……」とゲンナリしていたという。が、ゲンナリしているのはむしろ、周囲の方だ。

 というのも、W杯予選を突破させたハリルホジッチ前監督を「選手とのコミュニケーションが不足。信頼関係も損なわれていた」と具体性に欠ける理由で一方的に解雇したと思ったら、15年シーズンのJ1名古屋監督を最後に現場から離れ、監督として“一丁上がり”の西野委員長を後任指名というデタラメ人事を断行した。スポンサーや代理店、一部選手の顔色をうかがった末の監督交代という後ろめたさがあるから、ウワサ話に反応して右往左往する。「自らまいたタネ」なのである。

 15日、日本代表にオフィシャル時計を提供しているスイスの高級ブランドのイベントに“渦中の2人”が出席した。イベントの前半に本田が登場。「選ばれたら3度目のW杯となる。今回が一番コンディションが良い」「経験を積んだ分、これまでよりも上(の成績)を残せる。期待してほしい」「ロシアはサッカー人生の集大成」などとコメント。いつも通りに自信に満ちあふれた本田だった。

 後半から出てきた西野監督は、代表選考について聞かれると「今はデリケートな時期なので回答は控えたい」「選手には『W杯に向けて心身ともに戦える状態を整えてほしい』と。その上でハイレベルなチームをつくりたい」と話した。

 本来、この場に立っていたのはハリルホジッチ前監督のはずだった。

 壇上の西野監督は「簡単に(監督を)引き受けなければ週刊誌に狙われることもなかったのに……」と複雑な気持ちだったに違いない――

日刊ゲンダイ 5/17(木) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000024-nkgendai-socc

写真
no title

西野監督“コミュニケーション不足!?”「国内選手に対して話をしない」 

1   2018/05/16(水) 23:46:47.49 _USER9
16日、スイスの高級時計ブランド「HUBLOT(ウブロ)」は「HUBLOT LOVES FOOTBALL Special Exhibition」開催記念イベントを表参道ヒルズで実施。ゲストとして、サッカー日本代表の西野朗監督、サッカー解説者の前園真聖氏、女優の高梨臨さんが登場し、イベント終了後には西野監督が記者団の取材に応じた。

 ロシア・ワールドカップへ出場する予備登録メンバー35名のリストをFIFA(国際サッカー連盟)に提出する期限を過ぎたが、西野監督は公表する予定がなく、18日に発表されるガーナ戦(30日)出場登録メンバーで、本大会へ臨む候補選手がわかるという状況となっているが、「非常にデリケートな時期なので、簡単に選考に関しての話は控えたい」と、改めて言及。

 一方で、「国内組も日程がタイトな中、非常に高いパフォーマンスを出し、代表への意識が高いと見ていますし、海外組も高いレベルで競争しています。そういう選手たちを最終的に選ばなければいけない、非常に緊張した時間でもあります」と、現在の自身の心境について口にした。

 メンバー選考については、「選手の状況を常に第一に考えた上で、その選考も若干変わってきますし、猶予を持って見たい選手もいます。21日から始まるキャンプでチェックをしなければいけない選手もいます」と、固まっているメンバーもいる一方で、当落線上で悩む選手が数名いることをうかがわせた。

 この日のイベントでは第一部に本田圭佑が登壇。第二部で西野監督が登壇ということで、“ニアミス”となったが、「一部と二部(の間)がだいぶ時間があったようで、会うことはできませんでしたね」と煙に巻き、

現在は本田が日本で練習しているということで連絡を取ることがあるかを聞かれても、「今は選考段階で、ヨーロッパの視察は別として、国内にいる選手に対しては(話を)しないことにしています。選考が終わってからちゃんと」と続けて回答し、コミュニケーションは図っていないとした。

サッカーキング 5/16(水) 23:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00759044-soccerk-socc

写真no title

【激震】女性スキャンダル発覚キタ―!!西野監督に疑いアリ? 

columnsv2_64936

高梨臨が西野監督に“直談判!?”夫、槙野の代表入りを願う! 

20180516-00210236-nksports-000-2-view
女優高梨臨(29)が16日、東京・渋谷区の表参道ヒルズで、高級腕時計「ウブロ」のPRイベントに登壇した。

 今年2月にサッカー浦和のDF槙野智章(31)と結婚をしてから、初めて取材陣の前に姿を見せた。

 約3カ月の結婚生活について、笑顔で「楽しくすごしております」と説明。夫の活躍が励みになっているようで、「毎週のJリーグが楽しみになりました」と続けた。

 槙野といえば、キッチリと固めた独特のヘアスタイルで有名だ。「いつも気合を入れて固めています」と明かした。

 6月14日に開幕するサッカーW杯ロシア大会に槙野が出場できるのか、選考期日が迫っている。

 この日の衣装は、日本代表の侍ブルーと浦和の赤色をミックスしたような色彩だった。一緒に登壇した日本代表の西野朗監督(63)に「監督に(代表入りを)アピールできればうれしいですけど…」とジョーク交じりにアピールをすると、西野監督は「しっかり体調管理をしてあげてください」と返した。

 また、イベントでは高梨がサッカーボールを蹴って、見事にゴールの枠に入れた。西野監督は「マキから右足を教わっているようですね」と感心していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00210236-nksports-ent

西野監督の“選考方法”は前代未聞のやり方!? 

DcjreFiW0AE41uf
1   2018/05/15(火) 17:34:28.41 _USER9
西野ジャパンは超異例の“草サッカー”で最終決断を下すことになりそうだ。15日でロシアW杯開幕まであと30日となったが、前日の14日に日本代表は都内でスタッフ会議を開き、W杯予備登録選手35人を絞り込んだ。

実戦から遠ざかるFW本田圭佑(31=パチューカ)や故障を抱えるMF香川真司(29=ドルトムント)のメンバー入りが確実なものの、不透明な部分が多いのも事実。そのため、最終登録選手23人を発表する31日に「ビッグ3」の当落を判断する方針だ。

 予備登録の選考作業の会議は、西野ジャパンの苦しい台所事情を表すかのように12時間近い時間がかけられた。終了後に取材に応じた西野朗監督(63)も「現状判断しにくい選手、ケガのある選手、予測のつかない選手も含まれている。パシッと全体が良いコンディションで決まった35人ではない」と苦渋の表情を見せた。

 指揮官を最も悩ませたのは状態に不安のある選手たち。特に、シーズンが4月末に終了してブランクができた本田と、左足首の負傷で3か月間休んだ香川、さらに左足首痛から復帰できないままシーズンを終えたFW岡崎慎司(32=レスター)の、いわゆる「ビッグ3」だ。

 指揮官は具体名こそ避けたが「試合から遠ざかっている選手、かなり長期のケガを抱えて今日(日本に)戻ってきた選手、ケガを抱えている選手。全てを現状で把握してしまうのは危険。これから正確に把握したうえで選考したい」と3人がリストに入っていることを示唆。「本人たちは意欲が高いし、できるという判断で考えている。それが動ける、蹴れるだけではなく、試合のパフォーマンスがこの1か月でトップになり得るか確認したい」と今後の国内合宿で状態を見極める方針だ。
 ギリギリまでビッグ3の動向から目が離せないが、運命の決断には極めて異例の舞台が用意されることになりそうだ。

 当初はガーナ戦(30日、日産)が最終テストの場となる予定だったが、指揮官は「できれば翌日に(試合を)組みたい」と希望。ガーナ戦翌日はW杯メンバー23人の発表日だが、その直前に練習試合を実施するプランを披露した。ガーナ戦では最大17人までしか起用できないこともあり、当落線上にいる選手のために“追試”を行うことになった。

 この試合はファンに公開される可能性もあるが、練習の一環ということでもちろん無料。相手はガーナの控えメンバーやJクラブ、学生など様々な選択肢がある。とはいえ、5万人近くが集まる前日の壮行試合とは打って変わり“草サッカー”に近い。その試合で選手たちの運命を決めるというのは、世界的に見ても異例の選考方法だ。

 コンディション次第ではビッグ3全員が追試の舞台に立っている可能性もある。監督の電撃交代に端を発した日本代表のドタバタ劇は、W杯直前まで続きそうだ。

東スポ 5/15(火) 16:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000030-tospoweb-socc

西野監督、本田に関して一切触れず「色々なことに影響が出る...」 

http _i.huffpost.com_gen_5335396_images_n-KEISUKE-HONDA-628x314
1   2018/05/13(日) 18:32:51.78 _USER9
13日に明治安田生命J1リーグ第14節の試合が埼玉スタジアムで行われ、浦和レッズとサガン鳥栖が対戦して0-0の引き分けに終わった。試合を視察に訪れていた日本代表の西野朗監督が取材に答えている。

 ロシア・ワールドカップに向けた代表メンバーは14日までに35人の予備登録メンバーが決定され、31日に最終メンバー23人が発表される予定となっている。ボルシア・ドルトムントの香川真司やパチューカの本田圭佑など、ヴァイッド・ハリルホジッチ前体制の終盤に代表での立場が危うくなったビッグネームたちがメンバー入りするかどうかも気になるところだ。

 香川は現地時間12日に行われたブンデスリーガ最終節の試合で、負傷から約3ヶ月ぶりの復帰を果たした。ホッフェンハイムとの試合で、チームが1-3でリードされた75分から投入されている。

 西野監督はその香川について、「最終節のああいう時間ということで、戦況もあったし、なかなか前線で活発な展開になるわけではない中での投入だった」とコメント。プレー面ではあまり見せ場はなかったとしつつ、3ヶ月ぶりにピッチに立ったことには意味があるという考えを示した。

 一方、メキシコでのシーズンを終えた本田は日本に帰国し、J2の東京ヴェルディの練習に参加したことが報じられている。「色々情報はもらっている。あまり個別には、色々なことに影響が出ると思うので」と西野監督は本田について具体的なコメントは避けている。

フットボールチャンネル 5/13(日) 17:11配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269209-footballc-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索