Samurai Goal

西野朗


スポンサード リンク





タイ代表・西野監督 強豪UAEを破る金星にご満悦…「皆さんが予想した通りの結果」と報道陣の笑い誘う  

20191016-00000062-sph-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/16(水) 12:45:09.55 ID:VDrkuMJl9
2022年カタールW杯アジア2次予選が15日、各地で行われた。G組では西野朗・前日本代表監督(64)率いるFIFAランク114位のタイが、ホームで同66位の強豪UAEを2―1で破る金星を挙げた。タイは2勝1分けとなりG組で首位に浮上した。

 札幌所属のMFチャナティップを負傷で欠いたが、昨季広島でプレーしたFWティーラシンらが得点しての番狂わせ。試合後の会見では第一声で「皆さんが予想していた通りの結果だと思います(笑い)」と“西野節”で報道陣を笑わせた。強豪撃破については「チームとして狙いをしっかり持って戦ってくれた結果。UAEよりアグレッシブにアクションを起こした。誰が中心というわけではなくチームでというプレーが得点に結びついた」と振り返った。

 昨年のロシアW杯で、大会2か月前の就任ながら日本代表を16強に導いた名将は、今年7月に指揮官となったばかりのタイでも手腕を発揮。好調な滑り出しとなったチーム作りについて「通訳がいいのか自分の意図がよく選手に伝わっている」と、ダンディーな口調で再び“西野節”をさく裂させて、場を和ませるなど、現地メディアの受けも上々のようだ。

 西野タイは来月の2次予選では14日にマレーシア、同19日にベトナムと対戦する。2次予選を突破すれば、最終予選では森保ジャパンと激突する可能性もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000062-sph-socc

西野朗監督のタイ代表が強豪UAE撃破! 首位浮上で2次予選突破へ前進  

20191015-00343001-footballc-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/15(火) 23:12:57.97 ID:mbXotZMQ9
【タイ 2-1 UAE W杯アジア2次予選】

 カタールワールドカップ・アジア2次予選グループリーグG組のタイ対UAE戦が15日に行われ、ホームのタイが2-1で勝利を収めた。


 元日本代表監督の西野朗氏が率いるタイはここまで2試合を戦って1勝1分けでグループ2位。2連勝で首位に立つ強豪UAEをホームに迎えての“首位攻防戦”に臨んだ。

 前半26分にはタイが先制点を奪うことに成功。左サイドからのクロスに合わせたFWティーラシンがヘディングで叩き込んだ。昨年日本のサンフレッチェ広島でプレーしていたティーラシンは、10日に行われたコンゴ代表との親善試合に続いて2試合連続のゴール。

 UAEも前半アディショナルタイムにFWマブフートが左からのクロスにダイビングヘッドで飛び込み、前半を同点で折り返す。今予選好調なマブフートはこれで3試合で6ゴール目となった。

 だが後半立ち上がりの51分、タイは再び勝ち越し点を奪う。右サイドからのクロスにファーポストで合わせたMFエカニットのシュートはGKに触られながらもニアを抜いてネットに収まった。

 そのままタイムアップまでリードを守ったタイはホームで2-1の勝利。同じく勝ち点を7に伸ばしたベトナム代表を得失点差で抑え、グループ首位への浮上を果たしている。

【得点者】
26分 1-0 ティーラシン(タイ)
45+2分 1-1 マブフート(UAE)
51分 2-1 エカニット(タイ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00343001-footballc-socc

タイ代表のカリスマ・ティーラトン 西野サッカー「楽しい」 

20190912-00000036-tospoweb-000-2-view[2]

タイ現地メディア&識者 タイを快勝に導いた西野朗督の手腕を絶賛!「特にニシノ監督の采配に脱帽した」  

20190911-00010000-sdigestw-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/11(水) 10:11:12.03 ID:+EZiDNKu9
現地時間9月10日、2022年のカタール・ワールドカップに向けたアジア2次予選の第2節で、敵地に乗り込んだタイ代表がインドネシア代表を3-0で撃破した。

 前日本代表指揮官の西野朗氏が率いるタイは、スコアレスで折り返した55分にスパチョク・サラチャットのゴールで先制すると、65分に横浜F・マリノスに所属するティーラトンがPKを決めて追加点をゲット。そして72分にスパチョクがダメ押しゴールを挙げ、趨勢を定めた。

 これで今年7月に発足したばかりの西野体制初勝利を挙げ、グループGの首位に浮上したタイ。現地メディアや識者からは、日本人指揮官の手腕に対して称賛の声が相次いでいる。

 ベトナム・メディアの『The Thao』は、「タイは容赦なくベトナムに牙を剥いた」と伝えたうえで、元タイ代表監督のチャーンビット・ホルシュウィン氏の西野監督に対するコメントを紹介している。

「この勝利の鍵は選手たちが規律を守ったことにある。アキラ・ニシノから叩き込まれた戦術を徹底的に習得した。監督は日本の選手たちの方がタイよりも個の力で優れていることを理解したうえで、まずは戦術を浸透させた。それが良かった。ニシノの手腕があれば、タイは幸運に恵まれなくとも、自力でグループ突破を決められるはずだ」

 64歳のベテラン監督に対する賛辞はこれだけではない。元タイU-19代表監督のソムチャイ・チュアイブーンチャム氏も、その采配を褒めちぎっている。

「私は今日のタイ、特にニシノ監督の采配に脱帽した。彼がこの試合で用いた戦術は本当に素晴らしかった。試合のなかでシステムを微調整する力とそれを実行に移させた能力は流石だった。今後、選手と監督の意思疎通がより深まり、戦術と哲学の理解度が浸透していけば、タイは2022年のワールドカップに向けた明るい道が開けてくることだろう」

 ご意見番たちが文字通り脱帽する戦いぶりを披露したタイ。次節は10月15日にホームで難敵UAEと対戦する。西野監督率いる戦象戦士(タイ代表の愛称)から、今後も目が離せない。

9/11(水) 5:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-00010000-sdigestw-socc

西野監督率いるタイ代表初陣にJリーグ3銃士先発 指揮官“日韓対決”も注目 

20190905-00000123-dal-000-4-view[1]

タイ代表監督に就任した西野朗氏(日本代表前監督)、バンコクで会見「タイ国民と共に戦う」  

1: ばーど ★ 2019/07/21(日) 17:27:19.98 ID:G4imgDBu9
 【バンコク共同】サッカー日本代表の前監督でタイ代表監督に就任した西野朗氏(64)が21日、バンコクで記者会見に臨み「アジアや世界に向けたチームづくりができるよう精進していく。タイ国民と共に戦っていきたい」と決意を表明した。

 日本代表監督の経験をもとに「選手の力やチーム力を引き出し、グループで戦うこと」を強調。9月に始まるワールドカップ(W杯)アジア2次予選のベトナムとの初戦へ向け「勝ちに行きたい。全てを傾注して最善を尽くす」と話した。

 西野氏は「まずはタイ人スタッフと」と、日本のスタッフは招かない方針だ。

2019/7/21 17:12 (JST)7/21 17:21 (JST)updated
https://this.kiji.is/525584859150746721
no title

<タイ>西野朗氏の監督就任を正式発表! U23監督も兼務 W杯2次予選で日本と対決の可能性も…  

20190717-00000172-spnannex-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/17(水) 15:55:15.90 ID:GzQkgS9p9
タイ・サッカー協会は17日、昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表を16強入りへと導いた前日本代表監督の西野朗氏(64)がタイ代表監督に就任すると正式発表した。西野氏はU―23タイ代表も兼任。19日に東京都内で就任会見を行う。

 西野氏はU―23日本代表監督として1996年アトランタ五輪でブラジルを撃破する“マイアミの奇跡”を演じ、柏、G大阪、神戸、名古屋とJリーグ各クラブの監督を歴任。

 日本サッカー協会の技術委員長を務めていた昨年4月にハリルホジッチ監督(当時)の解任を受けて日本代表監督に就任し、チームを16強入りへと導いた。

 9月に開幕するW杯カタール大会アジア2次予選で日本と同組となる可能性もある。

7/17(水) 15:45配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000172-spnannex-socc

西野朗氏のサッカー・タイ代表就任大誤報はなぜ起きた? タイ人サッカー関係者に聞いてみた 

20190705-00196306-hbolz-000-1-view[1]

えっ、決まってなかったの!? 西野朗氏がタイ代表監督就任を否定「現段階でない」  

20190703-07020549-nksports-000-10-view[1]




1: Egg ★ 2019/07/03(水) 09:21:03.42 ID:nbIAxcVE9
えっ、決まってなかったの!? 日本代表前監督の西野朗氏(64)が2日、現時点でのタイ代表監督就任を否定した。

3泊5日の日程を終えて同日にタイから帰国し、合意に達してないことを明かした。1日にタイ協会が代表監督への就任要請を受諾したと発表。公式サイトにソムヨット会長との握手写真もアップし、現地メディアも一斉に報道した。同協会の見切り発車に戸惑う西野氏は当面、再びタイに向かう予定はないと言い、同協会と現地メディアに不信感を口にした。

   ◇   ◇   ◇

西野氏は戸惑っていた。帰国直後、記者に「監督就任おめでとうございます」と言われると「えっ、何が?」と聞き返した。「もうタイ協会が発表しています。合ってますよね?」と聞かれ「タイ代表監督就任報道は事実と違います。今、言えるのはそれだけ」と否定した。

西野氏は6月28日の深夜便でタイに渡り、中部のチョンブリ県で、同国協会のビタヤ技術委員長と一緒にブリラム-チョンブリを視察するなど、2日連続で精力的にタイリーグを観戦した。1日にはタイ協会を訪れ、ソムヨット会長ら幹部と会談。同協会の公式サイトは西野氏と同会長が握手する写真をアップし、代表監督への就任要請を受諾したと発表した。

実はこれがフライングだったようだ。西野氏は「会長と食事はしたけれど、サインはしてないよ」と話し、その後も実情を明かした。

記者 タイ協会も同国の複数メディアも就任を報じている。

西野氏 タイのメディアは怖いね。事実ではないことを書くんだね。

記者 では、タイ代表監督に就任しないんですね。

西野氏 現段階でそれ(就任)はない。

記者 条件面で折り合いが付いてないのか。

西野 今言えるのは、今の段階で就任はない、これだけ。

タイ協会では、西野氏と同会長が近日中に会見すると発表しているが「今の(合意していない)段階で、またタイに行くことはない」と話した。タイ協会が見切り発車した形となり「本当に協会が発表したの? 事実でないことを発表しないでしょう」と信じられない様子だった。

今後の交渉方法や就任の可能性、時期などを聞かれると「交渉するか、しないかも(含めて)もう言わない。今の段階で就任はないから。オレはもうこれ以上、答えないよ」と質問を遮った。西野氏とタイ協会は、就任時期や年俸などの条件面で、最終合意には至ってないようだ。そのため、この日の発言には否定的な言葉が続いたとみられる。

今後、タイ協会との話し合いで両者が条件面などで歩み寄れば、正式契約の運びとなるが、折り合いがつかない場合は就任騒動で終わる可能性も否定できない

7/3(水) 6:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-07020549-nksports-socc

前日本代表監督の「西野朗氏」タイ代表監督に就任!U23代表も兼任...2年契約で年俸約1億1500万円と好条件  

1: Egg ★ 2019/07/02(火) 00:04:20.53 ID:gPgiFwcf9
日本代表前監督の西野朗氏(64)がタイ代表監督に就任することが1日、決まった。タイ・サッカー協会が発表した。

西野氏は訪問中のタイの首都バンコクで同国サッカー協会を訪れ、幹部らと会談、代表監督就任要請について、契約条件などを話し合っていた。

地元メディアによると、午後の話し合いは約3時間に及んだ。同国協会はこの日のうちの返答を求めたというが、西野氏は返答せず1度は会談の場を後にした。その後、受諾の返答をしたようだ。

来年の東京五輪出場を目指すU-23(23歳以下)代表監督を兼務するかどうかについても話し合われたようで、兼任監督を務める。

当初、年俸は5000万円とみられていたが、一部報道によると2年契約で年俸3000万バーツ(約1億1500万円)と好条件を提示されたようだ。

昨年のロシアW杯決勝トーナメント1回戦、逆転負けしたベルギー戦後、退任しており、この1年間はフリーの立場だった。

柏、G大阪などを率い、長く現場で指揮官として生き抜いてきた。現場へのこだわり、思いは強く、進境著しいタイで、再びW杯を目指す真剣勝負の場に身を置く。

タイはW杯出場経験がないが、Jリーグのコンサドーレ札幌で大活躍するMFチャナティップら逸材が多く、近年急成長を遂げ、22年W杯カタール大会出場を目指している。FIFAランキングは、日本の28位に対し、116位。切り札西野監督で、一気の急成長を目指す。

これで、森保ジャパンも含め、17日に組み合わせ抽選があるW杯アジア2次予選への注目度は一気に増した。カンボジアは、実質的な監督として本田圭佑が率い、タイを西野氏。この3人はちょうど1年前のW杯を西野監督、森保コーチ、MF本田としてともに戦った。

組み合わせ次第では、森保ジャパンに西野タイ、本田カンボジアと、日本を知り尽くす指揮官が率いるライバルが立ちはだかる可能性もある。

◆西野朗(にしの・あきら)1955年(昭30)4月7日、埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。浦和西-早大から日立に入り日本代表でも活躍。90年に現役引退し指導者となる。96年アトランタ五輪では日本代表を率いブラジルを下す「マイアミの奇跡」を起こす。その後は柏、G大阪、神戸、名古屋の監督を歴任。G大阪でリーグ、ナビスコ杯、天皇杯、ACLなど数々のタイトルを獲得。J1通算270勝は史上最多。昨年のW杯ロシア大会直前に、ハリルホジッチ監督の解任を受け、日本協会の技術委員長からA代表監督に緊急登板。見事な手腕で日本を2大会ぶりの決勝トーナメントへと導いた。

7/1(月) 23:42配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190701-07010411-nksports-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索