Samurai Goal

西村拓真


スポンサード リンク





【衝撃】 欧州CL、CSKAがレアル下す…西村出番なし  

46715_ext_04_0




1: 2018/10/03(水) 10:51:57.93 _USER9
サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は2日、各地でグループリーグ第2節が行われ、西村拓真が所属するCSKAモスクワ(ロシア)はホームでレアル・マドリード(スペイン)を1―0で下し、1勝1分けの勝ち点4でG組首位に立った。

西村は出場機会がなかった。

H組のユベントス(イタリア)はヤングボーイズ(スイス)を3―0で下して2連勝。
E組のバイエルン・ミュンヘン(独)はホームでアヤックス(オランダ)と1―1で引き分け、ともに1勝1分けの勝ち点4。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00050049-yom-socc

CSKAモスクワ・西村拓真“Jリーグ”との違いを明かす 

キャプチャ
 CSKAモスクワに加入したFW西村拓真が新天地で意気込みを語っている。『CSKATV』が伝えた。

 8月31日、CSKAモスクワへの完全移籍が発表され、さっそくUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバー入りを果たした西村。

クラブの公式インタビューを受け、英語で「とても幸せです。ここに来て興奮しています」と述べ、その後は日本語で新天地の印象を語った。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-01790951-gekisaka-socc

CL登録メンバーに“香川、長友、西村”が確定!!香川のスタメン入りに注目が集まる! 

20180905-00825408-soccerk-000-2-view
1 2018/09/05(水) 05:41:43.72 _USER9
9/5(水) 5:35配信
香川、長友、西村が登録メンバー入り…今季CLは日本人3選手が参戦へ

 UEFA(欧州サッカー連盟)は4日、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージに参戦する32クラブの登録メンバーリストを、公式サイト『UEFA.com』で公開した。

 今シーズンのCL本戦では、日本人3選手が登録メンバー入りした。今夏の移籍が噂されながらも、ドルトムント残留となったMF香川真司、ガラタサライに完全移籍したDF長友佑都、そしてベガルタ仙台からCSKAモスクワに電撃移籍したFW西村拓真が、各チームの登録メンバーに名を連ねた。

 なお、ドルトムントのCL初戦は18日に行われるクラブ・ブルッヘとのアウェイゲーム。ガラタサライは同日にロコモティフ・モスクワをホームに迎え、CSKAモスクワは19日にアウェイでヴィクトリア・プルゼニと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180905-00825408-soccerk-socc

【朗報】CSKAモスクワ移籍の西村拓真、早速“CL登録メンバー入り” 

Dl6e4fwX4AAlgZL
1 2018/09/04(火) 12:35:49.83 _USER9
CSKAモスクワに移籍したFW西村拓真(21)が、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバー入りを果たした。

 2015年に富山一高からベガルタ仙台に加入した西村は、昨季のルヴァン杯でチームを史上初のベスト4に導き、“若手の登竜門”ニューヒーロー賞を受賞。今季はJ1リーグで24試合に出場し、チーム最多となる11得点を記録した。

 8月31日、CSKAへの完全移籍が発表された西村。まだ、新天地デビューを果たしていないが、クラブ公式サイトによると、GKイゴール・アキンフェエフやMFアラン・ザゴエフらと共にCL登録メンバーを果たした模様。欧州最高峰の舞台に立つ権利を得た。

 CSKAはグループGに所属し、3連覇中のレアル・マドリー(スペイン)、ローマ(イタリア)、ビクトリア・プルゼニ(チェコ)と決勝トーナメント進出をかけて戦う。

9/4(火) 10:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-01763471-gekisaka-socc

【動画】CSKAモスクワが公開した西村拓真“歓迎動画”が色々ぶっ飛んでるw 

Dl6e4fwX4AAlgZL
1 2018/09/02(日) 18:39:47.74 _USER9
 J1のベガルタ仙台に所属していたFW西村拓真は、ロシアの強豪CSKAモスクワへ完全移籍することが先月31日に発表された。ロシア『championat.com』は1日付で、CSKAのロマン・ババエフGD(ゼネラルディレクター)が西村について述べたコメントを伝えている。

 仙台でプロキャリアをスタートさせた21歳の西村は順調に成長を遂げ、今季のJ1では現時点で得点ランク4位タイとなる二桁の11ゴールを記録。その活躍を評価され、かつて本田圭佑も所属したロシアの強豪へ移籍することになった。

 ババエフGDは「多くの選手たちを見てきた。タクマは我々にとって興味深い選手だと思えた。貢献してくれると感じられた」とコメント。「我々は別の日本人選手でポジティブな経験をしたこともあった」と本田にも言及している。

「日本のリーグで点取り屋のひとりだった。トップレベルのリーグではないとしても、日本が興味深いプレーをできることはワールドカップでも見せていた。あの国からは面白い選手たちが出てきている」と日本サッカーへの評価を述べた。

 金銭面については、獲得を検討した選手たちの中で「最もリーズナブルな選択肢だった」とも明かしている。起用法の見通しについては「前線の3つのポジションの中のひとつでプレーできるアタッカーだ」と語った。

 昨季リーグ2位のCSKAは、今季は6試合を終えた時点で暫定6位。チャンピオンズリーグ出場権も獲得しており、先日行われた抽選の結果グループステージでレアル・マドリー、ローマ、プルゼニ(チェコ)と対戦することが決まっている。

9/2(日) 17:02配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180902-00287821-footballc-socc

本田圭佑と“同じ夢”を持つ西村拓真!海外移籍はあくまで通過点なのか 

1 2018/09/02(日) 09:19:03.22 _USER9
「そこは譲れなかったので、即決でした」

ロシアのCSKAモスクワへの完全移籍が発表された西村拓真が、9月1日の清水戦後(2-1)にユアテックスタジアム仙台でメディア対応を行なった。
 
 まず西村は今回の移籍に際し、渡邉晋監督などのスタッフ陣、仙台の関係者、そしてサポーターへ感謝の気持ちを述べた。
 
「多くの方々に応援されて、出させてもらって、応援を頂いて、自分は幸せだなと思います。思っていた以上に温かく送ってくれて凄く嬉しかったです」
 
 そして、電撃的に決まったCSKAモスクワへの移籍については、次のように語る。
 
「正直、オファーを頂いた時に、そこまで悩む時間はありませんでした。個人として上に行きたいという気持ちがあったので、チームには迷惑をかけますけど、そこは譲れなかったので、即決でした」
 そのほか海外移籍について「簡単に行くほど甘くない世界」と述べるなど、冷静に話しを進めたが、日本代表についての想いを聞かれると、こんなコメントを残した。
 
「小さい頃からずっと(なりたいと)思っていますし、ワールドカップで4年後に活躍するために、今回の挑戦を決めました。やっぱり高いレベルでやっていくことが代表で活躍できる要因だったので、ずっと代表は意識しています」
 
 さらに西村は、報道陣から「海外でのプレーは夢が叶いましたか?」との質問に、こう切り返した。
 
「まあ、夢はワールドカップで優勝することなので。そこに向けて、また一からやりたいです」
 
 2010~13年にCSKAモスクワに所属し、ビッグマウスでも知られる本田圭佑も「ワールドカップの優勝」を何度も口にしていた。西村の真剣な眼差しからも強い意気込みが感じられた

9/1(土) 23:08サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180901-00046612-sdigestw-socc

写真
no title

本田圭佑と同じ不遇に!?モスクワへ移籍する西村拓真に心配の声! 

o0957067514255663752
1 2018/08/29(水) 01:58:27.02 _USER9
サッカーJ1・ベガルタ仙台のFW西村拓真(21)がロシア・CSKA(チェスカ)モスクワに移籍する見通しだと報じられると、期待にまじって不安の声が相次いだ。

CSKAといえば日本代表MF本田圭佑(32)が在籍していたが、同クラブから最終的にイタリアの名門・ACミランへステップアップするまでには想像以上に時間がかかった。それは「本田を幽閉している」などとしてクラブ側への批判にもつながった。そのため、将来有望な西村が二の舞になるのではないかとの懸念が浮上することとなった。

「脱出できないまま使い潰されるか」
西村の移籍話は2018年8月28日までに複数スポーツ紙で報じられた。クラブ間交渉が進んでおり、間もなく合意するという。早ければ8月中に完全移籍が発表される。

今季J1リーグ第24節までに11ゴールをあげている仙台のエース。得点ランキングは川崎フロンターレのFW小林悠(30)と並んで日本人トップタイ(全体4位タイ)に立ち、9月の日本代表戦にも招集されるのではないかとの声もある。

海外移籍は飛躍への一歩として、「あれだけの有名チームだから名前 欧州に 知られるよね 寂しいけど 楽しみ」「ベガルタの顔として欧州で活躍&日本代表に選ばれて欲しい」とツイッターでも期待が集まる。一方で、CSKAモスクワというクラブ名に反応し、

「本田が長年幽閉されたの知ってるのかしら・・・」
「本田みたいにロシアから脱出するのに時間かからなければいいけどなぁ」
「本田みたいに脱出できないまま使い潰されるか、飼い殺しになる未来しか見えねえぞ」
と、本田を引き合いに不安視する声も少なくない。

もちろん例外もある。元セルビア代表MFミロシュ・クラシッチ(33)は、04~10年をCSKAで過ごした後、イタリアのユベントスが移籍金を支払って獲得している。また、ナイジェリア代表FWアーメド・ムサ(25)は12~16年にCSKAに在籍した後、FW岡崎慎司(32)が所属するイングランドのレスターシティに移籍。ここでも移籍金が発生していた。こうした例から、ネット上では「活躍すれば普通に移籍できます」といった声も出ている。

J-CASTニュース2018年8月28日20時41分
https://news.infoseek.co.jp/article/20180828jcast20182337258/

写真
no title

本田圭佑の古巣モスクワに仙台の西村拓真が電撃移籍!! 

vol05-newhero-top
1 2018/08/27(月) 04:20:50.50 _USER9
8/27(月) 4:00配信
J1ベガルタ仙台のFW西村拓真(21)が、ロシア1部のCSKAモスクワに電撃移籍することが26日、明らかになった。複数年契約での完全移籍となる。

西村はプロ4年目の今季、川崎FのFW小林悠と並び、日本人最多の11ゴールを決めるなど急成長。日本代表入りも視野に入る、新星ストライカーとして注目されている。近日中にメディカルチェックのためロシアに渡り、今週末にも正式発表される見込みだ。

CSKAモスクワはリーグ優勝6度の強豪で、かつてMF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)が4年間在籍し、ACミラン移籍へのきっかけをつかんだクラブでもある。本田の元同僚で、W杯ロシア大会でロシアの8強入りに貢献したGKアキンフェーフ、司令塔のMFジャゴエフらが所属している。

新たな挑戦に踏み切る西村は昨季のルヴァン杯でニューヒーロー賞を獲得した。一方でリーグ戦28試合で計35本のシュートを放つも、わずか2得点と決定力不足に悩まされていた。課題克服のため、今季から福永コーチに師事し、居残りシュート練習を繰り返した。

ファーストタッチの精度が向上し、足元を見ずに顔を上げてプレーすることで、前節の川崎F戦まで24試合で計45本のシュートを放ち11得点。決定率は昨季の5・7%から24・4%までにはね上がった。

チームにとって、シーズン途中での得点源の流出は痛手となるが、温かく見送る方針。9月1日のホーム清水エスパルス戦でサポーターに別れのあいさつをする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00311453-nksports-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索