Samurai Goal

補強


スポンサード リンク





“銀河系”レアルの「最も奇妙な補強6人」 スター軍団の陰で期待外れだった選手とは? 

スクリーンショット 2020-08-03 12.55.10

<マンチェスターU>史上最高額の補強を計画中!トットナムFWケーン、もしくはドルトムントFWサンチョ.. 

1: 2020/04/13(月) 18:20:20.94
プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドがサッカー史上最高額の補強を計画中だという。12日、スペイン紙アス電子版が報じたもので、来季は本拠地オールド・トラフォードを再び真の「夢の劇場(オールド・トラフォードの別名)」にすべく、獲得候補にさまざまな名前をリストアップ。特にトットナムFWケーン(26)、もしくはドルトムントFWサンチョ(20)の両イングランド代表の獲得をターゲットにしているという。

英紙デーリー・メールによると、トットナムがケーンの移籍金を2億2700万ユーロ(約272億4000万円)に設定したと報道。同金額はネイマールが17年夏にバルセロナからパリ・サンジェルマンに移籍した時の2億2200万ユーロ(約266億4000万円)を上回る。実現すれば、サッカー史上最高額の計画となる。

またケーンとサンチョ以外にも、ドルトムント所属のノルウェー代表FWハーランド(19)獲得にも興味を持つが、スールシャール監督とハーランドの関係性はいいものの、レアル・マドリードやパリサンジェルマン移籍が有力視される。

補強を念頭にいれ、マンチェスター・ユナイテッドは選手の整理を考えており、アレックス・サンチェス、フィル・ジョーンズ、リンガード、アンドレス・ペレイラ、スモーリングらが候補に挙がっている。またポール・ポグバはレアル・マドリードやユベントス移籍の可能性が出ている。

[2020年4月13日9時30分] 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200413-24130083-nksports-socc

写真
no title

<今日Jリーグ開幕!>補強に成功したチームはどこだ? 

1: 2020/02/21(金) 08:47:07.23
Jリーグの主な移籍選手
no title


2020シーズンの明治安田生命J1リーグが、フライデーナイトJリーグとして21日に行われる湘南ベルマーレ対浦和レッズ(Shonan BMWスタジアム平塚)から幕を開ける。

 昨シーズンは時間の経過とともに、標榜してきたアタッキングフットボールが開花。最後は7連勝でフィニッシュするなど、無双の強さを身にまとった横浜F・マリノスが15年ぶり4度目の美酒に酔った。各クラブが補強に走るオフも、スピーディーかつ的確に動いたのがマリノスだった。

 J1を制したマリノスには、今年から順に5億5000万円、5億円、5億円と3年間で総額15億5000万円の理念強化配分金がJリーグから支給される。使途を問われた横浜マリノス株式会社の黒澤良二代表取締役社長は、これから検討すると断った上で、こんなビジョンを明かしていた。
「できるだけ有効に使いたいというか、チームの強化にあてた方がいいと考えています」

 資金をもとにまず着手したのが優勝に貢献した2人の外国籍選手、センターバックのチアゴ・マルチンスと左サイドバックのティーラトンを、期限付き移籍から完全移籍へと切り替える補強だった。前者はブラジルのパルメイラスから2018年夏に、後者はタイのムアントン・ユナイテッドFCから昨シーズンにそれぞれ加入し、特にマルチンスは昨シーズンのベストイレブンにも選出されていた。

 主力全員を残留させた上で、期限付き移籍先の大分トリニータで10ゴールをマークし、日本代表にも選出されたFWオナイウ阿道を浦和レッズから獲得。マリノスのアカデミー出身で、2010年夏以降は4つのクラブでプレーしていたMF水沼宏太も約9年半ぶりに復帰した。
 オナイウに関しては、6年ぶりに挑むAFCチャンピオンズリーグ(ACL)をにらんだ補強でもある。外国籍選手の登録・ベンチ入り・出場枠がすべて「3」のACLへ、マリノスはチアゴ・マルチンス、ティーラトン、MVPの仲川輝人と得点王を分け合ったMFマルコス・ジュニオールを登録。合計で19ゴールをあげたエジガル・ジュニオ、エリキの両FWを外している。


2/21(金) 6:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-00010001-wordleafs-socc

補強に成功したのはどのクラブ?2020年J1全18クラブ、開幕前補強診断 

20200218-00010016-goal-000-1-view[1]

「最強リバプール」を作り上げてきたクロップの補強――南野拓実は“12人目の成功例”になれるか? 

20200209-00009794-thedigest-000-6-view[1]

浦和、ガーナ代表の攻撃的MFを補強か 海外メディアが注視「獲得を打診した」 

20200205-00245047-soccermzw-000-3-view[1]

なぜ浦和レッズは”無冠”返上に向けて新戦力を3人しか補強できなかったのか? 

20200110-00010000-wordleafs-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/10(金) 05:33:40.69 ID:3HdOUtBH9
4年ぶりの無冠に終わった昨シーズンからの捲土重来を期す浦和レッズが9日、ホームの埼玉スタジアム内のボールルームで、2020シーズンの新加入選手記者会見を開催した。

レッズの赤いユニフォーム姿で登壇したのは、アルビレックス新潟から完全移籍で加入した22歳のブラジル人FWレオナルドと、期限付き移籍していた大分トリニータから復帰した21歳のMF伊藤涼太郎の2人だけ。
青森山田高からの加入が内定しているMF武田英寿は、開催中の全国高校サッカー選手権大会で同校がベスト4に勝ち進んでいることもあって欠席となった。

期限付き移籍先のトリニータで10ゴールをあげ、日本代表にも選出されたFWオナイウ阿道が横浜F・マリノスへ完全移籍するなど、このオフにレッズからは8人の選手が移籍または退団している。
一方で加入する選手は現時点で3人。補強の狙いおよび成功の度合いを問われたレッズのOBで、今年からスポーツダイレクターを務める土田尚史氏は現在進行形であることを強調した。

「現有のチームには素晴らしい選手たちがそろっていると私は認識しています。
今シーズンにおきましては、選手たちが個の能力を最大限に発揮すること、発揮させることをベースに、現時点では将来性のある若い選手3人が今回加入いたしましたが、補強の方は継続して考えています」

例年この時期に行われてきたレッズの新加入選手記者会見は、大型補強の初お披露目の舞台となってきた。
たとえば昨年はFW杉本健勇(前セレッソ大阪)、DF山中亮輔(前横浜F・マリノス)、DF鈴木大輔(前柏レイソル)の日本代表経験者が完全移籍で加入。
ポルトガルの強豪FCポルトから期限付き移籍で加入したMFエヴェルトンらが、ひな壇に勢ぞろいしてきた。

このオフの補強は、8シーズン連続で2桁ゴールをあげている33歳の興梠慎三に頼り切っていたフォワードと、層の薄いセンターバックが最重要ポイントとして掲げられていた。
2018シーズンにガイナーレ鳥取で24ゴールをあげてJ3の、昨シーズンにはアルビレックスで28ゴールをあげてJ2の得点王に輝いたレオナルドは、22歳という若さや伸びしろを含めても可能性のある補強になった

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00010000-wordleafs-socc
1/10(金) 5:30配信

神戸、最多8人に上る外国籍選手の去就が気になる!来季の補強ポイントは? 

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 23:17:45.67 ID:mi1ORqs29
課題はスタメンとサブの間にクオリティの差があること

J1リーグ30節の神戸vs仙台は、小川慶治朗の2ゴールで神戸が快勝した。今季4度目のクリーンシートも達成。この試合を見る限り、チームの骨格はすでに固まったように思われる。気になる来季の陣容は、去就が騒がれているルーカス・ポドルスキを含め、まず誰が残るかが大きなポイントになりそうだ。

 ポジション別の補強ポイントを見る前に、まず考えるべきは外国籍選手の数だろう。韓国やタイなどアジア圏を除いた数では、神戸の8人がJ1最多となる。続くのは横浜F・マリノスの6人。首位の鹿島、2位のFC東京はともにブラジル人3人。ヨーロッパの選手を5人も抱える神戸は、Jリーグの中で異色の存在と言える。

 ポドルスキの去就問題はさておき、この欧州の5人は神戸に欠かせない存在となる。残るブラジル2人とレバノン人ひとりがどうなるかが、ひとまずの注目点になるだろう。単純にプレータイムで判断すれば、DFダンクレーはキープすべき選手。8月10日の大分戦を最後に出番のないFWウェリントン、リーグ戦1試合のみ出場のDFジョアン・オマリは、本人が出場機会を求めるかどうかにもかかってくると思われる。

 1試合に登録できる外国籍選手は、ベンチも含めて上限5人。あまり多くの助っ人を抱えても、宝の持ち腐れになりかねない。人員を整理して、併用できる日本人選手やJリーグ提携国選手を補強するかどうか、この辺りがひとつの注目点と言っていいだろう。

 外国籍選手5枠との兼ね合いを考えてGKは現状のままか。今夏に補強した飯倉大樹を軸に、前川黛也、吉丸絢梓ら計5人もいる。過去には日本代表の川島永嗣の名前も浮上したが、今年7月にRCストラスブール(仏)と2年契約しており、結局は噂で終わっている。いずれにしても補強するなら日本人選手だが、現時点ではあまり必要性を感じられない。

 整理が必要なのはDF陣だろう。J2チームに期限付き移籍中の宮大樹(水戸)、小林友希(町田)、初瀬亮(福岡・育成型)を加えると所属は13人。MFやFWの約2倍の人数に上る。神戸がそれだけ守備の構築に苦しんできた証拠だ。

 賛否両論を覚悟の上で言うなら、課題はスタメンとサブのクオリティに差があることだ。

 29節のFC東京戦では、3センターバック中央の大﨑玲央が出場停止、左のフェルマーレンがベルギー代表の疲労を考慮して出場を回避。右からダンクレー、渡部博文、J・オマリというラインナップを組んだ。さらに右ウイングバックは西大伍の負傷で藤谷壮が先発。都合5枚のうち3枚を変更した結果、ポゼッションサッカーの生命線であるビルドアップが不安定に。結局、3点を献上して敗れた。

 誰が出ても同じサッカーができることをコンセプトに掲げる神戸。左ウイングバックの酒井高徳のバックアップ選手も含め、テコ入れが必要と言えるかもしれない

11/3(日) 15:46配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00066228-sdigestw-socc

写真
no title

サッカー日本代表に海外の現役選手を一人補強できるとしたら  

imagesN9P76ONL




1: 風吹けば名無し 2019/10/26(土) 01:03:19.66 ID:yXtl9x5T0
どうしてもと言うなら二人でも

ライア・ギグス、12位に低迷するマンUが復活するためには「あと4、5人の補強が必要」  

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 23:19:58.21 ID:0TufN/se9
 6日に行われたプレミアリーグ第8節でニューカッスルと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは0-1の完封負けを喫した。同クラブのレジェンドであるライアン・ギグス氏は、2勝3分3敗の勝ち点9で12位に低迷するクラブが復活するためには「4、5人の補強が必要」と主張した。英紙『サン』が伝えている。

 マンチェスター・Uは今夏、FWロメル・ルカクやFWアレクシス・サンチェスを放出し、DFハリー・マグワイアやDFアーロン・ワン・ビサカ、FWダニエル・ジェームズを獲得したが、上昇気流に乗れずにいる。

 現役時代は、現在チームを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督とともにプレーしたギグス氏は、「オーレは3人の選手を獲得したが、おそらく7人か8人の新しい選手が必要だ。だから、彼にはさらに4、5人の選手が必要なんだ」と補強の必要性を説いている。

「一度の移籍市場で7、8人を補強することは簡単ではない。そのため、時間がかかるかもしれないが我慢しなければならない」

10/7(月) 22:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-43472542-gekisaka-socc

写真
no title


【サッカー】<大不振のマンチェスター・ユナイテッド>最大の問題は?8試合を終え2勝3分3敗、勝ち点「9」直近29年間で最悪のスタート
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1570439861/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索