Samurai Goal

衝撃


スポンサード リンク





INAC神戸に衝撃 鮫島、仲田、スタンボーの主力3人が大宮移籍 佐々木氏が総監督 

スクリーンショット 2021-01-13 15.05.50




1: 2021/01/13(水) 14:37:26.77 _USER9
 今秋に開幕する日本初の女子プロリーグWEリーグに参戦するなでしこリーグのINAC神戸は13日、元日本代表DF鮫島彩(33)、MF仲田歩夢(27)、GKスタンボー華(22)の3選手が大宮に完全移籍することを発表した。

 INAC神戸に衝撃が走った。11年W杯ドイツ大会優勝メンバーの鮫島、正守護神のスタンボー、女子サッカー界随一の人気を誇る仲田がそろって大宮に移籍する。
鮫島、スタンボーは昨季リーグ18戦全試合に出場。仲田も9試合に出場した。

 WEリーグに参入する大宮は12日にチーム概要を発表。チーム名を「大宮アルディージャVENTUS」とし、トータルアドバイザー兼総監督になでしこジャパン前監督で11年W杯優勝に導いた佐々木則夫氏(62)。
今季、INAC神戸の下部組織であるINAC東京のテクニカルコーチを務めていた11年W杯優勝メンバーの大野忍氏(36)がコーチに就任した。佐々木総監督のもと、「則夫チルドレン」を中心に着々と強化を進めている。


デイリー
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e27b7fe2f082421ea43b9540e3e23a7b96cb991

<Jクラブを率いるスペイン人監督>「衝撃を受けた」リーガに連れていきたい日本人選手は? 

スクリーンショット 2020-12-02 21.05.49




1: 2020/12/02(水) 19:57:28.47 _USER9
J3今治のスペイン人監督リュイス氏は、神戸FW古橋、川崎MF三笘、川崎FW小林を選出

スペイン1部のリーガ・エスパニョーラでは現在、MF乾貴士(エイバル)、MF久保建英(ビジャレアル)、FW岡崎慎司(ウエスカ)、FW武藤嘉紀(エイバル)と4人の日本人選手がプレーしている。
かつては日本人選手にとって“鬼門”とも言われた世界最高峰のリーグへ、日本から次に渡る可能性があるのは誰か。J3のFC今治で指揮を執るスペイン人のリュイス・プラナグマ・ラモス監督に質問をぶつけると、J1から3人の名前が挙がった。

バルセロナ出身で、1999年に10代で指導者のキャリアをスタートさせたリュイス監督。エスパニョールのアカデミー(U-9~U-18)、ビジャレアルのCチーム・Bチームなどを経て、グラナダBチームを率いていた2016-17シーズンには、
トップチームの暫定監督として“ラ・リーガデビュー”も果たしている。バルセロナのカンテラ(下部組織)在籍時代の久保を知るなど、日本人選手にも精通するスペイン人指揮官は、
「J1の若手選手には、スペインリーグにフィットして、プレーできるチャンスは大いにあると思います」と語る。

まず、1人目はヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧(今季29試合12得点)だ。元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの“相棒”として絶妙なコンビネーションを見せており、スペイン語の勉強を怠らず、
バルセロナの練習を見るために現地へ赴くなど、本人も“スペイン志向”は強い。武器とするスピードは、スペイン1部でも威力を発揮するとリュイス監督は分析する。

「古橋選手に関して言えば、まず速い。相手の裏を取る動きが優れていると思います。そして、素早く、的確な判断でゴールを奪う決定力もあります」
リュイス監督が「初めて見た時にすごく衝撃を受けました」と明かすのが、川崎フロンターレのMF三笘薫(今季26試合12得点)だ。東京五輪世代の新人アタッカーは、独特のドリブルを武器に旋風を巻き起こし、川崎の史上最速Vに大きく貢献した。

「三笘選手はラストパスを出せるし、ドリブルで中に切れ込んでフィニッシュまで持っていける。得点力が高いのも特徴ですが、ディフェンスにおいても求められたことをハイレベルにこなしています。
正直ポテンシャルの高さに驚いていて、将来が非常に楽しみな選手です」

12/1(火) 6:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/113e581169c43f976ca4ec54b9285d024c08186a

EL衝撃デビューでもリーグ戦は不発?…久保建英が「エメリ監督の要求以外にしていた」“2つの工夫” 

スクリーンショット 2020-10-26 18.48.57

<海外メディア「Jリーグの衝撃」>大型ルーキーMF三笘薫の大爆発に注目!「すでに年間MVPの有力候補」 

1: 2020/09/06(日) 22:15:48.65 _USER9
今季デビューのMF三笘が横浜FM戦で2ゴール 公式戦8ゴールでチーム最多得点者に

川崎フロンターレは5日、J1リーグ第14節で横浜F・マリノスと対戦し、3-1で勝利を収めた。
2得点を決めた大型ルーキーMF三笘薫が殊勲の2ゴールを決めたことで、海外メディアは「Jリーグの衝撃」と大々的に取り上げ、「すでに年間MVPの有力候補だ」と熱視線を送っている。

【動画】「すでに年間MVPの有力候補だ」 川崎MF三笘が横浜FM戦で殊勲の2ゴール
https://www.football-zone.net/archives/281758/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=281758_6

昨季王者との“神奈川ダービー”は、開始早々の前半2分に先制点を与えるも、同33分、左ウイングとして先発を飾った三笘が左サイドに抜け出し、
力強いドリブルでペナルティーエリアへと侵入すると、カットインから対峙した相手DFチアゴ・マルチンスの股を通すグラウンダーの一撃で同点弾を奪った。

さらに1点を加えて2-1で迎えた後半5分、右サイドからFW旗手怜央がグラウンダーのスルーパスを供給し、ファーから走り込んだ三笘が流し込んで横浜FMを突き放す3得点目を奪取した。
三笘はこの日の2ゴールで公式戦8ゴールとなり、エースのFW小林悠を抜いてチーム最多得点者に浮上した。

今季デビューしたばかりのルーキーが見せる圧巻の活躍ぶりにブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は「三笘は大学で将来を保証するため、
22歳からプロに転向したJリーグの衝撃」と見出しを打ち、大学卒業後の今季からプロデビューした三笘にスポットライトを当て、逸材を発掘する川崎のスカウティングを称賛している。

「2020年における川崎の成功の秘訣は、前途有望な若手の起用だ。三笘と旗手は大学出身で、プロとして初のシーズンを迎える新人だ。
この2人は五輪選出のポテンシャルを秘めていたため、デビューイヤーでもある程度際立つ活躍が期待されていた。

しかし、即座に大きな影響を与えるとは予想されていなかった。特に三笘は、すでに年間MVPの有力候補だ」

2017、18シーズンに連覇を達成した川崎だが、昨季は勝ち切れない試合が続き、4位でリーグを終えることに。今季は4-3-3の新システムを導入し、リーグ最多連勝記録の10連勝を達成するなど、
頭一つ抜けた強さを誇示しているが、今季デビューした三笘は12試合出場8ゴールと、川崎の攻撃をけん引する活躍を示しており、Jリーグにおける今季最大のサプライズとなっている。

海外メディアも、その壮大なポテンシャルに熱視線を送っていた。

9/6(日) 19:20配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/8acaeb9fafe38400aea01e3f2603251ca86aad49

写真
no title

内田篤人が衝撃を受けた海外3選手 

スクリーンショット 2020-08-29 15.54.03




1: 2020/08/29(土) 14:17:05.50 _USER9
シャルケが29日に日本語版公式ツイッター(@s04_jp)を更新し、現役を引退した鹿島アントラーズDF内田篤人の名シーンを収めた動画を投稿した。

 内田は20日、今月末をもって鹿島との契約を終了し、現役を引退することを発表。23日にホームで開催されたJ1第12節のG大阪戦(△1-1)を最後に、惜しまれながらもスパイクを脱いだ。

 24日にはオンラインで引退会見を実施。現役生活を振り返る中で、衝撃を受けた海外選手としてシャルケ時代のチームメイトだった元スペイン代表FWのラウル・ゴンサレス氏、ペルー代表FWジェファーソン・ファルファン、元オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの名前を挙げていた。

 シャルケはこれにかけ、29日に「#内田篤人 選手が、衝撃を受けた選手に @RaulGonzalez、#ファルファン と共に名を挙げた@KJ_Huntelaar」とツイート。これまで『#Bestof内田S04』と題し、シャルケ所属時の名場面を紹介してきたクラブは、今回の投稿で内田とフンテラールのコンビネーションから生まれた鮮やかなゴールを取り上げた。

 その試合は2014-15シーズンのブンデスリーガ第10節アウクスブルク戦(○1-0)。前半37分、右サイドの内田がドリブルで長い距離を駆け上がり、ゴールライン際で倒れながらクロスを送ると、ゴール前でマークを外したフンテラールが右足で押し込んだ。

 クラブは「2014-15シーズンの @FCA_World 戦では、その #フンテラール への素晴らしいアシストで勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれました」と当時の活躍を振り返っている。

 内田はシャルケで通算153試合に出場し、2ゴール18アシストを記録。退団時にはセレモニーが行われるなど、現在も相思相愛の関係が続いている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/8be3197af5fff35655010ea730487f255476b29f

史上最大、衝撃の結末! UEFA-チャンピオンズリーグ準々決勝 バルセロナ×バイエルン 

スクリーンショット 2020-08-14 22.38.56




1: 2020/08/15(土) 05:50:03.47 ID:CAP_USER9
バルセロナ 2-8 バイエルン
[得点者]
トーマス・ミュラー    (前半04分)バイエルン
オウンゴール       (前半07分)バルセロナ
イヴァン・ペリシッチ   (前半21分)バイエルン
セルジュ・グナブリー   (前半27分)バイエルン
トーマス・ミュラー    (前半31分)バイエルン
ルイス・スアレス     (後半12分)バルセロナ
ヨシュア・キミヒ     (後半18分)バイエルン
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半37分)バイエルン
フィリペ・コウチーニョ  (後半40分)バイエルン
フィリペ・コウチーニョ  (後半44分)バイエルン

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20110818

<メッシ>驚愕3人抜き&倒れ込み弾にファン衝撃!「人間業じゃない」「やはり天才だ」 

1: 2020/08/09(日) 17:52:36.36 _USER9
【動画】「やはり天才だ」メッシが決めた衝撃の3人抜き弾はこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=77444

現地時間8月8日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16第2レグで、ナポリをホームに迎えたバルセロナは3-1で勝利。アグリゲートスコア4-2で、13シーズン連続のベスト8進出を決めた。

この試合で驚愕のゴールが生まれたのが、バルサがクレマン・ラングレのヘッド弾で1点をリードして迎えた23分だ。
ルイス・スアレスからのパスを右サイドで受けたリオネル・メッシが、ドリブルを敢行。対峙したロレンツォ・インシーニェとマリオ・ルイの間をすり抜け、さらにカバーリングに入ったカリドゥ・クリバリもかわす。

この時に一度は倒されるも、すぐに起き上がると、ゴール前を固めるディエゴ・デンメとコスタス・マノラスの間から、倒れ込みながらも正確なシュートを放ち、ゴール左隅に突き刺したのだ。
 この圧巻のゴールにファンは興奮。バルセロナの公式ツイッターには、次のようなコメントが殺到した。

「なんというゴールだ!」
「まさにゴラッソ」
「言葉がない」
「神というほかない」
「やはり天才だ」
「クレバーなフィニッシュ!」
「これぞキング」
「誰もこの男には近づけない」
「信じられない感度と速さで決めた」
「世界ナンバーワンだ」
「魔法のゴール」
「なんて美しい!」
「人間業じゃない」

これがCLでは35チーム目から奪ったゴールとなったメッシ。前半終了間際には、果敢なプレスから(スアレスが決めた)PKを誘発するなど、
その後もナポリの守備陣を苦しめた。やはり、この男が乗った時のバルサは手がつけられない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


8/9(日) 12:32配信  サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/e04c8be85969f1ce323b147791ebccefeeb167e6

写真
no title

香川真司の衝撃、「最高の瞬間」を古巣マンUが称賛 「大きなインパクトを与えた」 

20200611-00266493-soccermzw-000-1-view

スナイデルがレアルで最も衝撃を受けたのは…金髪ファンタジスタ「最初の数カ月は話しかけてくれなかった」 

20200607-00010028-goal-000-1-view

<セルジオ越後>衝撃を受けた、中学1年生の小野伸二「日本にもこんな子がいるのか」 

1: 2020/06/04(木) 10:18:48.74
前回は僕が選んだJリーグの歴代ベストイレブンを紹介したけど、今回はそのなかでも僕が特に好きな選手について語ろう。ズバリ、小野伸二。プロとして"魅せる"ナンバーワンだね。

初めて見たのは彼が中学1年生のときだったと思う。サッカー教室の仕事で沼津を訪れたときに、静岡県サッカー協会の人が「面白い子が手伝いに来ますよ」と言って、やって来たのが彼だった。

体は小さくても、テクニックがずばぬけていて、ボールを持つと敵も味方も見入ってしまうほど。後日、彼が当時の僕のボールさばきを見たときに「めちゃくちゃうまい」と言っていたと伝え聞いたけど、それはこっちのセリフ。日本にもこんな子がいるのかと驚いたものだよ。

だから、彼が清水市商(現・清水桜が丘)に入学したと聞いたときには、専門誌の担当編集者に「インターハイを絶対に見に行けよ。清商にスゴいのがいるから」と勧めたんだ。そうしたら、「セルジオさん、あの選手は怪物ですよ」と興奮しながら帰ってきたっけね。

当時はスター選手のプレー映像をネットなどで気軽に見られる時代ではなかった。彼の技術は誰かのマネをしたのではなく、自分で身につけたもの。だから彼にしかできない。もちろん、相当な努力をしたのだろう。

両足を同じレベルで自由自在に使えるから、相手は次のプレーを予測しづらいし、守りづらい。ファウルすることすら難しい。戦術眼も高く、一瞬のひらめきもあるから、味方のFWはラク。動きだせば、決定的なチャンスにつながるパスがどんどん出てくる。今、Jリーグではイニエスタ(神戸)のプレーが注目を集めているけど、小野も全然負けていないよ。

あれだけの技術があれば、自分でも面白いだろうし、楽しいだろうね。だから、彼はいつも笑顔でプレーしているのかもしれない。

実は僕は小野とちゃんと話をしたことがないんだけど、いろいろな人から礼儀正しい好青年だと聞く。フェイエノールト在籍時、UEFA杯(現・ヨーロッパリーグ)で優勝した試合を僕が取材に行った際のことだ。前日練習が終わってほかの選手がロッカールームに戻るなか、彼はチームのホペイロ(用具係)と一緒にボールを片づけていた。そういう振る舞いを自然にできるから、どこのチームに行っても皆に好かれるのだと思う。

残念だったのは、シドニー五輪アジア1次予選のフィリピン戦(1999年)でのこと。実力差のある相手の悪質なタックルを受け、左膝靱帯断裂という大ケガを負ってしまった。"たられば"を言っても仕方ないけど、あのケガがなければ、フェイエノールト以上に大きなクラブでも活躍できたんじゃないかな。

Jリーグ史上、彼よりもっと数字を残し、タイトルを獲得した選手はたくさんいる。でも、彼ほどサッカーの面白さ、魅力をわかりやすく伝えてきた選手はなかなかいない。プロのお手本といえる存在だ。

小野は昨季からJ2の琉球でプレーしているけど、デビュー戦には1万2000人以上のお客さんが集まり、スタジアムは超満員だったそうだ。40歳になった今でもそれだけの存在感を発揮できるのだから素晴らしいよ。少しでも長く現役を続けて、サッカーの楽しさを伝えてほしいね。

6/4(木) 6:10 週刊プレーボーイ
https://news.yahoo.co.jp/articles/89813f4a8451bbfc50cb18a272c7b932da7c1ad5

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索