Samurai Goal

藤春廣輝


スポンサード リンク





岩本輝雄「コロンビア戦は50分まではほぼ完璧。OG献上&決定機逸と命運を左右した藤春に採点を付けるなら… 『6』!!」 

1: 名無しさん 2016/08/08(月) 18:32:16.31 ID:CAP_USER9
南野と大島が入って攻撃は活性化された。

 勝つべき試合だったとか、2点差をよく追いついたとか、賛否両論あるゲームだったとは思うけど、自分としてはポジティブに受け止めている。

もちろん、勝点3は欲しかった。でも最終戦に望みはつなげたわけだし、日本は粘り強く戦えていた。内容を見ても、相手を圧倒する時間帯が長かった。とりわけ50分までは、ほぼパーフェクトだった。
 
 ただ、50分を過ぎたあたりからは、少し疲れが見え始めてきた。まずいなと思った矢先に、一瞬の隙を突かれて先制点を奪われると、まさかのオウンゴールでその差は2点に広がってしまう。難しい展開になったわけだけど、でもそこから挽回して、最低限の結果は得られたのだから、その頑張りには素直に拍手を送りたいね。
 
 引き分けに持ち込む原動力になったのは、南野と大島だ。スタメンを張ってもおかしくないふたりをベンチスタートにした采配については、意見が分かれるだろうけど、手倉森監督の狙いとしては、4-4-2で前から積極的に奪いに行き、相手を“ハメて”いくスタイルを目指していたと思う。
 
 献身的にディフェンスをこなす矢島と井手口のスタメン組は、それぞれ攻撃的MF、ボランチとして、指揮官が思い描くサッカーを機能させていたし、流れを引き寄せることにも貢献していた。その意味では、南野と大島をベンチに控えさせる選択は決して間違いではなかったはずだ。
 
 後半の途中からのゲーム展開を読んでいた部分もあったと思う。だいたい、この時間帯からは蹴り合いになることが往々にしてあるけど、いずれも足もとでのボールスキルの高いふたりを投入することで、しっかりとポゼッションしながら日本のペースに引きずり込む意図があったのではないだろうか。
 
 実際、南野と大島が入ると攻撃は活性化されて、日本に勢いが生まれる。そして67分には大島→南野とつなぎ、最後は浅野が反撃の狼煙を上げるゴールを決めてみせる。
 
 さらに、このふたりによってリズムが生まれるなか、それまではわりとワイドに張り気味だった左サイドの中島が中に入ってきてのプレーも多くなってきた。そうした流れから、中島が持ち味のひとつでもあるカットインからの右足シュートをねじ込み、日本は試合を振り出しに戻した。

“あの場面”で藤春はプレーをはっきりすべきだった。

 初戦はあまり良くなかった室屋も、コロンビア戦では躍動していた。積極的にオーバーラップを繰り出しては、ゴールチャンスに絡む活躍を見せていた。
 


 とりわけ、先発フル出場した浅野は最後まで相手に脅威を与えていたと思う。自慢のスピードは十分に通用していたし、2トップを組んだ興梠とは、お互いの良さを引き出す関係性を築けていた。
 
 浅野はスーパーサブとしても怖い存在になり得る選手ではある。でも、例えば残り20分からの投入だとしても、その実力を考えれば、単純に時間が短すぎてもったいない。欲を言えば、あと1点取ってほしかったけど、期待に応える働きを示したと思う。
 
 最初に言ったとおり、勝点3が欲しかったし、勝てる試合でもあった。それでも、日本の戦いぶりは概ね評価できる。
 
 痛恨のオウンゴールを献上した藤春に関しては、彼の立場に立って考えてみれば、悔しさでいっぱいのはず。
 
 自分もSBでプレーしていたことがあるから、あのシーンでの振る舞いはよく分かる。最初はクリアしようと思ったけど、相手のプレッシャーがそこまでではなく、周りにスペースもあったから、一度、トラップしてから運ぼうとしていたのではないか。でもそこでコントロールを誤って、ああいう結果になってしまった。

プレーをはっきりすべきだったとは思う。あの時間帯、あの場所でやってはいけないミスではあったし、前半の決定的なヘディングシュートを決め切れなかったことも考慮すれば、勝敗に直接関与し、チームの命運を左右した存在ではあった。
 
 もっとも、90分間トータルで見れば、多くのチャンスに絡んでいて、1対1でも簡単には負けていなかった。つまり、攻守両面で“効いていた”。
 
「あのオウンゴールがなければ勝っていた」という言い方もできるけど、それは結果論だし、短絡的な視点でしかない。少なくとも、初戦に比べれば格段にプレーレベルは上がっていた。採点を付けるなら「6」。何度も上下動するなど、彼の豊富な運動量は、様々なシチュエーションでチームを助けていたのも見逃してほしくないね。
no title

オーバーエイジの誓い…興梠、塩谷、藤春の3人が開いた“決起集会” 

1: 名無しさん 2016/07/19(火) 21:33:22.87 ID:CAP_USER9
オーバーエイジ3人だけで開いたささやかな“決起集会”だった。リオデジャネイロ五輪にオーバーエイジとして出場するDF藤春廣輝(G大阪)、DF塩谷司(広島)、FW興梠慎三(浦和)は6月下旬、都内でメディカルチェックを受けた。3人にとって五輪代表としての“初顔合わせ”。まだ23歳以下の代表メンバーが発表されていない中で、一足先に本大会メンバー18人に入ることが内定したのがオーバーエイジの3選手だった。

 メディカルチェックを終えると、3人で一緒に食事を取り、「がんばっていこう」と誓い合った。これまで予選を勝ち抜いてきた選手を“押しのける”形で五輪本大会に出場することになるオーバーエイジとしての重圧と責任。「3人が引っ張っていかないといけない」という話をすると同時に、「チームの雰囲気を壊さないようにやっていこう」とも確認し合った。

 14年1月の立ち上げから2年半。ある意味、すでに出来上がったチームに“異分子”として飛び込む難しさもある。オーバーエイジが初めてチームに合流したこの日、オーバーエイジの選手から積極的に声をかけ、コミュニケーションを取る姿が目立った。

 もともと大人しい性格の選手が多いとも言われてきた五輪代表。宿舎から練習場へ移動するバスの車中も「すごい静かだった」(藤春)というが、興梠が積極的に話しかけるなど、“オーバーエイジ効果”はピッチ外でも見られたようだ。

「A代表だと、槙野くんとかうるさい人がいっぱいある。A代表はバスの中も『うるさいな』って感じだから」と笑った藤春は「自分からどんどんコミュニケーションを取っていきたい。向こうから来るのは難しいと思うし、怖いオーラを出したらいけない。仲良くやれれば」と、笑顔でオーバーエイジとしての“心得”を口にしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-01629411-gekisaka-socc
no title

長谷部誠「試合前のバス移動のときはゲームをしたり、本を読んだりするのをなるべくやめよう」 

1: 名無しさん 2016/03/29(火) 02:16:04.30 ID:CAP_USER*.net
▽日本代表は28日、29日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)・アジア2次予選のシリア代表戦に向け、試合会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を実施した。

▽トレーニング最終日の全メニュー終了後、ミックスゾーンで記者からの囲み取材に応じたDF藤春廣輝(ガンバ大阪)が選手間で行われたミーティング内容の一部を明かした。

◆DF藤春廣輝(ガンバ大阪)

──ハリルホジッチ監督が昨日(27日)の紅白戦で見せた選手のプレーぶりを評価していたが
「そうですね。みんな、身体をぶつけ合っていたし、結構バチバチやり合っていた。全員の身体が動けていたと思う。
(自身の状態は?)まあ、自分なりの1000%の力で毎回の練習ができている。良い合宿にできたかなと」

──監督はオーガナイズの変更を示唆していたが
「そこは全然(わからない)。(29日のシリア戦は)前のフォーメーション(4-4-2)で行くかもしれないし、3トップでいくかもしれない。その辺は全然わからない」

──選手間ミーティングの中で主将のMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)からチーム全体に指摘されたことはあるか
「『練習からもっと意識を高く持ってやっていこう』、『試合前のバス移動のときはゲームをしたり、本を読んだりするのをなるべくやめよう』という話されていたし、
『今までは丸く収めてきたけど、これからは厳しく言う』と。(他には誰が発言していたか?)岡崎(慎司)さんや、宇佐美(貴史)だったり、経験のある選手は話していた」

2016年3月28日(月)21:20
http://sp.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=236056&page=0
no title

【動画】前半終了間際の香川真司の藤春へのパスがドルでのピンポイントパスみたい!! 

461: 2015/11/18(水) 20:38:13.40 ID:/eBjE0Z00.net
香川→藤春 
https://vine.co/v/iuatHUXe1Pd


これいいパスだったな ピンポイントだった
ドルでこんなパスをバンバン出してる選手が代表ではそもそもボールにさわれないから勿体ない

【画像・動画】藤春廣輝「本田さんはじゅんいちダビットソンにめっちゃ似てましたw」 

1: 名無しのSamurai

no title

no title

no title

no title

【悲報】吉田麻也が藤春と宇佐美を間違えるwww 

1: 名無しのSamurai

no title

藤春「『うわ、来た。あっ』と思って打ったら浮いてしまった」「(宇佐美の守備について)ガンバであんなの見たことない」 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 15:18:54.89 ID:???*.net
日本代表は27日、国際親善試合でチュニジアと対戦し、2対0で勝利した。以下、試合後の藤春廣輝(G大阪)のコメント。

●藤春廣輝

本田さんに呼ばれて「緊張することないし、思い切りやった方がいい」と言われて、そのとおりに試合はできましたし、
それを言われたおかげで緊張なくやれたかなと思うので、本田さんの言葉が大きかったかなと思います。

Q:右足でシュートを打つ場面があったが?
「右足で『うわ、来た。あっ』と思って打ったら浮いてしまった」

Q:守備で奮闘できた?
「東くん(東口)も『ガンバとちゃうやん』と言っていた。監督は球際だったりガツガツいっているところを見てはるんで、
 そういうところはしっかりいこうかなと思って、潰しにいけたかなと思います」

Q:宇佐美選手も守備をしていたが?
「そうすね。あれも東君と『ガンバであんなの見たことない』と(笑)」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150328-00000011-ism-socc
ISM 3月28日(土)11時30分配信

no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150328-00000011-ism-socc.view-000
緊張なくやれたと語った藤春

【画像】「ランニングする藤春ら」 …海外組を「ら」扱い代表初招集の藤春スゲーwww 

666: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/03/23(月) 23:00:18.83 ID:S55bRYS00.net
ランニングする藤春ら=サッカー
http://www.jiji.com/jc/p?id=20150323193831-0018908367
SnapCrab_NoName_2015-3-23_23-30-37_No-00


海外組を「ら」扱い・・・
これは藤春ジャパンですわ



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索