Samurai Goal

蔚山現代


スポンサード リンク





韓国紙「緊張が走った」新型肺炎に警戒のACL…蔚山vsFC東京で日本人男性に発熱兆候、医療機関へ移送 

20200212-43478089-gekisaka-000-3-view[1]

(朝鮮日報日本語版) 「蔚山の惨事」全員守備の末に浦和に完敗、サポーター泣かせる 

20190628-00080053-chosun-000-5-view[1]

「ふざけんな!」浦和の選手を激怒させた蔚山指揮官。一方敵地の熱量は意外なほど低く…“日韓対決”の舞台裏 

20190627-00060682-sdigestw-000-6-view[2]

韓国に浦和サポーター約1000人集結! ACL“大逆転”8強を後押し「心から感謝したい」  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/27(木) 13:35:26.35 ID:IcvU6e3r9
6/27(木) 11:15配信
Football ZONE web
蔚山現代との雨中のアウェー戦に3-0勝利 指揮官も選手もサポーターの声援に感謝

 浦和レッズは26日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16第2戦、蔚山現代(韓国)戦に3-0で勝利し、第1戦のビハインドを跳ね返して2戦合計4-2でベスト8進出を決めた。そのスタジアムの空気は、逆転を信じて蔚山に駆け付けた浦和サポーターにより、アウェー感を打ち消すほどのものだった。


 浦和は19日にホームで行われた第1戦で1-2の敗戦を喫した。もしこれがリーグ戦ならば、ホームで逆転負けを喫したチームにはブーイングが起こっても不思議ではなかっただろう。しかし、試合後に挨拶に訪れたイレブンを迎えたのは、拍手と逆転を信じる歓声だった。その光景に大槻毅監督も「敗戦の後で、そういう後押しをしてくださるサポーターの皆さんには本当に感謝したい」と話していた。

 そして迎えた蔚山に乗り込んでのアウェーゲーム当日は、朝から雨が降り続き、正午頃には雷も伴って強い雨が降った。試合が近づいても雨が止む気配のないなか、浦和の選手たちがウォーミングアップに出てきたキックオフ約45分前、待っていたのは公式ツアーで約700人、個人も合わせれば1000人近い浦和のサポーターだった。

 悪天候の影響もあったのか、その時点ではスタジアム全体を見渡しても、蔚山を応援するサポーターより間違いなく多くの浦和サポーターがいた。キックオフが近づき蔚山の地元サポーターも増えたものの、ゴール裏から大きな声援を送る“戦闘部隊”の数では、間違いなく浦和が勝るほどの環境だった。

 海外遠征であるにもかかわらず、全くアウェー感がないと言えるほどの空気のなかで浦和は躍動。エースFW興梠慎三が2得点して逆転条件を満たすと、MFエヴェルトンも止めを刺すと言っていい3点目を決めた。蔚山のサポーターは完全にあきらめムードとなり、足早に席を立つ姿も目立った。

敵地に詰めかけたサポーターの姿に「絶対に気持ちを見せなきゃいけない」

 大槻監督はこのアウェー戦を終えると、「選手がよく頑張ったことと、先週のゲームの後のスタジアムでのファン・サポーターの後押し、今日の後押し、あの素晴らしい後押しがあったからこそ今日のゲームが生まれたと思っています。心から感謝したい」と、後押しと感謝の言葉を繰り返した。

 また、興梠の先制ゴールをアシストしたMF宇賀神友弥も「本当にホームのような雰囲気だった。チームのみんなに『あのサポーターを見てみろ、絶対に気持ちを見せなきゃいけないぞ』と声をかけた」と、チームの起爆剤になったことを話した。

 浦和は2007年にACLを初制覇し、17年に2回目の優勝を果たした。当時から話題になっていたのが、海外にも駆けつけるサポーターの多さと熱さだった。崖っぷちに追い込まれた敵地での“日韓戦”を勝ち抜いた力の一端には、その大きな後押しがあったのは間違いない。

轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190627-00199991-soccermzw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190627-00199991-soccermzw-000-3-view.jpg
no title

<ACL“日韓戦”>ヒートアップ!浦和DFマウリシオに蔚山の数選手が詰め寄り一触触発!  

1: Egg ★ 2019/06/26(水) 22:01:57.12 ID:Ja8Afezh9
浦和レッズがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の8強入りを懸けて戦っている26日のラウンド16第2戦、アウェーの蔚山現代(韓国)戦で、一触即発のシーンが生まれた。

 前半に1点を奪った浦和は、勝ち抜けまであと1点の状況で後半戦を戦っているなかで23分、右CKをファーサイドでDFマウリシオが競ったところ、相手GKオ・スンフンも絡んで倒れた。

 すると、蔚山の選手がマウリシオに詰め寄って一触即発のシーンとなり、両チームの選手たちが集まった。そのなかで蔚山の選手たちは数人が顔を押さえて勢いよく倒れ込んだ。

 最終的に判定はマウリシオにイエローカードが提示され、蔚山のFKで再開。雨中の“日韓戦”は、試合終盤に向けてヒートアップしている。

6/26(水) 21:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00199884-soccermzw-socc

写真no title


動画
https://kzho.net/jlab-giga/s/1561553268270.gif

【サッカー】<ACL決勝T1回戦第2戦>浦和レッズ3-0蔚山現代(韓国) ...2戦合計4-2。ベスト8進出!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561553456/

【詳報】<ACL>浦和、痛恨アウェーゴール2発献上…杉本健勇が先制ヘッドも蔚山現代に逆転負け  

20190619-43468410-gekisaka-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/19(水) 21:23:57.07 ID:Rn/ZCC859
[6.19 ACL 決勝T1回戦第1戦 浦和1-2蔚山現代 埼玉]

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は19日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、埼玉スタジアム2002では浦和レッズと蔚山現代(韓国)が対戦した。浦和はFW杉本健勇のゴールで前半37分に先制したが、その5分後に失点。後半35分に2点目のアウェーゴールを献上し、1-2で敗れた。今月26日の第2戦は蔚山現代の本拠地に乗り込む。

 2年ぶり3度目のアジア王者を狙う浦和は15日のJ1第15節鳥栖戦(○2-1)から先発5人を変更し、DF鈴木大輔、DF森脇良太、DF山中亮輔、MFエヴェルトン、杉本がスタメン入り。杉本を最前線に据えた3-4-2-1で挑んだ。

 浦和は両アウトサイドの山中、森脇が高い位置を取って効果的に攻撃に絡み、前半37分に均衡を破った。FW興梠慎三のパスを受けたMF青木拓矢が持ち上がり、クロスを供給。走り込んだ杉本が頭で合わせ、ゴール左隅に沈めた。

 杉本が先発起用に応える先制ゴール。しかし、蔚山現代も反攻に出ると、前半42分、左サイドを持ち上がったFWイ・グノがクロスを配給。ファーサイドのFWチュ・ミンギュが高い打点からヘディングシュートでネットを揺らし、1-1で前半を折り返した。

 後半に入ってからは蔚山現代に攻め込まれる時間帯が続き、浦和ベンチが動く。大槻毅監督は後半24分、杉本に代えてFW汰木康也、同27分、森脇に代えてMF宇賀神友弥を送り込む。汰木は左シャドーに入り、興梠が最前線に上がった。

 交代策で流れを引き寄せようとしたが、後半35分にカウンターから痛恨の失点。途中出場のFWファン・イルスがドリブルで持ち上がってミドルシュートを放ち、逆転ゴール。2点目のアウェーゴールを与えた浦和は反撃も実らず、1-2のままタイムアップを迎えた。

6/19(水) 21:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190619-43468410-gekisaka-socc

【速報】アジアチャンピオンズリーグ 蔚山戦 ホーム浦和、アウェイゴールを2点許し、1-2で敗戦! 

clubImg_urawa

川崎F小林悠に待望1発 視察の森保監督は技術絶賛 

20190423-04231088-nksports-000-5-view[1]

【ACL詳報】“ツインシュート”で追いついた川崎F、蔚山現代と引き分けGS突破に望み 

20190423-43466261-gekisaka-000-7-view[1]

【速報】アジアチャンピオンズリーグ 川崎はホームで蔚山現代と2-2のドロー 

5cbe89a6-536c-47a8-be3d-3cfcd3093d95[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索