Samurai Goal

若月大和


スポンサード リンク





湘南 今季加入の若月大和(17=桐生第一)、海外移籍交渉中と明かす 新体制発表会見は欠席 

images000




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/09(木) 16:29:55.27 ID:OCnRcorA9
J1の湘南は9日、公式サイトで19年U―17W杯の日本代表メンバーで今季加入するFW若月大和(17=桐生第一)について、海外移籍の交渉中と明かした。

サイトで「この度、桐生第一高校より加入します若月大和選手ですが、湘南ベルマーレと契約を交わしたうえで、現在海外移籍の交渉を行っております」と報告。

「そのため、明日からのチームのトレーニングには合流せず、1月11日(土)に行います、新体制発表会見も出席いたしません」と説明した。

2020シーズンの新ユニホームのネーム、ナンバーも若月の番号は販売しないとした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000158-spnannex-socc
1/9(木) 16:20配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/269000/268116/news_268116_1.jpg
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/55171_ext_04_0_L.jpg

欧州王者撃破の立役者・若月大和にユヴェントスが注目! すでに獲得候補入りか  

20191029-00993401-soccerk-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/29(火) 14:43:35.89 ID:xyYrdDQO9
セリエAのユヴェントスが、FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019・グループステージ第1節で
オランダ代表から2ゴールを奪ったU-17日本代表・若月大和を獲得候補としてリストアップしたようだ。イタリアメディア『CalcioMercato.com』が28日に報じている。

 優勝候補と目されていた欧州王者のオランダから3-0の完勝を収めたU-17日本代表だが、その立役者となったのが若月。
絶妙な裏への抜け出しで相手を翻弄すると、西川潤との連携から2ゴールを奪取した。

同大会にはビッグクラブのスカウトが多数詰め掛けており、若月の評価はすでに急上昇。
中でも、ユヴェントスはすでに獲得の用意ができているようだ。
獲得した暁には、セリエCに所属するU-23チームでのプレーも検討されている。

しかし、現在桐生第一高校に在学中の若月は、来季から湘南ベルマーレへの加入が内定している。
4月に行われたルヴァンカップではすでにデビューを果たすなど、湘南での期待も当然高い。
ただ、日本のスプリンターが世界の舞台で鮮烈なインパクトを残したのは間違いないだろう。

10/29(火) 12:52 Yahoo!ニュース 36
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00993401-soccerk-socc

関連スレ

【サッカー】「過去最悪の状態」 台風で冠水J1湘南練習場、被害深刻復旧費用は1億円を超える見通し
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572252584/

日本に完敗したオランダメディア、予想外の結果に驚愕!「ワカツキはビッグスター」「痛々しいノックアウト」  

20191028-00065915-sdigestw-000-9-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/28(月) 17:06:33.42 ID:H3K8o7aD9
まさかの敗戦に、指揮官も動揺を隠せず

ブラジルで開催されているU-17ワールドカップで、若き日本代表は10月28日に初戦に臨み、欧州王者のオランダを3-0で撃破し、幸先のいいスタートを切っている。

【ハイライト動画】若月&西川の3ゴールで完勝! 日本対オランダ戦はこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65915

 若き日本代表の活躍に、主催のFIFAは「日本は“チャンピオン泣かせ”のようだ」と伝え、「アジア、そしてヨーロッパ王者同士の対戦は、より良いゴールを生み出した日本が勝利に値した」と称えている。

 一方、優勝候補にも挙げられるなど、大きな期待を背負っていたオランダ側は、敗北に沈痛な面持ちだ。オランダ全国紙『Algemeen Dagblad』は「タイトルを獲得する候補である17歳以下の“オレンジ軍団”は大きな印象を残すことなく初戦を終えた」と報じた。

「若き選手たちはハーフタイムの直前に得点を許すと、その後は見せ場もなく敗れている。この予想外の敗北に対し、指揮官のピーター・ファンデルベンは、動揺を隠せなかった。

 試合後の会見では『我々はパスで非常に多くのミスを犯した。だが、それ以上に選手たちはまるでピッチ上で麻痺しているかのようだった。自陣に戻ってくる動きさえ見せていなかった』と嘆き、選手たちへの懸念を露わにするほどだった」

 また、オランダのテレビ局『NU.nl』は「“オレンジ軍団”は日本に痛々しいほどにノックアウトされてしまった。ヤマト・ワカツキは日本の“ビッグスター”だ。17歳のアタッカーはチームに先制点と追加点をもたらした。日本の攻撃をジュン・ニシカワとワカツキのふたりが牽引し、オランダを苦しめた」と伝えている。

 日本は、現地時間10月30日に行なわれるグループリーグ第2戦でアメリカと対戦する。セネガルに初戦で4-1と完勝した強敵を相手に、再びサプライズを提供できるか。

10/28(月) 16:34配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00065915-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索