Samurai Goal

腰椎分離症


スポンサード リンク





1年前“衝撃ハット”の尚志FW染野唯月は選手権登録メンバー外に。将来のため、仲間のために自身で決断  

20191211-43475104-gekisaka-000-6-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/11(水) 20:01:10.73 ID:mXrl+l7e9
“半端ないストライカー”が、選手権を欠場する――。
前回大会の全国高校サッカー選手権得点王・尚志高(福島)FW染野唯月(3年、鹿島内定)は、腰椎分離症(腰の疲労骨折)のため、
12月30日に開幕する今回の選手権登録メンバー30名から外れることを選択。
将来のため、仲間のため、最終的に本人がメンバーから外れることを決めたという。
すでに登録期限を終えており、これまで染野が着用してきた「9」は2年生FW阿部要門が背負う。

「登録に入ってみんなを鼓舞したり、FW陣にアドバイスして欲しかった」という仲村浩二監督やチームメートは、登録メンバー入りすることを希望したのだという。
例え怪我でピッチに立てなくても、彼が登録メンバー入りすることを反対する選手はいない。
だが、仮に登録されると、試合に出てチームを助けたくなってしまう。
染野は考え抜いた末、プロ入り前に怪我を悪化させたくないという意思と、出られない自分がメンバーに入ることよりも、
他の3年生に全国を経験してもらいたいという思いからメンバーを外れることを決めた。

「ギリギリまで(チームメートたちと)話をして決断したという感じです。(最後は)自分の中で決めました。
今後も考えた時にここで無理をしてしまったら影響してしまう。(また)自分の心の中で、(他の)3年生にちょっとでも経験をさせてあげたいという気持ちがあったので、決断をして外れました」。
 
染野は昨年度の選手権準決勝・青森山田高戦で“衝撃”のハットトリックを達成するなど同大会得点王。
今年もプレミアリーグEASTで得点王争いを演じ、日本高校選抜やU-18日本代表に選出された。そして、争奪戦の末に鹿島入り。
怪我も多い1年だったが、“半端ないストライカー”“大迫2世”“ヘリコプターヘッド”などの代名詞を持つ染野は、その得点力や万能性の高さを見せつけてきた。

その染野は11月17日の選手権福島県予選決勝で決勝点。鮮やかな左足ループシュートを決めて尚志を全国へ導いた。
だが、その翌日、鹿島で診察を受けた際に腰椎分離症が判明。
11月上旬にはU-18日本代表としてAFC U-19選手権予選に出場したが、当時から状態は芳しくなく、直後の選手権予選も出場時間を制限されていた。
それだけに、覚悟もしていたという染野は「(診断を聞いて)感情的にはならなかったです」

注目エースとともに全国制覇を目指してきたチームのショックは大きかった。
万全でなくても県予選決勝で違いを見せていたことは確か。そのエースが欠場することによって、チーム全体の目標である全国制覇がより難しいものになるかもしれない。
ただし、選手たちはそのアクシデントを力に変えようとしている。登録外になる意思を染野から直接聞いたというFW山内大空主将(3年)は、「アイツの気持ちも分かります。
『メンバー入ったら出たくなってしまう。気持ちの整理がつかない』と言っていたんですよね。そこは自分たちがしっかりと結果で応えようと思っています」と仲間の気持ちを理解していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-43475104-gekisaka-socc
12/11(水) 19:55配信

https://www.youtube.com/watch?v=2XI5NDfrV9o


全国高校サッカー選手権「ふり向くな君は美しい」(演奏のみ)

鹿島内定の尚志のU18代表FW染野 腰椎分離症で全治3カ月 1月の選手権出場微妙に  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/24(日) 13:11:35.19 ID:bxPEadAc9
尚志のU―18日本代表FW染野唯月(3年)が疲労骨折による腰椎分離症で全治3カ月と診断されたことが23日、分かった。
最低でも4週間は絶対安静で、来年1月2日に徳島市立と初戦を戦う全国高校サッカー選手権への出場が微妙になった。

 鹿島入団が内定している染野は、昨年度の全国高校選手権の準決勝・青森山田戦でハットトリックを達成するなど得点王に輝き、7年ぶりの3位の立役者となった。
17日に行われた聖光学院との県予選決勝では、技ありのループシュートで決勝点を挙げ、尚志を6連覇に導いた。
来月30日に開幕する全国選手権でも02年、03年度大会の平山相太(国見)以来となる2年連続の得点王が期待されていた。

 代表招集などでチームを離れることが多い染野。
尚志は「脱・染野」を掲げて練習に励んできた。だが、残り3試合となったプレミアリーグでは残留を争っており、エースストライカーの離脱は痛い。
全国選手権には間に合う可能性はあるが、仲村浩二監督(47)は慎重で、未来ある染野の回復状況を見極め、起用法を検討していく。

11/24(日) 5:40 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191124-00000134-spnannex-socc

no title

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索