Samurai Goal

肘打ち


スポンサード リンク





鳥栖戦で肘打ちのFC東京レアンドロ…後日裁定か?原副理事長「激しく、でも汚いプレーはやってほしくない」 

1301560_l




1: 2020/08/07(金) 20:35:45.12 _USER9
気になったジャッジを徹底解説する「Jリーグジャッジ リプレイ#11」がDAZN(ダゾーン)で配信中だ。今回は、明治安田生命J1リーグ第8節でサガン鳥栖がFC東京に3-2で勝利した一戦から、後半序盤にレアンドロがファウルしたシーンを取り上げる。

番組には、Jリーグの原博実副理事長、Jリーグウォッチャーの平畠啓史さんに加え、東京都サッカー協会審判委員長の牧野明久氏が初登場。桑原学さんMCのもと、SNSで反応が多かったシーンをピックアップして議論を行った。
満場一致でイエローが妥当

話題となっているのはFC東京vs鳥栖の51分のシーンだ。FC東京が左サイドから攻め込んでいくところ、最終的には永井謙佑のクロスがクリアされてプレーが切れたが、その前にレアンドロがボールと関係ないところで鳥栖MF樋口雄太に対して肘を当てるような動作。このプレーに副審がフラッグを上げており、主審が協議した結果、ファウルの判定となった。

レアンドロはこの試合ですでにイエローカードを貰っており、警告であれば退場という場面だったが、ノーカードの判断が下されている。ファウルだったことは前提として、SNS上ではカードが出なかったことに対しての議論が生まれた。

この場面を映像で確認した平畠さんは、率直な意見を述べてカードが出てもよかったのではないかとの見解を示す。

「まず、必要のない行動というかアクションだと思うんです。たくさんのカメラで中継していて、絶対に映されるのって分かるじゃないですか。感情的にパッションが上がっているのは分かるんですけど、やっぱりやめるべきなんじゃないかなって。カードが出ても仕方ないのかなと僕は思います」

また、平畠さんはSNSで挙がった「選手が倒れて副審がフラッグアップ。その後プレーが止まり、主審と副審が協議して結果的にノーカードの判定。このような場合、どのような過程で判断が下されるのか」という疑問を紹介する。

これについて原副理事長は「多分、レフェリーは(ボールのある)流れの方を見ていたんじゃないですか。アシスタントレフェリーも逆サイドは当然見えない。(手前側のレフェリーが)見ていたとしたらカード当然出るんだろうけど、協議して確認ができなかったのではないかなと僕は思いました」と推測。また、映像で主審の顔の動きに注視しても「ボールの方を見ている」ため、「プレーをやらせておいて、終わったあとにアシスタントレフェリーと確認」したプロセスは「正しい」と主張する。

一方で、原副理事長は「見ていたとしたら、明らかにイエローに値するプレー」だと強調。レッドではないのかという桑原さんからの問いに対しては、「やってはいけないプレーだと思いますけど、いきなり一発赤という、そこまでの確証は持ちにくい倒れ方、やり方かな」と返答した。

カードの色も含めての見解を求められた牧野氏はこう説明する。

「どういう風に腕を使って顔に当てたかというのがはっきりしないので、審判団で話はしましたけど、そこが分からなくて結局ファウルだけのFKになったと思う」

そのうえでプレー自体は「イエローはある」範囲のものだと語り、「(レアンドロは)腕を当てているという感じがする。肘で明らかにやっているという感じだと赤になる」との基準を示した。

とはいえ、実際の試合中にはファウルでFKのみの判定。その理由については「(審判団)3名で話をしても多分、誰もが見えていなかったと思う。副審としては、鳥栖の選手が顔を押さえて倒れていることを主審に伝えたいというところでのフラッグアップ。一番見ないといけないのはボールがあるところなので、なかなか難しい」と口にしている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/807a27a072d7156fa80dafa35f525cf1aa851212

「韓国に来たらやり返す」荒れた南北対決。暴言、肘打ちが横行…韓国側の怒り収まらず 

20191018-00010021-goal-000-2-view[1]

サッカー北朝鮮VS韓国、頭突き、正拳突き、仕込み針、足を引っかけ倒れた所をコンビで襲う等  

2019101880052_0




1: ローリー卿(SB-Android) [ニダ] 2019/10/19(土) 22:00:40.86 ID:IXjVy1JM0 BE:971283288-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
https://i.imgur.com/LigUXjl.jpg

大韓サッカー協会は17日午後、ソウル市内で北朝鮮が撮影した90分間の試合のフル映像を韓国メディアに公開した。映像には今月15日に行われた韓国対北朝鮮の、選手たちの言葉通り激しい試合の様子が記録されていた。
協会の公式ユーチューブ・チャンネルには前後半それぞれ3分のハイライト映像が公開されている。

■試合開始直後からラフプレー

 キックオフの笛が吹かれると同時に、北朝鮮選手たちは一斉に怒声を上げて殺到し
エースの李に襲いかかった、
李は肘うちで応酬、まずここでイエローカードが3枚切られた。

以下ソース


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/18/2019101880052.html

<Jリーグ>FC東京DFチャン・ヒョンスの処分を発表!「暴行脅迫および挑発行為」に該当すると判断…  

1: Egg ★ 2019/05/27(月) 12:24:02.94 ID:OfBkLbs/9
 Jリーグは24日、FC東京のDFチャン・ヒョンスに2試合の出場停止処分を科すことを発表した。対象試合は25日のJ1第13節・C大阪戦、6月1日の第14節・大分戦となる。

 問題となったのは、22日に開催されたルヴァンカップのグループリーグ第6節・鳥栖戦(1-0)。先発フル出場したチャン・ヒョンスは後半32分のCKのシーンで、ボールと関係のないところでMF原川力の顔面に肘打ちをした。口から出血した原川は主審に抗議したが、当時の判定はノーファウル。そのため、試合後の意見交換で鳥栖から確認の申し入れがあったという。

 そしてマッチコミッショナーによって試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」であると報告され、Jリーグ規律委員会で同行為について映像を用いて確認・検証が行われた。

 上記の事実関係の確認を踏まえ、Jリーグ規律委員会は日本サッカー協会・競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手の行為は「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当すると判断し、2試合の出場停止処分が決定。Jリーグ規律委員会の定めにより、直近のリーグ戦が出場停止処分の対象試合になったとしている

5/25(土) 15:11配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-43467398-gekisaka-socc

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索