Samurai Goal

絶賛


スポンサード リンク





スペイン紙が昇格貢献の岡崎を絶賛「計り知れない」「彼はゴールを決めるだけではなく…」 

スクリーンショット 2020-07-23 21.24.04のコピー

マジョルカの久保建英を絶賛 元スペイン代表が会見 

20200713-00000142-kyodonews-000-3-view

「生まれつきの資質を凌駕した」 久保の“強靭な個性”を海外記者が絶賛「なんて選手だ!」 

20200710-00271510-soccermzw-000-1-view

<久保建英>称賛止まらず!スペイン全国紙が絶賛!「トップレベルでエリートの仲間入りは間違いない」 

1: 2020/07/10(金) 20:39:07.02
・「クボが素晴らしい個人技を披露」今季4点目の久保建英をスペイン全国紙が絶賛!「偉大な若き日本人」

待望の今シーズン4点目を決めた久保建英を、スペインのメディアも絶賛している。

 現地時間7月9日に開催されたラ・リーガ第35節で、18位のマジョルカは、12位のレバンテとホームで対戦し、2-0と2試合ぶりの白星を挙げた。

 4-4-1-1の右サイドハーフで11試合連続の先発出場を飾った久保は、30分に際どいシュートを放つなど、随所に存在感を放つ。

 そして、40分にクチョ・エルナンデスのゴールで1点をリードして迎えた84分だった。自らドリブルで持ち込んだ久保が右足のシュート。これは敵GKに防がれるも、その流れからMFサルバ・セビージャが右足で狙う。再びGKが弾いたこぼれ球を、日本代表MFが左足で詰めて、貴重な追加点を奪った。

 後半はレバンテのペースだっただけに、勝負を決めるこの1点は非常に大きかった。
 
 スペイン全国紙『MARCA』は、このゴールを「クボがドリブルを加速させ、いくつかのリバウンドの後、最終的にネットを揺らした。この偉大な若き日本人の素晴らしい個人技で、この島は息を吹き返した。ゲームは終わり、マジョルカは生き残った」と絶賛。採点では、守備で奮闘したマルティン・ヴァリエントの最高点(3点)には及ばなかったものの、クチョとともに「2点」の評価を受けている。

 8試合ぶりのゴールで降格目前のチームを救った久保。まだ崖っぷちの状態は続くが、現地12日に行なわれる次節のセビージャ戦でも、目に見える結果を残せるか。

7/10(金) 6:01 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/0493fd07d9aec3a4a79e86bf0982c37453073e2d

レバンテ戦勝利に貢献
no title


今季4ゴール目を奪った、マジョルカの日本代表MF久保建英が現地メディアで高評価を獲得している。

【動画】久保建英が今季4ゴール目!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200710-00010005-goal-socc.view-000

マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテと対戦。マジョルカは前半に先制点を奪うと、終盤の84分には久保がドリブルから仕掛け、最後は自ら左足で押し込み、2-0に。試合はそのまま終了し、マジョルカが3ポイントを獲得している。

スペイン紙『アス』では久保に3点満点の評価を与え、「タケ・クボが決着をつけた」と記してこのように続けている。

「誰もフィニッシュまで持ち込みたくないような状況で、日本人はエリア内でボールを拾って黄金の勝利を決定づけた。残り3節で降格圏から脱出する自信を与えている」

また、ゴールシーンに関しても「久保の完璧さを表すゴール」と題し、「彼がプレーをスタートさせ、エリア内におけるGKのセーブからの混乱の中で集中を切らさなかった。マジョルカの希望はまだ生きている」と称賛した。

7/10(金) 7:03 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/3e0bb947d2bc5018a943d2aa764f579899ab102f

「オカザキは開拓者」スペイン1年目で二桁得点達成の岡崎慎司を現地紙が絶賛!「ドイツ、イングランドに続く快挙」 

20200705-00075813-sdigestw-000-10-view

稲本潤一が久保建英を絶賛。 「当時の僕より確実に伸びしろがある」 

20200627-00897650-sportiva-000-1-view

久保建英「メッシ2.0」と命名し絶賛!英メディア驚嘆「比較に応え始めている」中村俊輔の古巣移籍も!? 

1: 2020/06/27(土) 09:26:32.28
スペインで成長を遂げる久保を英メディア特集 「新メッシと呼ばれてきた選手が…」

写真
no title


スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、24日のリーガ・エスパニョーラ第31節レアル・マドリード戦(0-2)で華麗な3人抜きドリブルを披露するなど存在感を放った。

そんな19歳の日本人アタッカーの成長ぶりに英メディア「HITC」が注目し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの新バージョンを意味する「メッシ2.0」と命名し、絶賛している。

 久保はレアル戦で7試合連続スタメン出場を飾り、要所で脅威を与えるプレーを見せた。とりわけ後半17分には、鋭いターンでドイツ代表MFトニ・クロースを置き去りにすると、高速ダブルタッチでスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを抜き去り、さらにフランス代表DFフェルランド・メンディを翻弄して右足シュートを放った。惜しくも枠外に外れたが、久保のインパクトは特大だったようだ。

 英メディア「HITC」は「メッシ2.0、ワールドクラス」と久保を評し、バージョンアップを遂げた“新メッシ”となる可能性に触れている。

「2011年にラ・マシア(バルセロナ下部組織)に魅惑的な技術をもたらして以来、新たなリオネル・メッシと呼ばれてきた選手が、ついにラ・リーガの舞台で史上最も才能のあるサッカー選手との比較に応え始めている」

 また、元日本代表FW中村俊輔がレジェンドとして語り継がれているスコットランドの名門セルティックも久保獲得に興味を示しているとされ、「もしかしたら、セルティックで過ごす短い期間により、19歳のワンダーキットがベルナベウ(レアル本拠地)のメッシとなる道を歩むことになるかもしれない」と記している。

中村俊輔の古巣移籍も!? 「テクニックを磨くチャンスを提供したいと考えている」

「スコットランド王者は、マジョルカでの1年間のレンタル生活を終えた久保に、グラスゴーで目のくらむようなテクニックを磨くチャンスを提供したいと考えている」

久保の去就を巡って連日のように移籍話が飛び交い、パリ・サンジェルマンやACミランなどのビッグクラブをはじめ、スペイン国内ではレアル・ソシエダやベティスなどが候補として挙がっている。

現時点で来季の去就は未定となっており、「セルティックは国内で最も才能のある選手を手にすることができるかもしれない」と締めくくっていた。

 英メディアから「メッシ2.0」と命名されるなど、久保の知名度と評価は日増しに高まっているようだ。

6/27(土) 6:20 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/647d04bf5c0ef4445f88218f6ff7df95f605b206

マジョルカ・久保建英をジダンが絶賛「彼のパフォーマンスに私が驚くことはない」 

1: 2020/06/26(金) 19:04:07.57
スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(19)が自身の所属元となるレアル・マドリード戦(24日)で果敢なドリブル突破を仕掛けるなど存在感を発揮したが、その活躍に絶賛の嵐だ。

敵将となるRマドリードのジネディーヌ・ジダン監督(48)は久保のパフォーマンスについて「彼は素晴らしい試合をした。
彼がどういう選手なのか我々は知っていて今日はそれを証明した。非常に技術が巧みで常に相手ゴールへ向かう。彼のパフォーマンスに私が驚くことはない」と最大級の賛辞を贈った。

現地メディアも軒並み高評価だ。スペイン紙「アス」は0―2で敗れたマジョルカイレブンの中で最高となる3点を与えた上で「クボは目立っていた。ボールを自在に操り、全ての目が彼に集まり、
そして彼は期待に応えてみせた」とたたえた。「マルカ」や「ムンドデポルティーボ」など大手紙もこぞって高い評価を与えた。

スペイン国外でも、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「レアルに問題を引き起こした。日本人がボールを持ったときは耐えるだけだった」と称賛。世界中にその存在をアピールした。

https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/1931280/
no title

<明石家さんま>絶賛!「ホンマにすごい!」丸山桂里奈が外出自粛中に発見した“才能”「サッカーの力やて」 

1: 2020/06/17(水) 12:23:41.16
元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈(37)が16日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響による外出自粛中に発見した自身の能力を明かした。

 この日は「私って頭がいいなって思った時」についてトーク。丸山は外出自粛期間を「目をつぶってベッドからトイレまでを行くっていうことをよくやっていたんですよ」と振り返った。

 目を閉じることで「自分の体がどれだけ(家の)間取りを覚えているか」を検証。その結果、「100発100中、何にも当たらないで行けたんですよ」と、目を閉じたままでもベッドからトイレまでたどり着けたという。

 これには、MCの明石家さんま(64)も「それ、すごいよ!ホンマにすごい!」と絶賛。「サッカーの力やて」と、現役時代に培った能力だと推測し「そういう才能あんねん」とも話した。

2020年6月17日 8時55分 サンスポ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18428398/

写真
no title

フランクフルト幹部、今季10G8Aの鎌田を絶賛 「本当に素晴らしい。常にDFに困難をもたらす」 

20200614-00010023-goal-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索