1: Egg ★ 2019/12/31(火) 17:41:41.39 ID:Xf9ejZDq9
 AFC(アジアサッカー連盟)が2010年から19年までの総括を掲載。この10年において世界で飛躍を遂げたアジア出身選手の第一人者を特集している。

 多くのアジア出身選手が欧州への移籍を実現し、2010年から19年までの10年間で数々の金字塔を打ち立ててきた。そのなかでもAFCがフォーカスしたのは「世界クラスのプレーヤーとしての地位を確立した」6人だ。

パク・チソン(韓国)
no title


まず、AFCは2010年代のアジアスターを語るうえで欠かせない人物として、パク・チソンを指名。名将アレックス・ファーガソンをはじめ、当時のチームメイトであったリオ・ファーディナンドがその実力を証明するように、プレミアリーグにおけるアジア出身選手躍進の先駆けとなった。

 2010年が始まるまでにマンチェスター・ユナイテッドで、すでに3度のプレミアリーグ制覇を経験していた韓国代表MFだが、2010-11シーズンにも同クラブのプレミアリーグ優勝に貢献。2010年代にヨーロッパの主要タイトルを獲得した最初のアジア選手としてその名を刻んでいる。

香川真司(日本)
no title


次に名前があがったのは日本代表のMF香川真司だ。2010年に海を渡り、ドイツ1部のボルシア・ドルトムントに加入すると、驚異のスピードでチームにフィット。リーグ戦で8ゴールを挙げ、ドルトムントの9シーズンぶりの優勝に貢献した。

翌シーズンには13ゴールをマークし、連覇の立役者に。ドイツ紙『キッカー』が選定する年間ベストイレブンに2シーズン連続で名を連ねた。その後、2012-13シーズンに加入したマンチェスター・Uでは、プレミアリーグで優勝した最初の日本人選手となった。

岡崎慎司(日本)
no title


その香川と長く日本代表をけん引してきたFW岡崎慎司もAFCが選ぶ過去10年の第一人者に選出された。清水エスパルスからドイツへ渡り、シュツットガルトやマインツで実績を積み、2015年にプレミアリーグのレスター・シティへ移籍すると、2015-16シーズンに奇跡の優勝を経験。

 献身的なプレーでチームを支え、ファンの人気も鷲掴みにした。クラブ創設132年にして初のプレミアリーグ優勝を果たしたレスターで、歴史的快挙を果たしたメンバーの一員でもあり、日本人選手では2人目のプレミアリーグ優勝経験者となった。

つづく

12/31(火) 15:06配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010022-goal-socc