Samurai Goal

竹原社長


スポンサード リンク





J1鳥栖・竹原社長、市の5600万円支援に謝意「心配していることは起こらない」 佐賀県からも1億円の支援 

スクリーンショット 2020-08-09 15.59.37




1: 2020/08/09(日) 15:52:05.44 _USER9
 J1鳥栖の竹原稔社長(59)が5日、懸案となっている新規大口スポンサー獲得について、「スポンサーの発表はタイミングを待っている」と強調した。竹原社長は今年、何度か新規大口スポンサーの発表を示唆しているが、具体的な企業名への言及はない。

 この日は、プロスポーツへ5600万円の支援を決めた鳥栖市の橋本康志市長を表敬訪問。鳥栖市役所で「大切に使わせていただく」と謝意を述べ「市や県からご支援もいただいているし、皆さんが心配しているようなことは起こらない」と述べた。クラブは佐賀県からも1億円の支援を受けている。

 鳥栖はスポンサー収入の低迷が響き、2019年度決算で20億円を超える赤字を計上。竹原社長は「スポンサー問題が一番」と認め、胸スポンサーを含む「すべて」という大口スポンサーと「腰を据えて来季も見据えた話をしている」と明言した。

8/6(木) 8:23
スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/c28cf8290a895dd2ee5857dd065b51a58f98e230

赤字20億円、鳥栖・竹原社長の本音。誹謗中傷、新規スポンサー、再建への覚悟… 

20200703-00010000-realspo-000-11-view

<サガン鳥栖>サポーターミーティングで竹原社長謝罪!「クラブの消滅はございません」と断言... 

1: 2020/04/30(木) 22:50:24.18
オンラインでのサポーターミーティングに出席した鳥栖の竹原稔社長(鳥栖提供)

 2019年度(19年2月~20年1月)に20億円超の赤字を計上するなど経営難に陥っている鳥栖が30日、オンラインでサポーターミーティングを開催した。出席した竹原稔社長(59)は、計約100人の参加者に対し「私に問題がありました。深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

【一覧】鳥栖の過去3年間の主な収支
no title


 前年度は主要スポンサーの撤退などで広告収入が激減する一方、高額のチーム人件費が経営を圧迫した。今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響でさらに経営は厳しくなるが「クラブ消滅、ライセンスの失効にともなうJ3やJFAへの降格はございません。
非常に重要なポイントですのでお伝えしておきます。ご安心ください」と断言。
参加者からの質疑応答の場面では、資金ショートの可能性について質問されると「本年度はやっていけると思っている。キャッシュは大丈夫ですという言い方はおかしいが、新しいスポンサーは決まっていますので、いいタイミングで発表できれば。期待してください」と話した。

4/30(木) 22:16配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-04300223-sph-socc

写真
no title

涙ぐむ竹原社長「私に原因」経営難の鳥栖がウェブ上サポーターミーティング 

20200430-00010012-nishispo-000-4-view

J1鳥栖大ピンチ、20億円赤字 竹原社長 「存続へ向けて努力をする。 銀行融資、寄付、クラウドファンディング」 

20200427-00010000-wordleafs-000-3-view




1: 2020/04/27(月) 14:15:53.55
20億円赤字のサガン鳥栖は存続可能なのか?


先駆けることオフには、2人の引退選手、期限付き移籍先で完全移籍へと切り替えられた3人を含めて16人もの選手がサガンを去った。

本田の他にも2人がサガン鳥栖U-18から昇格するなど、育成型クラブへの歩みが鮮明に打ち出された直後に、
新型コロナウイルス禍の直撃を受けた。

2月下旬からすべての公式戦が中断されている非常事態下で、Jリーグ側はこの先に再開させるとしても、
最後の手段として位置づけてきた無観客試合の開催も視野に入れている。

予算で計上されている入場料収入7億9000万円の大半がなくなる事態が生じる可能性がある。

感染拡大の一途をたどる新型コロナウイルスの影響で、新規のスポンサーとの契約がまだ完了していない。
公式戦が中断され、ロゴなどの露出がなくなったとして、地場の既存スポンサーから契約を一時的に解除したいという申し出を受けるなど、
予算を作成したときとは状況が大きく変わっている。

話し合いを重ねたなかで実際に一時解除には至っていない状況も、竹原社長は感謝の思いとともに明かした。

すでに大分トリニータなどが市中銀行からの融資を検討しているなかで、資金がショートする時期を「他のJ1クラブよりも早いと思っていただければ」
と先を見すえたうえで、竹原社長は3期連続の赤字と今年度の債務超過を回避する策についてこう言及している。

「いかなる手段を取ってでも、存続へ向けて全力で努力をする。それが市中銀行からの融資なのか、さまざまな寄付なのか、クラウドファンディングなのか、
あるいは新しい試みなのか。このクラブがもつ存在意義にかけて、すべての方々へ最善を尽くして生き残っていく、という言い方でいいでしょうか」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200427-00010000-wordleafs-socc&p=3

J1鳥栖大ピンチ、20億円赤字 竹原社長「存続へいかなる手段もとる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00010006-nishispo-socc

サガン鳥栖の竹原社長謝罪「期待を裏切るような対応と結果を深く反省」 

1: Egg ★ 2020/02/04(火) 10:59:08.22 ID:KtEZoJEq9
サッカーJ1鳥栖の竹原稔社長は3日、クラブ公式サイトで、今シーズンの新ユニホームデザイン発表に関する「おわび」としてコメントを発表した。

 例年1月中に行ってきた新ユニホーム発表が、スポンサー探しの関係でこの日までずれ込んだことを謝罪。サポーターとスポンサーへの感謝を述べた。また「ただいま一社でも多くのスポンサー様をお知らせできるように最後のお願いを続けております」と報告。「皆様の期待を裏切るような対応と結果を深く反省し、改めて心してクラブを運営して参ります」と続けた。

 ユニホームの鎖骨部分のスポンサーとなった竹下製菓の指定商品を鳥栖の公式サイトから購入するとクラブの支援金につながる「クラウドファンディング型の取り組み」も後日発表するという。「サポーターの皆様、スポンサー様に支えられ、育てられ、愛されたこのクラブが、今後も未来に向かってこの鳥栖という地に根をはり続けることを大切にいたします」などと締めくくった。

2/4(火) 7:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200204-00010001-nishispo-socc

写真
no title


【サッカー】<サガン鳥栖>新ユニホーム発表! 新たに竹下製菓が協賛 胸スポンサーは佐賀新聞社
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1580740482/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索