Samurai Goal

立花社長


スポンサード リンク





浦和立花社長が埼玉高速鉄道 埼スタ駅要望署名を提出「悲願です」 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/03(月) 16:05:56.54 ID:V1pDyKeR9
浦和レッズは3日、埼玉県庁とさいたま市役所を訪問し、埼玉高速鉄道の延伸と埼玉スタジアム駅設置を要望する2万人以上の署名を提出した。


浦和レッズの立花洋一社長、クラブOBで、さいたま市出身の内舘秀樹、室井市衛、堀之内聖の3氏、地元議員らが県庁の大野元裕知事を訪問。昨年5月からホーム19試合を含む計24回にわたる埼玉高速鉄道の延伸、埼玉スタジアム駅設置の嘆願署名を展開して集まった2万3354人分の要望署名を届けた。

「私がレッズの社長に就任した際、アクセス改善は大きな課題だと思っていた」と振り返った立花社長は「スタジアム駅を作り、アクセス向上、利便性の向上、街の発展も考えると、何としてもスタジアム駅をつくりたい。悲願です。署名した方々の熱い思いをお届けしたい。一刻も早く、地下鉄延伸、スタジアム駅をつくっていただきたいと思います」との願いを口にした。

埼玉高速鉄道の延伸なども公約に掲げて昨年8月に当選した大野知事は「浦和レッズは埼玉県にとっての宝、財産です。試合に来ていただける方が1人でも多いことになることがわれわれ埼玉県にとっても素晴らしいこと。もう1度、真摯(しんし)に検討したい。思いはしっかり受け止めますし、みなさんの悲願をいたずらに引き伸ばすことは政治家の役割と思っていない」と応じた。

その後、さいたま市役所も訪問し、清水勇人市長にも要望書を手渡した立花社長は「清水市長の方から実現に向けて全力を尽くしますというお話がありました。2万3000人を越えるみなさんの思いをお伝えできたことが、私としてはうれしかった」とした上で「お二方(知事と市長)が非常に真摯(しんし)に延伸に向けて考えてくださるということで本当にありがたい。本当に早く決断していただければと思います」と口にしていた。

02年日韓ワールドカップ(W杯)に合わせて建設された埼玉スタジアムの最寄り駅は埼玉高速鉄道の浦和美園となるが、会場まで徒歩20分近くかかる。以前からアクセス向上のため、スタジアム完成当初から地下鉄延伸し、埼玉スタジアム駅の設置を希望する声が続いた。17年には、さいたま市が設置した埼玉高速鉄道延伸協議会が埼玉スタジアム駅含む岩槻まで計3駅に延伸した場合の採算性などが国の目安をクリアしたと発表され、浦和レッズは昨季途中から独自に署名活動を展開していた。

2/3(月) 14:57 Yahoo!ニュース 20
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-02030339-nksports-socc


https://i.imgur.com/OpjjkE9.jpg
no title

https://i.imgur.com/DC1Nzag.jpg
https://i.imgur.com/zhTrjkg.jpg
https://i.imgur.com/yb1tr5K.jpg

<浦和レッズ>大槻監督の来季続投を正式発表!立花社長「『浦和を背負う責任』と、チームコンセプトを理解」  

1: Egg ★ 2019/12/08(日) 12:10:41.98 ID:I3UB+h4c9
浦和は8日、大槻毅監督(47)が来季も指揮を執ることを正式発表した。

 大槻監督は、成績不振で解任されたオズワルド・オリヴェイラ前監督(69)の後任として、5月末から指揮。リーグ戦は残留争いに巻き込まれ、J1参入プレーオフに進んだ湘南と勝ち点1差の14位と低迷したが、ACLではチームを準優勝に導いた。その分析力と指導力などが評価され、来季の続投が決まった。

 今季は5年ぶりに無冠に終わった。中村修三GM、北野大助GM補佐は今季限りで退任となり、新たなスポーツダイレクター(SD)に土田尚史氏、テクニカルダイレクター(TD)に西野努氏が就任。強化体制を一新し、来季のチーム再建を図る。

 立花洋一社長は公式サイトで「2020シーズンは、浦和レッズが目指すサッカーのコンセプトを明確に描き、実践するために、トップチームに特化したSD(スポーツダイレクター)・TD(テクニカルダイレクター)体制を構築し、強いリーダーシップのもと、監督・スタッフの任命を行うことにしました。選手理念にも掲げている『浦和を背負う責任』と、チームコンセプトを良く理解した大槻監督に引き続き担ってもらいます」とコメントした。

 また、土田SDは来季への改善策として「『浦和を背負う責任』とは何たるかを理解し、体現できるチームにすることです。その点において大槻監督は、ユース年代の指導時から「浦和」にかかわり、「浦和を背負う責任」を熟知しています」「来シーズンのチーム始動から、同じコンセプトを持った大槻監督に指揮を執ってもらい、一層、チームを成長させ、ピッチで選手が表現できるように、共に取り組んで参ります」と決意を記した。

12/8(日) 11:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12080117-sph-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索