Samurai Goal

移籍


スポンサード リンク





注目度NO.1の「久保建英 」各メディア“移籍狂想曲”の異常ぶり「移籍情報記事はかなり現実離れ...」  

1: Egg ★ 2019/06/06(木) 17:50:55.66 ID:5+3Zl/WX9
 現招集メンバー27人の中で間違いなく注目度ナンバーワンは、唯一の2000年代生まれ(2001年6月4日生まれ)であるFC東京の18歳MF久保建英だ。

 しかし、先発はおろか、12人のベンチ入りメンバーにも名前は見当たらなかった。「より若手中心のメンバー構成の南米選手権(コパ・アメリカ)要員」(サッカー記者)ともっぱらだが、この久保ベンチ外は「罪作りにも程がある」(前出記者)。テレビもスポーツ紙も「久保の移籍情報」をド派手に扱いたかったからである。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が「いくら“書きドク”とはいえ、久保にまつわる移籍情報記事は、かなり現実離れしていると言わざるを得ません」と前置きしてこう言う。

「例えばスペインの名門レアル・マドリードが獲得に乗り出し、古巣バルセロナと争奪戦が繰り広げられるとか、フランスのパリSG、英プレミアのマンCといった強豪も狙っているとか、ややもすると常識外れレベルの記事が多過ぎます。夏の移籍市場の動向は、まず世界トップレベル選手が天文学的な移籍金とともに動き、それから中堅どころの移籍が活発となり、シーズン前になって移籍金の安い若手に声がかかる――という流れです。海外のトップリーグで何の実績もない久保は、もちろん豊かな才能に疑いはありませんが、今夏の移籍市場では大物でも中堅でもありません。各メディアは、もっと現実に即した冷静な報道を心掛けるべきでしょう」

19/06/06 11:50日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/255492

写真no title

堂安律が移籍示唆「ステップアップする時期近づいて」 

20190522-05220397-nksports-000-3-view[1]

独報道に接するたび悲しくなるMF香川の現実…輝き取り戻すシナリオは 

20190128-00000061-spnannex-000-2-view

香川真司の状況に注目…移籍の実現に懐疑的な地元紙「クラブは必ずしも放出を望んでいない」 

20190125-00010014-goal-000-2-view

香川真司「楽しみでしかない」スペイン移籍焦りなし 

20190102-00434550-nksports-000-7-view

移籍志願告白の香川真司、今冬のスペイン行きは難しい?独誌「マーケットがない」 

20181129-00010010-goal-000-1-view

プレミアリーグ補強総額『1800億円』!!移籍金額上位がこの面々! 

アリソン・ベッカー-1
 イングランドの移籍市場が9日に閉幕。
プレミアリーグ各クラブが総額12億6000万ポンド(約1800億円)を補強に費やしたようだが、英『テレグラフ』が今夏移籍した選手の移籍金の高さでベストイレブンを作成した。

 欧州4大リーグで一早く移籍市場がクローズしたプレミアリーグ。
今季も多くの移籍が成立している中、GKアリソン・ベッカーやMFナビ・ケイタ、シェルダン・シャキリ、ファビーニョを獲得したリバプールが補強に一番資金を投じた。

一方でトッテナムは、この夏の補強はゼロ。これは移籍市場が現在の形態となった2003年以降のプレミアでは初めてのことだ。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180810-01659864-gekisaka-socc

世界のGK『移籍金ランキングTOP10』1位は100億円超えのあの選手! 

GettyImages-652596124-800x600
チェルシーがケパ・アリサバラガの獲得に支払った8,000万ユーロ(約103億円)はケパをサッカー史上最高額のGKへと変えた。

GKの価格は最近の移籍市場で急上昇した。
数年前まで多くのチームはGKの選手の獲得に巨額が投入していなかったが、状況は変わった。
実際、史上最高額のGKトップ10の内の6人の移籍が最近2年間で行われたものとなっている。(ケパ、アリソン、エデルソン、ピックフォード、レノ、メレト)

今夏の市場ではリヴァプールがローマからアリソンを獲得して世界中を驚かせた。
リヴァプールは当時のGK史上最高額となる7,500万ユーロ(約96億6,000万円)を支払った。
しかし、その記録はチェルシーが8,000万ユーロ(約103億円)でケパを獲得した事でわずか3週間足らずで打ち破られる事となった。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00010019-sportes-socc

【特集】移籍金“ゼロ円”、大型外国人選手7名 

12ff20e95cfdda599ac611b173cb6718

 今シーズン限りでアトレティコ・マドリードを退団する元スペイン代表フェルナンド・トーレスにJリーグ入りの可能性があると一部メディアで報じられ、話題となっている。

 その他にも、今夏契約が切れ、移籍金ゼロで獲得できる大物外国人選手は少なくない。とはいえ、キャリアのピークにある選手が“日本行き”を選択する可能性は高くはないだろう。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは32歳でヴィッセル神戸に、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランも34歳でセレッソ大阪に正式加入を果たした。そこで今回は「オーバー32」という条件を設けて、Jクラブでも今夏にフリーで獲得できる大物外国人選手を7名ピックアップしてみた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00754245-soccerk-socc

【電撃移籍】本田圭佑、パチューカ退団が決定的 Jリーグ移籍はありえるのか 

e97ef796636c401fb5a1ecac1ebd9501
1   2018/04/19(木) 06:14:24.29 _USER9
メキシコ1部パチューカの日本代表FW本田圭佑(31)が、今季限りでクラブを退団することが決定的となった。
18日、複数の関係者への取材で分かった。クラブ側の残留要請を断り、退団の意向を伝えたという。
本田には欧州やJリーグのクラブからオファーが届いているとみられ、6月開幕のW杯ロシア大会後の去就に注目が集まる。

日本代表の“金狼”がいよいよ動き出した。中心選手として活躍するパチューカを今シーズン限りで退団し、現状に甘えることなく、新天地を求めるという。

本田は昨年7月、今年6月までの1年契約でACミラン(イタリア)から移籍。加入した当初は右ふくらはぎのけがで出遅れたが、
8月22日のベラクルス戦で後半途中出場ながらも得点を決め、鮮烈デビューを飾った。リーグ戦は前後期合わせて10得点、公式戦では13得点を記録している(18日時点)。

後期8位のパチューカは4月28日にレギュラーシーズンの最終戦を迎える。8位までが進めるプレーオフは5月末まで開催される。
関係者によると、クラブは本田の活躍を認めながらも400万ドル(約4億2800万円)以上とされる年俸が高額と評価し、減俸での契約延長を求めていた。

昨年12月、本田は「パチューカに満足している」と退団を否定していたが、その後の交渉で折り合いがつかず。
「パチューカとの契約は延長しない」とヘスス・マルティネス会長に退団の考えを伝えたという。

2018.4.19 05:02
http://www.sanspo.com/soccer/news/20180419/sci18041905020001-n1.html



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索