Samurai Goal

移籍金


スポンサード リンク





<インテル>メッシ獲得に本腰?移籍金312億円のメガオファーを準備と地元紙が報道 

1: 2020/08/02(日) 07:07:04.74 _USER9
実現すれば、エポックメーキングな移籍となる。
現地時間7月31日、イタリア紙『La Gazzetta dello sport』は、インテルがリオネル・メッシ獲得のために2億6000万ユーロ(約312億円)のメガオファーを準備していると報じた。

2004年のトップチームデビュー以来、バルセロナ一筋を貫いてきたメッシ。だが、近年はクラブ上層部に対する不満を漏らすことも少なくない。
とりわけ今シーズンは、クラブの内情を公にしたエリック・アビダルSDに自身のSNSで怒りを露わにするなど、幾度となく確執が囁かれた。

そうした事情も重なって、魅力的なオファーとプロジェクトが提示されれば、メッシが新たな決断をする可能性はゼロではない。

『La Gazzetta dello sport』の報道を受け、スペイン紙『Marca』は、インテルを所有する中国企業『蘇寧グループ』に「不可能なことはない」と紹介。
世界的な話題となり得るメッシ獲得の可能性について、次のように綴っている。

「蘇寧グループは、メッシ獲得のために2億6000万ユーロを支払おうとしている。だが、世界に28万人もの社員を抱え、
2019年には772億ドル(約8兆4920億円)もの収益を上げた彼らからすれば、もはやメッシすらも小さな魚に過ぎないのかもしれない」

さらに英紙『The Sun』も、メガクラックの動向に反応。インテルが年収6000万ポンド(約84億円)の4年契約を画策中であることを報じたうえで、
「メッシの獲得はドゥオーモ(教会堂)を動かすことよりは簡単なことだ」と伝えている。

先日、インテルの指揮官であるアントニオ・コンテは、メッシ獲得について問われ「我々に必要なのは、堅実な土台だ」と相手にしなかった一方で、
一般論として「メッシが欲しくないなんていうクレイジーな人間は、世界のどこにも存在しないと思う」とも語っており、野心家の中国人オーナーが本腰を入れれば、もちろんノーとは言わないだろう。

メッシがバルサを離れ、カルチョの世界へと踏み出す可能性はあるのか――。その動静に世界が注目している。

8/2(日) 6:10配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfed88fad396a5e1631470160db9de80f4594968

写真
no title

コウチーニョ、プレミア再上陸? 移籍金98億円も…英3クラブが獲得興味と現地報道 

1: 2020/07/29(水) 13:05:36.34 _USER9
7/29(水) 13:01
Football ZONE web

高額な移籍金がネックとなるなか、アーセナル、トッテナム、レスターが獲得を狙う
コウチーニョ、プレミア再上陸? 移籍金98億円も…英3クラブが獲得興味と現地報道
今シーズンバイエルンでプレーするMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】
 スペインの強豪バルセロナからドイツ王者バイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍中のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに対し、イングランド・プレミアリーグの3クラブが獲得を狙っているという。スペイン紙「スポルト」が報じている。

 コウチーニョは今季開幕前にバイエルンに1年間の期限付き移籍で加入。買い取りオプションは最大1億2000万ユーロ(約147億円)、レンタル料も850万ユーロ(約10億円)という、バルセロナによる強気な条件での契約になっていた。

 しかしながら、バイエルンが設定された期限までに買い取りオプションを行使しなかったことが明らかになっている。そのため保有権がバルセロナに戻るコウチーニョだが、そのまま再加入しての戦力化が図られるとは予想されていない。

 設定された高額な移籍金8000万ユーロ(98億円)が大きなネックになっているとされるなかで、「スポルト」はプレミアリーグのアーセナル、トッテナム、レスター・シティの3クラブが獲得を狙っていると報じている。

 コウチーニョは、プレミアリーグのリバプール在籍時に輝かしいパフォーマンスを見せた。そうした意味でも、実績あるプレミアリーグでの復活は十分に期待できる存在だけに、移籍交渉の行方が注目される。

no title


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200729-00274752-soccermzw-socc

レアル、久保建英を“スター級”評価 移籍金は「180~240億円」と専門メディアが指摘 

20200705-00270646-soccermzw-000-6-view

<久保建英>獲得にPSGが本腰! 移籍金+年俸で総額121億円を準備とスペインメディア報道 

1: 2020/07/03(金) 09:56:38.43
セルタ戦で2アシストを挙げるなど大活躍 PSGが久保獲得へ“本気モード”
no title


スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、レンタル期間を満了する今季終了後の去就が注目を集めている。セリエAの名門ACミランやフランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)が期限付きでの獲得に関心を示していると指摘されてきたが、ここに来て、PSGが本腰を入れたとスペインメディア「ドン・バロン」が報じている。


「PSGがマドリードのスターへ向けて加速、交渉の席につく」

 このように銘打たれた記事では、まず久保が2アシストを記録した現地時間6月30日のリーガ第33節セルタ戦(5-1)について言及。「タケフサ・クボが最大のスター選手としてチームに希望をもたらした。レアル・マドリードからレンタル移籍している日本人選手は、マジョルカを2部降格から救うための責任を担うようになっている。パリは彼に取り付かれており、イタリアからの電話は現時点でフロレンティーノ(・ペレス会長)の机の上にオファーとしてある」と綴り、ミランの介入とほぼ時を同じくして、PSGが“ペースアップ”したとしている。

 さらに同メディアは、具体的な条件額にも触れており「アルプスの向こう側の国からは、ACミランがクボの後を追っているとの噂が届いた。元バルサ選手はセンセーションを起こしており、多くの人が他の可能性がない場合、彼が来季マドリードの選手になると見ている。そして、PSGのスポーツディレクターを務めるレオナルドはクボを熱望しており、5000万ユーロ(約60億5000万円)を提示してできるだけ早く交渉の席につきたいと希望している。これとは別に、選手の給料として5000万ユーロになるかもしれない。移籍オペレーションは総額1億ユーロ(約121億円)ということになり得る。とんでもない数字だ」と伝えている。

 今季リーグ戦30試合に出場して3得点4アシストを記録している久保。マジョルカは依然として自動降格圏の18位にいるため残留争いにフォーカスされているが、果たして去就はどのような結末を迎えるだろうか。

7/3(金) 6:10 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/da299c495fe6a717ed377983c769bc0f0fb0f0da

<バルサの新星・アンス・ファティ>獲得にはワールドレコード更新級の移籍金約469億円が必要か? 

1: 2020/06/22(月) 12:55:58.29
no title


アンス・ファティの獲得にはワールドレコード更新級の移籍金が必要か

アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタら、数々の優秀な選手を排出してきたバルセロナのアカデミー。その“最新作”とも呼ぶべきなのが、U-21スペイン代表MFアンス・ファティだ。そのファティについて、獲得を試みる場合は史上最高額となる3億5500万ポンド(約469億円)が必要になると、英紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

ファティは今季、クラブ史上2番目の若さでトップチームデビューを果たした逸材。下部組織時代には、マジョルカの日本代表MF久保建英ともチームメートだった。今季リーグ戦ではここまで17試合5得点を記録している。

 そんなファティには各国のビッグクラブから熱視線が注がれているが、本人は移籍に前向きではないとも報じられている。そのなかでもユナイテッドは熱心に動向を追いかけているという。

 しかし、この移籍を実現させるハードルは前例がないほど高いようだ。「デイリー・エクスプレス」は「マンチェスター・ユナイテッドはバルセロナの新星を手に入れるためにはワールドレコードが必要だと警告された」として、ファティ獲得に向けた“障害”について伝えている。

「ユナイテッドは、バルセロナのワンダーキッドであるファティ獲得のためには史上最高額となる3億5500万ポンドを費やす必要があると伝えられたようだ。バルサ下部組織の最新作であり、サッカー界の次世代のスターであるファティを、ユナイテッドは追い続けている」

 記事によると、ユナイテッドは当初1億3500万ポンド(約178億円)での獲得を目論んでいたが、バルセロナは断りを入れ、どのようなオファーも受け付けない構えを取っているという。そのなかで唯一の交渉成立の可能性が、前述のように新記録をとなるほどの移籍金となっているようだ。

 今夏は各チームが新型コロナウイルスの影響を受け、移籍金を伴う移籍も鈍化が予想されるだけに、記録的な移籍金でファティにオファーを出せるクラブは、ユナイテッドを含めてほぼ存在しないのかもしれない

6/22(月) 8:40 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/5c6312c0b7b3a0b6c4cc33e70e5626925ba9ec40

ドルトムントがサンチョの移籍金として160億円要求…マンチェスター・Uは今夏の獲得断念か 

20200611-00010009-goal-000-1-view

ウルブス、ハメス・ロドリゲス獲得に関心…移籍金95億円を用意か 

20200311-01045033-soccerk-000-1-view

ドルトムント、サンチョの移籍金を140億円に設定…今夏の移籍が濃厚か 

20200213-00010005-goal-000-1-view[1]

<南野拓実>移籍金10億円は格安!大手英紙、市場価値は26億円以上あると分析...  

1: Egg ★ 2019/12/14(土) 20:23:35.99 ID:4pRFmU+X9
オーストリア1部のザルツブルクに所属する24歳の日本代表FW南野拓実が来年1月の移籍に向けてリバプールと合意したとの情報が流れる中、13日に英紙『スカイスポーツ』が同選手を特集した。

 12日にザルツブルクのクリストフ・フロイントSD(スポーツディレクター)が公式ツイッターを通じて「現在、リバプールとの話し合いを行っている。リバプールのようなクラブが我々の選手に興味を持ってくれることは光栄だ」と発言し、交渉の存在を認めた。そして、複数の英メディアは合意したとの情報を流し、移籍金は725万ポンド(約9億3000万円)ほどになると伝えられている。

 同紙はタイトルに「南野拓実とは何者だ?」とつけて報じ、レッドブル・グループのサッカー開発部門責任者を務めるラルフ・ラングニック氏のコメントを掲載した。まず、リバプールにおける南野の適性に関しては「スタイルはユルゲン・クロップ監督が目指すものと非常に似ている」とし、「積極的かつ前からのプレス、カウンタープレスもある。ボールを奪ったらバックパス等で時間を無駄にすることはない。我々は出来るだけ早く前線へ運び、チャンスを作り、できるだけ多くのゴールを決めることを目標としている」とし、ザルツブルクがリバプールと同じく“ゲーゲンプレス”を主軸としているチームであることを強調した。

 また、同紙は南野について「現在の市場において、おそらく2000万ポンド(約25億7000万円)、または、それ以上の価値がある。しかし、リリース条項は725万ポンド(約9億3000万円)だ。リバプールの観点から見れば、簡単に出せる金額だろう」と分析。

 続けて「ブンデスリーガの複数のクラブとセリエAのクラブからも追われているため、リバプールが関心を加速するのは理にかなっている。マンチェスター・ユナイテッドも動きとリンクしているが、現時点ではリバプールが取引を完了し、マージーサイドに連れてくる可能性が最も有力だ」と伝えている。

12/14(土) 19:00 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00353056-footballc-socc

写真
no title

C・ロナウドがサッカー界の移籍金高騰に苦言!「DFやGKが100億円を手にするのは賛同しかねる」  

20190822-00010000-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/22(木) 07:11:24.81 ID:DkOAeKPp9
「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」

昨今のサッカー界は移籍金の高騰が目立っている。

今夏の移籍市場でも8000万ユーロ(約100億円)を超える高額移籍は、アントワーヌ・グリエーズマンやエデン・アザール、ジョアン・フェリックスなど7件も成立した。

テレビ放映権の高騰や、中東や中国の企業の参入によって加速し続けている「移籍金高騰バブル」が下火になる気配はいまだ見られない。
今夏の移籍市場でも、「クラブ史上最高額」の更新がいくつあったことか。

そうした現状にユベントスの大黒柱クリスチアーノ・ロナウドが、母国メディア『TV1』のインタビューで苦言を呈した。

自身も2009年の夏に当時の史上最高額となる9400万ユーロ(約120億円)で、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍。
昨夏にユーベに移った際には、1億1700万ユーロ(約152億1000万円)が動いたビッグスターは、昨今の潮流について、「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」と持論を語った。

「各クラブが選手のポテンシャルに賭けることが多い。今のフットボール界は、昔とは変わっていて、ジョアン・フェリックスのような選手は別としても、
特別な何かを見せているわけではない選手ですら、1億ユーロ(約125億円)の値がついてしまうんだ」

高額移籍は売り手クラブの財布を潤わせる一方で、買い手の財務状況を逼迫させる懸念がる。また、その額面が評価の基準となって、
「移籍金に見合った活躍ができていない」と批判されるケースも少なくない。C・ロナウドは、そういった問題点を念頭に声を上がたのだろう。

ただ、こうした風潮を止めるのはもはや難しいことも、理解しているようだ。

「今はより多くのお金がフットボール界に流れているんだ。平凡なセンターバックやゴールキーパーが7000万~8000万ユーロ(約87億5000万円~100億円)もするようになった。
こうした現状には賛同しかねるけど、それこそが僕らが生きている世界であり、尊重しなければならない」

数々のゴールでチームに勝利をもたらしてきたC・ロナウドにとって、実績に乏しい選手が自身と同じか、
それ以上の移籍金で取引されていくのを、黙って見ているわけにはいかなかったのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00010000-sdigestw-socc
8/22(木) 5:40配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索