Samurai Goal

移籍金


スポンサード リンク





「移籍金は7億円ぐらい」レオナルドの中国移籍に現地メディアとファンも期待大!「日本でやっていたから…」 

スクリーンショット 2021-02-23 8.34.49




1: 2021/02/23(火) 06:06:57.77 _USER9
「山東に再び強力な助っ人がくる」

Jリーグの新シーズン開幕を目前に控え、浦和レッズが昨季チーム得点王を放出した。22日、ブラジル人FWのレオナルドを中国スーパーリーグの山東魯能泰山へ完全移籍させたことを発表している。

現在23歳のレオナルドは、昨シーズンにアルビレックス新潟から浦和へ移籍。強靭なフィジカルと高い決定力を武器に、チーム最多となる11ゴールをマーク。10位と低迷したチームにあって明るい話題をもたらす存在だった。

 将来的な日本国籍取得と日本代表入りを目標に掲げていたレオナルドだったが、今冬に退団していた元イタリア代表FWのグラツィアーノ・ペッレの後釜探しに奔走していた山東の「移籍金はおそらく7億円ぐらい(中国ポータルサイト『捜狐』)」とも言われるビッグディールによって中国行きを決断した。

 浦和の公式サイトに掲載されたチーム編成・強化を担当する西野努テクニカルダイレクターのコメントによれば、「本人の挑戦したい、という固い意志もあり、シーズン開幕直前ですが中国のクラブへ移籍することになった」というレオナルド。そんな大型ブラジル人ストライカーの入団は、中国でも話題のニュースとなっている。

 中国メディア『新浪体育』が、「山東に再び強力な助っ人が来る」と綴れば、ポータルサイト『TITAN』は、「浦和から来たブラジル人は華々しく歓迎されるだろう」と紹介。さらに中国版ツイッターの『ウェイボー』でも、Jリーグで名を馳せた新戦力への様々なコメントが目立った。

「この5年は安泰じゃないか。黄金期が来る」
「Jリーグで抜群だったストライカーだ」
「日本リーグでやっていた選手だから、ヨーロッパの助っ人外国人よりも安くて良質」
「良い材料は整った。あとはシェフ(監督)の腕前次第だ」
「日本のようにアシストがなければ、活躍できないかもしれない」
「23歳っていう若さは良い。成長してほしい」

 Jリーグで異彩を放った点取り屋に対する期待は高まっている印象だが、果たしてレオナルドは、新天地で特大のインパクトを残せるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

2/23(火) 5:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20210223-00010001-sdigestw-socc

札幌MFチャナティップがCL、EL出場クラブへ? 父が興味を明かす…移籍金は最低2.5億円か 

スクリーンショット 2021-02-19 14.57.21

サンチョの今夏プレミア移籍が現実味? 移籍金156→127億円へ値下げと英紙報道 

スクリーンショット 2021-02-10 8.58.08

浦和 レオナルド、中国1部・山東魯能泰山に移籍…億単位の移籍金発生の見込み 

1: 2021/02/02(火) 05:09:23.05 _USER9
浦和のブラジル人FWレオナルド(23)が中国1部の山東魯能泰山に移籍することが1日、決定的となった。関係者によると、浦和との契約を残しており、億単位の移籍金が発生する見込み。レオナルドは既に沖縄キャンプ中のチームから離れている。

 強じんなフィジカルやゴール前の決定力を武器に、ブラジルから来日した18年にJ3鳥取(24点)、19年にJ2新潟(28点)と2年連続で得点王を獲得。浦和に完全移籍した昨季は28試合に出場し、自身初のJ1でチーム最多の11得点を挙げた。浦和では18年2月に中国2部(当時)の武漢卓爾へ移籍したR・シルバに続き、またもシーズン前に外国人ストライカーが流出。現在はエースの興梠が負傷離脱中とあり、FWの補強が急務となりそうだ。

 山東は中国1部で優勝3回を誇る強豪で、元ベルギー代表FWフェライニらが所属。昨年は中国杯を制し、今季はACLに出場する。

報知新聞社

no title


2/2(火) 5:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210202-02010246-sph-socc

<FW斉藤光毅(19)>移籍金2億7千万円海外移籍の舞台裏 交渉人が明かす戦略 横浜FCからベルギー2部へ 

スクリーンショット 2021-01-04 11.22.44




1: 2021/01/03(日) 22:27:45.05 _USER9
日本サッカー界では近年、20歳前後の若手の海外移籍が活発化している。今冬にベルギー2部リーグのロンメルに完全移籍するJ1横浜FCの19歳、FW斉藤光毅もその一人だ。
今回の移籍はJクラブから海外に渡る10代の選手としては高額の約2億7千万円とされる移籍金が生じた。日本サッカー協会公認の仲介人で、斉藤の交渉を担当した柳田佑介さんに背景や意義を聞いた。(聞き手、共同通信=大島優迪)

―斉藤は横浜FCの下部組織出身でドリブル突破や俊敏性が武器のアタッカー。当初から海外志向が強かったか。

当初は必ずしもそういう感じではなかった。(バルセロナの下部組織で育ち、日本代表でプレーする)同い年の久保建英(ビリャレアル)の存在が大きい。久保の同世代の選手は皆、彼が基準になっている。
光毅も(2018年に16歳で)Jリーグでデビューし、海外からの評価を聞くにつれて自分も早く海外に行きたいとなっていった。

―17歳の時に飛び級で参加した19年のU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)で欧州のクラブの関心が高まった。

その前の18年のU―19アジア選手権から注目されていた。(有望な若手は)アジアでの大会からチェックされる時代になっており、インドネシアにも欧州のクラブのスカウトが10人は来ていた。
その後、U―20W杯の前後で有名クラブも含め様々な欧州クラブから『興味があるのでオファーを検討したい』と言われた。

―19年に海外移籍するチャンスもあった。

実際にオファーはあったが、慌てて行く必要はなく、まずJ1を経験してからという共通認識があった。食事、休息等のコンディショニングも含め、プロ選手として、一人の社会人として生活する力が身につかないうちに海外に行っても成功は難しい。
サッカー以外の壁を低くした上で移籍をした方が将来成功する確率が高くなるということを若い選手には伝えている。

▽目標から逆算

斉藤は欧州チャンピオンズリーグ(CL)の決勝で点を取るという大きな目標を掲げる。柳田さんはこの目標から逆算し、移籍プランを策定。強豪クラブに移籍する選択肢もあったが、
出番を確保できる欧州の下位リーグで実績を積んでステップアップする青写真を描いた。

―有名クラブから関心を持たれる中、移籍プランを立てた。

 ビッグクラブには全世界の才能が集まってくるため競争が激しく、セカンドチームを主戦場とするか下位カテゴリー(のクラブ)にレンタル移籍されることになる可能性が高い。
欧州の各リーグの特長や日本人との相性などを説明し、下位リーグで着実に実績をつくってから階段を上る方がいいと話した。

また21年1月に欧州に移籍する(欧州はシーズン途中のため最初は5月末まで約半年間のプレーになる)という方向性が比較的早い段階で固まったこともプラン策定に影響した。
その期間には延期されたU―19アジア選手権も入ってくるため、最初の半年は環境に慣れながらできるだけ試合に使ってもらえるところに移籍する、ということを中心に計画を練っていった。

―プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティーを傘下に置く英国シティー・フットボール・グループ(CFG)が20年5月に買収したロンメルに移籍先を決めた。

ロンメルは選手の価値を上げることを重要視しているため、シーズン途中からの加入であっても起用してもらえる可能性が高い。
また、ベルギーの環境に慣れロンメルで活躍できれば、そこでのプレーを見て(斉藤に)関心を持ったクラブにレンタル移籍をすることを支援してくれることになっている。

ロンメルを含むCFGグループは、光毅の成長度合いに応じて最もふさわしいクラブを探すパートナーのような存在として捉えている。彼らの持つネットワークや資源を最大限活用し、
一緒に光毅の価値を上げて成長を後押ししようというのが今回のプラン。これが絵に描いた餅に終わってしまわないかどうかは光毅次第だ。

▽成功事例になるか

 これまで日本では若手が安価な移籍金で海外に渡る場合も多かったが、横浜FCは今回、斉藤を育てた対価として約2億7千万円とされる移籍金を受け取る。クラブにとって有望な若手の流出は痛手だが、
優れた育成システムを持つという実績や後進育成につながる。

1/3(日) 10:02配信 47news
https://news.yahoo.co.jp/articles/85f4607dc01b761ca4a3ddb1d31b9e618cfb59fd

写真
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/317000/316002/news_316002_1.jpg

ドルトムント・ハーランド移籍金は93億円超 スペイン紙 

1: 2020/12/11(金) 01:30:43.72 _USER9
12/10(木) 23:28
日刊スポーツ

ドルト・ハーランド移籍金は93億円超 スペイン紙
ハーランド(ロイター)
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の移籍金が、来夏より7500万ユーロ(約93億7500万円)に固定される予定だとスペイン紙ムンド・デポルティボ電子版が10日に報じた。

同紙はジャーナリストのオリオール・ドメネク氏がスペインのテレビ局「Esports3」の番組で語った情報を引用し、この金額を伝えている。

ハーランドは昨季大ブレークし、現在、多くのビッグクラブに獲得を望まれるFWのひとりになっている。そのため移籍金は法外なものになると考えられていた。しかしハーランドの代理人ミノ・ライオラ氏はドルトムントとハーランドの契約が2シーズン目を終えた時点で、移籍金が固定される契約を結んでいるとのこと。これはライオラ氏が代理人を務めるオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(21)がアヤックスからユベントスに移籍する際に結んだ契約内容と同様のものであるという。

しかし7500万ユーロというのは移籍金のみの金額であり、これにライオラ氏への移籍手数料や、ハーランドがドルトムントに入団した際に発生したハーランドの父親への手数料が別に追加される可能性があるとのこと。

ハーランドについてはこれまで獲得を狙っているクラブとして、レアル・マドリードやバルセロナ、マンチェスター・シティー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、パリ・サンジェルマンなどの名前が挙がっている。(高橋智行通信員)

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/258d0df4b6b3f8b769c874321f455e86a3e715c7

マンC、U19代表FW斉藤光毅獲得へ!移籍金は1億円以上 

1: 2020/10/14(水) 05:44:24.87 _USER9
英プレミアリーグの強豪マンチェスターCが横浜FCのU―19日本代表FW斉藤光毅(19)の今冬の獲得に向けて動いていることが13日、分かった。複数の関係者によれば移籍金も100万ポンド(約1億3800万円)前後となる見込み。東京五輪出場も期待される若き才能へ、期待値の高さがうかがえる。
 斉藤は鋭いドリブルに加え、優れた得点感覚を武器とする。久保建英(ビリャレアル)とは同学年。18年7月には16歳でJ2デビュー。当時51歳のカズと35歳差2トップを組み、話題を呼んだ。昨年はU―20W杯に最年少で出場するなど順調に成長。過去には板倉滉(現オランダ1部フローニンゲン)、食野亮太郎(現ポルトガル1部リオアベ)を獲得してきたマンCは、早くから斉藤もリストアップし、今冬の移籍市場に向けて動きを本格化させているという。

 J1に昇格した今季は19戦3得点。コロナ禍による自粛期間に地道な筋力トレーニングを続け、プレー全般でパワーも増した。スペイン、A代表で躍進が続く久保の存在も強く意識する。「建英の活躍は一方的にですが、危機感を感じてます。建英がやっているカテゴリー、舞台での想定もできるので基準が1個上がる気持ちにもなります」と話している。

 A代表経験のない斉藤はプレミアリーグでのプレーに必要な英国の労働許可証が取得できない可能性が高く、移籍が実現した場合、まずは他チームでの武者修行が濃厚だが、加速するマンCの動きは期待の大きさの表れだ。14日はアウェーでの仙台戦に臨む。名門から白羽の矢が立った若き才能の今後が注目される。

 ▽マンチェスター・シティーFC 1880年創設。同じマンチェスターを本拠地とするユナイテッドとは対照的に98~99年に3部へ降格するなど低迷期が続いたが、08年に新オーナーとなったUAE王族の豊富な資金をバックにチーム強化。16年就任のグアルディオラ監督の下、18~19年はリーグ連覇を含む国内3冠を達成した。主なタイトルはリーグとFA杯が6回ずつ、リーグ杯が7回、欧州カップウィナーズ杯1回。ホームはエティハド・スタジアム(5万5017人収容)。

 ◆斉藤 光毅(さいとう・こうき)2001年(平13)8月10日生まれ、東京都出身の19歳。横浜FCのアカデミー出身で18年、高校2年のときにトップチームに2種登録。16歳11カ月11日でのJ2岐阜戦出場はクラブ史上最年少。年代別代表の常連で、昨年は飛び級でU―20W杯にも出場した。今季は7月の柏戦でJ1初得点をマーク。利き足は右、1メートル70、61キロ。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/10/14/kiji/20201013s00002179451000c.html
no title

今夏の移籍市場が閉幕…23歳以下の移籍金ランキングトップ10は? 

スクリーンショット 2020-10-07 23.54.35

PSGは60億円 久保建英スタメン奪取なら移籍金100億円超え 

スクリーンショット 2020-09-27 22.29.22

久保、南野、堂安……欧州日本人選手たちの「20/21リーグ開幕時の移籍金」現在価格] 

1: 2020/09/18(金) 03:01:30.33 _USER9
久保建英vs岡崎慎司が実現したラ・リーガ開幕戦など、欧州リーグでは多くの日本人が活躍している。堂安律・長友佑都・柴崎岳の移籍、鎌田大地の契約更新など、今シーズンの所属クラブがおおむね決まってきた。残るは、香川真司と武藤嘉紀の動向だろう。

そんな日本人選手が、欧州リーグ開幕時点でどのような評価を受けているのか。Jリーグ以上に評価が移籍金で表れる世界だからこそ、知る価値がある。そこで、ヨーロッパの移籍専門サイト『トランスファー・マーケット』のデータを元に、その移籍金を調べた。なお、金額はすべて推定で、交渉において増減するものであることをご承知おきいただきたい。

 現在、日本人選手で最も評価が高いとされているのは、久保建英と中島翔哉だ。とはいえ、久保の保有権はレアルが持っており、2シーズン連続でレンタルに出しているが、買取オプションはついていない。また、レンタル先のプレーをしっかり確認して、気になることがあればコンタクトを本人にとっているというから、30億円という値段以上にハードルは高そうだ。

 一方、中島翔哉はコロナ禍によるリーグ中断以降、チームに合流しておらず、チームの優勝時も姿を現さなかった。このプレシーズンも遅れて合流。これらの詳細が一切出ていないため、さまざまな噂が飛び交い、一時は放出の話も出ていた。今シーズンのプレーで、そうしたネガティブな状況を脱したい。

 この2人に次ぐのは、21歳の冨安健洋だ。2018年1月にアビスパ福岡からベルギーのシントトロイデンに移籍すると、メキメキと頭角を現してサポーターによる最優秀選手に選ばれる活躍を見せた。そして。2019年7月にセリエA移籍を果たすと、ハイレベルな守備が求められるこのリーグで、抜群の動きを見せた。そのため現在、セリエA内のローマやナポリといった強豪、そして、プレミアリーグのクラブからも注視される存在となっている。セリエAでは、本職のセンターバック以外にも右サイドバックとしてプレーしており、そのユーティリティぶりも評価を上げている。

9月16日にフランクフルトとの契約を延長した鎌田大地も、評価がうなぎ上りの選手だ。昨シーズンは、ヨーロッパリーグも含めた公式戦48試合で10得点9アシストを記録。鎌田は会見で「世間的に見ればステップアップ」と呼ばれるオファーも来たというが、「小さなステップアップは必要じゃない」と豪語しており、今後、移籍が発表される際には驚くニュースとなるかもしれない。

 リバプール移籍を果たした南野拓実、PSVが保有権を持つ堂安律などビッククラブの所属選手もいるが、注目されるのは伊東純也だろう。伊東はまだ海外クラブ一つ目。ベルギーでそのドリブル突破を武器に猛威をふるっており、現在の評価額は推定5.6億円とされる。次のステップアップ移籍では、金額、移籍先ともに、日本に驚きを届けてくれそうだ。

 また、伊東と同じベルギーにいる森岡亮太(シャルルロワ)と鈴木優磨(シントトロイデン)も評価されており、ぜひ注目したい。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a6ad171845335a722c074847044fde228dd6f64
no title


推定移籍金ランキング
https://futabanet.jp/soccerhihyo/articles/photo/82269



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索