Samurai Goal

移籍


スポンサード リンク





バルサFWスアレス(32)のMLS移籍は「時間の問題」 ウルグアイ代表の同僚告白「彼は来る」9試合6得点  

20191109-00227935-soccermzw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/09(土) 06:23:37.77 ID:Hd9hl91K9
シアトル・サウンダーズMFロデイロ、代表で共闘するスアレスの移籍について言及

米メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズに所属するウルグアイ代表MFニコロ・ロデイロは、
MLSに興味があると伝えられているウルグアイ代表FWルイス・スアレス(バルセロナ)に言及し、移籍は「時間の問題」と主張した。
MLS公式サイト「MLSsoccer.com」が報じている。

14年にリバプールからバルセロナに移籍して以降、137ゴールを奪ってきたスアレスは、最近バルセロナからの移籍を考えているとされ、特にMLSでのプレーに興味があると伝えられている。

そんななか、ウルグアイ代表のチームメイトであるシアトル・サウンダーズのロデイロは、「彼の夢はバルセロナでプレーすることだった。
彼は素晴らしい場所でプレーしていて、快適に感じている」と語ったうえで、スアレスのMLS移籍が時間の問題との見解を示した。

「遅かれ早かれ、彼はMLSに来るだろう。まぁ、上手くいけばね。彼はこのリーグが好きだ。彼はいつもそのことについて僕に尋ねてくる。
彼がシアトル・サウンダーズでプレーすることを願っているよ。それはかなり難しいタスクを背負うかもしれない。
だけど、僕が思うに彼がここに来るのは時間の問題だと思うよ」

16年にロデイロがシアトル・サウンダーズに移籍する際、チームのゼネラルマネージャーを務めるガルス・ラガウェイ氏とロデイロの間を取り持ったとされるスアレス。
両者との関係性を考えれば、近いうちにスアレスのMLS移籍が実現する可能性はあると言えるだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00227935-soccermzw-socc
11/9(土) 6:20配信

久保建英の現状にジダン監督が激怒?冬のマーケットで再移籍の可能性も  

1: Egg ★ 2019/11/07(木) 16:14:48.22 ID:miS0Cqfc9
今夏にFC東京からレアル・マドリードに移籍し、1部リーグでの経験を積むためマジョルカに期限付き移籍した久保建英。マジョルカとの契約は2019-20シーズン終了までの1年間だが、これを途中で解除し、冬の移籍マーケットで別のクラブに期限付き移籍する可能性があるようだ。ビルバオのWEBメディア『GOL digital』が伝えている。

契約解除をちらつかせる?

 同サイトは11月6日付けで「久保がエスパニョールの救世主になる可能性あり」という見出しの記事を配信。経験を積むために移籍したはずのマジョルカで「ビセンテ・モレノ監督の直近のプランに入っていない」ため、「(レアル・マドリードの)ジネディーヌ・ジダン監督が激怒しており、期限付き移籍を途中で破棄することを考えている」と報じている。

 さらに、「レアル・マドリードがマジョルカに対し、久保の期限付き移籍解除をちらつかせながら出場時間の増加を要求しており、受け入れられない場合は冬の移籍マーケットで別のクラブを探すことになる」と論じている。

「久保の実力発揮のために完璧な布陣」

記事の中では新たな移籍先候補としてエスパニョールとアラベスの名前が挙がっており、レアル側はパブロ・マチン監督が率いるエスパニョールを有力な移籍先に考えているという。その理由について記事では 「(マチン監督が採用している)3-4-2-1のシステムは、久保が実力を発揮するためには完璧な布陣である」と伝えている。

11/7(木) 16:08配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00995938-soccerk-socc

写真no title

オランダ強豪PSV、フローニンゲン堂安律の獲得話に言及! 合意目前報道否定「ナンセンス」  

1: Egg ★ 2019/08/19(月) 19:01:20.49 ID:12hPl/PP9
オランダ1部フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、今夏の移籍市場でPSVへの移籍が噂されている。そんななか、PSV側は堂安と移籍交渉をしていないと否定し、「ナンセンスだ」と主張した。衛星放送「FOXスポーツ」の情報を引用してオランダTV番組「VTBL」が伝えた。

 先日、オランダのサッカー専門誌「Voetbal International」は、PSVがナポリへの移籍が濃厚となっているメキシコ代表FWイルビング・ロサノの代わりとして堂安を獲得リストに加えたと報道。元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメル監督率いるチームは、中盤に必要な技術力と推進力を持った堂安に興味を示しているとしていた。

 だが今回、PSV側はこの報道を否定。堂安の移籍がほぼ合意に至ったという報道について、「FOXスポーツ」で「ナンセンスだ」と反応し、フローニンゲンと交渉を行っていないことを主張した。

「我々は彼が面白い選手だと思っている。ただ、それだけだ」

 一方の堂安は、18日のAZアルクマール戦で先発予定も、アップ中に急遽離脱。「FOXスポーツ」によると、「頭痛があった」とダニー・バイス監督が話しており、体調不良で欠場したようだ。

 堂安は2017年6月にガンバ大阪からフローニンゲンに移籍して以降、目覚ましい成長を遂げ、日本代表の中心として期待されてきた。今季は試合途中にキャプテンマークも託されるなど、所属クラブで不可欠な存在となっているが、常々本人もステップアップの希望を公言するなど、移籍への思いは強い。今夏、堂安の新天地は決まるのだろうか。

8/19(月) 18:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00211536-soccermzw-socc

写真no title

久保建英、渦中のベイルについて問われ「僕は意見する立場じゃない」 代理人は退団発言のジダンを批判「恥だ」 

20190721-00010030-goal-000-1-view[1]

PSGの“悩みの種”に? 神童ムバッペ、現行契約延長の意思なしとスペイン紙報道 

20190629-00200445-soccermzw-000-2-view[1]

ドルトムントと香川真司は「移籍を目指すことで合意」 23番は新加入T・アザールへ  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/20(木) 07:09:56.06 ID:A2Mp5iZx9
6/20(木) 7:02配信
ドルトムントと香川真司は「移籍を目指すことで合意」…23番は新加入T・アザールへ

ボルシア・ドルトムントは19日、新加入3人が与えられる背番号を発表した。これまで日本代表MF香川真司が着用していた「23」は今後、ベルギー代表MFトルガン・アザールがつけることになった。


ドルトムントの発表によると、レヴァークーゼンから加わったドイツ代表MFユリアン・ブラントの背番号はこれまで元U-21ドイツ代表MFマフムド・ダフードがつけていた「19」となり、そのダフードは「8」に変更。またホッフェンハイムからやってきたドイツ代表DFニコ・シュルツは、レアル・ソシエダに移籍したスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクの「14」を受け継ぐとのこと。

そして、香川に2010-11シーズンの加入当初に与えられ、ドルトムントでマンチェスター・ユナイテッドから復帰した2014-15シーズンを除いて愛用してきた「23」は、ボルシア・メンヒェングラットバッハから加入したアザールに渡る。これについてクラブは「シンジ・カガワとボルシア・ドルトムントは功労者である日本代表MFの移籍を目指すことで双方での合意に至ったため、背番号23は空き番号となった」と説明した。

2018-19シーズン後半戦は期限付きでベシクタシュに向かった香川。昨年からドルトムントからの移籍志願を明かしており、今夏の完全移籍での退団が既定路線と見られる。背番号23の黄色と黒のユニフォームを着用する姿はもう目にすることはないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00010008-goal-socc
no title

注目度NO.1の「久保建英 」各メディア“移籍狂想曲”の異常ぶり「移籍情報記事はかなり現実離れ...」  

1: Egg ★ 2019/06/06(木) 17:50:55.66 ID:5+3Zl/WX9
 現招集メンバー27人の中で間違いなく注目度ナンバーワンは、唯一の2000年代生まれ(2001年6月4日生まれ)であるFC東京の18歳MF久保建英だ。

 しかし、先発はおろか、12人のベンチ入りメンバーにも名前は見当たらなかった。「より若手中心のメンバー構成の南米選手権(コパ・アメリカ)要員」(サッカー記者)ともっぱらだが、この久保ベンチ外は「罪作りにも程がある」(前出記者)。テレビもスポーツ紙も「久保の移籍情報」をド派手に扱いたかったからである。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が「いくら“書きドク”とはいえ、久保にまつわる移籍情報記事は、かなり現実離れしていると言わざるを得ません」と前置きしてこう言う。

「例えばスペインの名門レアル・マドリードが獲得に乗り出し、古巣バルセロナと争奪戦が繰り広げられるとか、フランスのパリSG、英プレミアのマンCといった強豪も狙っているとか、ややもすると常識外れレベルの記事が多過ぎます。夏の移籍市場の動向は、まず世界トップレベル選手が天文学的な移籍金とともに動き、それから中堅どころの移籍が活発となり、シーズン前になって移籍金の安い若手に声がかかる――という流れです。海外のトップリーグで何の実績もない久保は、もちろん豊かな才能に疑いはありませんが、今夏の移籍市場では大物でも中堅でもありません。各メディアは、もっと現実に即した冷静な報道を心掛けるべきでしょう」

19/06/06 11:50日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/255492

写真no title

堂安律が移籍示唆「ステップアップする時期近づいて」 

20190522-05220397-nksports-000-3-view[1]

独報道に接するたび悲しくなるMF香川の現実…輝き取り戻すシナリオは 

20190128-00000061-spnannex-000-2-view

香川真司の状況に注目…移籍の実現に懐疑的な地元紙「クラブは必ずしも放出を望んでいない」 

20190125-00010014-goal-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索