Samurai Goal

移籍


スポンサード リンク





コウチーニョ、バルサ移籍失敗はメッシのせい? 

20200509-43480139-gekisaka-000-4-view

アヤックスの正GKオナナが移籍を示唆「前進しなければならない」 

1: 2020/04/30(木) 21:34:09.79
アヤックスのGKアンドレ・オナナは、オランダでの時間が終わりに向かっていると示唆した。これは彼が言ったコメントから推測できるものである。

オランダの日刊紙『Algemeen Dagblad』へのインタビューで、彼は自分の将来について明確に述べている。
「私はアヤックスに満足していて、クラブに感謝している。ここで5年間、素晴らしい時間を過ごした」

「しかし、私は前進しなければならないと思っている。何が起こるかは分からないが、私には高い志がある」と続けて語った。

カメルーンのGKはFCバルセロナの獲得候補に挙がっている。彼はラ・マシアに加入した後、アヤックスに移籍した。そこでファーストチームでプレーし、現在では正GKとなった。

彼がバルサを退団した後、彼には明確な道がなかった。しかし、彼はオランダでチャンピオンズリーグを経験し、今では前進する準備ができている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010013-sportes-socc
4/30(木) 21:01配信

no title

no title


アンドレ・オナナ
サッカー選手
説明アンドレ・オナナは、カメルーン・ンコル・ンゴク出身のプロサッカー選手。カメルーン代表。
アヤックス・アムステルダム所属。ポジションは、ゴールキーパー。 ウィキペディア

生年月日: 1996年4月2日 (年齢 24歳)
生まれ: ンコル・ンゴク
身長: 190 cm
体重: 93 kg
所属チーム: アヤックス・アムステルダム (#24 / ゴールキーパー)、 サッカーカメルーン代表 (#1 / ゴールキーパー)

ムバッペのレアル・マドリー移籍はほぼ内定済み?PSGのOBが明かす 

20200412-00010019-goal-000-5-view

トットナム会長がケインのマンU移籍認める 英紙 

20200412-24120134-nksports-000-7-view




1: 2020/04/12(日) 14:08:35.76
トットナムのダニエル・レヴィ会長が、エースのイングランド代表FWハリー・ケーン(26)をマンチェスター・ユナイテッドに放出することを許可したと、11日付の英紙デーリーメール電子版が報じた。

レヴィ会長は、ケーンが移籍金2億ポンド(約279億円)でマンチェスターUへ移籍することを認めたという。同電子版によると、新型コロナウイルスで危機的状況で、同選手が退団を示唆し、シーズンを終了するべきだというコメントにも激怒したという。

クラブは資金面でも問題を抱えている。昨年オープンした新スタジアムには10億ポンド(約1390億円)を費やし、6億3700万ポンド(約888億円)のローンが残っている。さらに、同ウイルスで今後の今季公式戦が中止になった場合は、放映権料の払い戻しの可能性もあり、莫大(ばくだい)な移籍金を得られるケーンを放出することで、穴埋めすることができると伝えた。

2億ポンドでの移籍が実現した場合、17年にパリサンジェルマンがネイマール獲得にバルセロナへ支払った移籍金1億9800万ポンド(約276億円)を上回る史上最高額となる。

移籍先候補のマンチェスターUのスールシャール監督は、今夏の移籍市場で大金を使って選手を補強することを示唆している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200412-24120134-nksports-socc

クリスティアーノ・ロナウド ユヴェントスからの移籍を検討か 

20200406-00010000-sportes-000-1-view




1: 2020/04/06(月) 11:48:34.66
コロナウイルスの影響でヨーロッパの大部分のリーグは休止状態となっているが、ユヴェントスのスター選手であるクリスティアーノ・ロナウドは今も注目を集めている。

2019/2020シーズン、ロナウドはユヴェントスで2シーズン目を過ごしていた。

しかし、クリスティアーノ・ロナウドのトリノでの将来には疑問符がついている。

『Calciomercato』によると、ユーヴェのスーパースターであるロナウドはレアル・マドリー退団を惜しんでおり、前クラブとの再会を望んでいるという。

ロナウドはユーヴェで満足していないと伝えられており、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドからの関心があることを伝えられている。

しかしながら、同紙によると、ロナウドはマドリーに目を向けているが、35歳のスーパースターの移籍金が高くなってしまうことがネックとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010000-sportes-socc
4/6(月) 6:50配信

金崎夢生が語った“古巣”名古屋移籍の理由。初練習で見えた8年前との違い 

20200404-00071424-sdigestw-001-4-view




1: 2020/04/04(土) 15:36:30.51
本人の意思と名古屋の思惑が一致

想像以上に違和感がなかった。4月3日、練習に初合流し、赤と黒を基調とした名古屋の練習着を身に纏った金崎夢生がクラブハウスから出てきた時、以前から在籍していた選手のような落ち着きと自然な雰囲気に、ある意味で拍子抜けした。

集まった報道陣はこぞって彼の姿を追い、それは自分も同じだったが、“名古屋の金崎”は字面同様に思った以上にしっくりと来るものがあった。

3月25日、鳥栖からの期限付き移籍(2021年1月31日まで)で古巣の名古屋へ8年ぶりの復帰が発表された。この移籍は本人の意思と名古屋の思惑の一致によって一気に決まったという。

「自分としても優勝を狙っているチームでプレーしたいという気持ちがあって、その中でグランパスさんが監督を含めすごく興味を持ってくれた」
 
指揮官からの直接の口説き文句はなかったが、思い入れもある名古屋というチームからのオファーには、やはり心動かされるものがあったようだ。

名古屋時代の金崎と言えば、若さを前面に押し出したようなゴリゴリのサイドアタッカーで、それが特にJ1制覇を成し遂げた2010年のチームの特徴には完全にフィットしていた。
その後、負傷がちになり海外への道を選んだことで、FWとしての才能が開花。日本に帰国した後の鹿島でも鳥栖でも、彼は献身性と決定力が武器のストライカーとして評価を高め続けてきたところがある。
鳥栖でともにプレーした経験のある吉田豊も、「“闘う”という監督が求めているところを持っている。そして決めてほしいところで決めてくれる、男気のあるプレーができる選手」と金崎を評した。

金崎自身もそれは自負するところだ。今の自分が何を見せられる選手なのか、と問えば、まずはチームファーストの精神が口をついて出る。

「攻撃の部分が多くを占めると思いますが、あくまでチームが第一優先。チームにとって何が必要で、自分が何ができるかを考えながら、それが得点であったりいろいろな部分であったりもする。
今日、初めて練習しましたけど、選手たちと顔を合わせて、話しながら、チームにとって何が必要で、それに対して自分は何ができるかをすり合わせて勝利に少しでも貢献できればいい」

紅白戦でもまずまずのプレーを披露
フィッカデンティ監督のスタイルは鳥栖時代に既に習得済みで、その擦り合わせも初日から精力的に行なっていた。ピースをはめてみて改めて思えたのは、金崎と現在の名古屋との親和性の高さだ。
前述した特徴は常にフィッカデンティ監督が1トップを始め前線の選手に求めてきたもので、フォアチェックができ、ポストプレーも巧みで、周囲を使える金崎は驚くほどに順応が速そうだ。
 
早速、行なわれた紅白戦では序盤こそ味方との息が合わない場面もあったが、彼のポジショニングと狙い、ボールを預けた時の信頼性はすぐさま理解されたようで、時間の経過とともにボールが出てくるようになった。

4-2-3-1を基本システムとする今季の名古屋は、新加入でトップ下を担う阿部浩之の存在感が大きかった。
だが、その阿部と組んだ金崎はポジショニングが被ってしまうこともなく、スムーズに動き、ボールを自分の前後に引き出し続けた。

まだ呼吸を合わせるべき部分、意図を理解しあわなければいけない箇所は多いが、適応のスピードはかなり早いと言っていい。
いまだリハビリ中のジョー、そのジョーに代わって1トップの適任とされてきた山﨑凌吾にとっても良い刺激になりそうだ。
 
2010年から在籍した3年間で通い慣れた道に懐かしさを感じたという金崎は、自身も中心選手として勝ち取った2010年の栄冠の再現を狙っている。
「あの喜びを知っているからこそ、もう一度“あれ”を実現したいという想いも強い」。それは鳥栖からの移籍を決断した気持ちに重なるものだ。

もう戻ってくることは考えていなかったという古巣への帰還に想いは止まらない。「こういう形でもう一度このユニフォームを着て、この場所で、このピッチで、プレーできることは改めて……幸せを感じます」。
感謝の気持ちは献身性に加速をかける。8年ぶりに戻ってきた名古屋の金崎に、周囲の期待感は想像以上に大きくなってきている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00071424-sdigestw-socc&p=2
4/4(土) 15:00配信

久保建英 名門アーセナル移籍の可能性浮上、指揮官が高評価 

20200401-00000180-spnannex-000-4-view

<本田圭佑>わざわざ交渉中の案件にコメントした事情 

20200129-01710462-tospoweb-000-8-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/29(水) 19:48:28.03 ID:bx8uJtp29
サッカー元日本代表MF本田圭佑(33)は東京五輪にチャレンジできるのか。

 ブラジル「ランス」(電子版)をはじめとした各メディアが、昨年末にオランダ1部フィテッセを退団した本田がブラジル1部ボタフォゴと12月末までの契約で合意したと報じた。ついにサッカー大国で再スタートと思われたが、本田は自身のツイッターを更新し「話し合いはしているが、まだ決めていない」と発信。意味深な投稿はボタフォゴ加入報道を目にしての反応とみられる。あえて英文で書き込んでおり、先走る地元メディアへのけん制ともとれるが、わざわざ交渉中の案件についてコメントを出したのには事情がある。24歳以上のオーバーエージ(OA)枠で東京五輪出場を目指しているからだ。

 かねて自身のパフォーマンスを森保一監督(51)にアピールするため、レベルの高い欧州トップリーグへの加入を狙っており、特にスペインリーグへの移籍を熱望。実際にフィテッセ退団後は複数のスペインクラブと交渉を進めていたという。

 ところが、外国人枠の問題などもあって難航。そこでリーグレベルや条件面で本田サイドの希望に近かったボタフォゴと話し合いを開始したが、本田は24日にも「多くのクラブと話をしている。欧州でプレーしたい希望がある」と話していた。スペイン移籍を諦めきれず、欧州の移籍市場が閉まる31日を前に結論を出したくなかったのだ。

 ただOA枠で五輪出場を目指す中、本番開幕まで半年を切った。そろそろ新天地を定めないと、コンディション調整ができない上に森保監督にアピールすることもできない。本田の最終決断に注目が集まる。

1/29(水) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200129-01710462-tospoweb-socc

<本田圭佑>意味深投稿!「話はしているが、まだ決めてない」 

1: Egg ★ 2020/01/28(火) 23:15:39.66 ID:xojC4Tgi9
サッカー元日本代表でオランダ1部フィテッセを19年末で退団したMF本田圭佑(33)が28日、ツイッターを更新。「話はしているが、まだ決めてない」との意味深な英文を投稿した。

 本田をめぐってはブラジル1部ボタフォゴと合意したと現地メディアが報じるなど、過熱の一途。今回の本田の投稿は一文だけで何についての話をしているかなどには一切、触れてないが、本田なりの現時点での“返答”とも取れそうだ。

 本田は25日に自身が立ち上げたクラブ「One Tokyo」のトライアウトに訪れ、自身の去就について「多くのクラブと話をしてきています。ヨーロッパでプレーしたいという希望がある。今すぐイエス、ノーは言えない」と話している。

1/28(火) 23:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000160-dal-socc

写真no title

吉田麻也が移籍熱望。裏にはサウサンプトンが 抱えている複雑な事情が 

20200128-00884700-sportiva-000-2-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索