Samurai Goal

秘訣


スポンサード リンク





韓国サッカー界感染者ゼロの秘訣…地元紙「欧州とは異なる」「Kリーグはコロナ清浄地帯」 

20200318-43479061-gekisaka-000-2-view




1: 2020/03/24(火) 20:42:21.32
 サッカー界にも欧州を中心に選手、関係者に新型コロナウイルスの感染者が相次ぐ中、韓国Kリーグが感染者をゼロに抑えている秘訣を『スポーツソウル日本語版』が報じている。

 全世界で新型コロナウイルスが蔓延し、欧州5大リーグの選手監督、クラブ関係者に感染者が続出しており、日本でもサッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長に陽性が確認された。「欧州リーグとは異なるKリーグ」と見出しを打った同紙は「欧州サッカー界とは異なり、Kリーグは新型コロナ清浄地帯と評価されている」と報じている。

 韓国では1月20日に初の感染者が確認されてから約2か月が経過し、国内の感染者数は8000人を超えているが、Kリーグの選手、関係者に感染は報告されていないという。同紙は「韓国プロサッカー連盟によると、Kリーグ関係者の中で感染が疑わしい症状が出て、新型コロナウイルス検査を受けた者は皆無だ」と伝えた。

 “感染者ゼロ”の秘訣として、同紙は韓国プロサッカー連盟が感染予防と拡大防止のために早期から全クラブに配布していたマニュアルを各クラブが遵守していることを挙げている。

 マニュアルには選手の外部接触禁止、選手の健康状態の常時確認、感染症予防の心得遵守などが記載されている。さらに、他チームとの練習試合自制(独自の紅白戦勧告)、ペットボトルやタオルの共同使用を禁止するなど、詳細かつ状況別のガイドラインが示されている。クラブは1日に2回以上、全選手とスタッフに発熱チェックを行うなど、拡散防止に努めているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-43479061-gekisaka-socc

もう誰にも止められない!? オルンガ覚醒の秘訣とは? 

20200225-00000119-spnannex-000-2-view




1: 2020/02/25(火) 11:13:52.56
 【大西純一の真相・深層】柏のFWオルンガ(25)が注目されている。22日の開幕・札幌戦で2得点を挙げて、チームが4-2で勝利することに貢献。ケニア出身初のJリーガー、そして昨季J2最終戦の京都戦で1人で1試合8得点のJリーグ記録をつくったことで知られているが、今季も大暴れしそうだ。

 一昨年夏に加入したが、中々日本に適応できず10試合で3得点に終わった。昨季も開幕時は控え、しかし次第に先発で起用されることが多くなり、今季はチームの攻撃の軸になった。昨季ネルシーニョ監督が就任したことも大きいが、オルンガ自身も大きく進化した。その秘訣としてオルンガ自身が挙げるのがメンタルだ。

 「きのうよりきょうの自分が勝るように考えてやらないと駄目だ。騒がれることがあっても、地に足を着けてハードワークしないと結果は出ない」ど派手な活躍をしている割には冷静だ。そして環境も習慣も違う日本に来て成功する秘訣については「メンタルが大事。外国籍の選手は自分の周りに友人もいないし、気候も文化も違う。自分が極力早く環境に順応することが大事」と振り返った。

 もう一つ挙げたのが人間性。「周囲の人の考え方を理解してチームが何を求めているかがわかれば、回りからの協力も得られる。仲間意識持てば士気もあがる。さらにどう振る舞うかも大事。サッカーだけではなく、ピッチ外も重要になる。サッカーがうまくてもピッチから離れたらうまくいかないのでは駄目。両立を考えて努力しないと成果は挙げられない」身体能力の高さがクローズアップされているが、実はクレバーで謙虚、日本に順応しようと努力し、周囲の人をリスペクトする心を持っているからこそ成功しているのだ。

 昨季つくったJリーグ記録についても「記録保持者であるのはうれしい。ただ、記録だけで生きることはできない。常に自分の限界超えたいと思っている。8点は中々難しいが、1日1日を大事にして、よりいい選手になる意識持ってトレーニングに取り組みたい」とどこまでも謙虚。けっしてあぐらをかくことはない。練習も積極的に取り組んでいるが、「みんなが見ていないところで努力するのが大事」と、内容については口をつぐんだ。

 ネルシーニョ監督も「時間をかけてこちらが要求する部分を理解させて試合のペースややり方に適合していった。今、彼が活躍するのは努力した結果。その中で守備の部分は劇的に変化した」と高く評価している。記録だけでなくあらゆる部分でJリーグの歴史を塗りかえるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000119-spnannex-socc

メッシがFK上達の秘訣を告白 「ボールを蹴る前にGKを…」 

20191227-00010004-sdigestw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/28(土) 01:33:55.37 ID:f3uh5q0c9
この4年間で22本を叩き込む
“黄金の左足”から繰り出される魔法のようなシュートがゴールの四隅へと変幻自在に突き刺さる。直接FKはバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの十八番の一つだ。


 その精度は年々高まっている。プロデビューした2004年から15年途中までは12ゴールで、成功率は6.9パーセントにしか満たなかった。だが、15年下半期からここでの4年間で22本を決め、成功率は12.6パーセントと飛躍的に向上。バルサで主にキッカーを任されるようになった2008-09シーズン以降は、実に11シーズン連続でFKからネットを揺らしている。

 なぜ、ここまで成功率が上がっているのか? バルサの公式インタビューで、本人が秘訣を明かしている。

 バルサのナンバー10は、「最近、僕はゴールキーパーの研究をしているんだ」と語り、こう続けた。

「僕がボールを蹴る前に、どちらかの方向に一歩を踏み出した時、相手のゴールキーパーも動いてくるかどうか。その時に壁はどの位置にあるのか。それを見定めているんだ」

 さらに「ゲーム全体に集中するんだ」と語り、向上心こそが現在の成果に繋がっていると強調している。

「学びと練習だよ。普段の練習でフリーキックを改善させてきたんだ。事実として、全てが上手くいっている」

 2019年に50得点を記録したメッシは、6年連続で年間50ゴール超えを達成する快挙を成し遂げた。その中でFKが占める割合も年々高まっている。

 アルゼンチンの至宝は、32歳となったいまでも、進化を続けている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00010004-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索