Samurai Goal

神戸


スポンサード リンク





J1神戸 生え抜きDF藤谷とGK吉丸がJ2北九州に完全移籍 西に続く右SB流出 

スクリーンショット 2020-12-29 17.04.04

浦和が神戸西大伍の獲得決定的 実績十分の右SB 

スクリーンショット 2020-12-28 11.33.14

浦和 神戸からDF西大伍獲り動く!来季巻き返しへ経験豊富右サイド補強 

スクリーンショット 2020-12-21 6.49.54

J1神戸DFダンクレーが契約満了で退団「すでにみんなのことは恋しくなっている」 

スクリーンショット 2020-12-20 22.41.06

J1神戸・三浦監督 イニエスタ志願の出場を明かす「懸ける気持ち伝わった」 

スクリーンショット 2020-12-18 19.53.04

神戸三浦淳寛監督が三木谷会長との会話明かす 

スクリーンショット 2020-12-18 16.54.25

神戸「ノエビアスタジアム」猫「ミィちゃん」孤立1週間 高さ約10mの屋上から降りられない状態 

1: 2020/12/16(水) 00:00:53.10 _USER9
サッカーJリーグ1部・ヴィッセル神戸の本拠地「ノエビアスタジアム神戸」(神戸市兵庫区)で、高さ約10メートルの屋上から1匹の猫が降りられない状態が続いている。
住民らの努力もむなしく、孤立は1週間に及ぶ。15日には消防隊員らが出動し、住民らが祈るような表情で捜索を見守った。

「猫が1週間ぐらいノエビアスタジアムの上から降りられていない」。15日午前、神戸新聞社にスタジアム近くの住民から連絡があった。
ツイッターで「ノエビアスタジアム」と検索すると、屋根からひょっこり顔を出す黒い猫の動画が上がっていた。実家で猫を飼う「ネコ派」記者も「これはかわいそう」と昼食を取るのも忘れ、現場に向かった。

スタジアム北側に、祈るように手を合わせて屋根を見上げる住民らがいた。近くには消防車が2台。消防隊員8人のほか、警察官の姿もあった。
隊員に聞くと、コンクリートの斜面から続く屋根の上に猫がいるため、スタジアムの内側から隊員が屋根に降りて救出する作戦だという。

住民によると、猫は不妊・去勢手術を終えて地域に住み着いた「地域猫」。黒や灰色の毛が特徴で、「ミィちゃん」の愛称で親しまれていた。
今月8日ごろに仲間の「マメ」とともに斜面を伝って屋上に上がったが、怖がりだったのか、1匹だけ降りられず取り残されたとみられる。

周辺は人通りが多く、高いところから聞こえる「ニャーニャー」という鳴き声に、心配して立ち止まる人もいるという。
住民が斜面を登って助けようとしたり、釣りざおを使ってエサで誘い出そうとしたりしたが、1週間たっても地上に降りてくることはなかった。
背骨が見えるほどに衰弱した様子に、住民らが14日夜、消防や警察にSOSを出して助けを求めた。

救出活動が決行された15日、午前中には姿を見せたというが、その後は確認できない。
雨水槽に続く直径20センチほどの穴に入り込んだとみられ、隊員らの姿にびっくりして逃げ出したときのために網も用意して付近を確認した。

屋根の上の隊員から「鳴き声も聞こえません」「姿も見えません」との報告が続き、捕獲用のケージを仕掛ける作戦に変更。
動物の保護活動に取り組む女性が持参したもので、ツナ缶のような柔らかいエサがケージ内に置かれ、猫が食べようとすると扉が閉まる仕掛けだ。
猫が隠れたとみられる穴の横にゲージを置き、隊員や住民らは午後2時ごろ現場を離れた。

今後、スタジアムの警備員らが防犯カメラなどでゲージを点検し、猫の姿が確認されれば、再び消防隊が出動する予定。
見守っていた女性(65)は「みんなに好かれていた幸せな猫。なんとか無事でいてほしい」と話した。(小谷千穂)

12/15(火) 19:40配信 神戸新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/b978b6e5f267b855d7a31a7084c27005263bd1ce

写真
no title


動画
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202012/0013940568.shtml

神戸前川が投稿「敗因は僕のミス」ACLでPK献上 

スクリーンショット 2020-12-14 21.42.21

<日本サッカー協会の田嶋幸三会長>ACL神戸-蔚山のVARの判定について抗議へ!「判断ミスだ」 

1: 2020/12/14(月) 17:20:44.19 _USER9
日本サッカー協会の田嶋幸三会長が14日、オンラインでの取材に応じて、前夜にカタールで行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝・神戸-蔚山戦の判定についてアジアサッカー連盟(AFC)に対して抗議を行う考えを明かした。

 日本協会が問題視しているのは、神戸が1-0でリードしていた後半30分のシーン。中盤でMF安井のボール奪取からカウンターを繰り出すと、最後はMF佐々木が押し込みネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によって安井がボールを奪った場面についてファウルが認められた部分だ。

 当該のプレーは攻撃の起点となっているため、田嶋会長は「普通のサッカーならばどこでも起こりうるコンタクトだった。そして審判も良い位置で見ていた」と指摘。その上で「ああいうさかのぼり方をするのは仕方ないが、審判がそれを見て自分の判定を覆すのは、残念ながら我々も抗議をせざるをえない」とした。

 試合後には、神戸が大会運営側に抗議文を提出する意図があることを確認。「あくまでヴィッセル神戸としての抗議になるが、我々日本サッカー協会も足並みをそろえてAFCに対してしっかりと抗議をしていきたい」と姿勢を示した。VARで流されたのは、1つの角度からの映像が繰り返しスローで再生されたことなども踏まえ、日本協会内の審判委員会による分析映像とともに抗議の意を示す文書を「できれば今晩か明日の朝にでもしっかりと出したい」と話した。

 今大会では、審判の判定への抗議は認められないことが大会規定にも盛り込まれている。当然、判定や試合の勝敗は覆る可能性は限りなく低いが「このVARが絡んだ中での得点という勝敗を分ける重要な場面について、我々としては判断のミスだと思っているわけですから。そういう意味では、抗議しなければこのままで終わってしまう。やはり抗議してこういったことはあってはいけないんだということを理解してもらいたい」と意図を説明した。
写真

12/14(月) 17:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/d643b1d7daadda88c50e2d888daa18d8fb543ef2

写真
no title

<川淵三郎氏>神戸への不可解判定に「怒りが収まらない」VAR担当とそれを簡単に認めた審判に問題ありと聞いて納得」 

1: 2020/12/14(月) 12:37:49.53 _USER9
Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏が14日、ツイッターを更新。前日に行われたアジアCLの準決勝でJ1神戸が蔚山に逆転負けを喫した試合で不可解判定があったことに触れ、「怒りが収まらない」と不満をつづった。

 神戸にとってはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に翻弄(ほんろう)される不可解な判定が相次いだ。1-0の後半30分、途中出場のMF佐々木大樹が追加点を決めたとみられたが、直前に相手ボールを奪ったMF安井拓也の接触プレーがファウルと判定され、ゴールが取り消された。直後の後半36分には一度はオフサイドと判定された蔚山のゴールが、今度は認められ、1-1の同点とされた。

 川淵氏は「ヴィッセル神戸の2点目のVARによる得点の取り消しは大きな疑問が残る」と切り出し、「あそこまで遡って適用されるのかという事。しかもVARでファールと認定したプレーはその時審判が問題なしと見てプレーを続行させている。それをファウルと問題提起したVAR担当、そしてそれを否定せず認めた審判に大きな問題がある」と指摘した。

 その後も投稿を続け、「怒りが収まらない。でも自分のルール解釈に間違いがあるかもと黛審判委員長に聞いてみた。この件会長からも指示があったとのこと。得点につながる一連のプレーの中で問題があればVAR担当とそれを簡単に認めた審判に問題ありと聞いて納得」とつづった。

12/14(月) 11:25 ディリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/735bfffde73063f3cf5a8c04ddcce6225d7f891c

写真no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索