Samurai Goal

神戸


スポンサード リンク





神戸、ダビド・シルバ獲得へ交渉中とスペイン報道 イニエスタと来季“夢のタッグ”結成か  

20191114-00228867-soccermzw-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/14(木) 12:34:22.27 ID:zdvvUjTM9
J1神戸、D・シルバ獲得へ交渉中とスペイン報道 イニエスタと来季“夢のタッグ”結成か

今季限りでのマンC退団を表明している司令塔 札幌が獲得に動くとの報道も…

 マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバが、J1ヴィッセル神戸加入に向けて交渉を行っているとスペインメディア「El Chiringuito」が報じている。同胞のMFアンドレス・イニエスタとFWダビド・ビジャ、MFセルジ・サンペールに続く大物スペイン人プレーヤー加入の可能性が浮上した。

 2010年からマンチェスター・シティでプレーしてきたシルバだが、契約満了となる今季終了後に退団することを今年6月に発表していた。すでにJ1の北海道コンサドーレ札幌が獲得に乗り出したともレポートされていたが、最新のレポートによれば、近年大型補強を進めている神戸がシルバ獲りに向けた交渉を行っていると、スペインメディアが報じた。

 この報道にイングランドメディアも反応。英紙「デイリー・メール」は「マンチェスター・シティと契約満了になるダビド・シルバが日本のヴィッセル神戸移籍に向けて交渉している」との見出しで報じ、「シティのプレーメーカーは日本のクラブに加入し、アンドレス・イニエスタとダビド・ビジャの足跡を辿る可能性がある」と伝えた。

 神戸はここ数年、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを皮切りにイニエスタ、ビジャ、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレン、元バルサのMFセルジ・サンペール、元日本代表DF酒井高徳など海外クラブから大型補強を敢行。ポドルスキは今季限りで退団の噂があり、ビジャも現役引退を発表したばかりだが、新たな助っ人としてシルバに熱視線を送っているようだ。イニエスタとシルバという夢のタッグ結成にも期待が懸かる。

 イニエスタやビジャとともに欧州選手権、ワールドカップでの優勝経験を持つシルバ。33歳の司令塔がJリーグでプレーする姿を見ることはできるのだろうか。

Football ZONE web編集部 11/14(木) 11:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191114-00228867-soccermzw-socc

神戸のドイツ人指揮官フィンクが明かす日本生活の驚き「自分が外国人だと感じることがなかった」  

20191108-00010026-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 21:40:40.01 ID:lmATpAud9
ドイツ人指揮官のトルステン・フィンク氏は今年6月にヴィッセル神戸監督に就任。母国のニュースポータル『t-online.de』のインタビューに応じ、そのなかで日本での生活などについて語った。

現在52歳のフィンク監督は現役時代はドイツのカールスルーエやバイエルン・ミュンヘンなどでプレー。監督としてのキャリアは2015年に半年間ほど指揮を執ったキプロスのAPOELを除いてバーゼルやハンブルガーSV、オーストリア・ウィーンなどドイツ語圏の国で過ごしていたが、ここ5カ月間は神戸を率いている。

そんなフィンク監督だが、インタビューの冒頭では「これまでの日本での時間を一言で表すと?」との質問に対して「これは難しい」と考え込んでいる様子をうかがわせると、「“印象深い”かもしれない」と返答。次のように続けた。

「ほかのアジアの国々、例えばタイを訪れたことがあり、まったく別のイメージを持っていた。だが、日本はタイや中国とも全然違う。これほどフレンドリーで、それと同時に素直で敬意に溢れる人々に会ったことはない」

フィンク監督はさらに「ここにやって来ると、自分が外国人だと感じることがなかったんだ。すぐさまこの社会の一員として迎え入れられ、違う対応を受けたり、変な目で見られることもない。まさに理想的だね」と日本での生活に馴染んでいる様子。治安のよさにも言及している。

「例えばこのようなことを経験した。最近ATMを使ったが、50メートルほど離れてから、1人の人が追いかけてきて、取り出すのを忘れていたお金を渡してくれた。そんなことがあり得るのだろうか?こういうことを経験したことはないよ」

また同監督は日本人の意外な面にも驚きを覚えたという。「ここの人々は信じられないほどスポーツに取り組んでいる。ここのジムほど年配者を見たことがないね。70~80代の方がジムにいるんだ。信じられないよ(笑)」とジムで目にした光景について語っている。

すっかり日本を気に入っている様子のフィンク監督。インタビューでは神戸指揮官としての挑戦やJリーグのサッカーについても話しているが、生活面での充実ぶりも仕事への意気込みにつながっているかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010026-goal-socc

【J1試合結果】第31節昼 鹿島×川崎、横浜FM×札幌、磐田×FC東京、名古屋×神戸 

201911090000470-w500_0[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/09(土) 15:59:56.88 ID:Yk+zqsax9
鹿島 0-2 川崎
[得点者]
62'山村 和也 (川崎)
71'長谷川 竜也(川崎)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:23,195人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110906/live/#live


横浜FM 4-2 札幌
[得点者]
02'エリキ        (横浜FM)
04'エリキ        (横浜FM)
08'鈴木 武蔵      (札幌)
23'仲川 輝人      (横浜FM)
70'マルコス ジュニオール(横浜FM)PK
74'鈴木 武蔵      (札幌)

スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:13,617人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110907/live/#live


磐田 0-1 FC東京
[得点者]
53'ディエゴ オリヴェイラ(FC東京)PK

スタジアム:ヤマハスタジアム(磐田)
入場者数:13,328人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110908/live/#live


名古屋 3-0 神戸
[得点者]
12'前田 直輝(名古屋)
23'和泉 竜司(名古屋)
54'前田 直輝(名古屋)

スタジアム:豊田スタジアム
入場者数:37,194人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110909/live/#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

神戸のフィンク監督が語るJリーグのレベルの高さの証拠「何処だろうと勝つ可能性があるので最高に楽しい」  

1: Egg ★ 2019/11/08(金) 13:53:28.83 ID:kri64fTd9
ヴィッセル神戸率いるドイツ人指揮官のトルステン・フィンク監督は、母国メディア『t-online.de』のインタビューに応じ、そのなかでJリーグのレベルを高く評価。アジアに向かう欧州の選手などについても話している。

今年6月に神戸指揮官に就任した現在52歳のフィンク監督は、第15節FC東京戦(1-0)から現在まで神戸でのリーグ戦における成績は7勝3分け6敗。就任当時は13位に位置していたチームは一時は9位に浮上したが、第30節消化時点は勝ち点38の10位となっている。

フィンク監督はそんな現状について、「最初から今年は残留を目指すことになると決まっていたし、今は来シーズンに向けての準備も進めているところだ」と言及。また、「今年はもう一つの目標を残している。天皇杯の優勝だ。準決勝に勝ち上がっているので、期待は大きい」と明かすと、「それによってアジアのチャンピオンズリーグへの出場権を得られる」とも指摘し、「もちろん1部には必ず残りたいし、今年は1桁の最終順位を手にしたいと考えている。来年の目標はトップ3だ」と今後に向けた意気込みを語っている。

来日してから約5カ月間の同監督はJリーグのレベルに関しては次のような印象を受けている。

「試合展開はとてもスピーディーだ。選手は戦術面、技術面において非常に良い教育を受けている。最初は余裕で一緒になってプレーできると思うかもしれないが、そんなことはない。各チームは攻撃的で前方へとプレーし、どのチームでも相手が何処だろうと勝つ可能性があるので最高に楽しい。最近、下から2番目のサガン鳥栖というチームが首位のFC東京に2-1で勝っている。非常に均等で、それはリーグ全体のレベルが本当に高いことを証明する」

一方、スター選手の獲得について以前、「ここでリラックスしながらお金を稼ぎたいと思っている選手を求めていない」といった考えを述べた同監督だが、今回のインタビューでは金銭目的で日本に移籍する選手とそうではない選手を見分ける必要性にも触れた。

「これはアジアサッカーが直面する根本的な問題だ。(現ボルシア・ドルトムントの)アクセル・ヴィツェルも当時、競技面の成長のために中国に行ったわけではないだろう。彼はそれに気が付いたけれどね。もちろん、特に現役キャリアがそろそろ終わるという選手たちに関しては、金銭の状況を考慮して、それと引き換えにより低い生活水準を我慢するのは間違っているわけではない。だが、日本は別。生活水準がとても高く、競技面でもたくさん成し遂げられるものが存在する」

ドイツ人指揮官は「それでもいつも代理人たちからメッセージを受けて『こういう選手がいるが…』と話しかけられている」と代理人からの売り込みを受けていることを示唆。「だが、年齢は高くても、まだ上を目指していて、新しい挑戦に興味を持つ選手たちも十分いる。我々が求めているのはそういった選手たちだよ」と今後のスター選手を獲得する際の留意点を挙げた。

元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキや現役ベルギー代表DFのトーマス・フェルマーレンらが所属する神戸。フィンク監督が来シーズンにあたって掲げる「トップ3」の目標を達成するにあたって、クラブは今後どのようにチーム作りに取り組むのか、注目が集まる。

ちなみに家族がドイツに住むフィンク監督だが、「妻も子供を連れてここに引っ越したがっているけど、我々はこれに関して慎重でいなければね。監督としてはどのくらいの時間を一つの場所に過ごすのか分からないのでね(笑)」としばらくは単身赴任生活が続く模様。「子供たちももう4回も引っ越しているので、『取りあえずドイツに残って欲しい』と話している。もう少し待って、1月にはここでの状況を見てもう一度考えたい」とこの先家族とともの神戸生活を送る可能性を示唆した。

11/8(金) 12:15配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00010012-goal-socc

写真
no title


【サッカー】<英国人記者が見たJリーグの現在地>「5~6年前は成長が止まっていた」「2~3年で再びポジティブな方向に進んでいる」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573174678/

神戸、最多8人に上る外国籍選手の去就が気になる!来季の補強ポイントは? 

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 23:17:45.67 ID:mi1ORqs29
課題はスタメンとサブの間にクオリティの差があること

J1リーグ30節の神戸vs仙台は、小川慶治朗の2ゴールで神戸が快勝した。今季4度目のクリーンシートも達成。この試合を見る限り、チームの骨格はすでに固まったように思われる。気になる来季の陣容は、去就が騒がれているルーカス・ポドルスキを含め、まず誰が残るかが大きなポイントになりそうだ。

 ポジション別の補強ポイントを見る前に、まず考えるべきは外国籍選手の数だろう。韓国やタイなどアジア圏を除いた数では、神戸の8人がJ1最多となる。続くのは横浜F・マリノスの6人。首位の鹿島、2位のFC東京はともにブラジル人3人。ヨーロッパの選手を5人も抱える神戸は、Jリーグの中で異色の存在と言える。

 ポドルスキの去就問題はさておき、この欧州の5人は神戸に欠かせない存在となる。残るブラジル2人とレバノン人ひとりがどうなるかが、ひとまずの注目点になるだろう。単純にプレータイムで判断すれば、DFダンクレーはキープすべき選手。8月10日の大分戦を最後に出番のないFWウェリントン、リーグ戦1試合のみ出場のDFジョアン・オマリは、本人が出場機会を求めるかどうかにもかかってくると思われる。

 1試合に登録できる外国籍選手は、ベンチも含めて上限5人。あまり多くの助っ人を抱えても、宝の持ち腐れになりかねない。人員を整理して、併用できる日本人選手やJリーグ提携国選手を補強するかどうか、この辺りがひとつの注目点と言っていいだろう。

 外国籍選手5枠との兼ね合いを考えてGKは現状のままか。今夏に補強した飯倉大樹を軸に、前川黛也、吉丸絢梓ら計5人もいる。過去には日本代表の川島永嗣の名前も浮上したが、今年7月にRCストラスブール(仏)と2年契約しており、結局は噂で終わっている。いずれにしても補強するなら日本人選手だが、現時点ではあまり必要性を感じられない。

 整理が必要なのはDF陣だろう。J2チームに期限付き移籍中の宮大樹(水戸)、小林友希(町田)、初瀬亮(福岡・育成型)を加えると所属は13人。MFやFWの約2倍の人数に上る。神戸がそれだけ守備の構築に苦しんできた証拠だ。

 賛否両論を覚悟の上で言うなら、課題はスタメンとサブのクオリティに差があることだ。

 29節のFC東京戦では、3センターバック中央の大﨑玲央が出場停止、左のフェルマーレンがベルギー代表の疲労を考慮して出場を回避。右からダンクレー、渡部博文、J・オマリというラインナップを組んだ。さらに右ウイングバックは西大伍の負傷で藤谷壮が先発。都合5枚のうち3枚を変更した結果、ポゼッションサッカーの生命線であるビルドアップが不安定に。結局、3点を献上して敗れた。

 誰が出ても同じサッカーができることをコンセプトに掲げる神戸。左ウイングバックの酒井高徳のバックアップ選手も含め、テコ入れが必要と言えるかもしれない

11/3(日) 15:46配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00066228-sdigestw-socc

写真
no title

<イニエスタ>日本サッカーの魅力とは?「競争レベルに驚いた」「0-3でも最後まで全力で走る」  

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 10:33:44.72 ID:fT9vuTx69
ヴィッセル神戸に所属する元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、先日、「日本はキャリアの最後に引退するために訪れる場所ではない」と話した。

 その発言の真意について、現地時間11月1日のスペイン紙『Marca』のインタビューで問われたイニエスタは、「まったくそのとおりだよ。チームや選手の競争レベルに驚いたんだ」と、Jリーグに賛辞を寄せている。

「日本のサッカーは非常にダイナミックでフィジカルなんだ。止まることがないからね。たとえ0-3で負けていたとしても、最後まで全力で走る。競争レベルを保ち続けることができるから好きだな」

 現在9位の神戸。それだけにイニエスタは、「目標の達成は難しい」としながらも、「そのために戦い続ける」とコメント。一方、ベスト4まで勝ち進んでいる天皇杯では、日本で初のトロフィーも掲げたいと意気込んでいる。

「ファイナルまであと一歩だ。ここでタイトルを勝ち取ることができれば素晴らしいね」

 イニエスタと神戸の契約は2021年まで。延長の可能性を問われると、イニエスタは「決して分からないことだ」と答えた。

「今は熱意があり、それが大切なことだ。試合や練習が好きなんだ。時間とともにどうなるか、見ていこう。でも、予定されている契約の終わりがもっと延びるといいね」

 同インタビュー内では、J1でも来シーズンから導入が始まるビデオアシスタントレフェリー(VAR)についても言及。イニエスタは、「前進だと思うけど、あらゆることを軽視していると思う」と持論を展開した。

「VARが導入されても、不確かだったり、様々なかたちで解釈できることが、いずれにしても残るだろう。ただ、自分はポジティブなツールという意見だ」

 VAR導入がJリーグにどう影響するかは、来年まで分からない。ただ、多くの人が、新たな時代を迎える日本サッカー界で、イニエスタの活躍をいつまでも見ていたいと願っていることは確かだろう。

2019年11月2日 20時56分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17325431/

写真
no title

イニエスタが告白「日本行きは正しかった」「中国からも誘いがあった」母国紙でJリーグ参戦の理由を告白  

20191102-00066143-sdigestw-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/02(土) 14:32:56.35 ID:H10x5YV/9
「物事は順調」と充実した日々を語る
 Jリーグに電撃参戦した元スペイン代表MFのアンドレス・イニエスタが、母国を離れた理由を告白した。


 昨年5月に神戸への驚きの移籍を決めたスペイン・サッカー界のレジェンドは、卓越したテクニックとパスセンス、そして世界を舞台に培ってきた戦術眼を武器に日本のファンを魅了している。

 そのイニエスタが、現地時間11月1日のスペイン紙『Marca』のインタビューで、「この1年間で少しずつフィットしてきたよ。この大きな変化(神戸への移籍)は多くのことが課題になっていったけど、もう解決した」と神戸に移籍してからの日々を次のように明かした。

「僕らは今、ここで幸せに過ごしていて、物事は順調だ。バルセロナにいた時とやっていることは大きく変わらないさ。午前中にトレーニングして、クラブハウスや自宅で食事をとるんだ。子どもたちは午前中に学校に行って、午後に家に帰って家族で団らんしている。落ち着いていて、とてもスポーティーな生活ができているんだ」

 バルサとの契約満了後、フリーとなったイニエスタの去就は、大きな話題を呼び、中国やアメリカなども新天地の候補に挙げられた。そのなかで、なぜ日本を選択したのか? 

「バルサでプレーを続けないと公表した時、たしかに僕には多くのクラブからオファーがあった。ヨーロッパのクラブや中国、アメリカ、さらにボカ(アルゼンチンのクラブ)からもあったね。でも、僕は初めからヨーロッパでは続けないと決めていた。

 そのなかで、日本からの誘いに最も惹かれたんだ。彼らは良いエネルギーを僕に伝えてくれたから、僕はそれを選ぶことにした。
今、その決断は正しかったと言えるよ。
数ある誘いの中でも、日本は常にとても率直だったんだ」

神戸からの熱烈な誘いに心を揺らされ、挑戦を決断したというイニエスタ。
35歳となった名手は、2021年6月までとなっている現行契約以降の契約延長の可能性については、「僕は今を楽しんでいて、興奮している。それが重要なんだ。時間が教えてくれる」と明言は避けている。

 今も衰えないその芸術的なプレーを、日本でいつまで見られるのだろうか……。

11/2(土) 13:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191102-00066143-sdigestw-socc

【J1試合結果】第30節昼 神戸×仙台 

DvZTF-9U8AAO-lR




1: 久太郎 ★ 2019/11/02(土) 14:55:52.65 ID:mqzzmMI09
神戸 2-0 仙台
[得点者]
16'小川 慶治朗(神戸)
69'小川 慶治朗(神戸)

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:18,975人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110206/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

イニエスタ 神戸との契約延長に意欲 22年以降のプレーも希望  

20191101-00000114-dal-000-4-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/01(金) 18:45:54.40 ID:hokQsRUw9
 J1神戸の元スペイン代表、MFアンドレス・イニエスタが現所属チームとの契約全うはもちろん、その先のプレー続行の青写真を描いている。1日スペインのマルカ紙とのインタビューで話した。

 2021年までの神戸との契約の延長について問われたイニエスタは「先のことは分からない。現状で意欲と気持ちの高まりがあり、それが一番大事なこと。練習と試合でのプレーを楽しんでいる。時間の経過を経た上でどうなるか見て行くが、できることならその契約終了時にもう少し延長できるかどうかを見ていけたらと思う」と話した。

 また将来的に監督になりたいという希望があるというが、まだ漠然としたものだとしている。「それほど(可能性を)見ていない。できることなら監督になりたいとは思うが、それは誰もが思っているような程度。今のところ僕の頭にはプレーし、気持ちの高まりと意欲が維持されるように努める。その先のことは見てのお楽しみだけど、何かやれるかもしれないと思っている」とイニエスタ。

 しばらくは選手としての時間を楽しんだ上で焦ることなく取り組むことになるだろうとしている。

11/1(金) 18:01配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000114-dal-socc

イニエスタ「神戸、ものすごく気に入ってます。自分が住んでいる六甲アイランドは散歩するのに素晴らしい」  

1: Egg ★ 2019/10/28(月) 23:45:57.54 ID:H3K8o7aD9
写真
no title



J1神戸の元スペインMFアンドレス・イニエスタが28日、神戸市内で開かれた菊正宗酒造のアンバサダー就任イベントで、女子日本代表を長くエースとして支え、INAC神戸で現役を引退した澤穂希(ほまれ)さんと対談した。大黒柱として母国をワールドカップ(W杯)優勝に導いた経験を持つ二人。約20分間の“共演”では、コミュニケーションの大切さやW杯決勝で決めたゴールについて語ったほか、神戸のお気に入りの場所を紹介し合った。(まとめ・尾藤央一)

【写真】神戸のお気に入りの場所を紹介するイニエスタと澤さん

澤さん「ヴィッセル神戸のキャプテンとして心掛けている選手とのコミュニケーションは」

イニエスタ「言語の壁はあるんですけども、長い話やミーティングの場とか、しっかり伝えるメッセージがある時は、通訳の力を借りている。ピッチ上ではジェスチャーや、お互いが知っている日本語とスペイン語の単語をうまく使ってコミュニケーションは取れているという印象。サッカーの言語は世界どこでも共通であり、似通っている。そういった意味でも、日々のコミュニケーションの質は上がっているんじゃないか」

澤さん「私もアメリカでプレーしていたので、最初に行った時には言葉の壁を痛感した。難しかったのですが、生活に慣れていく中で、徐々に英語を覚えて伝えることもできるようになり、相手を理解できるようになって、またサッカーの幅が広がりました」

イニエスタ「2011年のW杯決勝で最も重要なゴールを決めた。得点した直後はどのような気持ちだったか」

澤さん「2010年のW杯決勝で大事なゴールを決めたイニエスタ選手に逆に聞きたいぐらい。私自身は日本の女子サッカーの歴史が変わるというか。今まで、日本のサッカーが世界大会で決勝に行くことがなかったので。たくさんの方に日本のサッカーを見てもらえるチャンスでもありましたし、その中で最後同点に追い付くゴール(を決めた)。皆さんの声援もあり、本当に夢のような(気持ち)。皆さんのパワーが私に届いて取れたゴールだった」

イニエスタ「自分の決めたゴールは、残り4分で決勝点だったんですけど、感じたことは似ているのかな。一つの国の期待を背負い、長年の多く人たちの努力で夢見てきたタイトルを取ることになった。歴史に残るという意味でも本当に素晴らしい瞬間だった」

澤さん「困難にぶつかった時の乗り越え方は」

イニエスタ「仕事においても、人生においても難しい問題、瞬間は必ずある。そういった時、まず自分のことを信じる。自分の持っている可能性、努力を積み重ねてきた結果を信じているので、難しい局面を乗り越えた時は一回り成長できる瞬間。努力を怠らず、常に信じれば乗り越えられると思う」

イニエスタ「困難を乗り越える時に大事にしている言葉は」

澤さん「イニエスタ選手がおっしゃったように、今までやってきた努力は必ず自分の中に持っているので、私はそういう時に自分と向き合って『澤穂希、絶対できる』って。そうすると、本当にできるんで、いつもそういう言葉を自分に掛けていましたね。前向きなポジティブな言葉を」

イニエスタ「神戸でのお気に入りの場所は」

澤さん「神戸はとにかく景色がすごくいいですし、食べ物もおいしい。一つとは言えないですけど、私は(ボクシング)世界チャンピオンの長谷川穂積さんのタイ料理のお店が大好きで、神戸に住んでいた時は週何回行ったかっていうぐらい。当時は子どもがいなかったので、今、イニエスタ選手に聞きたいのは、お子さんを連れて行けるおすすめの場所があれば教えてほしい。また私も神戸に戻ってきて子どもと一緒に行きたいなと思っているので」

イニエスタ「神戸、ものすごく気に入ってます。景観だったり食事だったり、本当にいいところがたくさんあるなって印象。港の方、自分が住んでいる六甲アイランドは、家族で散歩するのに素晴らしい場所。元町や三宮を観光するのも好きで、六甲山の上からの眺めがおすすめ。週末はノエビア(スタジアム神戸)で試合をするのが好きです」

10/28(月) 20:58配信 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191028-00000024-kobenext-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索