Samurai Goal

矢板中央


スポンサード リンク





【高校サッカー】ラストプレーでエース松村が決勝PK弾!静岡学園が矢板中央を破り24年ぶりの決勝進出!! 

20200111-00068665-sdigestw-000-7-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/11(土) 16:13:21.95 ID:32IcgLwg9
圧倒的に攻め込む静岡学園に対し、矢板中央が堅守で応戦

全国高校サッカー選手権大会は1月11日、埼玉スタジアムで準決勝の2試合を開催した。第1試合では青森山田が帝京長岡を2-1で破り2連覇に王手。
第2試合では、静岡学園と矢板中央が対戦し、静岡学園が1-0で勝利を収めた。

試合は立ち上がりから、圧倒的な攻撃力で勝ち上がってきた静岡学園と、粘り強い守備でここ2試合無失点の矢板中央が持ち味を発揮した。
静岡学園は鹿島入団内定のエース松村優太(3年)や今大会4得点の小山尚紀(3年)らを軸にポゼッションで圧倒。矢板中央を自陣に釘付けにし、再三ゴールに迫っては得点の匂いを漂わせる。

しかし、矢板中央は主将の長江皓亮(3年)を中心とした堅いディフェンスで応戦。ゴール前での身を挺した守備で静岡学園にゴールを許さない。
結局、前半は静岡学園に10本のシュートを許したもののゴールは割らせず、前半をスコアレスで折り返す。

迎えた後半は、矢板中央もチャンスを掴み始めた。交代出場の宮野流斗(3年)が素早い抜け出しからシュートを放つなど、相手ゴールに襲い掛かる。

しかし徐々にペースを握り始めた静岡学園がやはりボールを保持しながら、シュートの雨を降らせる。
後半アディショナルタイムにはDF田邉秀斗(2年)のクロスがポストを直撃。しかしこれもゴールネットを揺らすには至らない。

それでも残りわずかとなって静岡学園はエースの松村がエリア内でPKを獲得。これを自ら決めて決勝点。
このまま静岡学園が1-0で勝って決勝進出を決めた。静岡学園は24年ぶりの決勝進出。

この結果、1月13日に埼玉スタジアムで行なわれる決勝は、青森山田と静岡学園のカードに決まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200111-00068665-sdigestw-socc
1/11(土) 16:11配信

【高校サッカー】選手権4強決定!! 連覇狙う青森山田、静岡学園、帝京長岡、矢板中央が埼スタへ 

20200105-43476635-gekisaka-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/05(日) 15:54:52.96 ID:OztswnAp9
第98回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝を行い、青森山田高(青森)と矢板中央高(栃木)、帝京長岡高(新潟)、静岡学園高(静岡)の準決勝進出が決定した。

前回王者・青森山田は技巧派軍団・昌平高(埼玉)と対戦し、浦和内定MF武田英寿(3年)らのゴールにより3-2で逃げ切った。
昌平はMF須藤直輝(2年)の追撃弾から怒涛の追い上げをみせたが、あと一歩及ばなかった。

鳥取内定FW田口裕也(3年)を擁する四日市中央工高(三重)と対戦した矢板中央は、FW多田圭佑(2年)が2ゴールを挙げ、2-0で完封勝利。2大会ぶりのベスト4進出を果たした。

Jリーグ内定者3人を擁し、2試合8得点と攻撃陣が好調の帝京長岡は、開始1分で京都内定MF谷内田哲平(3年)が先制ゴールを奪取。その後は追加点を奪えなかったが、1点を守り抜いて、新潟県勢として初の4強入りを決めた。

静岡学園は徳島市立高(徳島)と対戦し、4-0で勝利。前半16分にDF阿部健人(3年)のゴールで先制すると、FW岩本悠輝(3年)がハットトリックを達成し、1996年度大会以来の準決勝に駒を進めた。

なお、11日に埼玉スタジアム2002で行われる準決勝では、青森山田と帝京長岡、静岡学園と矢板中央が激突。試合時間はここまで80分(40分ハーフ)だったが、準決勝から90分(45分ハーフ)となる。

【準々決勝】
(1月5日)
[等々力陸上競技場]
青森山田 3-2 昌平
[青]浦川流輝亜(10分)、後藤健太(19分)、武田英寿(40分+2)
[昌]須藤直輝(49分)、山内太陽(75分)

帝京長岡 1-0 仙台育英
[帝]谷内田哲平(1分)

[駒沢陸上競技場]
矢板中央 2-0 四日市中央工
[矢]多田圭佑2(12分、20分)

徳島市立 0-4 静岡学園
[静]阿部健人(16分)、岩本悠輝3(22分、40分、70分)

【準決勝】
(1月11日)
[埼玉スタジアム2002]
青森山田 12:05 帝京長岡
静岡学園 14:20 矢板中央

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-43476635-gekisaka-socc
1/5(日) 15:48配信

【高校サッカー】前回王者の青森山田が昌平を破り4強入り!矢板中央も2年ぶりの準決勝進出を決める 

20200105-00068504-sdigestw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/05(日) 13:56:58.83 ID:OztswnAp9
青森山田が昌平の追い上げをかわして2連覇へ前進

第98回全国高校サッカー選手権大会は1月5日、駒沢陸上競技場と等々力陸上競技場の2会場で準々決勝の4試合が行なわれる。第1試合では、青森山田(青森)と矢板中央(栃木)が準決勝進出を決めている。

駒沢陸上競技場では、青森山田対昌平(埼玉)の一戦が行なわれた。試合は前回優勝校の青森山田が立ち上がりから昌平を押し込み、前半10分には浦川流輝亜(3年)が先制点。
さらに同19分にもMF後藤健太(3年)が追加点を挙げ、前半アディショナルタイムには浦和内定のエース、武田英寿(3年)が3点目を決めて昌平を突き放す。

しかし後半は一転、昌平が持ち前の技術の高さを活かした攻撃サッカーを展開。後半9分にゲームキャプテンの2年生MF須藤直輝がスルーパスに抜け出し、冷静にシュートを流し込んで1点を返す。
その後もFW小見洋太(2年)の惜しいヘディングシュートなどで前回優勝校を脅かす。そして後半33分には、青森山田の最終ラインの裏に抜け出したFW山内太陽(3年)がゴール左に流し込んで1点差に詰め寄る。
しかし、反撃もここまで。最後は青森山田が1点差で逃げ切り、準決勝進出を決めた。青森山田は2連覇へ向けて一歩前進。ここ5年で4度目の4強入りとなった。

一方、等々力陸上競技場では、矢板中央対四日市中央工(三重)の一戦が行なわれた。先手を奪ったのは3年連続のベスト8入りを果たした矢板中央。FW多田圭佑(2年)が前半12分、同20分と連続得点で四中工を突き放す。

試合はその後、一進一退の攻防となるも、矢板中央が2点リードを守り切り、2-0で四日市中央工を下した。矢板中央は2年ぶり3度目の4強入りとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200105-00068504-sdigestw-socc
1/5(日) 13:41配信


青森山田 3-2 昌平

青森山田

浦川流輝亜(前半10分)

後藤健太(前半19分)

武田英寿(前半42分)

昌平

須藤直輝(後半9分)

山内太陽(後半35分)


矢板中央 2-0 四日市中央工

多田圭佑(前半12分、20分)

【高校サッカー】青森山田がインハイ準V富山一を撃破!矢板中央と徳島市立、仙台育英も準々決勝へ 

20200103-43476532-gekisaka-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/03(金) 16:07:05.38 ID:i61rKS+69
第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦第2試合を行い、青森山田高(青森)と矢板中央高(栃木)、徳島市立高(徳島)、仙台育英高(宮城)が準々決勝進出を決めた。

 連覇を目指す青森山田と、インターハイ準優勝校の富山一高(富山)との注目対決は、“スーパールーキー”MF松木玖生(1年)の2ゴールの活躍により青森山田が4-1で勝利。矢板中央はFW西村碧海(3年)とMF柿崎貴翔(3年)の得点で鵬学園高(石川)を2-0で下した。

 徳島市立は筑陽学園高(福岡)と対戦し、前半22分のDF三倉頼真(2年)の1点を守り抜いて1-0でベスト8入り。仙台育英と日大藤沢高(神奈川)の一戦はスコアレスのままPK戦に突入し、PK9-8で仙台育英が勝ち抜けた。

 なお、準々決勝は1月5日に等々力陸上競技場と駒沢陸上競技場の2会場で行われる。

【3回戦】
(1月3日)
[フクダ電子アリーナ]
四日市中央工 3-3(PK4-3)日章学園
[四]森夢真2(11分、56分)、宮木優一(53分)
[日]鈴木陽介2(46分、58分)、木脇蓮苑(50分)

鵬学園 0-2 矢板中央
[矢]西村碧海(14分)、柿崎貴翔(77分)

[浦和駒場スタジアム]
國學院久我山 0-1 昌平
[昌]篠田大輝(80分+3)

青森山田 4-1 富山一
[青]松木玖生2(7分、75分)、田中翔太(44分)、神田悠成(59分)
[富]矢崎謙介(69分)

[等々力陸上競技場]
帝京長岡 5-0 神戸弘陵
[帝]矢尾板岳斗(46分)、晴山岬3(55分、75分、79分)、川上航立(74分)

仙台育英 0-0(PK9-8)日大藤沢
[仙](分)、(分)、(分)
[日](分)、(分)、(分)

[駒沢陸上競技場]
静岡学園 2-0 今治東
[静]浅倉廉(4分)、小山尚紀(47分)

徳島市立 1-0 筑陽学園
[徳]三倉頼真(22分)

1/3(金) 16:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-43476532-gekisaka-socc

<高校サッカー準々決勝>青森山田、“伏兵”2発で矢板中央撃破!流通経済大柏、秋田商業を下す! 

20190104-00886835-soccerk-000-1-view




1: 2019/01/05(土) 13:46:44.54 _USER9
第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が1月5日に行われ、秋田商業(秋田)と流通経済大柏(千葉)が対戦した。

 試合は開始早々に動く。6分、ロングスローがこぼれたところを八木滉史がアクロバティックにシュート。これがネットを揺らし、流通経済大柏が先制し前半を終えた。

 後半に入り秋田商業が逆転を目指し攻撃を仕掛けるも、流通経済大柏のハイプレスにはまりなかなかシュートまで持ち込むことができない。一方、流通経済大柏も個の力を見せ、追加点を狙うがGK山口雄也がビッグセーブを見せ水際で得点を許さない。後半終盤には秋田商業が最後の波状攻撃を見せたがネットを揺らすことができず、このまま試合終了。見ごたえのある試合は流通経済大学柏が秋田商業を下した。

 勝利した流通経済大柏は12日、瀬戸内(広島)vs日本航空(山梨)の勝者と準決勝で対戦する。

【スコア】
秋田商業 0-1 流通経済大柏

【得点者】 
0-1 6分 八木滉史(流通経済大柏)

1/5(土) 13:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887093-soccerk-socc
 第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が1月5日に行われ、青森山田(青森)と矢板中央(栃木)が対戦し、2-1で青森山田が勝利した。

 先手を取ったのは矢板中央だった。14分、右サイドからのクロスを眞島聖弥が頭で合わせて先制に成功する。対する青森山田も40分、ロングスローの流れから最後は二階堂正哉が決め、同点でハーフタイムに突入した。後半立ち上がり、青森山田は立て続けにチャンスを迎えるが、ここは矢板中央のGK安西駿が防ぐ。それでも65分、青森山田はクロスのこぼれ球を二階堂正哉が押し込み、逆転に成功した。終了間際、矢板中央はカウンターから決定的なチャンスを作ったが、青森山田のGK飯田雅浩がスーパーセーブ。逃げ切った青森山田が準決勝に駒を進めている。

 青森山田は12日に埼玉スタジアム2002にて行われる準決勝で、この後14時10分より行われる尚志(福島)vs帝京長岡(新潟)の勝者と対戦する。

【スコア】
青森山田 2-1 矢板中央

【得点者】
0-1 14分 眞島聖弥(矢板中央)
1-1 40分 二階堂正哉(青森山田)
2-1 65分 二階堂正哉(青森山田)

1/5(土) 13:44配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887099-soccerk-socc

【高校サッカー】父はガーナ人 矢板中央1メートル90FW望月 2点に絡み勝利貢献  

1: 2019/01/03(木) 08:14:32.67 _USER9
◇第97回全国高校サッカー選手権2回戦 矢板中央2―1日章学園(2019年1月2日 ニッパツ)

かつて帝京で全国制覇を果たした名将・古沼貞雄氏がアドバイザーを務める矢板中央が、教え子の早稲田監督が指揮する日章学園に競り勝った。
チームに勢いをもたらしたのは、ガーナ人の父を持つ1メートル90の大型FW望月。
前半20分の先制弾に加え、後半16分にもドリブル突破からPKを獲得するなど2得点に絡み
「夏までケガなどで期待に応えられなかったが、最後の大舞台で大きな結果を出せた」と笑みをこぼした。

前回大会もチームは4強入りしたが、望月自身は「ほとんど前半で交代させられ、内容もふがいなく後悔しかなかった」と振り返る。
メンタル面を見直すなど努力も実って選手権初ゴール。
将来は海外でのプレーを夢見る大器は「優勝を目指すチームに貢献したい」と力を込めた。

▼日章学園早稲田監督 相手の高さを意識しすぎた。
我々のサッカーをやらせてもらえなかったのではなく、我々自身ができなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000038-spnannex-socc
1/3(木) 6:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00010002-wordleafs-socc
1/3(木) 6:00配信

no title

https://amd.c.yimg.jp/im_sigg5spaHyVpzqH0krJ7AxfdSw---x293-y400-q90-exp3h-pril/amd/20190102-00434719-nksports-000-4-view.jpg

前回準V流経大柏が逆転勝ち!東福岡にリベンジ達成の尚志、矢板中央などが3回戦進出:2回戦第1試合 

20190102-14495384-gekisaka-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索