Samurai Goal

相模原


スポンサード リンク





【相模原】DeNA経営参画に望月会長「興奮した」新スタジアム建設、J1ライセンス取得へ 

スクリーンショット 2021-02-26 12.43.22




1: 2021/02/25(木) 20:58:42.35 _USER9
株式会社スポーツクラブ相模原(J2SC相模原)と株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は25日、DeNAが相模原の経営に参画すると発表した。2021年4月に株式の19%を取得し、
トップスポンサーとして協賛を開始する。同日のJリーグ理事会でも承認された。相模原の代表取締役社長小西展臣氏、同会長望月重良氏らがオンライン会見に出席した。

今季からJ2に挑む相模原が、プロ野球球団やBリーグの運営ノウハウを持った心強いパートナーと締結した。昨夏に縁があり、そこから協議を重ねた結果、決定に至ったという。
望月会長は「最初にお話をいただいたときは興奮したというのが正直なところ。いろいろな事業をやっている相手。集客面やエンターテイメント性、ブランディングでも非常に野球やバスケでうまくいってる会社。
お話できたところは本当に興奮しました」と初めてDeNA側と話をした当時について、熱を帯びた口調で振り返った。

相模原は元Jリーガーの望月氏が2008年に創設。社会人リーグ3部から始まり、6年でJリーグ参入。昨年は初のJ2昇格を果たした。新たな株主となるDeNAからは取締役2人と社員数人の受け入れを予定している。
「地域に根ざし、地域に愛されるクラブ」として今後はJ1ライセンスの取得、新スタジアム建設、J1昇格を目指していく。

IT企業のJリーグ参入は楽天の神戸やメルカリの鹿島、サイバーエージェントのJ2町田などがある。町田のオーナーである藤田晋氏もSNSで「これは負けられない」とつづっていた。
これに対して望月氏は「先輩なので、胸も借りながら。ただ勝負事なので負けないように」と話した。
https://hochi.news/articles/20210225-OHT1T50194.html

DeNAがサッカー界に進出 J2相模原の経営参画、株式19%取得へ 

スクリーンショット 2021-02-25 21.28.17




1: 2021/02/25(木) 18:07:10.00 _USER9
 J2相模原と株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は25日、相模原のさらなる成長を目指し、DeNAが経営に参画することが決定したと発表。DeNAは21年4月にSC相模原の株式19%の取得とトップスポンサーとしての協賛を開始する予定。この日、Jリーグの理事会でも承認を得た。

 両社は今後、DeNAが横浜DeNAベイスターズや川崎ブレイブサンダースを通じて培ってきたプロスポーツマネージメントのノウハウを生かし、J2相模原のチームやビジネス力の強化、試合観戦を中心としたエンターテインメント性の向上、ホームタウンを中心とした地域への貢献拡大を目指す。

 相模原は28日、今季開幕戦でJ2京都をホームに迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/02ecdebcbcce0d3ed6fc2d75386af22483a477cb
2/25(木) 17:12配信

41歳の元日本代表MF稲本がJ2昇格の相模原と契約更新 

1: 2021/01/13(水) 15:42:45.86 _USER9
1/13(水) 14:33
東スポWeb

41歳の元日本代表MF稲本がJ2昇格の相模原と契約更新
稲本潤一
 今季J2に昇格した相模原は13日、元日本代表で41歳のMF稲本潤一との契約を更新したと発表した。

 1997年にG大阪でプロキャリアをスタートさせた稲本は、今季で25季目のシーズンを迎える。昨季はわずか1試合の出場にとどまったが、まだ情熱は衰えておらず、クラブを通じて「今シーズンも相模原でプレーさせてもらうことになりました!昨シーズン以上に厳しい戦いが待っていますが、昨年同様に一体感を持って戦っていけたらと思います。2021シーズンもよろしくお願いします!」とコメントした。

 1999年のFIFAワールドユース(現U―20W杯)ナイジェリア大会で準優勝した「黄金世代」の一員だが、当時のメンバーではMF小野伸二(41)がJ2琉球からJ1札幌に復帰。MF遠藤保仁(40)は今季もJ2磐田でプレーするとあって、稲本との直接対決の可能性もある。まだまだ黄金世代はJリーグをにぎわせてくれそうだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa6865fad69e228a02395e7e15ac99318132a786

J3最終節でドラマ…相模原が逆転でクラブ史上初のJ2昇格! 昇格王手の長野はまさかの敗戦…岐阜も夢散る 

スクリーンショット 2020-12-20 17.42.44




1: 2020/12/20(日) 16:19:38.66 _USER9
明治安田生命J3リーグの最終節となる第34節の試合が20日に各地で行われ、今節の結果によりSC相模原が来季のJ2昇格を決めた。

今季J3では首位を快走したブラウブリッツ秋田がすでに優勝と来季J2昇格を決定。
もうひとつの昇格枠となる2位の争いは混戦となり、3チームが可能性を残した状況で最終節を迎えていた。

前節時点で2位に位置していたAC長野パルセイロはホームでいわてグルージャ盛岡と対戦したが、チャンスを活かせず前半をスコアレスで折り返す。
一方、FC今治とアウェイで対戦した3位のSC相模原は前半16分にホムロのボレー弾で先制し、前半終了時点で相模原が優位に立った。
後半立ち上がりの47分には相模原が梅鉢貴秀のゴールで追加点。一方で長野は55分に岩手に先制ゴールを許し、さらに相模原が有利な状況となる。

相模原は64分に1点を返されたが、1点差を守って2-1で勝利。
85分に2点目を奪われた長野は0-2での敗戦に終わり、勝ち点を61に伸ばした相模原が59の長野を上回って2位でのJ2昇格となった。

数字的に2位浮上の可能性を残していた4位のFC岐阜はアウェイでガンバ大阪U-23と対戦。
1-2で敗れる結果に終わり、1年でのJ2復帰はならなかった。

相模原は2014年にJ3に参入し、7年目で悲願のJ2初昇格を達成。昨季の18チーム中15位から大幅に順位を上げての昇格を成し遂げた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1323c5fea95174d365f8f6bbdebc974d7e4da77c

J3相模原が逆転で悲願のJ2昇格!三浦文丈監督「こんなに嬉しいとは…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b9e7d559d3e52bcc635cd6f0ba4e9d41ec120fec
【J3相模原】2位の長野を逆転しクラブ史上初のJ2昇格
https://news.yahoo.co.jp/articles/6e419808cfbecad18964d224aa44d835abadb854
J2昇格に王手をかけていた長野、最終節でまさかの敗戦…相模原に逆転昇格を許す
https://news.yahoo.co.jp/articles/601b606435ed1d0a2b251de1edafa65756b7194d

【相模原】多機能複合型スタジアムの整備実現へ、地元の4チームで署名活動 

スクリーンショット 2020-10-06 15.18.58

札幌 鈴木武蔵がJ3相模原との練習試合で2発、筋肉量アップで「当たりも前より強くなった」 

1: 2020/06/24(水) 06:16:19.13
J1北海道コンサドーレ札幌が、リーグ再開11日前の戦いを制した。22日から関東キャンプ中のチームは23日、千葉県内でJ3相模原と非公開の練習試合を行い、3―0で勝利した。3か月ぶりとなる対外試合を終え、後半45分間で2得点したFW鈴木武蔵(26)は「内容はすごくポジティブなものがたくさん見られた。いい練習試合だった」と穏やかな表情で振り返った。

 中断期間中は紅白戦でしか実戦感覚を養えなかった。武蔵は「連係はいいものを出せていた。ただ時間帯によっては前に急ぎすぎ、イージーなところでカウンターを受けた。そこを慌てずにゲームを進められれば、よりいいチームになれる」と口にした。7月4日の横浜C戦から再び始まる戦いへ、プロ相手に見つけた課題を精査し、組織力向上を図る。

 2―4で敗れた敵地での開幕戦(2月22日、対柏)でゴールを挙げた武蔵だが、更なる進化を目指してきた。「頑張って食べるようにして、体重を4キロ増やした。筋肉量が上がって、当たりも前より強くなったと思う」と手応えも得た。

 27日には再開戦前最後となる練習試合に臨む。「正直もっともっと点を取りたい気持ちなので。動きの部分は突き詰めていかないと」。今季の目標は昨季の13点から大幅増の20得点。そこにつなげるためにも、再開1週間前の一戦でも貪欲に結果を追い求める。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c92bde8a11cbbb27b7f476849cde2ae2d3d7a5e
6/24(水) 6:00配信

no title

名古屋FW松岡ジョナタン、2020シーズンはJFLクラブへ期限付き移籍 

images777




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/09(木) 13:26:03.21 ID:OCnRcorA9
名古屋グランパスは9日、SC相模原に育成型期限付き移籍していたFW松岡ジョナタン(19)が、2020シーズンはラインメール青森FC(JFL)へ期限付き移籍することを発表した。期間は2021年1月31日まで。

 昨年、名古屋U-18からトップチームに昇格し、相模原に育成型期限付き移籍していた松岡。クラブ公式サイトを通じて「もう1年グランパスから離れ、ラインメール青森に期限付き移籍ことになりました。名古屋グランパスに恩返しできるように自分のサッカーを磨き、グランパスに帰って来たときに自分のプレーでたくさんの人を喜ばせられるように成長してきます」と新天地での活躍を誓った。

1/9(木) 11:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-43476928-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索