Samurai Goal

監督交代


スポンサード リンク





小柳ルミ子さん、バルサ監督交代訴え「は?!チャンピオンズリーグ前に辞めてくれよ!」 

スクリーンショット 2020-07-22 1.49.32のコピー




1: 2020/07/21(火) 19:39:38.93 _USER9
 バルセロナの熱狂的ファンとして知られる女優で歌手の小柳ルミ子さん(68)が公式ブログでキケ・セティエン監督に苦言を呈した。

 バルサは新型コロナウイルスによる中断明けに失速。リーガ・エスパニョーラ第32節セルタ戦ではFWリオネル・メッシがエデル・サラビア助監督を無視したこと、試合後のドレッシングルームで選手と監督が激しい口論になり、選手たちがセティエンを批判したことが報じられた。

 チーム内に不協和音も広がる中、宿敵レアル・マドリーに逆転優勝を許したバルサ。小柳さんは「選手達と監督セティエン コーチサラビア 信頼関係が全くなかった」「私でさえリスペクトも愛情も全く感じなかった」と選手に寄り添い、指揮官を批判。

 さらに、セティエンが発したUEFAチャンピオンズ・リーグ(欧州CL)を見据えたコメントを引用し、「は?!チャンピオンズリーグ前に辞めてくれよ!」と監督交代を訴えると、「そう言う人間性だから選手達は辟易してたんじゃないんですか?」と苦言を呈した。

  小柳さんは宿敵レアルの優勝に悔しさをにじませつつ、「ジダンがベンチに座る姿殆ど見た事がない」「常に選手達を愛情を持って見つめ一緒に闘っているのだ!」と指摘。ジネディーヌ・ジダンとセティエンを対比し、指揮官としての姿勢を説いた。最後は「メッシ様 貴方には不動のポジションがあります どうか1人で責任を背負わないで下さい」と寄り添い、「大好きです 尊敬しています」とリスペクトを綴っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b213a526929d1c30c6fb1341bcc2175f3e741745

<完敗の森保ジャパンの抱える大問題>監督交代は「今しかない」  

1: Egg ★ 2019/11/22(金) 13:12:27.76 ID:Onnf4DC39
サッカー国際親善試合「キリンチャレンジカップ」のベネズエラ戦で選手を鼓舞する森保一監督(c)朝日新聞社
 五輪の金メダルはますます遠のいた。サッカーの親善試合「キリンチャレンジカップ」2試合が国内で行われたが、サッカーファンはさぞかしがっかりしたことだろう。東京五輪世代のU22(22歳以下)は、17日のコロンビア戦で0-2で完敗。19日のA代表は、W杯出場経験がないベネズエラに1-4で惨敗した。

 いずれも監督は森保一氏が兼任しているが、この体制に限界が訪れつつあるようだ。「東京五輪で金メダル」を掲げる森保監督だが、A代表の活動が忙しく、U22は横内昭展・監督代行兼コーチにほぼ任せっぱなしだという。

「どちらの試合も、監督はチーム力の底上げを求めて、固定メンバー以外の選手の台頭を期待していましたが、いま一つでした」

 そう話すのは、専門誌「サッカーダイジェスト」元編集長の六川亨さんだ。六川さんは、U22の直接的な敗因について「東京五輪の主力になるであろう久保(建英)と堂安(律)のコンビネーションが少なかった」と指摘する。確かに、U22は、A代表経験を重ねたMF久保建英(マジョルカ)と堂安律(PSVアイントホーフェン)の両選手が初めてこのチームの一員としてピッチに立つも、孤立する場面が多くみられた。

 だが、根本的な敗因がほかに存在することの方が重大な問題だという。

「チームの完成が相当遅れていることが、大問題だと思います。本来であれば、今の時期にはすでに主力の顔ぶれが決まっていて、東京五輪のチームの骨格ができあがっている状態。前回大会のリオ五輪ではこの時期までには決まっていました。しかし森保監督はまだ選手を試したいようで、FWもボランチも誰を使うのか見えてこない」

 U22は、来年1月には東京五輪の予選大会である「AFC U23選手権」(アジア選手権)を控えている。すでに日本は開催国枠での出場権を持つため、平たく言えば「負けてもよい」大会なわけだが、出場権をかけて死に物狂いで向かってくる他国とぶつかり合える貴重な大会でもある。六川さんはこう話す。

「大会後、3月の練習マッチと5月の国際大会を経て、五輪のメンバー選考を行います。ここから逆算しても、本来はこの1月の大会にピークを持っていかなければならないのに、完成度が低い。監督交代を決断するなら今しかないと思います」

 果たして、森保監督と日本サッカー協会の“采配”は?

11/22(金) 12:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00000027-sasahi-socc

写真 no title

5月でのJ1監督交代はすでに4クラブ。その全てが外国籍監督…2012年の5クラブに次ぐ多さ 

20190528-00010032-goal-000-4-view[1]

【ドルトムント】監督交代説が浮上?シュテーガー監督とは契約を更新せず、ローゼ監督を招へいか 

no title
1   2018/04/17(火) 23:22:04.69 _USER9
ドルトムント、ザルツブルク指揮官の招へいを目指す?次期監督候補に急浮上とオーストリア紙
4/17(火) 22:16配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000027-goal-socc


ボルシア・ドルトムントは、レッドブル・ザルツブルク率いるマルコ・ローゼ監督を招へいするかもしれない。オーストリア紙『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が伝えた。

香川真司が所属するドルトムントは3月、南野拓実がプレーするザルツブルクに敗れてヨーロッパリーグ敗退が決まると、その後ブンデスリーガではバイエルン・ミュンヘンに0-6で敗れ、先日宿敵シャルケとのルールダービーを0-2と落としている。
その結果、クラブはペーター・シュテーガー監督との契約を更新せず、新監督を招く可能性が高まっているところだ。

そして、次期監督はザルツブルクのドイツ人指揮官、ローゼ監督となる可能性が浮上。『ザルツブルガー・ナハリヒテン』によれば、ドルトムント幹部はその手腕を以前から高く評価しているという。
ニースのルシアン・ファブレ監督とともに次期監督の最有力候補と見ているようだ。

現役時代はハノーファーやマインツなどでプレーしたローゼ監督は昨年ザルツブルクのU-19チームをUEFAユースリーグ制覇に導き、今季からトップの指揮を執ることに。
クラブとの2019年までの契約には契約解除条項が盛り込まれておらず、他クラブに向かう場合、高額の違約金が発生すると見られる。



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索