Samurai Goal

監督


スポンサード リンク





元日本代表・戸田和幸氏が一橋大サッカー部監督に就任!「誰よりも率先して学び努力し実践していこうと思います」 

img_b02288acbedf582630980ca64ac7d2bf250631

セルビア代表監督にピクシー サッカーW杯目指す 

スクリーンショット 2021-02-22 12.26.47

好調フランクフルトの中心となった鎌田大地、「監督とほとんど話さない」理由とは? 

スクリーンショット 2021-02-13 22.16.52

浦和ロドリゲス監督 柏木行為「受け入れられない」 

スクリーンショット 2021-02-12 16.32.13




1: 2021/02/12(金) 14:22:50.60 _USER9
J1浦和レッズのリカルド・ロドリゲス新監督(46)が12日、オンラインで取材対応し、沖縄キャンプ中にクラブ規律違反行為を犯した元日本代表MF柏木陽介(33)について「彼の処分について結論は出ていないが、私としては、彼が今回取ったような振る舞いは受け入れることが出来ない」と話した。クラブ側にも、同様の意思を伝えているという。

柏木は4日の午後4時から6時ごろの間、FW杉本健勇(28)とともに飲食店で外食していた。クラブは感染拡大防止の対策として、近隣のコンビニ以外への外出および外食を禁止していた。事態を重く受け止めたクラブは6日以降、2人を練習から外し、厳重注意と罰金を科した。

柏木は昨季に続き、繰り返しのチーム規律違反行為で、合流時期が未定となっている。同監督は「浦和をつくっていく段階。団結していかないといけない中で、残念。このような行為で、クラブの中でも疲れを感じてしまっている人がいる」と厳しかった。

杉本は、10日の全体練習から復帰。同監督は「彼は反省していた。チームに借りが出来た状態。今後の行動で、信頼を取り戻してほしい」と伝えたという。

13日には埼玉スタジアムで、J2のSC相模原とのトレーニングマッチを行う。ベテランMF阿部勇樹(39)が、新主将に就任した中で臨む一戦。指揮官は「楽しいサッカーを見せられたら」と意気込みを口にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/da53ace8ad907587065b2c6dc9693b40d248183f
2/12(金) 13:42配信

選手23人、監督・コーチ6人が新規入国できず…JリーグがNPBとともに制限緩和を要請へ 

スクリーンショット 2021-02-08 21.43.48

浦和ロドリゲス監督が対外試合3戦5発のプロ2年目MF武田英寿を称賛「フィニッシュが凄く良い!」 

1: 2021/02/05(金) 21:20:45.65 _USER9
スポニチ

浦和のリカルド・ロドリゲス監督(46)が沖縄キャンプ13日目の5日、オンライン取材に応じ、ブレークの予感が高まるプロ2年目のMF武田英寿(19)の決定力を称賛した。前日、非公開で行われた鳥栖との練習試合(2―2)でも2得点を決め、今季の対外試合は「3戦5発」と圧巻の得点ラッシュを見せている。

 「フィニッシュの部分が凄く良い。たくさんのチャンスがあっての5得点ではなく、決定力の部分で凄く武器になるという印象。点を取るのはFWだけの役割ではなく、チームで点を取っていくためにはFW以外の選手も取っていかないといけない。彼は中盤の選手としていろんなポジションでプレーしていてゴールの近くで違いが作れている」。

 沖縄キャンプでの武田はボランチ、右サイドハーフ、シャドーでプレー。ロドリゲス監督の戦術の落とし込みが進む中、武田自身も「立ち位置は細かく伝えられているので周りを見ていてどのタイミングでどのパスが出てくるのか、どこに選手がいるのか分かりやすい。攻撃の面は凄くやりやすい」と手応えを口にしていた。

 練習試合を重ねるごと、存在感を増す19歳。27日に迫るFC東京との開幕戦(埼スタ)へ、次代の浦和を担う若きレフティーの猛アピールは続く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210205-00000153-spnannex-socc
no title

柳沢敦氏が鹿島ユース監督に就任! コーチにもOB続々登用 

スクリーンショット 2021-01-26 19.59.17

チェルシー、ランパード監督解任を発表。「難しい決断だった」とオーナー 

スクリーンショット 2021-01-25 21.17.17




1: 2021/01/25(月) 20:35:16.47 _USER9
 チェルシーは現地時間25日、フランク・ランパード監督の解任を発表した。

 チェルシーは昨年夏に積極補強を行ったが、チームはプレミアリーグで暫定9位。リーグ戦直近5試合でわずか1勝と苦しい状況で、指揮官の交代を決断した。

 ロマン・アブラモビッチオーナーは声明の中で、「クラブにとって非常に難しい決断だった。私はフランクと個人的にも良い関係があり、彼を最大限に尊重しているからだ。彼はスタンフォード・ブリッジで常に温かく迎えられる」と述べた。

 後任はまだ発表されていないものの、すでにトーマス・トゥヘル前パリ・サンジェルマン監督の招へいが濃厚だという報道もある。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7117ab238ed54ef996edaee5fc1e2142586edc8f

陽性反応示したパリSGの監督がマスク姿で指揮 

スクリーンショット 2021-01-23 15.56.52

Jリーグ行きも?元バルサ監督バルベルデ氏の“今後”に現地紙が言及「豪州や日本という魅力的な地域で…」 

スクリーンショット 2021-01-19 6.10.02




1: 2021/01/18(月) 14:13:48.04 _USER9
バルセロナを指揮し、現在フリーのバルベルデ氏の新天地は?
 2017年から約3年にわたってバルセロナを指揮したエルネスト・バルベルデ氏は、現在フリーの立場にある。そのなかで、スペイン紙は「日本という魅力的な地域で新たなサッカーを経験する環境的変化も厭わない」と、Jリーグ挑戦の可能性もあると指摘している。

 バルベルデ監督は2017-18シーズン、18-19シーズンとリーガ・エスパニョーラ連覇を果たした一方、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)では2017-18シーズンの準々決勝ASローマ戦では第1戦で4-1の圧勝を収めるも、第2戦で0-3と敗れて逆転敗退。18-19シーズンでは準決勝リバプール戦で第1戦を3-0と快勝するも、第2戦で0-4と大敗し、2年連続で屈辱の敗退を味わっていた。

 2019-20シーズンの途中で解任され、現在フリーの立場にあるバルベルデ氏だが、スペイン紙「マルカ」は「彼は2020年1月13日に解雇されて以来、チームを率いていない。ベンチに座らない時間で、スポットライトから離れている日々を過ごしている」と取り上げつつ、新天地の“ヒント”について触れた。

「彼(バルベルデ)は頭の中で常にトレーニングしている。プレミアリーグは常に目標ではあるが、オーストラリアや日本という魅力的な地域で新たなサッカーを経験する環境的変化も厭わない」

 記事では、オファー次第でアジア方面からの仕事も引き受ける可能性を指摘。もしバルベルデ氏が来日することになれば、Jリーグ屈指の大物監督となるのは間違いないだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e72e9faee7c30124704752fb86552cfb631a2113



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索