Samurai Goal

監督


スポンサード リンク





香川所属ベシクタシュ監督退団へ、会長と問題重なり 

20190204-00469806-nksports-000-3-view

日本優勝なら初の快挙…森保監督が“選手”と“指揮官”の両方でアジア杯を制した最初の人に 

20190130-00010008-goal-000-2-view

【名将とは】Jリーグにマッチする監督はブラジル人?日本人? 

image01

アギーレ日本、アウェー初戦いきなり韓国 JFA会長「韓国との契約が1試合残っているし、やらないといけない」 

1: 名無しのSamurai
アギレ日本、アウェー初戦いきなり韓国
http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20140702-1327192.html
 アギレ・ジャパン最初のアウェー戦はライバル韓国になることが1日、分かった。年内開催で、日韓両国サッカー協会が日程調整に着手する。来年1月のアジア杯(オーストラリア)、18年W杯ロシア大会アジア予選(時期未定)に向け、新体制の腕試しには絶好の相手だ。契約間近なハビエル・アギレ氏(55)が就任早々、親善試合としては最も過熱する日韓ダービーマッチで手腕を発揮する。

 伝統の一戦が組まれることになった。過去に数々の名勝負を繰り広げたアジア最強ダービーが、アギレ氏を待ち構える。しかもアウェーだ。

 日本協会の大仁邦弥会長はW杯前に「韓国との契約が1試合残っているし、やらないといけない」と、今年中の実施を示唆した。実は11年8月10日に札幌で日韓戦を開催する際、韓国協会とはホームアンドアウェーの契約を締結していた。W杯予選など、両国の日程上の理由で延期されており、今年中には実施することで一致している。

 先月27日にブラジルから帰国した際、大仁会長は「大会が終わったばかりで、まだ本当に韓国とは話してない。(日程調整は)これからです」と話した。今後、両国協会の実務者同士が日程を詰め、9、10、11月に2試合ずつ組まれている国際Aマッチデーにはめることになる。

 今回の日韓戦は、過去にないほど激しい一戦になる可能性が高い。W杯で日韓両国は、ともに1分け2敗で1次リーグ敗退した。日本代表は帰国時に温かく迎えられたが、韓国は空港でアメを投げられるなど、極度の緊張感の中での帰国となった。韓国代表にとって、失った国民の信頼を一気に回復するには、日本戦で快勝するしかない。

 アギレ氏は、メキシコリーグとスペインリーグ、さらにメキシコ代表監督として、数々のダービーマッチを経験している。レベルの高い試合も多く経験しているが、アウェーの日韓戦は独特の物々しい雰囲気の中で開催される。過去には、現地スタジアムのピッチ上で練習している際、周囲の陸上トラックでは兵士による軍事訓練が行われていたこともあった。当然、試合当日はスタジアムが真っ赤に染まり、指揮官の声も通らない。

 新指導者にとって厳しい環境ではあるが、今後4年間、アジアでの戦いを続ける上で、これ以上ない経験になる。しかも好采配で勝利に導けば、選手たちや日本協会からの信頼が厚くなることは間違いない。試練のアウェー戦ではあるが、アギレ氏にとっては大きなチャンスにもなる。
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索