Samurai Goal

監督


スポンサード リンク





タイ代表・西野監督 強豪UAEを破る金星にご満悦…「皆さんが予想した通りの結果」と報道陣の笑い誘う  

20191016-00000062-sph-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/16(水) 12:45:09.55 ID:VDrkuMJl9
2022年カタールW杯アジア2次予選が15日、各地で行われた。G組では西野朗・前日本代表監督(64)率いるFIFAランク114位のタイが、ホームで同66位の強豪UAEを2―1で破る金星を挙げた。タイは2勝1分けとなりG組で首位に浮上した。

 札幌所属のMFチャナティップを負傷で欠いたが、昨季広島でプレーしたFWティーラシンらが得点しての番狂わせ。試合後の会見では第一声で「皆さんが予想していた通りの結果だと思います(笑い)」と“西野節”で報道陣を笑わせた。強豪撃破については「チームとして狙いをしっかり持って戦ってくれた結果。UAEよりアグレッシブにアクションを起こした。誰が中心というわけではなくチームでというプレーが得点に結びついた」と振り返った。

 昨年のロシアW杯で、大会2か月前の就任ながら日本代表を16強に導いた名将は、今年7月に指揮官となったばかりのタイでも手腕を発揮。好調な滑り出しとなったチーム作りについて「通訳がいいのか自分の意図がよく選手に伝わっている」と、ダンディーな口調で再び“西野節”をさく裂させて、場を和ませるなど、現地メディアの受けも上々のようだ。

 西野タイは来月の2次予選では14日にマレーシア、同19日にベトナムと対戦する。2次予選を突破すれば、最終予選では森保ジャパンと激突する可能性もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000062-sph-socc

本田カンボジア14失点…アジア最強イランに大敗  

20191011-10110012-nksports-000-4-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/10/11(金) 00:32:53.20 ID:UxauLZRG9
<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:イラン14-0カンボジア>◇C組◇10日◇イラン・テヘラン

本田圭佑(33)が実質的な監督を務めるFIFAランク169位カンボジアは、アウェーで同ランクでアジア最上位となる23位のイランと対戦し、
0-14と大敗し、W杯アジア2次予選3試合を終えて1分け2敗となった。

水色のパンツに紺のジャケットを着こなした本田はピッチサイドで指揮を執ったが、前半だけで7失点を喫した。後半にも7点を献上。
終わってみればFWアズムン(3得点)とFWアンサリファルド(4得点)の2人にハットトリックを許すなど、計14失点を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10110012-nksports-socc

鹿児島の高校のサッカー部監督が部員に暴力 動画がネットに投稿される   

imagesN9P76ONL




1: すらいむ ★ 2019/10/10(木) 14:45:31.77 ID:qKC+lkvL9
高校のサッカー部監督が部員に暴力の動画 鹿児島

 鹿児島県出水市にある出水中央高校サッカー部の監督を務める男性教諭が、練習中に部員の生徒を蹴ったり、平手打ちをしたりしたことがわかりました。
 その様子が撮影された動画がインターネット上に投稿され、学校が詳しい状況などを調べています。

 動画は10秒余りで、サッカーの練習中に男子生徒が蹴られたあと、平手打ちされて倒れる様子が映っています。
 また「この体罰は出水中央高校サッカー部だそうです」などとコメントされています。

 出水中央高校が10日朝から関係者から話を聞くなどして調べた結果、動画は8日、学校のグラウンドで行われた練習の様子が撮影されたもので、生徒を蹴ったり、平手打ちをしたりしたのはサッカー部の監督を務める42歳の男性教諭であることがわかりました。

 教諭は、「生徒が聞く耳を持たなかったので、してはいけないとわかっていたが手をあげてしまった」と話しているということです。

 一方、暴力を振るわれた生徒は10日も登校しているということです。

 NHKの取材に対し、出水中央高校の中村暢志副校長は「今回、このようなことが起きてしまい非常に残念です。教員の処分を含めた対応を検討します」と話しています。

 出水中央高校は私立の学校で、サッカー部は、ことし5月に行われた「県高等学校男子サッカー競技大会」で準優勝するなどしています。

NHK NEWS WEB 2019年10月10日 14時40分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191010/k10012120951000.html

岡田武史が振り返る、壮絶な代表監督時代、森保ジャパンへの期待と不安、そして、カズ… 

20191004-00010001-realspo-000-19-view[1]

本田圭佑、その言動の先には何が?指導者としてのミラン復帰も視野に…「監督だったら10倍強くなる!」 

20191002-00010021-goal-000-1-view[1]

“ブチキレ監督”と和解の抱擁!中島翔哉、リーグ戦2試合連続途中出場! ポルトは5連勝で暫定2位に浮上  

1: Egg ★ 2019/09/23(月) 08:53:00.01 ID:PZaVPYi59
試合後に中島に駆け寄り…

現地時間9月22日、ポルトガルリーグの第6節が行なわれ、ポルトはホームにサンタ・クララを迎え、2-0で勝利した。ポルトに所属する中島翔哉はベンチスタートで、途中出場を果たしている

 開始15分にゼ・ルイスのゴールで先制したポルトは、41分にもオウンゴールで加点し、2点をリード。サンタ・クララを圧倒して前半を終えた。

 後半は、反撃に出るアウェーチームに対し、自陣できっちり守備を固めて対応する。そんななか、66分に中島翔哉がルイス・ディアスと交代してピッチに入る。

 奇しくも指揮官の”ブチキレ”騒動が起きたポルティモネンセ戦と同様、残り30分弱、2-0をリードした状態で投入された中島は、いきなり左サイドからボックス内までボールを運び、シュートに持ち込んだ。これはGKにキャッチされたが、ホームスタジアムを沸かせた。

 ポルトは78分、マレガからパスを受けたゼ・ルイスが絶好機を迎えるが、大きく枠を外してしまう。3点目を奪うことはできなかったが、2-0の完封勝利。開幕節で敗れて以降は5連勝で、暫定2位に浮上している。

 中島はボールタッチこそ多くなかったものの、いくつかチャンスの起点となったほか、周囲との連携を確かめるようにプレー。これに満足したのか、試合後にはセルジオ・コンセイソン監督がフィールド上の日本代表MFに駆け寄り、お互いに笑顔を浮かべ、ハグする姿もみられた。

 ポルトは9月25日に国内カップ戦で再びサンタ・クララと対戦したのち、週末にはリオ・アベとのアウェー戦に挑む。

9/23(月) 6:30配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00064469-sdigestw-socc

写真
no title


中島翔哉、リーグ戦2試合連続途中出場。ポルトは2-0で勝利し5連勝達成
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190923-00339521-footballc-socc

ザッケローニ氏、日本を懐かしむ!「日本代表ほど楽しかったことはない」  

no title




1: Toy Soldiers ★ 2019/09/12(木) 16:36:40.94 ID:3vDL/OZD9
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が9日付のボローニャの地元紙『コリエレ・ディ・ボローニャ』のインタビューに応じ、日本人選手の特徴について紹介しつつ日本代表時代を振り返った。

ザッケローニ氏の母国イタリアでは、2018年2月にDF長友佑都がインテルを退団して以降、約20年ぶりに日本人選手が不在の状況が続いた。しかし今夏、20歳のDF冨安健洋がシント=トロイデンからボローニャへと移籍。今シーズンのセリエA開幕から2試合ともに好パフォーマンスを披露し、チーム内トップの評価を受けるなど脚光を浴びている。

セリエAで再び日本人選手に注目が集まる中、2010年から日本代表を率いてブラジル・ワールドカップへ導いたイタリア人指揮官は、地元紙のインタビューの中で日本選手の一般的な特徴についてボローニャのファンに説明した。

「まず仕事に対する素晴らしい文化があると言える。技術的なクオリティでは、スピードや運動量に優れている。ただ日本人選手は、個人主義というものを知らない。チームで協力してプレーし、勝利することを好み、すぐにでもロッカールームの支柱になろうとするんだ」

過去にはミランやインテル、ユヴェントスなどイタリアのビッグクラブの指揮官を歴任してきたザッケローニ氏。アジアでは、北京国安やアラブ首長国連邦(UAE)でも指導してきたが、日本代表での指揮が40年にわたるキャリアの中で最も素晴らしい経験だったと強調。「正直言って、日本代表の指揮を執ったときほど楽しめたことはこれまでない。私のキャリアにおいて最高の経験だった」と語り、日本での4年間を振り返った。

9/10(火) 19:31配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00010027-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190910-00010027-goal-000-1-view.jpg

★1:2019/09/11(水) 11:42:29.09
※前スレ
【サッカー】<ザッケローニ氏>日本を懐かしむ!「日本代表ほど楽しかったことはない」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568169749/

「重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。」違う。勝つためだ  

4iAClgl9ifr3NaGd6ucQM9VIBBirhjrfDachiiLO




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/31(土) 15:15:23.36 ID:vqry4dS59
2019年08月31日 05:30 スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/kaneko/kiji/20190830s000023CF156000c.html

 重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。

 違う、とわたしは思う。

 暴力は、“ハラスメント=嫌がらせ”なんて言葉で片づけられるものではない。当事者がどんな理屈を並べようが、恐怖による支配は指導者によるスポーツの破壊行為である。殴られる側が学生だったりする場合は、特に。

 そもそも、ハラスメントとは「やられた側が強い、あるいは凄(すさ)まじい不快感を覚え、やった側はちっぽけな自己満足を味わうだけ」の行為だとわたしは認識している。それによって何かが生み出されることもない。つまりは、まったくの不毛であり非生産的な行為。ゆえに世界中でハラスメントは非難される。

 では、重大なミスを犯したプロの選手を、プロの監督が激しく叱責(しっせき)したとする。言われた側が立ち直れないぐらいの激しい罵声を浴びせたとする。これって、パワハラだろうか。

 これも違う、とわたしは思う。

 マラソンの有森裕子さんは「わたしがやっているのはライス・スポーツですから」とおっしゃっていたことがあるという。一般的な市民が楽しむのが“ライフ・スポーツ”だとしたら、プロ・ランナーの自分がやっているのは、コメのため、食べるためのスポーツなのだ、と。

 Jリーグは、もちろんプロスポーツである。監督という立場にある人間は、自分の食い扶持(ぶち)だけでなく、選手やスタッフの未来に対しても大きな責任を負っている。クラブは一人の監督によって成り立っているわけではないが、しかし、クラブの構成員の中ではもっとも大きな責任を背負っているのも間違いない。

 そんな立場にある人間の罵声は、なるほど、飛ばされた側に強烈な不快感を与えただろう。だが、飛ばした側はちっぽけな自己満足を満たすためにやったのか?

 違う。勝つためだ。あるいは、勝つ可能性を高めるためだ。

 監督が選手やスタッフを叱責する行為がパワハラだというのであれば、02年の日本代表監督だったフィリップ・トルシエはパワハラの王様だった。いや、彼の場合は時に選手を突き飛ばしたりもしたから、パワハラの域をも超えていた。

 時代が違う?ならば、4年前のラグビー日本代表を率いたエディー・ジョーンズはどうか。彼も、選手やスタッフに相当な精神的負担を感じさせるタイプの指導者だった。

 では、トルシエやエディーのやり方は、パワハラだと非難されただろうか。やり方がけしからんと、謹慎を強いられただろうか。

 02年のトルシエも、15年のエディーも、率いていたのは言ってみれば平幕のチームだった。横綱や大関を倒すためには、強豪がやらないところまで選手を追い詰めなければならなかったのだろう。個人的には好きなやり方ではないが、しかし、その背景は理解できる。すべては勝つための手段であって、断じて個人的な自己満足のためではなかった、ということも。

 なので問いたい。ベルマーレでチョウ貴裁(チョウキジェ)監督がやったことは、パワハラだったのか。彼は、ちっぽけな自己満足のために、周囲を萎縮させていたのか、と。(金子達仁氏=スポーツライター)

サッカー日本代表監督の森保一ってやたら批判されてるけどなんでなん?  

20190830-00010024-goal-000-5-view[1]




1: 風吹けば名無し 2019/08/31(土) 13:41:08.68 ID:aeqGbma/d
アジアカップ準優勝
コパアメリカは若手主体で挑んで負けたのはチリ戦だけ
親善試合も勝ち越し

ええやんけ

3人の選手が精神的に追い詰められ……“パワハラ疑惑”湘南・曺貴裁監督は何をしたのか  

2019-08-12_19h11_58




1: スズムシのなく頃に ★ 2019/08/24(土) 13:14:00.69 ID:Hgc+R7ES9
2019年8月24日 11時0分 文春オンライン
https://news.livedoor.com/article/detail/16974507/

 J1の湘南ベルマーレに激震が走っている。8月12日、者貴裁(チョウキジェ)監督(50)による選手・スタッフへのパワハラ疑惑が浮上。Jリーグによるチームへのヒアリング調査が決まったのだ。

 湘南は、者監督の下で「湘南スタイル」という言葉を掲げ、アグレッシブなサッカーを志向。昨年はルヴァンカップも制覇している。

「在日韓国人の者監督は早大卒業後、柏、浦和、神戸でプレーし、引退後はドイツの大学でサッカーの指導を学んだ。05年にコーチとして湘南に入団し、12年に監督に就任しました」(スポーツライター)

 ピッチ上では喜怒哀楽を全身で表現する“激情型”の監督として知られる。

「普段は気さくで明るいオジサンです。記者の嫌な質問にも冷静に答え、言葉に力もある。一方、泣き虫としても有名です。シーズン終了後のミーティングでは、移籍する選手たちにメッセージを送りながら涙を流すこともしばしば。昨年のルヴァンカップ制覇の時には、ピッチ上で人目を憚らず号泣していた」(同前)

 ただ、チーム一丸となって走り抜くスタイルを作り上げた背景には、厳しすぎる指導もあったようだ。

3人の選手が精神的に追い詰められ……
「練習でサボっている選手がいれば、監督から激しい叱責がバンバン飛んでいた。掲げるスタイルを築いていくため、『是か非か』をハッキリさせてチームを導いていた」(スポーツ紙記者)

 その指導の中で、昨年には3人の選手が練習場に通えなくなるほど精神的に追い詰められ、同年のオフに退団。さらに2人のスタッフもクラブから離れた。

「練習中に、多くの選手の前で1人を個人的に説教することは日常茶飯事。気に入らないプレーがあれば『ピッチから出て行け』と怒号が飛ぶ。衝突して痛がる選手には『助けるな』とコーチを制止し、プレーを続行させる場面も。全体ミーティングの際にはミスをした選手を反論のできない状況を作った上で激しい口調で責め、扇風機やクーラーボックスを蹴飛ばすこともあった」(チーム関係者)

 その一方で、今季から湘南に期限付きで移籍していた武富孝介(28)は、「監督の指導には愛情があった」と語り、「監督が指揮を執れないなら」と、浦和への復帰を発表している。

 現在、Jリーグの調査終了まで、者監督は指導・指揮を自粛するよう指示されている。チームの幹部は今後についてこう語る。

「現在、監督の処遇はJリーグ預かりとなっていますが、チームとしては基本的には監督を続けてほしい。ただ、パワハラに厳しいこのご時世ですので、調査結果がどうなるか心配です」

「湘南スタイル」の継続なるか、結論が注目される。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年8月29日号)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索