Samurai Goal

監督


スポンサード リンク





「監督やチームメイトに謝罪を…」ポルト中島翔哉は復帰間近か? 現地紙が報じる 

20200629-00010002-sdigestw-000-2-view

武田修宏 Jクラブ監督就任熱望も“こぼれ球”待ち「オファーが来たら」 

31240_929_spnldpc-20200630-0129-000-p-0




1: 2020/06/30(火) 16:16:19.60
2020年6月30日 15時4分
https://news.livedoor.com/article/detail/18497583/

元サッカー日本代表でタレントの武田修宏(53)が30日、都内で行われた「シック ハイドロボディ ライザップコラボキャンペーン」
記者発表会に出席し、Jリーグクラブの監督就任への熱い思いを口にした。
以前から監督就任を目標に掲げており、ライセンスも取得した武田は、「夢はサッカーの監督になること。こういった時にスポーツの力、
 サッカーの力、ピッチに立ってサッカーを盛り上げたい思いはあります」と打ち明けた。
ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)時代のチームメートで、同じ53歳の三浦知良(カズ=53)が今季、J1に復帰した横浜FCでいまだ
現役選手として在籍している。
武田は「カズさんとピッチに立って対決したい。また現場に復帰してサッカーを盛り上げたい」と願望を口にした。
今季はリーグ戦短縮の影響から、降格がない規定で行われる。
「自分から基本的に仕事でも『来い来い、よこせ』というタイプではなく、現役時代もこぼれ球(を決めるタイプ)だったので、オファーが
 来たらピッチに立ちたい」と笑わせながらもアピールした。

本田圭佑ら再開に抗議の横断幕、監督ベンチ入りせず 

20200629-26290029-nksports-000-10-view

<フランクフルト監督>チーム躍進理由は長谷部誠の復調と明言「マコトはこの年齢でも高いレベルでプレー」 

1: 2020/06/21(日) 07:24:21.82
写真
no title


ドイツ1部Eフランクフルトのアディ・ヒュッター監督(50)が、元日本代表主将の長谷部誠(36)の復調が最近のチーム躍進につながっていると明かした。

 Eフランクフルトは最近6試合で4勝1分け1敗と好調で9位に浮上。この6試合すべてで長谷部が3バック中央のリベロでフル出場しており、指揮官は19日の会見で「前半戦の終盤、うまくいかなかった頃、私には何かを変えなければならないという感覚があった。4バックへの変更はホッフェンハイム戦や2度のライプチヒ戦の勝利が示したように正しいものだったが、現在マコト・ハセベが再びトップフォームになったこともあり、3バックに戻った。それが良い影響を与えた」と説明した。

 さらに「マコトはこの年齢でも高いレベルでプレーできる。常に最高のプロフェッショナルな行動をとり、全てをサッカーに捧げてきたことは傑出している。彼は我々がボールを持った時のキープレーヤーであり、その経験と目はチームの武器。彼が私のチームにいてくれて、2021年まで契約延長したことをうれしく思っている」と全幅の信頼を寄せた。

 Eフランクフルトは20日にアウェーでケルンと対戦。長谷部は7試合ぶりに先発を外れ、ベンチスタートとなった。MF鎌田大地(23)は累積警告で出場停止。

6/20(土) 21:40 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/87c09b256f8b035fe0c14c879696f82fd59dab1c

南野に監督大きな期待「3週間前とは明らかに違う」 

20200620-26200249-nksports-000-7-view

好プレーも批判される大迫勇也…ブレーメン監督がメディアに異例の呼びかけ、“伝え方変えて” 

20200619-00010003-goal-000-2-view

鎌田大地、今季10G9Aで“ダブル・ダブル” 間近…アディ・ヒュッター監督もご満悦「素晴らしい」 

20200618-00010018-goal-000-1-view

ロサノ、ガットゥーゾ監督の怒りを買って練習から追放…移籍に近づくか ナポリ 

1: 2020/06/17(水) 00:02:04.67
 メキシコ代表FWイルビング・ロサノはナポリを離れることになるかもしれない。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が14日に伝えている。

 今シーズン開幕前にPSVから鳴り物入りでナポリへ加入したロサノだが、ここまでセリエAでは2得点とクラブ史上最高額の移籍金に応えることは出来ていない。ピッチ上でのパフォーマンスにも懐疑論がある中、同メディアによると今回トレーニング中の態度に問題があるとして、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督から追放されたという。

 24歳の同選手のナポリでの将来は不透明となり、イギリス紙『デイリー・メール』はかねてから関心を示しているマンチェスター・Uやエヴァートンへの移籍に近づくのではないかと伝えている。

6/16(火) 23:30配信 SOCCER KING
https://news.yahoo.co.jp/articles/451837c2f42948647701aee72bc3c778648a3815
ナポリでプレーするロサノ [写真]=Getty Images
no title

<日韓W杯の監督「フィリップ・トルシエ氏」>“16強”トルコ戦の悔恨!「私は間違いを犯したかもしれない」 

1: 2020/06/16(火) 20:24:32.35
2002年日韓ワールドカップ(W杯)で日本代表の監督を務めたフィリップ・トルシエ氏が、アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトのインタビューに応じ、そのなかでトルコとのラウンド16の一戦について「私は間違いを犯したかもしれない」と語るなど、18年が経った今でも悔やんでいることがあると明かした。

 ホスト国として同大会に臨んだ日本は、グループリーグ初戦でベルギーに2-2と引き分けると、第2戦のロシア戦ではMF稲本潤一がゴールを決めて1-0とW杯初勝利を手にした。その勢いに乗って続くチュニジア戦も3-0と快勝を収め、グループHを2勝1分の首位で通過。決勝トーナメント1回戦で、トルコと対戦することになった。

 それまでのW杯で開催国がラウンド16に進出できなかったことは一度もなかったため、16強どころか勝ち点1すら獲得した経験のないなかで同大会に臨んだ日本代表の選手たちは、とてつもない重圧のなかでのプレーを強いられていた。そのため、トルコ戦を控えてトルシエ氏は選手たちに向かって、「我々は自分たちの目標を達成し、ラウンド16に到達した。この試合は、06年のドイツW杯に向けた準備のための最初の試合になる。君たちはもっと多くのことを見せなければならない。より多くの責任、自信、そして経験だ」と語りかけ、選手たちがこれ以上ストレスを感じないように配慮したという。

 しかし、トルシエ氏は当時の自身の発言を悔いているようだ。同氏はAFC公式サイトのインタビューで、「ひょっとしたら、私は間違いを犯したかもしれない。選手たちからプレッシャーを取り除きたかったのだが、むしろより多くの責任を負わせてしまった可能性がある。監督はチームにとって重要なガイド役だが、なんでもできるわけではない。

私はグループステージとは違った方法で、トルコ戦に向けた準備をしてしまった」とコメント。プレッシャーからの解放を重視し過ぎたことで、逆にトルコ戦に向けた選手のモチベーションを高めることができず、それどころか選手たちに勝敗に関する責任を押し付けてしまったのではないか、との考えを明かしている。

 02年6月18日に宮城スタジアムでトルコと対戦した日本は、前半12分にコーナーキックから失点。その後は自陣で守備を固めたトルコの前に攻めあぐね、同点に追いつくことができないまま0-1で敗れた。失点した後も80分近く時間が残されていたにもかかわらず、決定的な得点チャンスをほとんど作れなかったのは、トルシエ氏が指摘したようなチームマネジメントの部分も影響していたのかもしれない。

6/16(火) 10:20フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/59b8c7a78e9b1d1f574a871f4b5433f0df7d3eef

写真no title

アディ・ヒュッター監督「鎌田大地はスラロームドライバーだ」 

20200614-00010020-goal-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索