1: 豆次郎 ★ 2019/12/19(木) 00:38:32.01 ID:rc6rxmtL9
GOAL12/18(水) 21:21配信
日本、19年ぶりにアウェイで韓国に敗北…森保ジャパン初タイトルならず

日本代表は18日、韓国で開催しているEAFF E-1サッカー選手権2019で韓国代表と対戦した。


日本はE-1選手権で中国(2-1)、香港(5-0)を相手に2連勝。ライバルの韓国も連勝を果たしているが、得失点差の関係で引き分けでも優勝を決めることができる状況でこの一戦を迎えた。

日本のスタメンは中国戦のメンバーが軸に。負傷離脱したMF橋本拳人の代役にはMF田中碧が入り、井手口陽介とのダブルボランチを構成したが、それ以外は中国戦と変わらず。初ゴールを狙うFW上田綺世が最前線に入ったほか、MF森島司やFW鈴木武蔵らを起用して3-4-2-1で試合をスタートさせている。

対する韓国は、MFナ・サンホ(FC東京)やDFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)といった現役Jリーガーを先発で送り出した。また、GKには元神戸のキム・スンギュが入り、GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)のほか、過去にJリーグ経験があるDFパク・チュホ(蔚山現代)とMFキム・ボギョン(蔚山現代)らがベンチスタートとなっている。

試合最初のチャンスを迎えたのは韓国だった。9分、右CKの場面でキッカーのチュ・セジョンが蹴り込んだボールにキム・ミンジェが頭で合わせる。強烈なシュートだったが、辛くもバーに跳ね返されて日本は難を逃れた。

日本は序盤から続く韓国の強烈なプレスに苦しみ、なかなか前に進むことができない。それでも14分には前線でロングボールを収めた鈴木がボックス内で右足を振り抜いたが、枠を外れる。

なかなか状況を好転させられない日本は25分にも右CKから韓国にチャンスを作られる。クロスに対して競り合いにいった畠中槙之輔が飛び上がると、ボールが後頭部付近に当たってゴールの方向へ。右ポストに救われる形でオウンゴールは回避したものの、嫌な時間が続く。

すると28分、韓国が決定機をものにする。ボックス手前中央でボールを受けたファン・インボムがチェックをかわして左足を一閃。強烈なシュートをネットに突き刺した。韓国ホームで行われている一戦、会場は大きな歓声に包まれる。

その後は韓国がやや引き気味となるが、日本はシンプルな繋ぎの部分でのミスが目立ってしまいショートカウンターを幾度も浴びる。点差を広げられこそしなかったものの、同点に戻すことができないまま0-1のスコアで試合の折り返しを迎えた。

打開したい日本はハーフタイム中に選手交代を敢行。左サイドに入っていた遠藤渓太に代えて、相馬勇紀を投入する。

後半に入ってから前に重心が掛けられるようになってきた日本だったが、韓国もカウンターからナ・サンホが立て続けにシュートを浴びせて反撃。ややオープンな展開のなかで攻防が繰り広げられる。

韓国のプレスが弱まり徐々に日本がボール保持率を増加させてきた62分、日本は井手口に代えて大島僚太を送り出す。ボランチは田中碧と大島の川崎フロンターレコンビが務めることに。

それでも決定機を掴めずにいると、68分にまたしても日本はピンチを迎える。FKの場面でチュ・セジョンがボックス内にボールを蹴り込むと反応したのはキム・ジンス。シュートは枠を外れたものの、フリーでのヘディングを許した。

森保監督は78分に最後のカードを切り、鈴木に代えて今シーズンの明治安田生命Jリーグ最優秀選手の仲川輝人に得点を託す。直後にはイ・ジョンヒョプに抜け出されてシュートを放たれたが、ボールはわずかに枠を外れる。

結局、試合は前半からスコアが動かないまま終了。韓国が2017年の前回大会以来、最多5度目の優勝を飾っている。対する日本は、韓国の地では2000年4月26日のフィリップ・トルシエ監督時代のソウルでの0-1敗北以来、約19年ぶりに日韓戦で敗れたことに。さらに、森保監督体制初タイトルも逃している。

■試合結果
韓国代表 1-0 日本代表

■得点者
韓国:ファン・インボム(28分)
日本:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191218-00010037-goal-socc
no title


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576677579/