Samurai Goal

田嶋幸三


スポンサード リンク





<日本サッカー協会>「なでしこジャパン」のW杯での敗退を受けプロ化に向けた議論を加速させていく見通し  

201906260001099-w500_0[1]




1: Egg ★ 2019/06/27(木) 21:01:16.92 ID:VXJSD83v9
日本サッカー協会が、女子日本代表「なでしこジャパン」の強化などを目的に、プロリーグの新規発足に向けた具体案を7月の理事会で諮ることが26日、複数の関係者の話で分かった。

早ければ東京オリンピック(五輪)後の2021年のスタートを目指している。現在のプレナスなでしこリーグ1部には10チームが参加しているが、新リーグは8チームで始動する可能性がある。

現行のリーグはアマチュアで、日本協会はワールドカップ(W杯)フランス大会で16強止まりだった代表の強化や選手の環境整備のためにはプロリーグが必要と判断し、議論を重ねてきた。海外選手の日本移籍や代表の国際大会日程を踏まえ、欧州のリーグと開催時期を合わせ、開幕を春から夏や秋にずらすシーズン移行も一案だという。

現状でプロ契約を交わしている選手はごく一部に限られ、代表選手を含めて多くがアマとして活動している。プロリーグ設立には資金や観客動員などが課題となるが、協会関係者は「女子サッカーを活性化するならば中途半端では難しい。プロ化が必要」と説明した。

日本の全国女子リーグは1989年に始まり、従来の「Lリーグ」から2004年に「なでしこリーグ」となった。11年に日本代表がワールドカップ(W杯)ドイツ大会で初優勝し、観客動員も飛躍的に伸びたが、近年は低迷が続いている。

日刊スポーツ 2019年6月27日2時0分
https://www.nikkansports.com/m/soccer/news/201906260001099_m.html?mode=all

サッカー女子 W杯敗退でプロ化に向けた議論加速へ

サッカー女子の日本代表「なでしこジャパン」のワールドカップでの敗退を受けて、日本サッカー協会が国内女子リーグのプロ化に向けた議論を加速させていく見通しとなりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011970451000.html

久保を五輪に!田嶋会長、レアルにお願い「ネイマールやメッシも出た」  

post_28416_kubo[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/06/21(金) 11:15:22.73 ID:ClUcjM6P9
スペイン1部の強豪レアル・マドリードに移籍する日本代表MF久保建英(18)について、日本協会の田嶋幸三会長(61)が20日、
東京都内で取材に応じ、来年の東京五輪に久保を日本代表として招集できるようクラブ側に要請したことを明らかにした。

 五輪招集は協会に拘束力がなく、所属クラブの了承が必要。田嶋会長によると、協会幹部がRマドリード側に久保の東京五輪出場を認める要項を契約に盛り込むよう要請したという。

 久保はまずRマドリードのBチーム・カスティージャでプレー。活躍すれば1年後にAチームへ昇格する可能性もあり、状況次第で久保の代表派遣に消極姿勢を示す恐れもある。
田嶋会長は「久保には何とか五輪に出てほしい。ネイマールやメッシも五輪に出たよね」とアピールした。

 南米選手権を視察した田嶋会長は、久保が現地で高評価を受けていることを実感。久保のRマドリード移籍に「日本サッカー界にとって大きな収穫」と胸を張った。
東京五輪をベストメンバーで臨むべく、協会を挙げて久保の招集をバックアップする。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000000-sanspo-socc

<日本サッカー協会の田島幸三会長>広島市中心部のサッカー新スタジアムで、代表戦の意向  

20190501-04301208-nksports-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/30(火) 13:45:25.12 ID:CXzcP9mp9
広島市中心部のサッカースタジアム建設について、日本サッカー協会の田島幸三会長は27日、
開業後の支援策としてフル代表の試合を開催する意向を明らかにした。

同市であった中国地方各県サッカー協会との意見交換会
の前に記者会見を開き、見解を示した。

4月27日 中国新聞 
https://www.chugoku-np.co.jp/sanfrecce/article/article.php?comment_id=528812&comment_sub_id=0&category_id=131

東京五輪「メダルを狙いにいく、ベストメンバーにしたい」日本サッカー協会の田嶋幸三会長  

20190501-04301208-nksports-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/01(水) 06:35:37.46 ID:Uv0s4jQB9
「令和」で迎える最初のオリンピック(五輪)に、ベストメンバーで挑む。

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(61)が改元のタイミングで日刊スポーツのインタビューに応じ、来年の東京オリンピック(五輪)で年齢制限外のオーバーエージ(OA)枠以外、23歳以下の海外組を招集するための交渉が順調であるとした。22年ワールドカップ(W杯)カタール大会で初の8強入りへ、自国開催の五輪で令和の象徴となるようなスター誕生とメダル獲得が最重要だと力説した。【取材・構成=浜本卓也、盧載鎭】

   ◇   ◇   ◇

ソファに座っていた田嶋会長が、身を乗り出した。東京五輪にベストメンバーで臨めば、令和の幕開けを象徴する新スターが生まれるのでは-。そんな問いに「メダルを狙いにいかないといけないし、ベストメンバーにしたい」と膝頭をポンとたたいた。海外組を招集するための交渉がカギを握る(>>>0�。

「OA以外は、海外のクラブからも招集できるようお願いしていく。実際動いている。23歳以下に関しては、非常に前向きに進んでいると思う。必要であれば自分も(交渉に)行くつもりでいます、海外のクラブに。それぐらいの気持ちでいます」との強い決意を示した。

平成ではJリーグが誕生し、W杯は98年フランス大会の初出場から6大会連続出場中と日本サッカーは大躍進を遂げた。そして、新たな時代へ。「W杯ロシア大会(18年)で頑張ってくれた選手が何人も(代表を)退く中で、東京五輪は世代交代する千載一遇のチャンス。隙間を空けずに22年につなげていく。勝たなきゃダメだ、五輪」。東京五輪を、前時代の成長曲線をさらに上昇させるほどの新星を生む絶好機と位置づけている。

継続的にスターが誕生しやすい環境作りにも力を注ぐ。全国各地に眠る才能を発掘して開花させるため、47都道府県に専任の技術担当者を1人ずつ常駐させる計画を進行中だ。「ただ南米選手権や五輪で勝てば(発展が)スムーズにいくというわけじゃない。同時に、いろんな投資をしていくことで子どもたちが憧れるスターが出てくればついてくる」と力を込めた。

田嶋会長は4月のアジア・サッカー連盟(AFC)の役員選挙で再選され、FIFA理事の要職も務める。日本協会会長として2期目を迎え、サッカー界だけでなくスポーツ界の発展にも熱い視線を向ける。「五輪の成功は日本だけでなく、世界のサッカー界、スポーツ界にとっても重要。(16年)リオ五輪の決勝で(ブラジル代表)ネイマールがFKを決めて優勝した。サッカー界がどれだけ五輪に興味を持ち、盛り上がったか。そういうことを考えると、東京五輪では男女ともメダルの位置に行ってもらえるよう、僕らはサポートする。そのためには労を惜しむつもりはない」。東京五輪を令和の象徴となるスターが生まれる舞台にすべく、全身全霊を注ぐ覚悟でいる。

>>>0�W杯やアジア杯、FIFAが定めた国際Aマッチ期間の試合には、各国協会・連盟に選手の招集について拘束力が発生する。だが五輪には同様の拘束力はない。16年リオデジャネイロ五輪では、手倉森監督がスイス1部ヤングボーイズFW久保裕也(現ニュルンベルク)の招集を熱望したが、クラブから拒否され、エース招集はかなわなかった。今回は自国開催の五輪となる。リオ五輪では開催国のブラジル連盟がバルセロナと交渉しFWネイマール(現パリサンジェルマン)のOA枠での招集に成功し、金メダル獲得につなげた例もある。

◆田嶋幸三(たしま・こうぞう)1957年(昭32)11月21日、熊本生まれ。浦和南-筑波大-古河電工で活躍し日本代表では国際Aマッチ7試合1得点。引退後はドイツのケルン体育大に留学しコーチ資格を取得。U-17日本代表監督、日本協会の技術委員長、専務理事、副会長などを歴任。11年からAFC理事、15年に日本人4人目のFIFA理事になった。16年3月に日本協会の第14代会長に就任し、現在2期4年目。

5/1(水) 6:23配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190501-04301208-nksports-socc

【サッカー】<日本サッカー協会の田島幸三会長>広島市中心部のサッカー新スタジアムで、代表戦の意向
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556599525/

日本サッカー協会田嶋幸三会長、なでしこリーグのプロ化構想について具体的に言及!「21年、22年をめどに」  

20190420-04200514-nksports-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/20(土) 15:48:51.41 ID:6v8F9xtk9
日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が、女子サッカー・なでしこリーグのプロ化構想について具体的に言及した。

11年の東日本大震災の影響で営業を休止していたJヴィレッジ(福島・楢葉、広野町)が20日、営業を全面再開した。田嶋会長はグランドオープン記念式典に参加後、Jヴィレッジスタジアムでは震災以降初で約9年ぶりとなるなでしこリーグ公式戦「マイナビベガルタ仙台レディース-ジェフ千葉レディース」を視察。「仙台、千葉がいい試合をしてくれているし、頑張ってくれている」と、ほおを緩めた。

構想されているなでしこリーグのプロ化について聞かれると「女子も、もう一段落上を行こうと思うと、プロ化というところを通らなきゃいけないと思っています。プロ化するためにはどうするかというのは、今もう具体的に話しているのも事実です。今のなでしこリーグをこれからどういうふうに持っていくかというのは、近いうちに結論を出したいというふうに思っています」との見解を示した。プロ化の実現に向けては金銭面などいくつかの課題をクリアする必要がある。「プロ化を本当に望むかどうかは、プロ化にはどういう資格やどういう要件が必要かということは話をしているところ。それがしっかりまとまれば、実際に具体的なところでゴーサインを出せるんじゃないかと思っています。ただ、簡単なことではない。100%来年からとか、そういうことは言えませんけど、21年、22年をめどに考えていく必要があると思っています。プロ化によって、もっと女子サッカーの活性化を図っていく必要があるというのは共通の考えだと思っています」と、女子サッカー発展に向けた選択肢の1つにプロ化を入れていた。

4/20(土) 15:38 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-04200514-nksports-socc

<日本サッカー協会田嶋会長>FIFA理事再選で「女子W杯日本招致」に追い風! “拡大クラブW杯”も誘致へ  

20190410-00000014-ykf-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/10(水) 18:21:21.51 ID:wvlrd2Q29
田嶋氏のFIFA理事再選は、日本にとって大きな意義がある

 女子サッカーW杯の日本開催へ大きく前進した。6日に行われたAFC(アジアサッカー連盟)選出の国際サッカー連盟(FIFA)理事選で、日本サッカー協会・田嶋幸三会長(61)が再選を果たしたのだ。

 任期は4年。田嶋氏は2015年に初当選していた。23年に行われる女子W杯の招致に向け、日本協会は先月15日にFIFAへ意思証明書を提出。来年3月のFIFA総会で開催地が決まる。田嶋氏は「そんな簡単には決まりません」と表情を引き締めるが、理事再選が追い風となるのは間違いない。

 5枠に7人が立候補した理事選で、田嶋氏はインドのパテル氏と並びトップ当選。一方、同じく女子W杯招致の意思を表明し「北朝鮮との共催」も検討している韓国は、同国サッカー協会の鄭夢奎(チョン・モンギュ)会長がセビティ氏(サウジアラビア)とともに落選した。

 AFCでは今後、実績のある日本、昨年のW杯ロシア大会で8億3500万ドル(約919億円)のスポンサー広告料を賄った中国が2本柱となる流れ。そんな中で日本は23年女子W杯、中国は30年もしくは34年の男子W杯招致を推し進める。

 さらにFIFAは、7チームで行われている「クラブW杯」の出場枠を21年大会から24に増やすことを決めており、日本は田嶋氏の再選の余勢を駆ってこちらの開催も目指していく構えだ。

 レアルマドリード、バルセロナ、マンチェスター・シティ、南米の雄フラメンゴなどが大挙して日本にやって来ることも決して夢物語ではない。

 ちなみに田嶋氏は、6月の任期満了での退任を表明した日本オリンピック委員会(JOC)・竹田恒和会長(71)の後任候補にも名前が挙がっていたが、FIFA理事再選で消滅。「以前から私はありませんと言っていました」と締めくくり、日本へのビッグイベント誘致に専心していくことになる。

4/10(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000014-ykf-spo

ハリル氏らしくない結末、突然の打ち切り予想外の幕 

20190410-04100831-nksports-000-8-view[1]

ハリル元日本代表監督「争いごとはおしまい」 訴訟取り下げ  

20190410-00000134-sph-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/10(水) 15:26:41.12 ID:GA1kk4bK9
サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督が、解任後に田嶋幸三会長の会見で名誉を傷つけられたとして協会側に慰謝料1円と新聞などへの謝罪広告を求めた訴訟について10日、東京地裁で話し合いが行われ、代理人の弁護士を通じて訴え取下書を提出した。ハリル氏は「争いごとはおしまいにして、前に進みたい」と話したといい、今回の結論に至った。

4/10(水) 15:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190410-00000134-sph-socc

日本サッカー協会の田嶋幸三会長「賛成!」A代表リーグ戦・ネーションズリーグ参戦の意向示す  

9e1e8a3b-17ca-1edd-3a8a-e67596a00718




1: Egg ★ 2019/03/23(土) 13:59:36.82 ID:riq/vQpB9
日本サッカー協会の田嶋幸三会長は22日、各国・地域のA代表がホーム&アウェー方式のリーグ戦で戦うネーションズリーグ(NL)に参戦したい意向を初めて示した。

 欧州連盟が単独で先行開催しているが今後、南米、アジア、アフリカ連盟なども含めた世界規模の新たな大会になる可能性もある。「われわれとしては(NL参戦に)賛成。アジア(全体で)も決めているので、そういう方向に乗る」と語った。

2019.3.23(Sat)ディリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/03/23/0012172963.shtml

ハリル氏と協会の裁判、和解はなし。双方が最後まで争う姿勢。結論は数ヶ月以内か 

20190222-00310529-footballc-000-3-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索