Samurai Goal

田嶋会長


スポンサード リンク





【日本サッカー協会】田嶋会長「スパサカ」終了で危機感 地上波サッカー番組減少に「抜本的に話していかないと」 

スクリーンショット 2021-02-17 15.08.06




1: 2021/02/17(水) 11:06:44.17 _USER9
 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が16日、オンラインで取材対応した。この日に、TBSは4月の改編期にサッカー情報番組「スーパーサッカー」を終了すると発表。昨年8月には約18年間放送されたテレビ朝日の「やべっちFC」も終了しており、田嶋会長は「サッカーの露出が減っているのは代表含めてキャンプのニュースを見ていても思う。抜本的に話していかないと」と危惧した。

 同番組は1993年10月からTBS「スーパーサッカー Jリーグエクスプレス」(土曜深夜0時)としてスタート。その後、放送枠、放送局を変更しながらも約28年間、続いてきた長寿番組。MCはお笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(51)が、2001年からメインMCを務めている。同会長は「また、サッカー専門番組ができるように努力しないといけない」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/442dcba4dcfbbd4ce562b2e777d8c78f53273dd5

「日本がクラブW杯を育てた」5年ぶり日本開催でFIFA会長の言葉を田嶋会長が明かす 

1: 2020/12/05(土) 15:19:44.54 _USER9
国際サッカー連盟(FIFA)は4日、オンラインで理事会を開き、2021年のFIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)を日本で開催することを決定した。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は翌5日にオンラインでメディアブリーフィングを行い、JFA創立100周年を迎える2021年に日本でクラブW杯を開催できることを喜んだ。

 具体的な開催日程などは未定だが、従来通り12月に開催される見通し。田嶋会長は「E-1選手権、Jリーグ、天皇杯とも日程を調整しないといけないが、良い形でまとまればと思っている」と説明した。「欧州のカレンダーからすると、クリスマス前の週末で終わらないといけない」としており、2021年12月19日が決勝となりそうだ。

 原則2年に一度、東アジアの4か国が出場するE-1選手権が来年12月に計画されていたほか、来年11~12月には中東の12か国が出場するアラブカップもカタールで開催される予定となっており、今後具体的な調整に入る。

 日本でのクラブW杯開催は5年ぶり9度目。2021年大会は当初、出場チーム数を7から24に拡大し、6月17日から7月4日にかけて中国で開催する予定だった。しかし、新型コロナウイルスの影響でEUROやコパ・アメリカが同時期に延期されたこともあり、新方式での開催は見送られ、7チームが出場する現行方式での日本開催が決まった。

 2021年にJFAは創立100周年を迎える。来年5月21日に東京で予定されていたFIFA総会はオンライン開催に変更されることも発表された。田嶋会長によると、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長は理事会で「日本がクラブW杯を育てた」と、その運営実績などを高く評価し、JFA創立100周年に「(クラブW杯を)日本に持って行きたい」とも話していたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/76b98c0f646209b318bfb5b7288c2cea853d7147
no title

田嶋会長「見えない敵を除」感染拡大防止へ声明文 

1: 2020/09/04(金) 16:24:32.28 _USER9
9/4(金) 16:20
日刊スポーツ

田嶋会長「見えない敵を除」感染拡大防止へ声明文
田嶋幸三会長(19年12月撮影)
日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が4日、「誹謗(ひぼう)中傷、差別や偏見をなくそう~感染拡大防止のために~」との声明文をJFA公式サイトで発表した。

田嶋会長は3月に新型コロナウイルスに感染し、医療従事者の懸命な姿を目の当たりにしている。「医療従事者の方々、人々の社会生活を支える仕事に従事されている方々をはじめ、数多くの方々に対してあらためて感謝を申し上げます」と、まずは世界中で新型コロナウイルスと奮闘する人々へ感謝。「現在の状況では、どれだけ感染予防をしていても感染するリスクは誰にでもあります。新型コロナウイルスワクチンの完成や治療法が確立されるまでの間、1人1人が新しい生活様式を実践し、感染しない、感染させない、ということを続けていくことが、このウイルスの爆発的感染や医療崩壊を防ぐための、私たちができることではないかと思います」と、予防を徹底することの重要さに触れた。

そのうえで、感染者となった経験から差別や偏見に言及した。「自分自身が感染した経験からいえば、感染を疑った時点から、自分自身のことよりも、周囲の人たちに移していないか、自分から感染を広げていないか、ということを切実に考えました。感染者は病気への不安だけでなく、周囲への影響にも心を痛めています。残念ながら一部では、感染者やその家族などに対する差別や偏見、心無い行為が見受けられます。集団感染が発生した学校や大学、職場への誹謗(ひぼう)中傷も後を絶たず、一部では人権侵害の行政通報が法務局になされたと聞いています。医療従事者やその周囲の方たちへの偏見や差別があったという報道もいまだに目にします。こうした行為は、体調が悪くなった場合、批判を恐れて適切な検査や治療を受けないことになったり、あるいは、職場などで感染者が出た場合、組織的な隠蔽(いんぺい)につながったりする可能性があり、この病気への対応で一番大切な初期対応を誤り、結果的に感染を拡大させてしまうといったことにもつながりかねません。今は、それぞれが最大限の感染対策に取り組むとともに、当事者の気持ちになって物事を考え、周囲への配慮や思いやりを持って行動することが感染症のリスクを軽減し、偏見や差別をなくすことにもつながると考えています。JFAは、リスペクトを『大切に思うこと』として、サッカーというフィールドから、関わる人々やそれぞれの考えや価値観、あるいは身の回りのモノなどを大切にし、尊重する精神を広く浸透させ、差別や暴力のない世界をつくるべく取り組んできました。サッカーは世界中で最も愛されているスポーツです。社会的にも大きな影響力があります。サッカーファミリーの皆さん、ぜひ、皆さん1人1人がメッセンジャーとなって『リスペクト』を広げてください。サッカーというフィールドから誹謗(ひぼう)中傷、差別や偏見といった“見えない敵”を排除し、新型コロナウイルスが収束に向かっていくよう、スポーツ界が率先して共に力を合わせていきましょう」と訴えた。

no title


https://news.yahoo.co.jp/articles/185163b9e3ae59a4a278d5922e175f9580bc03ba

内田篤人の現役引退…田嶋会長もコメント「優秀な早生まれの選手が埋もれないためのプロジェクトの一期生」 

スクリーンショット 2020-08-21 14.50.31

<森保一監督>A代表専念へ 田嶋会長が検討を指示…東京五輪直前にW杯最終予選 

1: 2020/06/27(土) 09:12:47.48
写真
no title


サッカーの日本A代表と東京五輪代表(U―23日本代表)の監督を兼務する森保一氏(51)が、A代表に専念する可能性が高まった。日本協会の田嶋幸三会長(62)が26日、オンライン取材に応じ、技術委員会に兼任体制を続行するかどうか検討するように指示を出したことを明かした。国際サッカー連盟(FIFA)が8月31日~9月8日の国際Aマッチデーの来年6月への延期を決めたことを受け、延期された東京五輪直前の準備と、A代表のW杯最終予選の掛け持ちが難しくなった。

【図表でさらに詳しく!】東京五輪までのA代表と五輪代表のスケジュール
no title


 国際Aマッチデーの日程変更を受け、田嶋会長は「しっかり話し合って対策を練ってもらいたい。昨日(変更の)情報が入ってきたところ。五輪とW杯予選はどうするんだ、という体制づくりは今、話し合ってくれている」と明かした。技術委員会の反町康治委員長、代表チームの責任者・関塚隆ナショナルチームダイレクターらに、森保兼任監督体制の続行か否かの判断を指示した。

 FIFAは25日の会議で、8月31日から9月8日までの国際Aマッチデーを、来年6月に延期することを決めた。もともと予定にあったAマッチデー(来年5月31日~6月8日)の後に、延期分が加わる。A代表はそこでW杯最終予選を戦っていることが想定される一方で、五輪代表は延期された本大会直前の大事な強化期間に重なる。現状、協会内では兼任は難しいとの見方が強い。

 協会関係者の話を総合すると、五輪代表監督人事の展望は3つ。ひとつは、横内昭展コーチ(52)を監督に昇格させる案。これまでのサッカーの継続性が担保できる。また、横内監督とした上で、森保監督を総監督とする声も聞かれる。そして、外部からの監督起用。人選は方針決定後になるが、協会は仙台の渡辺晋前監督(46)、磐田の名波浩前監督(47)の指導力を高く評価している。

 「(来年の)スケジュールが決まり、(五輪の出場資格が)24歳に延びたことを考えて、技術委で議論して決めてもらえればと思う。まず現場で話し合ってほしい」と田嶋会長。コロナ禍により、東京五輪代表の活動再開は、早くて12月のトゥーロン国際大会(フランス)で、限られた時間の中でメダル獲得を狙うチームをつくることがテーマ。命運を左右する決断になる。

6/27(土) 5:00 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/38906a7be4f142fd41afebc3f8b7027436dc2cc0

田嶋会長「私の責任も…」女子W杯招致撤退理由語る 

20200622-26220653-nksports-000-13-view

田嶋会長「23歳が望ましい」東京五輪 サッカー年齢制限 引き上げに 

20200402-00010002-tvtokyos-000-2-view




1: 2020/04/02(木) 22:51:42.87
 新型コロナウィルスに感染した日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長が4月2日、都内の退院。同日午後ウェブ会見に応じ、謝罪とともに「一枚岩となって危機を乗り越えたい」と語った。

 田嶋会長はイギリス、オランダとアメリカへの出張から帰国後の3月15日に微熱を確認。同日、オランダで出席していたUEFA(欧州サッカー連盟)の会議の同席者から感染者が出たことを知り、保健所へ連絡。診察を受けて肺炎の徴候が認められたため、PCR検査を受けて17日に陽性と診断され、入院していた。2度の陰性判定が確認されて、この日の退院となった。

 FIFA(国際サッカー連盟)理事も務める田嶋会長は、1年の延期が決まった東京オリンピックについても語った。

男子サッカーの年齢制限は、延期によって23歳以下の原則が維持されるのか、24歳に引き上げられるのか注目を集めているが、田嶋会長はFIFAとのやり取りで「23歳が望ましい」と意見したという。

年齢が1つ上がれば、欧州でプレーするメンバーが多い日本にとって「クラブが選手をリリースしづらくなる」と考えてのことだと説明したが、国際的には「24歳に切り上げて予選を突破したチームで参加することに落ち着くのでは」とする動きもあると明かした。

 また、森保一日本代表監督が兼任しているU-23日本代表監督としての任期について問われると、田嶋会長は五輪の年齢制限や日程、フル代表の監督として臨む2022年FIFAワールドカップ予選の再開の見通しも絡むと指摘。諸条件が揃ってから議論するのが望ましいとした。

「今すぐに議論するのは、少し早いと感じている。いろいろなことが固まったところで、技術委員会、関塚(隆)代表チームダイレクターが中心になって、話し合って決めていただければいい。もちろん、森保監督本人の意思もあると思うので、しっかり話し合わなければいけない」とコメント。

だが、基本姿勢として「東京オリンピックまでの契約をしている。1年延びたからと言って、契約自体が白紙に戻るとは全く思っていない」とする見方を示した。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて、Jリーグが2月末の第2節から中断している現状についても、田嶋会長は「キャッシュフロー等に困っているクラブもあるのではないか」とJクラブの経営状況を思いやり、「サッカー界全体が一枚岩となって、みんながお互いを支えていかなければいけない。どんな協力ができるか、検討を進める」と語った。

取材・文:木ノ原句望

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00010002-tvtokyos-socc

コロナ感染の田嶋会長「検査を増やすだけだと、医療崩壊を起こしてしまう」 検査数を増やすリスクを強調 

20200402-00000044-tospoweb-000-2-view




1: 2020/04/02(木) 19:01:34.94
新型コロナウイルスに感染して療養していた日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が2日に退院した。

ウェブ上で取材に応じた田嶋会長は「このたびの新型コロナウイルスの感染に伴い、
多大なるご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と語った上で、
実際に感染者となった経験から現在の日本の医療を取り巻く現状に警鐘を鳴らした。

「(自身の)部屋に入るたびにごみ袋のようなものを変えたり、目につけているゴーグルのようなものを取り外して処分する。
そういうものが足りなくなってきている」と入院中の様子を振り返りつつ「そこで患者が増えてくると、
他の国のように医療関係者が感染する状態が増えてくる。医療崩壊を招いてしまう。疲弊しない状況をつくらないといけない」と訴えた。

また、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を受けられる例が限られている状況に批判の声も出ているが
「指定感染症となったことで、陽性になった途端に軽症でも入院しなければいけない。
検査を増やすだけだと、あっという間に医療崩壊を起こしてしまう」と検査数を増やすリスクを強調。

「うちの家族ですらPCR検査をしてもらえなかった。それは、検査を増やさないように(医療機関が)努力しているのではないか。
軽症者をどこにどう集めて治療、隔離しようとか、今のルールでは陰性が2回出ないと退院できない。
そうするとなかなか退院できず、どんどんベッドが埋まっていってしまう。
これだと重症の方が出たときに、入れないというのが目に見えている」と自身の見解を語った。

貴重な生の声が、医療崩壊を防ぐ一助となるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000044-tospoweb-socc

埼玉副知事が出勤自粛、感染のJOC副会長・サッカー協会 田嶋幸三会長と同席 

K10012338041_2003181733_2003181752_01_02





1: 2020/03/19(木) 11:50:49.72
埼玉県の大野知事は18日、新型コロナウイルスへの感染が判明した日本サッカー協会の田嶋幸三会長と会議で同席したとして、飯島寛副知事が同日から23日まで出勤を自粛していることを明らかにした。症状などは出ていないという。

県によると、飯島氏は10日に東京都内で行われた「ラグビーワールドカップ2019組織委員会理事会」に出席。会場では17日に感染が判明した田嶋氏とあいさつを交わしたが、飯島氏はマスクをしており、短時間だったため、濃厚接触者にはあたらないという。

2020/03/19 11:33 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20200319-OYT1T50162/

関連スレ
【JOC副会長】日本サッカー協会の田嶋幸三会長がコロナウイルスに感染 東京都で新たに感染が確認された男女12人のうちの1人★7
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1584451379/

サッカー協会・田嶋会長が声明「肺炎になりましたが元気です。コロナへの偏見をなくすことに貢献したい」 

20200317-01047683-soccerk-000-1-view




1: 2020/03/17(火) 19:51:23.01
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-01047683-soccerk-socc
新型コロナ感染のJFA田嶋会長、声明を発表「元気です」…14日に発症
3/17(火) 19:32配信
6
SOCCER KING
新型コロナ感染のJFA田嶋会長、声明を発表「元気です」…14日に発症
田嶋会長が声明を発表 [写真]=Getty Images
 17日に新型コロナウイルスへの感染が明らかになったJFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長が声明を発表した。

  田嶋会長は「本日、私の検査結果が新型コロナウイルス陽性と出ました。現在の体調は、多少熱があり、検査したところ肺炎の症状もあるそうですが、元気です。今後は文京区保健所、医師の指示に従い治療に専念していきます」と自身の現状を報告。

 また「2月28日より海外出張で、ベルファストでのIFAB年次総会に出席、続いて3月2日アムステルダムでのUEFA理事会では2023年女子ワールド・カップ招致プレゼンテーションを行いました。翌3日のUEFA総会には、UEFA全加盟協会の役員が出席されていました。3月初頭のアムステルダム、ヨーロッパでは新型コロナウイルスに対して現在程の緊張感はなく、皆さん、ハグ、握手、ビズなども行っている状況でした。次の訪問地はアメリカ、3月5日She Believes Cupなでしこの試合を視察、翌6日は2023年女子ワールド・カップ招致活動でニューヨークに行きました。アメリカにおいても、新型コロナウィルスに対する危機感は現在ほどではありませんでした。そして8日の帰国後、何事もなく生活していました。在宅勤務を行なっている日本サッカー協会ですが、先週は何日か協会へ行き、理事会の準備を行いました。その間、会議にも出席しました」と自身の最近の行動履歴を明かしている。

 自身の感染を疑い始めたのは14日頃だとし、「セルビア協会会長の感染をネットで知りました。UEFA総会で近くにいらっしゃった事は覚えています。スイス協会会長も同席していましたが、このことが原因かどうかはわかっておりません。気温が低くなった事もあり少し寒気を感じ、15日に体温を計ると微熱がありました。16日に文京区の保健所に相談しました。海外渡航歴、また、会議同席者の発症を伝えたところ診察を受けることになりました。結果が出たのは本日17日火曜日午後です。発症日は14日ということでした。私と接触した方にしっかりと伝えなければならない、そして、お世話になっている文京区の方々に迷惑をかけてはならないと思い、このような形でお伝えすることとしました」と今回の発表に至るまでの過程に言及した。

中略
 

楽しみにしていた、Jビレッジからスタートする聖火のグランドスタートも、残念ながら立ち会えません。オリンピック、全てのスポーツが、日本、世界中で安心して行える事を祈っています。発症日の14日までは、濃厚接触とはならないとのことですが、ここまで知らずに会議でご一緒した方々、JFA役職員の皆様、メディアの皆様、その他私が立ち寄った各所の皆さまにご心配をおかけする事、本当に申し訳ないと思います。しかし、この疾病と向かい合う事でこの新型コロナウィルスに対する偏見を無くしたりする事に貢献できればと思います。この疾病の様々な研究に協力し、戻ってきます」と述べている。

SOCCER KING

関連記事
●デビュー弾の本田圭佑が新記録達成…史上



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索