Samurai Goal

田嶋会長


スポンサード リンク





「森保ジャパンはこんなに強かったんだ」の声が聞こえてくる中「まだやってたの?」ハリルホジッチ裁判!  

87089e0158ea10bc3cabd8ab3403bbbd




1: Egg ★ 2019/02/11(月) 18:17:18.34 ID:uwxNfE4M9
 「森保ジャパンはこんなに強かったんだ」の声が聞こえてくる中、「まだやってたの?」と驚くのが元代表監督バヒド・ハリルホジッチ氏(66)による慰謝料1億円裁判だ。日本代表が勝ち進む裏で、1月18日に「名誉を傷つけられた」と主張するハリル氏の弁論準備手続きが行われたのだ。ワールドカップ・ロシア大会の直前で解任されたハリル氏の気持ちも分からなくはないが、「もう終わってたんじゃなかったの?」と思うのが日本国民の正直な感想だろう。

 サッカー『AFCアジアカップ2019』準々決勝ベトナム戦の前日(1月23日)、森保一・日本代表監督(50)が会見に臨んだ。チームの雰囲気を「良好」と伝え、選手たちとの信頼関係も構築されたように窺えた。

 日本代表チームの雰囲気のよさは、日本サッカー協会にも報告されている。しかし、田嶋幸三会長を始め、協会幹部の表情は晴れない。
「法廷闘争は避けられませんでしたからね」(スポーツ紙記者)
「ハリル氏の解任が昨年4月。東京地裁に提訴したのは5月。地裁は和解を提案しましたが、決裂しました」(専門誌記者)

 代表監督の座を追われたハリル氏はその後、フランス一部リーグ(リーグ・アン)の名門『FCナント』監督に就任。なんとか2部降格圏内を脱し“名将のメンツ”は保たれ、たまたま日本は合わなかったと解釈したメディアも多かった。それでも、ハリル氏は“日本への恨み”は忘れられなかったわけだ。

 「海外のサッカーメディアもハリル氏の裁判のことを伝えています。事実関係だけを報じたものばかりですが、仏メディアはちょっと違いました。日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン被告が逮捕、起訴され、それを不当とする論調があった。その延長線上で『日本は誠実で義理人情を重んじる国だったのに』とゴーン被告同様、『日本のために尽くしてきたのに』と煽っていました」(同)

 日本人の代表監督就任により、選手とのコミュニケーションが密になった一方、サッカーが「つまらなくなった」とも言われる森保ジャパン。海外メディアの目を、ハリル氏の裁判に向けさせないような“刺激的な勝利”が求められている。

 田嶋会長とハリルホジッチ前監督、両者の主張が食い違うのは、最初からわかっていたこと。どちらが被害者でどちらが加害者なのかを決めるのも、いまとなっては虚しさだけが漂う。

2019年02月11日 17時03分リアルライブ
https://npn.co.jp/sp/article/detail/42626689/


■【サッカー】<最新FIFAランキング発表!>日本代表は、23つ上げて、「27位!」首位は引き続きベルギー ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549544948/

ハリルが独占告白!「日本文化」「ベルギー戦」「協会」への本音「会長を絶対に許さない」 

1: 2018/11/24(土) 05:52:00.52 _USER9
フランス専門誌の編集長だけに語ったその想い

no title

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-001-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181124-00010000-sdigestw-002-view.jpg


10月初旬に招聘された際の順位は19位。ところがナントはいくつかのスペクタクルな勝利を収めながら、一気にリーグアン10位にまで上昇したのである。サポーターの動員もグッと増え、スタジアムには興奮と熱狂が蘇った。
1日に12~15時間も働くヴァイッドは新たなチャレンジに没頭するため、気が散らないように当初はすべての取材要請を拒否。そして11月中旬になってようやく『France Football』誌の要望に応え、初めてインタビューを受諾した。

こうして私は国際代表マッチウィークに、彼とパリで再会できた。ヴァイッドは自分の選手たちに2日間の休暇を与えていたからだ。再会の舞台はパリ8区にあるイタリアン・レストラン。彼の馴染みの店である。
そこでヴァイッドは、仕事に就いているときはいつもそうなのだが、すっきりした気分で、1時間半に渡って誠実に胸中を打ち明けてくれた。

私が「ナントでなにを変えたかったのか」と訊いたときも、彼は笑ってこう答えた。「クラブを日本化したかったのだよ」と――。
「日本化する」という動詞は、ナントでの監督就任会見でも使っていた言葉だ。明らかに、大好きだった日本での3年間は、この男に大きな痕跡を残したのだ。

「本当なんだよ。日本社会の価値観をもたらしたかった。日本社会は、私にとってはほとんど理想の社会だね。努力、リスペクト、時間の正確さ、やる気、組織力。
これらの価値観をすべてフットボールに適用したら、成功するチャンスはぐんと高まる。たとえ悪い終わり方になってしまったとしても、私はあの国に滞在した間の良い思い出をたくさん胸に抱いているよ」

ヴァイッド・ハリルホジッチは私に、「トーキョー(日本を意味する代名詞)ではすごく気分が良かった」と何度も繰り返すのだった。しかも彼の願望はただひとつ。
もう一度サムライブルーを率いて、2014年ワールドカップでアルジェリア代表と実現したような快挙を成し遂げることなのである。

「私には真実が分かっている。本当に汚らわしい!」

「日本の民衆に、私はそういう贈り物をしてあげたかった。日本人がどれほど代表を愛しているかは分かっている。ワールドカップの準備も、どんなディテールもおろそかにせず、最大限の細やかさで入念に取り組んでいた。
ところが最後まで行くのを妨害されてしまった。私が勝ち取って積み上げてきたものを、私から奪い取ってしまったのだ。ビジネスをスポーツの上に置いてしまったのだよ。いくつかのスポンサーが圧力をかけてね。
私には真実が分かっている。彼らにあんなことをする権利はなかったのだ。本当に汚らわしい!」

4月のあの解雇を受け入れられなかったのは、どう見ても明らかだ。
「私はものすごく、ものすごく、悪い体験をした。私は協会会長を絶対に許さないつもりだ」 

つづく

11/24(土) 5:41配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00010000-sdigestw-socc

JFA田嶋会長が森保JAPANを称賛『練習ほとんどしていないのに良かった』 

1 2018/08/15(水) 06:29:58.45 _USER9
【U21】田嶋会長がネパール戦視察「森保監督のチームづくりを楽しみにしている」
2018年8月15日6時8分 スポーツ報知
https://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180815-OHT1T50032.html

◆アジア大会2018 ▽1次リーググループD組第1節 日本U21代表ーネパールU23代表(14日、ウィバワ ムクティ スタジアム)

日本協会の田嶋幸三会長(60)が、現地でネパール戦を視察。1―0の辛勝だったが「練習もほとんどしていない中で勝ち点3を取れたのは良かった」と評価した。

今大会はリーグ戦の最中のため、呼べるのは各クラブから1人という制限があったが「この世代にはいい選手がたくさんいる。なるべくベスト8、ベスト4と勝ち進んでほしい。森保監督のチームづくりを楽しみにしている」と期待を寄せた。


no title

ハリル氏サイドの美人弁護士が口頭弁論後に説明!!『JFAより田嶋会長の発言』 

28465ba7-5ddc-c36f-5176-e014f400bccb

1 2018/07/27(金) 12:19:58.29 _USER9
元日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が、日本サッカー協会(JFA)を相手取り、東京地裁に名誉毀損(きそん)による慰謝料1円と謝罪広告の掲載などを求める訴訟を起こした裁判の、第1回口頭弁論が27日、東京地裁で開かれた。

 ハリルホジッチ氏は今回の裁判で、田嶋幸三会長(60)が4月9日の会見で「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」となどと説明したことが、監督としての評価を低下させ、名誉を毀損していると訴えている。弁護を担当する金塚彩乃弁護士は口頭弁論後、取材に応じ「解任の事実ではなく、後に行われた記者会見を問題視しています。JFAどうこうより、会長の発言を問題視しています」と説明した。

 JFA側は

 (1)コミュニケーション問題の不足という田嶋会長の発言後、ハリルホジッチ氏には監督就任のオファーが届いており、評価は低下していないし名誉毀損(きそん)には当たらない。提訴に理由がないとして請求などを退ける棄却

 (2)ハリルホジッチ氏とJFAとの契約には、仲裁合意が含まれており、契約に関する仲裁は国際サッカー連盟(FIFA)が行うことになっている。そのため、そもそも東京地裁が裁判を管轄するべきなのかということを問い、申立て自体が不適法であるとしての却下

の2点を主張しているという。

 金塚弁護士は「本人(ハリルホジッチ氏)は誠意を一番、求めている。どういうところを見せていただけるかにかかっている。何が何でも裁判で…というのは、求めていなかった」などと説明した。【村上幸将】
20180727-00281778-nksports-000-2-view

7/27(金) 12:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180727-00281778-nksports-socc

田嶋会長の監督“選考基準”だと外国人監督の再現は難しい? 

1 2018/07/26(木) 18:33:57.74 _USER9
日本サッカー協会(JFA)は26日、日本代表新監督就任会見を開いた。発表を前に、田嶋幸三会長が経緯について説明した

発表に先立ち、田嶋会長は、新監督を決定した上で重視したのは「日本のサッカーを熟知していること」と語っている。

「日本の良さをを生かした、日本人らしさを出すことが必要です。世界の中でも、日本が技術面や組織力で抜きん出ているのは、オシムさん、ザッケローニさん、デュソーさんやFIFAのテクニカルレポート等で認められています。

足りないもの、パワーや個の力はもっともっと高めないといけないですが、日本人らしいスタイルを持って戦うことが必要です。我々には、オールジャパンという結束した上での分析力もあります」

「監督を決める、日本サッカーの方向性を決める上で属人的であってはなりません。4年ごとに監督を決めていては、上にあがっていけない。西野さんもハリルさんのものを積み上げたうえで今回の成績を残してくれました」

「我々は世界を分析し、日本人の良さを引き出し、推進力があるものにしていきたい。属人的にならず、三位一体でしっかり強化策をとっていくこと。

謙虚にやってきましたが、それだけではありません。日本人の誇りを胸に、戦うことが大事です。

日本のサッカーを熟知した人が監督になるべきだと言ってきました。日本のサッカー環境で育った人に監督になってもらうのは、西野技術委員長時代から言っています。

さ今回の関塚委員長でも同じこと。リスペクトをする気持ちも今後継続して推進していきたいと思います」

7/26(木) 18:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000020-goal-socc

写真
no title

田嶋会長、森保監督“任期中の解任”については言葉を濁す『4年やってもらいたい...』 

1 2018/07/26(木) 20:14:46.06 _USER9
森保一氏 日本代表次期監督に決定 五輪と兼務 トルシエ氏以来
7/26(木) 16:15配信 デイリースポーツ 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180726-00000094-dal-socc

サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏=26日午後、東京都港区
no title

日本サッカー協会が26日、都内で理事会を開き、次期日本代表監督を森保一(もりやす・はじめ)氏に決定した。同氏は東京五輪を目指す年代別代表の監督と兼務する。五輪監督と日本代表監督の兼務は00年シドニー五輪と02年日韓W杯で指揮を執ったフィリップ・トルシエ氏以来となる。

森保氏は選手としては守備的MFとして広島(前身のマツダ含む)、京都、仙台でプレー。日本代表としては、いわゆる“ドーハ組”でドーハの悲劇を経験している。

指導者としては12年に広島の監督に就任し12年、13年でリーグ戦を連覇。15年にもリーグ優勝を果たしている。17年に広島監督を退任後、東京五輪を目指す年代別代表チームの監督に就任した。

──────────────────

森保“兼任監督”の任期は「4年」 田嶋会長、22年W杯まで「やってもらいたい」と明言
7/26(木) 20:05配信 Football ZONE web 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180726-00124584-soccermzw-socc

■トルシエ氏以来のA代表&五輪代表の兼任監督 「常に分析と評価をしながらやっていく」

日本サッカー協会(JFA)は26日、日本代表新監督として2020年東京五輪を目指すU-21日本代表を率いる森保一監督の就任を発表した。
A代表と五輪代表の兼任監督は、2000年シドニー五輪と2002年日韓ワールドカップ(W杯)で指揮を執ったフィリップ・トルシエ氏以来となるが、田嶋幸三会長は任期について「4年契約は、4年間やってもらいたい気持ちの表れ」と明言した。

ロシアW杯で2大会ぶりのベスト16進出を果たした日本代表は、日本人監督の下で新たなスタートを切ることになった。
26日に都内で行われた記者会見で、JFAの田嶋幸三会長が「オールジャパンでやるには非常にふさわしい経歴の持ち主」と、サンフレッチェ広島をJ1リーグ王者に三度導いた森保監督を指名した。

注目の任期について、田嶋会長は2022年カタールW杯までの「4年」と明言。「4年契約は、4年間やってもらいたい気持ちの表れで、そのためにサポートする」と語った。
そのうえで報道陣から、20年東京五輪の結果次第で任期に変更があるのかを問われると、「五輪やW杯予選といった節目、節目で考えているわけではない。技術委員会が常に帯同し、チームが素晴らしいものになっていっているのかどうか、常に分析と評価をしながらやっていく」と、特定の大会での成績で進退は問われないとしたものの、任期中の解任には含みを持たせた。

この言葉を受けた森保監督も、「任期があるからと言って安泰やゆっくりとは思っていない。チーム作りで大切なことがあれば、ゆっくりとか、見ながらやることもあるが、常に1日1日、1試合1試合が勝負と思ってやりたい。
チャレンジは評価して下さる人に評価してもらい、大切なのはチームファースト。日本代表チームが一番、力を出していける、発展していける形を常に評価してもらえればいいと思っている」と語った。

「二つの代表をやっていくには、本当に覚悟が必要」と森保監督自身が語るとおり、当面はA代表と五輪代表の過密なスケジュールにどのように折り合いをつけていくのか。そして「世代交代」が急務となっているなか、いかに若返りを図っていくのか。
9月7日のチリ戦で初陣を迎えて年内に6試合を戦い、来年1月には早くも公式大会であるUAEアジアカップに出場。結果も問われるなかで、どのような手腕を見せるのか注目される。

日本代表監督は森保氏でほぼ確定!?田嶋会長がコメント 

1 2018/07/21(土) 21:40:22.20 _USER9
田嶋会長「26日までにサイン」=サッカー日本代表監督
7/21(土) 21:08配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000093-jij-spo

 
no title


日本サッカー協会の田嶋幸三会長は21日、東京都内で取材に応じ、次期日本代表監督について、26日の理事会までの合意を目指す意向を示した。「そこまでにサインできるようなことになればいい」と話した。

最有力候補には東京五輪世代のU21(21歳以下)日本代表を率いる森保一氏(49)が挙がり、関係者によると、森保氏は就任に前向きな姿勢を示している。

田嶋会長は同日、関塚隆技術委員長から報告を受けたとした上で、監督候補が1人に絞られていることを明かした。

ハリルさんの“1円裁判”初公判日が決定!!傍聴券は抽選に! 

425327b1-s
1 2018/07/19(木) 20:51:50.00 _USER9
前日本代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(66)が日本サッカー協会(JFA)を相手取り、東京地裁に名誉毀損(きそん)による慰謝料1円と謝罪広告の掲載などを求める訴訟を起こした裁判の、第1回公判が27日に決まった。東京地裁が19日に公式サイトで、27日に傍聴券の抽せんを行うと発表した。

東京地裁が発表する2日前の17日には、ハリルホジッチ氏の通訳を務めた樋渡群氏の兄・類氏が自身のツイッターで、代理人弁護士からの情報として「以下、弁護士さんに聞いてみたお返事です。日時:7月27日(金)午前11時~場所:東京地方裁判所103号法廷・裁判所がこの問題の重要性を受け止め、一番大きい法廷になった・傍聴人が多いほど裁判官も社会的関心や重要性を認識するもの・ぜひ多くの方に傍聴に来て頂きたい」(コメントは原文のまま)と明らかにしていた。

 JFAは4月7日付でハリルホジッチ氏を解任した。その理由として、田嶋幸三会長は同9日の会見で「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」などと説明していた。それに対し、ハリルホジッチ氏は同27日の会見で「問題はなかった」と反論。弁護士を通じて契約解除の経緯を説明するよう求めた。

 その後、ハリルホジッチ氏は5月17日にJFAから回答を受け取ったが、納得のいく内容ではなかったとして提訴を決め、同24日に訴訟を同地裁に起こすと明らかにしていた。弁護士によると、ハリルホジッチ氏は「日本が大好きなので、このまま終わりにすることはできない。裁判できちんと事実を明らかにしたい」と話していたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00273544-nksports-socc

【裏話】関塚氏、代表監督後任についてポロり!!『田嶋会長はクリンスマン、マテウスと話してた』 

1 2018/07/13(金) 18:14:50.42 _USER9
関塚氏が帰国 後任監督人事「一番、日本代表に適した方に」
2018年7月13日 12:32 スポニチ Sponichi Annex サッカー
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/07/13/kiji/20180713s00002014105000c.html

関塚隆氏
no title


W杯ロシア大会を視察していた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(57)が13日、成田空港着の航空機で帰国した。W杯で日本代表を16強に導いた西野朗監督(63)の今月限りでの退任が決定済み。
注目を集める後任人事について「サインするまでは、最後まで分からない。微妙なところなので。技術委員の方々の意見もしっかり聞いて、一番、日本代表に適した方にやっていただきたい。これからの4年間をどういう方向に持って行くのかも含めて進めていきたい。何も決まっている段階ではないので、ご理解いただきたい。何もお答えできない」と語った。

次期日本代表監督の人選は元ドイツ代表のユルゲン・クリンスマン氏(53)と水面下で進めていた交渉が決裂。
技術委員には日本人を推す声が強く、U―21日本代表監督を務める森保一氏(49)の兼任が有力となっている。負担が大きいため、A代表に専念させるプランも浮上する中、関塚委員長は11日にモスクワ市内で田嶋幸三会長(60)と会談。
「FIFA(国際サッカー連盟)のホテルで田嶋会長とお話した時に、会長はクリンスマン、マテウスらいろいろな方とも話をされていた」と明かし「会長には技術委員会のあり方も尊重していただいている」と強調した。

次期監督は20日の技術委員会、26日の理事会を経て決定する見通しだ。新体制の初陣は9月7日の親善試合チリ戦(札幌)。
田嶋会長は「契約だから長引くかもしれない。一番素晴しい人が長引くならそれは待たないといけないし、逆にポンポンポンといくようなら早くやればいい。そこは柔軟にやりたい。慌てるつもりはないが、ずるずると8、9月に遅らせる必要もない」と7月中の決着を目指している。

「森保JAPANの可能性は?」JFA田嶋会長、関塚氏とモスクワで会合!! 

a3c2f73741b5911ae27e378e34361692_1531200241_2
1 2018/07/13(金) 06:56:56.01 _USER9
日本代表の次期監督人事について、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)と関塚隆技術委員長(57)が11日、モスクワ市内で会合を持ち、20日の技術委員会で候補者などを絞り込む議論を行うことを確認した。

 関塚氏はクロアチア―イングランド戦を田嶋会長とともに視察した後、「今日、会長とも話しました。(日本に)帰ってから技術委員会で話し合うということです」と説明した。委員会では、16強入りしたW杯の成果もふまえて議論。日本人、外国人を問わずに出された候補者の中から次期監督が推挙され、26日の理事会での承認を目指す。

 最有力候補だった元ドイツ代表監督のクリンスマン氏との下交渉が破談になり、U―21日本代表の森保一監督(49)がA代表監督も兼任する案も出ている。ただし兼任は負担も大きい。森保氏をA代表の監督に専念させ、新たにU―21代表監督を選ぶ可能性は「責任感ある森保さんが五輪代表を手放すことは考えられない」(協会幹部)と五輪専念の可能性が高いという。関塚氏は候補者について「(カタールW杯までの)4年間を託す人。契約事なので、決まるまではお話しできません」としている。

7/13(金) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000259-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索