Samurai Goal

田中順也


スポンサード リンク





スポルティング・リスボンに所属する田中順也に対して、ドイツの3クラブと柏レイソルがレンタル移籍での獲得に興味 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/25(月) 22:41:17.51 ID:CAP_USER*.net
スポルティング・リスボンに所属するFW田中順也に対して、ドイツの3クラブとJリーグの柏レイソルがレンタル移籍での獲得に興味を示している。25日、ドイツ誌『キッカー』が報じた。

 現在28歳の田中は2014年夏にスポルティング・リスボンへ移籍。昨シーズンはリーグ戦17試合に出場し5ゴールを記録したが、昨年夏に監督が変わったことで出場機会が減少。今シーズンこれまでわずか2試合の出場にとどまっていることから本人は移籍を希望し、クラブもレンタル移籍を認める見込みとなった。

 同選手に興味を示しているのは、ドイツ・ブンデスリーガの日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVのほか、2部リーグのFW宮市亮が所属するザンクトパウリとMSVデュイスブルク、そして古巣・柏の4クラブだという。

 強烈な左足キックを武器とする田中は攻撃的MFとFWが主戦場の選手。ワントップや3トップの中央と左ウイング、攻撃的な中盤でのプレーを得意とする。

 Jリーグは開幕前のため2月以降も移籍ウィンドウが開いており、冬の移籍市場が閉じるまでにドイツのクラブへの移籍が決まらなければ古巣復帰の可能性が高まる模様。

柏は今シーズンからミルトン・メンデス新監督が就任したが、エースFW工藤壮人がバンクーバー・ホワイトキャップスへ移籍したこともあり、計算できるストライカーを探している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00395220-soccerk-socc
no title

田中順也、ラージョが獲得に興味か。乾に続きリーガ参戦へ 

951: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/11/04(水) 09:55:47.66 ID:ZT0fKV4D0.net
田中順也、ラージョが獲得に興味か。乾に続きリーガ参戦へ
http://www.footballchannel.jp/2015/11/04/post117986/
 スペイン・リーガ・エスパニョーラに再び日本人選手が参戦するかもしれない。3日、ポルトガル『ア・ボラ』が報じている。

 ポルトガルのスポルティングCPで活躍する日本代表FW田中順也をラージョ・バジェカーノが狙っているという噂が浮上した。同クラブは現在リーガで15位につけており、残留争いに向けて攻撃のラストピースとして田中に期待しているようだ。

 田中は2014年に柏レイソルからスポルティングに移籍。以後、同クラブで29試合に出場し7ゴール6アシストを記録している。スポルティングでは4-3-3のセンターフォワード、もしくは2トップの一角で起用されている。

 現在リーガ・エスパニョーラにはエイバルに日本代表FW乾貴士が所属している。2人目の日本人選手の誕生となるのだろうか。

2015年11月04日(Wed)9時43分配信
no title

スポルティング田中順也 放出報道一転…背番号『8』に“出世”!!しかしローマとのPSMには出場せず 

1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 07:09:46.28 ID:???*.net
移籍の可能性が報じられていたスポルティング(ポルトガル)のFW田中順也(28)について、1日の地元紙マイス・フチボル(電子版)は今季の登録メンバー25人に含まれたと報じた。

背番号は「8」ということで、昨季の「19」から1桁番号に“出世”。
同紙は「田中は放出される流れだったがメンバー入りしただけでなく8番を受け継ぐことになった」と伝えた。
田中は1日、ローマとのプレシーズンマッチにベンチ入りしたが、出番はなかった。


◆スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/08/03/kiji/K20150803010860430.html
◇関連スレ
【サッカー】スポルティングで構想外の田中順也、MLSへ移籍?
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1438220440/
no title

スポルティングで構想外の田中順也、MLSへ移籍!?市場価格は350万ユーロ(約4億8千万円) 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 10:40:40.04 ID:???*.net
スポルティングCPで構想外となっていると報じられた田中順也にメジャーリーグサッカー(MLS)参戦の噂が挙がっている。29日、ポルトガル紙『オ・ジョゴ』が報じた。

同紙によれば、田中はMLSのシアトル・サンダーズへの移籍可能性があるという。しかしながら、
ポルトガル『マイス・フットボール』によれば、同選手の代理人であるジョニー・バエス氏は「クラブとは話し合っていない」と移籍の噂を否定した。

それでも、同氏は「今季、田中にとって難しい状況になることは分かっている」と今後移籍に発展する可能性を示唆した。

田中は2014年に柏レイソルからスポルティングに移籍金75万ユーロ(約1億円)で移籍した。
クラブとの契約は2019年まで残っており、市場価格は350万ユーロ(約4億8千万円)とみられている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150730-00010008-footballc-socc
フットボールチャンネル 7月30日(木)10時20分配信

no title

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150730-00010008-footballc-socc.view-000
アメリカ行きが噂される田中順也

スポルティング田中順也の背番号が剥奪!背番号『19』は新加入のグティエレスが着用 

1: 名無しのSamurai
田中順也の背番号が剥奪! 新監督の構想から外れたか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150728-00010026-theworld-socc
背番号19は新加入のグティエレスが着用することに

スポルティング・リスボンに所属する日本代表FW田中順也は、新監督に就任したジョルジ・ジェズス監督の構想外となっているようだ。

昨シーズン、田中は途中出場が多いながらもリーグ戦17試合に出場して5ゴールと印象的な活躍を見せた。しかし昨シーズンまでベンフィカを率いていたジェズス新監督の構想には入っていない模様で、『O JOGO』によると、田中が着けていた背番号19は今夏に加入したコロンビア代表FWテオフィロ・グティエレスが着けることになっているようだ。

また、『Record』によると田中は、南アフリカ・ケープタウンで行われたアヤックス・ケープタウンとクリスタル・パレスとのプレシーズンマッチのどちらにも出場しなかったという。同紙は田中が解雇される日は近いと伝えており、田中のポルトガル2年目は苦しいスタートとなったようだ。

ジェズス監督は前線にU-21ポルトガル代表のカルロス・マネやペルーのアンドレ・カリージョらを起用する方針で、ディエゴ・カペルや田中順也は放出候補に入っているようだ。

theWORLD(ザ・ワールド) 7月28日(火)19時0分配信
no title

違約金83億男、田中順也がスポルティング・リスボンで構想外に!葡紙が報じる 

725: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/07/27(月) 19:47:27.72 ID:Ww+kOZqy0.net
TJ構想外っぽい

Tanaka fica mais perto da dispensa
田中は解雇に近いです(Google翻訳)
http://www.record.xl.pt/964987


SnapCrab_NoName_2015-7-27_20-39-55_No-00

スポルティング田中順也、実は驚異的な得点率を記録していた!!! 

1: 名無しのSamurai
スポルティング田中順也、実は驚異的な得点率を記録していた
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150430/307835.html
 フィーゴやクリスティアーノ・ロナウドを輩出したポルトガルの名門、スポルティングに所属する田中順也が、27日のモレイレンセ戦でリーグ戦5点目のゴールを決めた。

 田中は昨夏、柏レイソルからスポルティングへ加入した。開幕前の練習試合でハットトリックを記録するなど幸先の良いスタートを切ったが、いざシーズンが始まると全くと言っていいほど出場機会を与えられず、チャンピオンズリーグではベンチにさえ入れなかった。

 その状況下でハビエル・アギーレ体制の日本代表に招集されたため、「なぜ出場機会を得られていない選手を呼ぶのか?」という批判的な声も上がることとなる。結局、試合勘を失っているなかでインパクトを残せなかった田中は10月以降、一度も呼ばれることはなかった。

 クラブでも代表でも居場所を失った田中だが決して腐らなかった。スポルティングが国内リーグ、CL(敗退以降はEL)に加え、国内カップとリーグカップを並行して戦っていたことも幸いしたと言えよう。

 田中は昨年11月のカップ戦で初ゴールを決めると、1月には公式戦3試合連続ゴールを記録。確かな結果を残したことでリーグ戦でも出場機会が与えられるようになり、現在までリーグ戦14試合に出場、5ゴールを決めている。

 シーズン閉幕を目前にして5ゴールという数字は「助っ人」としては物足りない。しかしこちらの数字を見ていただきたい。

【国内リーグ】14試合5ゴール(先発4途中10、401分)
【国内カップ】5試合1ゴール(先発2途中3、184分)
【リーグカップ】4試合1ゴール(先発4途中0、360分)
【ヨーロッパリーグ】2試合0ゴール(先発1途中1、 88分)

 先発は14試合中僅かに4試合で、出場時間は401分でしかない。4試合と半分の時間で5ゴールを決めている計算になり、1試合辺りの得点率は約1.12となる。

 18クラブで行われるポルトガルは年間34試合なので単純計算するとシーズン38点を決めるペースとなる。また、公式戦全てを合計しても2試合に1点以上決めることになり、数字上はかなり高いのである。

 もちろんこの計算がそれほど重要な意味を持たないことは明らかだが、田中が与えられた数少ないチャンスのなかでしっかり結果を残していることを知っておく必要があるだろう。

2015.04.30. 18:48
no title

【動画】スポルティング田中順也リーグ3点目のゴール!リーグ初スタメン出場から結果を残す! 

1: アジフライ ★@\(^o^)/ 2015/02/23(月) 05:08:15.35 ID:???*
リーガ・ゾン・サグレス第22節
スポルティング2-0ジル・ヴィセンテ
得点:
1-0 田中順也(後半7分)
2-0 ナニ(後半25分)

動画



ソース
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10629072

【動画】田中順也がOG誘発も…S・リスボンは数的優位いかせずドロー 

1: 名無しのSamurai
[リーグ杯]田中順也がOG誘発も…S・リスボンは数的優位いかせずドロー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00319442-gekisaka-socc
[1.28 ポルトガルリーグ杯 S・リスボン1-1セトゥバル]

 ポルトガルリーグ杯は28日、第3ラウンド第4節を行った。FW田中順也の所属するスポルティング・リスボンはホームでセトゥバルと対戦し、1-1で引き分けた。3トップの中央でフル出場した田中は、先制点に絡むなど積極的にシュートを放ったが得点を挙げることはできなかった。

 リーグ戦5連勝中と好調のS・リスボンは前半13分、ショートコーナーのリターンを受けたMFアンドレ・マルティンスが左サイドからクロスを上げる。これをファーサイドで待っていた田中が頭で折り返したボールがセトゥバルのDFネイ・サントスがクリアミスを誘い、オウンゴール。S・リスボンが先制に成功した。

 前半33分には、PA左手前でFKを獲得。追加点のチャンスだったがマルティンスのシュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。前半45分にはセトゥバルに退場者が出てS・リスボンが数的優位に立ったが、後半9分にセットプレーから同点ゴールを許し、1-1で試合は振り出しに戻った。

 後半13分には左からのクロスをゴール前で細かくつないで最後はFWリカルド・エスガイオが右足シュートを放つも右ポストを叩く。30分、31分には田中が立て続けにシュートを放つも枠を捉えることはできなかった。結局、攻め込みながらも10人のセトゥバルから勝ち越しゴールを奪えなかったS・リスボンは1-1のまま試合を終え、勝ち点1を獲得するにとどまった。

ゲキサカ 1月29日(木)6時54分配信
no title

【動画】第18節 途中出場のS・リスボン田中順也、決勝点に絡むも「嬉しさ半分。悔しさ半分」 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 10:22:27.99 ID:???0.net
[1.25 ポルトガルリーグ第18節 スポルティング・リスボン2-0アカデミカ・コインブラ]

ポルトガルリーグは25日、第18節を各地で行った。FW田中順也の所属するスポルティング・リスボンはホームでアカデミカ・コインブラと対戦し、1-0で勝利した。
ベンチスタートとなった田中は後半22分から途中出場している。

前半はボール支配率72%と圧倒的な攻撃を見せたS・リスボンだったがシュートの精度を欠き、前半をスコアレスで折り返した。
後半も立ち上がりから攻め込み、同8分には、右クロスからMFアドリエン・シルバがバイシクルシュート。これは惜しくもクロスバーを叩いた。

後半23分にもロングシュートがクロスバーを叩くなどこの日は運がなかったS・リスボン。
それでも同31分、MFビリアン・カルバーリョの右クロスに抜け出した田中がヘディングシュート。
これはGKの正面をついてしまったが、GKが弾いたボールをMFジョアン・マリオが押し込み、先制点。
これが決勝点となり、S・リスボンが5連勝を飾った。

試合後、自身のブログ(http://ameblo.jp/junya-tanaka/)を更新した田中は「決勝点にも絡むことができた。
というか…直接入れなければいけないヘディングシュートでした」と反省。
「そのあと味方が詰めてくれて決勝ゴール。嬉しさ半分。悔しさ半分です」と複雑な心境を綴った。

それでも田中は15年に入って途中出場も含めると公式戦で6試合連続で出場中。
3ゴール4アシストとチームの勝利にも貢献している。「やはり『ゴール』と、『ゴールに絡んだ』の違いは大きく差があります。
コンスタントに試合に絡めるとモチベーションもコンディションもかなり上向きます。
次も必ず結果を出します」と気持ちを切り替え、今後の活躍を誓った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00315262-gekisaka-socc
ゲキサカ 1月26日(月)10時14分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00315262-gekisaka-socc.view-000
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索