Samurai Goal

田中美南


スポンサード リンク





なでしこジャパン高倉監督「チャンス与えたい」田中美南召集!「FWなので一番は結果」とアピール  

1: Egg ★ 2019/09/20(金) 20:55:44.68 ID:D11+iJKs9
日本サッカー協会は20日、女子日本代表「なでしこジャパン」の国際親善試合カナダ戦(10月6日、アイスタ)に臨むメンバー24人を発表した。6月のワールドカップ(W杯)フランス大会を戦った選手が順当に選出される中、昨季までなでしこリーグ3年連続得点王などの実績を持ちながら同大会出場を逃したFW田中美南が今年1~2月の代表合宿以来、約8カ月ぶりの復帰を果たした。

会見に出席した高倉監督は田中について「プレーの幅が広がっていると感じた」と今季も暫定で得点ランク首位に立つ15得点を挙げるなど質の高いプレーを続けていたことが再招集につながったと明かし「顔つきを見ても、本当に前向きに自分自身に矢印を向けて努力をしていることが見える。またチャンスを与えたいと強く思った」と話した。

久々の吉報を受けた田中は代表復帰を喜びつつ「ここからだなという思いのほうが強い」と表情を引き締めた。直近の代表戦出場は昨年8月のアジア大会準々決勝北朝鮮戦までさかのぼる。「FWなので一番は結果。その中で味方を生かしたり、今までになかった形をみせていけたら」とアピールを誓った。

カナダ戦は16強に終わった6月のW杯以来、初めての代表戦。メダル獲得を目指す20年東京五輪へむけ、高倉監督は「なでしこはまだ倒れたわけではなくて前に進んでいくんだという選手の勇気やプレーがグラウンドで表現できるような試合をしたい」と意気込んだ。

9/20(金) 20:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-09200983-nksports-socc

写真
no title

なぜ田中美南を招集しなかったのか W杯敗退後の高倉監督発言になでしこリーグ現場が反発  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/03(水) 17:29:46.08 ID:ZXcf2tuf9
7/3(水) 16:40配信
【なでしこジャパンの暗闘 東京五輪に光はあるか 最終回】今年の某月某日。昨季までなでしこリーグ3季連続の得点王を獲得し、念願のリーグMVPにも輝いたFW田中美南(25=日テレ)は元なでしこジャパンのXと食事をともにしていた。まだW杯メンバー発表前のことだが、このとき、田中美は自身の置かれた状況を悟っていた。「たぶん、私はメンバーに入らないと思います」

 この言葉を聞いたXは「大丈夫。W杯は今回で終わりじゃないよ。とにかく結果を出し続けて。この世界、結局最後は結果を出したもん勝ちなんだから」と励ました後に「それにしても美南を使わないなんて、点を取る気があるのかな」と独り言を口にしたという。

 抜群の得点力を誇る田中美のW杯落選は様々な波紋を呼んだ。日テレからは最多の10人が選出されたが、その頂点にいるはずのエースは高倉麻子監督(51)の構想から外れた。指揮官は「彼女にチャンスは与えた。だが、彼女は私の期待に応えられなかった。それだけのこと」と関係者に話している。田中美の決定力は尊重しているものの代表では生かせないという判断だった。

 クラブで活躍していても代表チームでは輝けない選手は、女子に限らず、山ほどいる。ただ今回のW杯で敗退した際に高倉監督は、得点力不足については個人のレベルアップを求めた。これには国内リーグの現場からは「圧倒的な個の力を持つ田中の落選との整合性がとれていない発言」と反発の声も出ていた。

 リスクマネジメントの面で経験不足を露呈した指揮官。年代別大会の成功体験もフル代表では生かされず、采配でも後手に回り、勝負どころで流れを変えるような策も打てなかった。1年後の東京五輪の選手登録枠は、W杯より5人も少ない18人。無駄のない選手選考、勝ち上がるための戦略、監督の采配力の向上など課題は山積みだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190703-00000037-tospoweb-socc
no title

<なでしこジャパン>敗退の原因は決定力不足。54本のシュートを放ちながらわずか3得点では…  

20190626-00060652-sdigestw-000-3-view[1]




1: Egg ★ 2019/06/26(水) 20:00:16.19 ID:Ja8Afezh9
計54本のシュートのうち枠を捉えたのは3割だった
[女子ワールドカップ・フランス]決勝トーナメント1回戦/6月26日/日本1-2オランダ/ロアゾン・パルク(フランス・レンヌ)
 
なでしこジャパンこと日本女子代表は6月26日(日本時間)、女子ワールドカップの決勝トーナメント1回戦でオランダと対戦。1-2で敗れ、3大会連続のベスト8進出とはならなかった。
 
オランダ戦で露呈したのは、決定力不足だった。日本は12本のシュートを放ちながら、枠内に飛んだのは4本で、そのうちネットを揺らしたのは、わずか1本にとどまった。
43分(ゴールシーン)の崩しと長谷川唯のゴールは見事だったが、20分に相手ペナルティエリア内に抜け出した菅澤優衣香のシュートは右ポストに当たり、79分に後方から攻め上がった杉田妃和のシュートもクロスバーに弾かれた。
 
度々の決定機をフイにしてなかなか追加点を取れずにいると、終盤の87分に痛恨のPKを献上する。これで決勝ゴールを与え、万事休す。過去2大会連続で決勝進出していた日本は、ラウンド16で姿を大会から姿を消すことになったのだ。
オランダ戦だけでなく今大会を振り返れば、いずれの試合もフィニッシュの課題に悩まされていた(大会前からひとつの懸念材料だった)。通算わずか3ゴールという数字が精度の低さを物語っている。

エースの岩渕真奈が「チャンスの数もあったが負けは負け」と言い、その岩渕と2トップを組んだ菅澤が「試合重ねるごとに、人数をかけたバリエーションある攻撃ができるようになった。
今日も出せたが最後決めきることができなかった」と悔やめば、「決め切る力でいうと、チャンスはあったので、そこを決め切れていれば……。そういうところはほかの国との差かなと思います」と全4試合に出場したボランチ三浦成美も同調する。
 
選手が言うようにチャンスがなかったわけではない。むしろ多いくらいだろう。実際、今大会の4試合はいずれもシュートチャンスの数は相手よりも下回っていない。
初戦のアルゼンチン戦は8本(相手は5本)、グループ最大のライバルだったイングランド戦も16本(相手は14本)。2ゴールを奪ったスコットランド戦では18本(相手は12本)と、数多くのシュートチャンスを作っている。
 
ところが枠内を捉えたのは、アルゼンチン戦3本、スコットランド戦6本、イングランド戦5本、オランダ戦も合わせて計算すると、計54本中18本。全シュート数のたった3割だ。しかも得点につながったのは、そのうち3本のみ。
高倉麻子監督は、「修正力を重視して選手を選んだ」と今大会の23名を選んだが、結局最後まで課題を改善できなかった。
 
6/26(水) 17:25配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00060652-sdigestw-socc

なでしこジャパンの高倉監督「解任論」噴出!不可解な選手選考&采配に疑問の声   

1: Egg ★ 2019/06/13(木) 21:22:54.37 ID:dmtZhOkH9
なでしこジャパンがきな臭くなってきた。サッカー女子ワールドカップ(W杯)フランス大会は、2大会ぶりの優勝を目指す日本(国際連盟=FIFA=ランキング7位)が、同37位のアルゼンチンとの1次リーグD組初戦でまさかのスコアレスドローに終わった。

日本サッカー史上初の女性代表監督として2016年に就任した高倉麻子監督(51)は、開催国枠で出場する来年の東京五輪でも指揮を執ることが既定路線だったが、不可解な選手選考や采配に批判の声が噴出。今大会で惨敗するようなら、解任論は一気に高まることになる。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 ゴール前を固めるアルゼンチンのDF陣を崩せず、1点も取れなかったなでしこ。

 振り返ってみれば、今大会のメンバー選考自体に波乱の要因があった。昨季なでしこリーグMVPで3季連続得点王のFW田中美南(25)=日テレ=を、高倉監督はあえて落選させた。日本代表でも35試合に出場して14ゴール、年齢的にも今大会が旬だったストライカーの落選は、同じフランスで開催された1998年男子W杯の直前に代表から外されたカズ(三浦知良)=J2横浜FC=になぞらえる日本協会関係者がいたほど。

 田中落選の理由について高倉監督は「3人、4人がコンビネーションを作ったときに、鉄のディフェンス、大きな選手たちを翻弄する崩しができるのではないか」と語り、“個の力よりチームワーク”を強調した。

 ところが、痛恨のドローに終わったアルゼンチン戦後、高倉監督は何と言ったか。「相手がゴール前を固めてくる中で、崩すアイデア、個人の力が足りなかった」とコメントしたのだから皮肉である。

 フル代表の監督に就任する前に、若い世代を率いて2014年U-17(17歳以下)女子W杯を制した高倉監督は、当時の優勝メンバーからMF長谷川唯(22)=日テレ、FW遠藤純(19)=同=らをフル代表に抜擢しているが、劣勢で頼りになるのは“子飼い”の若手より、経験豊かなベテランだろう。

 しかし高倉監督は、今も海外で現役を続けているFW永里優季(31)=レッドスターズ、MF川澄奈穂美(33)=スカイブルー=を今大会メンバーに入れていない。

 なでしこ全盛期のDFリーダーで、昨季チームを3冠に導き13年連続ベストイレブンに選ばれた岩清水梓(32)=日テレ=に至っては、高倉ジャパン発足後一度も招集されていない。

 采配に対しても、日本サッカー協会内には、「選手交代が遅いのではないか」と疑問を唱える声が上がっている。「数々の海外遠征をはじめ、高倉監督の要望には極力応えてきたのに、結果がこれでは…」と皮肉る幹部も現れた。

 田嶋幸三会長(61)は「東京五輪で男女メダル獲得」を目標に掲げ、高倉監督就任にあたっては「なでしこジャパンを一番勝たせる可能性のある監督」と断言していたが、当初のもくろみから遠ざかっている。

 しかも“ポスト高倉”は致命的な人材難。火中の栗を拾うのは、2011年W杯ドイツ大会でなでしこを初の世界一に導き、15年カナダ大会でも決勝進出(準優勝)を果たした前任者、佐々木則夫氏(61)ぐらいしか見当たらない。佐々木氏は現在、田嶋会長の肝いりで日本協会理事を務めている。

 ちなみに一般のサッカーファンからは、今回フジテレビの解説として現地入りしている澤穂希さん(40)、現役引退を発表した宮間あやさん(34)らの代表監督就任を待望する声も上がっているが、2人はまだ代表監督就任に必要な「S級ライセンス」を取得していない。

 なでしこの次戦は、日本時間14日午後10時開始予定のスコットランド(FIFA20位)戦。さらに同20日午前4時開始予定の強敵イングランド(同3位)戦が控えている。

 1次リーグは各組2位以上なら自動的に決勝トーナメントへ進出。3位でも6チームのうち成績上位4チームが次へ駒を進めることができる。

 なでしこの戦いはここからが本番。もちろん、挽回のチャンスはまだまだあるわけだが、最近2大会連続で決勝に進んでいるだけに、中途半端な成績では許されない。

6/13(木) 16:56配信 夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000005-ykf-spo

写真
no title


【サッカー】<なでしこジャパン高倉監督>「初戦の難しさ..勝ち点1をとったことをプラスにとらえてチームとしては前に進んでいくだけ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560213489/

なぜ3年連続得点王FW田中美南が落選?なでしこW杯メンバー選外理由を高倉監督が吐露!  

1: Egg ★ 2019/05/10(金) 17:54:23.02 ID:XUwmpZGV9
6月にフランスでW杯開催、昨季リーグMVPと得点王をダブル受賞のFW田中が選外

no title


日本サッカー協会は10日、6月に行われるフランス女子ワールドカップ(W杯)のなでしこジャパン(日本女子代表)登録メンバー23名を発表。昨季なでしこリーグMVP(最優秀選手賞)を初受賞し、3年連続得点王に輝いた日テレ・ベレーザの24歳FW田中美南が落選の憂き目に遭ったなか、高倉麻子監督が選外の理由について明かした。

 現在FIFAランク7位の日本は、6月の女子W杯で3大会連続の決勝進出、2大会ぶりの頂点を目指すなか、グループリーグでアルゼンチン、スコットランド、イングランドと対戦する。

 この日発表された23人の登録メンバーでは、主将のDF熊谷紗希(リヨン)をはじめ、DF鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、FW岩渕真奈(INAC)MF長谷川唯(日テレ)らが順当に選出された一方、MF川澄奈穂美(スカイ・ブルーFC)やMF猶本光(フライブルク)らが落選した。

 選外メンバーの中で注目を集めたのが、昨季なでしこリーグ4連覇を果たした日テレのエースFW田中だ。昨季、自身初のMVP受賞とともに、3年連続得点王に輝いてダブル受賞で脚光を浴びたアタッカーがW杯メンバーから漏れる形となった。

 高倉監督は会見のなかで攻撃陣の選考理由について「オンで武器を発揮できる選手と、オフで戦える選手、両方で戦える選手があると思うが、選んだ選手たちはどの組み合わせでも何かを作りだせるのではないかと期待させる選手たちが多い」と言及。さらにコンビネーションでの打開を想定していると口にした。

「劣勢な試合でも、3人、4人がコンビネーションを作った時に、鉄のディフェンス、大きな選手たちを翻弄できる崩しができるのではないかというのが楽しみであるし、その能力を持ち合わせていると思う」
 
 続けざまに指揮官は田中の落選について「名前が出た田中選手の得点力も大きな期待を持っていたが、考えた結果としてこの選手たちを選んだ」と吐露。田中が備える得点力は大きな魅力だったものの、選出メンバーたちのコンビネーション能力が上回ると判断したようだ。

 明暗分かれる形となったメンバー発表を終えて、高倉監督は「優勝を目指して臨みたい」と宣言。2011年大会以来、2度目のW杯制覇を目指すなか、なでしこジャパンのプレーに注目が集まる。

5/10(金) 15:04 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190510-00187974-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索