Samurai Goal

獲得


スポンサード リンク





久保建英の獲得を巡って“ダービー”勃発か…スペイン紙「彼は今夏移籍市場で最も人気のある選手の1人」 

スクリーンショット 2020-07-25 12.55.58のコピー

あのC・ロナウドが妥協の末の獲得だった? マンUの当時の本命選手が明らかに 

スクリーンショット 2020-07-24 6.25.25のコピー




1: 2020/07/23(木) 20:20:20.29 _USER9
 元マンチェスター・ユナイテッドの最高経営責任者であるピーター・ケニオン氏が、2003年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)を獲得した経緯を明かした。イギリス『ザ・サン』が伝えている。

 同紙によると、ユナイテッドは同年夏の移籍市場で本命としていた元ブラジル代表ロナウジーニョ氏の獲得に失敗。その代役として浮上したのが当時スポルティング・リスボンに所属していたC・ロナウドだったという。

 イギリス『デイリー・テレグラフ』のインタビューでケニオン氏は、ブラジルのスター選手を迎え入れるために「本当に一生懸命努力した」と認めている。しかし、所属元のパリSGからの金銭的な要求は法外なものだったことから、最終的に当時18歳のC・ロナウドを選んだと説明した。

 ロナウジーニョ氏は2002年の日韓W杯でブラジルの優勝に貢献。翌年夏にユナイテッドとバルセロナが争奪戦を繰り広げ、ユナイテッドより高額な2900万ポンド(約39億円)のオファーを提示したバルセロナが獲得に至った。

 その後、S・リスボンとの親善試合をきっかけにC・ロナウド獲得に動き出したユナイテッドは、10代選手の移籍金として当時イングランド史上最高額となる1200万ポンド(約16億円)で契約。C・ロナウドは2009年に8400万ポンド(約113億円)でレアル・マドリーに移籍するまで、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇や3度のプレミアリーグ優勝など、数々のタイトル獲得に貢献した。

 加入当初はドリブラーとして鳴らしていたC・ロナウドだが、恩師であるアレックス・ファーガソン氏の下、ユナイテッドで世界屈指のゴールハンターに成長。レアル時代も含め、これまでバロンドールを5回受賞している。同紙は、もしユナイテッドがロナウジーニョを獲得していたら、C・ロナウドがここまで成功することはなかったかもしれないと言及した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/510b021c5df6d4fb6f8841865ecde77362281bf9

久保にビッグクラブ獲得名乗り 来季どうなる? 

20200718-27180080-nksports-000-7-view

ドルトムントが久保獲得に名乗りか スペイン紙 

20200701-27010184-nksports-000-5-view

大分がストライカー渡大生の獲得を発表! 「少しでも前に進みたい」広島での悔しさをバネに意気込む!  

20191224-00068087-sdigestw-000-3-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/24(火) 18:34:05.51 ID:zmmqDAUs9
今季は神戸戦でスーパーボレー2発を披露!

 12月24日、大分トリニータがサンフレッチェ広島より、FW渡大生を完全移籍で獲得したことを発表した。
 
 渡は1993年6月25日生まれの26歳。2017年には徳島でJ2日本人トップの23得点を記録し、2018年から自身初のJ1の舞台となる広島へステップアップ移籍。初年度はわずか1得点と、本来の力を発揮することはできなかったが、それでも豊富な運動量と献身的なハードワークで、数字には表われない貢献を示した。

 今季もリーグ戦3得点と結果は伸びずとも、7節の神戸戦では見事なボレー2発を披露した。どちらも記憶に残るスーパーゴールだった。
 
 渡は、加入が決まった大分の公式サイトで以下のコメントを発表している。
 
「サンフレッチェ広島から来ました渡大生です。自分自身をより明確化し、日々出来ることをやりきり、少しでも毎日前に進みたいと思います。よろしくお願いします」
 
 また、広島のサポーターに向けては、悔しさを滲ませながらも感謝の気持ちを綴っている。
 
「素晴らしい選手たちと2年間共に過ごせて、選手としても人間としてもより自分自身を深めることができました。本当にありがとうございました。チームの力になりきれませんでしたが、素晴らしい2年間でした」
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部 12/24(火) 16:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191224-00068087-sdigestw-socc

横浜M、徳島のGK梶川裕嗣を獲得へ…京都、浦和退団・森脇と徳島・バイスにオファー…小屋松は鳥栖移籍決定的  

1: Egg ★ 2019/12/15(日) 07:41:44.56 ID:qNlYrxKC9
横浜Mが徳島のGK梶川裕嗣(28)の獲得に乗り出していることが14日、分かった。GK梶川は名古屋の下部組織出身で、東海学園高―同大を経て2014年に湘南に加入。17年からは徳島でプレー。185センチの上背に加え、素早い動きと正確な足元の技術で、今季は41試合に出場。惜しくも昇格はならなかったが、この日も攻撃の起点となるなどした。

 横浜Mは、GKにも正確な足元の技術を求めるため、補強ポイントが合致した。

12/15(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-12150037-sph-socc

写真no title


J2京都が浦和を退団した元日本代表DF森脇良太(33)、徳島DFヨルディ・バイス(30)に獲得オファーを出したことが14日、分かった。元日本代表DF田中マルクス闘莉王(38)が引退し、DFラインに経験豊富な選手を求める京都が、複数のポジションをこなしてビルドアップの技術も高い森脇と、守備の要として徳島をJ1参入プレーオフまで導いたバイスをリストアップ。ともに交渉は順調で、近日中にも合意する可能性が高いとみられる。

 一方MF小屋松知哉(24)は神戸、鳥栖からオファーを受けていたが、鳥栖への移籍が決定的となった。

12/15(日) 6:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-12150038-sph-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索