Samurai Goal

無失点


スポンサード リンク





川島永嗣、3試合連続先発で今季初の無失点。降格圏脱出の快勝に貢献 

1: 2020/12/07(月) 16:03:00.85 _USER9
 フランス・リーグアン第13節のナント対ストラスブール戦が現地時間6日に行われ、アウェイのストラスブールが4-0で勝利を収めた。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣は先発でフル出場している。

 川島は前節に続いてビングル・カマラを抑えての先発出場。3試合連続の出場となり、今季5回目の出場で初めて無失点に抑えた。チームにとっても降格圏を脱出する5試合ぶりの貴重な白星となった。


 だがチームが圧勝を飾る中でGKの守備機会は少なかったとして現地メディアの評価は伸びず。フランス『Homme du Match』では川島に対してチーム内でワースト2位タイとなる10点満点で「5」の採点をつけ、「ナントが彼を脅かすことはなかった。ある程度正確性を欠く部分もあったが、足でのプレーを巧みに使っていた」とコメントしている。

 仏紙『レキップ』でも川島の採点を「5」とし、こちらは先発メンバーで単独最低点。『ディレクト・ラシン』は川島の採点を「6」としている。

 次節はホームで川島の古巣でもあるメスと対戦。このまま先発の座を維持し続けることができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/55a5bea765c8b21342f69a06fd5dba730f1b77f3
no title

「やろうとしていた守備がはまった」怪物オルンガ封じで名古屋今季15度目無失点試合!チーム記録更新 

1: 2020/12/06(日) 11:18:53.56 _USER9
◇5日 J1第31節 柏0-1名古屋(三協F柏)

 名古屋グランパスは柏を1―0で破り、6日に試合のあるG大阪を得失点差で上回り暫定2位になった。MF相馬勇紀(23)が挙げたゴールを守り切り、チーム記録を更新するシーズン15度目の無失点試合をマークした。名古屋より1試合少ないC大阪は札幌を下して3連勝。4位に上がり、勝ち点を58とし、名古屋に1点差とした。

    ◇    ◇

 怪物FWに付け入る隙を与えなかった。中谷、丸山の両DFを中心に、グランパスは自陣深くで堅い守備ブロックを構成。ここまで27試合で26得点を挙げる柏のFWオルンガが自由に動くスペースを消し、ほとんど仕事をさせなかった。中谷は「やろうとしていた守備がはまった」と、相手エースを封じての勝利にほほを緩めた。

 8月1日の前回対戦ではオルンガに最終ラインを破られて決勝弾を浴びた。悔しい敗戦を糧に、この日は後半も焦らず重心を後ろに維持。オルンガが最終ラインの裏に走り込む展開を回避した。

 フィッカデンティ監督も「どんな試合をするべきか、という点に没頭できた」と語る完封劇で、グランパスは11月28日にマークしたシーズン無失点試合数のクラブ記録を「15」に更新。1試合あたりの失点が「1」を切るのは、優勝を決めた川崎とグランパスの2チームのみ。鉄壁が、またひとつ自信を深めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16e3929efb01231be48325388db108dbf26a667d
12/6(日) 6:05配信

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索