Samurai Goal

激怒


スポンサード リンク





<名古屋フィッカデンティ監督>PKの判定覆りに激怒!「試合をぶち壊された」まさかの「PK取り消し」発生 

1: 2020/12/13(日) 00:26:20.07 _USER9
◆明治安田生命J1リーグ▽第32節 名古屋0―0横浜C(12日・パロ瑞穂)

 天皇杯出場権の2位以内を狙う3位の名古屋は横浜Cと0―0で引き分け、勝ち点2を取りこぼした。

 0―0の後半34分、ペナルティーエリア内で横浜Cの選手にハンドがあったとして名古屋にPKが宣告されたが、審判団の話し合いの末に判定が取り消しになった。フィッカデンティ監督は「映像を確認しても完全にPK」と怒りの声を上げ、Zoomで記者会見に参加する報道陣に対して、「皆さん、PKだったと思う方はうなずいていただけたら。…そうですよね」と逆質問。「アシスタントレフェリーから助言を受けての訂正だと思うが、それは説明にならない。我々は抗議の練習をしていなかった。そこの部分だけ横浜Cが上回った」と淡々と振り返った。

 直後にMFガブリエルシャビエルがラフプレーで退場。数的不利の状況で得点を奪うことはできなかった。指揮官は「あのレッドカードについても、主審がナーバスになっていたのではないかと考えてしまう」とバッサリ。「後味の悪い終わり方をしてしまった。ゲームを振り返る価値がない。試合をぶち壊された」と怒りは収まらなかった。

12/12(土) 16:45 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/4975328304793b2405204269fcaa3b107fc8abf1

写真
no title


J1でまさかの「PK取り消し」発生 異例の事態に物議…“話し合い”後の判定変更に疑問の声も
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a877f9e23f7ea3a1b2229eedbfdb00c60eb422f

ランパード激怒…懲罰交代のチェルシーDFと衝突と報道「あんな怒った彼を見たことない」 

スクリーンショット 2020-09-29 18.15.50

<フッキ>“衝撃の再婚”に前妻が激怒「彼女を生き埋めにするべきだった」 

1: 2020/09/11(金) 23:52:00.30 _USER9
上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキの前妻イラン・アンジェロさんが、フッキの“衝撃の再婚”について言及し、怒りをぶちまけた。スペイン『マルカ』など複数メディアが伝えている。

フッキは12年に渡って連れ添ったイランさんと昨年7月に離婚し、今年3月に再婚を発表した。衝撃的だったのは、再婚相手が前妻イランさんの姪にあたるカミラ・アンジェロさんだったこと。
離婚からわずか3か月後の昨年10月から交際をスタートさせていたことが明らかになった。

フッキは交際当初にカミラさんの両親や兄弟に電話で報告し、了承を得たと報じられていた。しかし、前妻イランさんがこの件について沈黙を破った。怒りの矛先は娘のように愛していたという姪に向けられ、『レコード』に胸の内を語っている。

「何が起こったのか理解できない。強い苦痛を感じたし、心が折れそうになる」
「あの子は私にとって娘のような存在だった。私はあの子にすべてを捧げて、彼女の夢を叶えるために自分の夢の一部を諦めた」
「あの子は私の弱さや痛み、恐れを知っているはず。彼女を生き埋めにするべきだったとすら感じる」

一方、フッキはインスタライブを行い、「イランと離婚した理由はカミラじゃない。結婚していた時にカミラと関係はなかった」と主張。

「あの結婚生活は幸せじゃなかった。その理由はいくらでもある。結婚生活の全てはイランへの裏切りに費やしたし、独身の生活をしていた感覚だ。
彼女は“フッキの嫁”というステータスを得たかっただけだということはよく分かっている」と前妻への不満をぶちまけた。

イランさんとの間には3人の子どもがいるが、フッキは「付き合って一か月も経たないうちに彼女が妊娠して、『問題ない』と言ったが、あの結婚に愛情や情熱は一切なかった。
彼女が妊娠したのはアクシデントで、男として責任を取っただけだ」と強調。「イラン、君はメディアが好きで、ブロガーになりたくて、カミラが裏切ったなんて嘘をついている。あまりにも聞くに堪えないからここに来た」などと訴えていた。

9/11(金) 20:53配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a30c13e185880171feca4efb83cb6e1894c9587

写真
no title

『やべっちF.C.』が大炎上! サッカーファンを激怒させた理由とは… 

cast-img




1: 2020/07/04(土) 23:00:46.52
『やべっちF.C.』が大炎上! サッカーファンを激怒させた理由とは…

6月28日深夜に放送されたサッカー情報番組『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)が、当のサッカーファンの反発を招く構成で炎上してしまった。

同週の土日は、新型コロナウイルスにより中断していたJリーグ・J2が再開し、J3も開幕を迎えたサッカーファンにとって待望の日。
番組も前日の放送では、再開と開幕に対しての期待をあおっていた。

さらに、J1の再開は翌週に控えていた段階とあって、J2・J3の試合情報を詳しく伝えるにはこの上ない好環境。
しかし、取り上げたのはJ2の6試合のみで、残る5試合は「その他の試合」による結果表示のみに終わった。

代わりに放送時間を埋めたのは、J1再開に合わせ、今年2月の開幕戦をダイジェストで振り返るコーナー。
こちらは全試合にわたり時間をかけて振り返る充実ぶりで、4カ月前のダイジェストにもかかわらず、その放送時間は同日に行われたJ2再開戦の約2倍にも及んだ。


当日より4カ月前の試合を優先…

この編成に怒ったのはJ2・J3のファン。
J1の試合がない上、記念すべき再開・開幕戦をムゲに扱われたことで、ツイッターには、

《やべっちFC 何で開幕再開したJ2、J3やらずにJ1の第1節流してるの?》
《そこまでやるなら全試合やれよ》
《やべっちJ1の開幕戦のハイライトするならまずはJ2の全試合ハイライトしなよ。何が日本サッカー応援宣言だよ》
《せっかくのリーグ再開の晴れの日なのにスルーされたJ2クラブのサポーターさんかわいそう》
《J1が再開してない今くらいしかJ2にスポットを当てることはできないのに》

などといった不満が殺到。
典型的な〝炎上〟状態と化してしまった。

具体的な打ち切り報道も出ている『やべっちF.C.』。
そもそも、日本代表の試合くらいしか見ないという人にJリーグの面白さを伝える役割を担っていたハズだが…。

いくら下位リーグとはいえ、この扱いは、まさに〝末期的〟なのかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/123546

北京国安の韓国代表DFの発言に中国が激怒「馬鹿にした」「彼に処分を」 

20200507-43480096-gekisaka-000-3-view

30歳カズが激怒した夜/記者が振り返るあの瞬間 

20200405-24050026-nksports-000-11-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索