Samurai Goal

湘南ベルマーレ


スポンサード リンク





J1湘南、広告料求め提訴 ユニホーム掲載の企業に  

20190126-00112287-roupeiro-000-21-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/03(火) 17:41:54.22 ID:nJDUaMKr9
ユニホームに企業名のロゴを付けたのにスポンサー料が支払われなかったとして、サッカーJ1湘南を運営する「湘南ベルマーレ」が、

東京の健康食品販売会社「新興和製薬」などに計約1億3700万円の支払いを求め、東京地裁に提訴した。
3日に第1回口頭弁論があり新興和側は争う姿勢を示した。

訴状によると2017年12月、7500万円でユニホームの鎖骨部分に新興和製薬のロゴを掲載するスポンサー契約を締結。
18年1月にはスペインでの練習試合の中継に2500万円で協賛することで合意した。

ロゴ付きのユニホームは18年シーズンの試合で選手が着用したほか、グッズとしても販売した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000142-kyodonews-socc
12/3(火) 17:04配信

湘南、最終節勝てば自力残留 浮嶋監督「自分たちの試合に集中するだけ」10勝18敗5分 16位  

201911300000407-w500_0[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/03(火) 06:46:47.60 ID:CkGZCjKM9
湘南は、豪雨の中、約1時間30分の練習を行った。広島戦で11試合ぶりに白星を挙げ、J2自動降格は回避。
最終戦で松本に勝てば自力、引き分けでも清水―鳥栖戦の結果でJ1残留が決まる。

浮嶋監督は「まだ何も決まっていない。他の試合結果は関係なく、自分たちの試合に集中するだけ。
勝たなきゃ何も起こらない」と慎重な姿勢。相手の松本についても「降格が決まったチームはのびのびやる」と警戒した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000022-spnannex-socc
12/3(火) 5:30配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1
順位表

<湘南ベルマーレ>5連敗で自動降格圏と1差!チョウ前監督指揮自粛以来白星なし...  

20191104-00000088-spnannex-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/04(月) 09:22:37.83 ID:HL7hwwI29
 ◇明治安田生命J1第30節 湘南0―3G大阪(2019年11月3日 BMWス)

 湘南がG大阪に0―3で完敗し、リーグ戦5連敗となった。8試合で2分け6敗と勝利がなく、J2自動降格圏の17位松本との勝ち点差は1になった。リーグ戦は残り4試合で、最終節は松本との直接対決も残っており、J1残留へ厳しい状況が続く。

 前半10分、CKのこぼれ球から先取点を許すと、前半終了間際にも失点した。G大阪より多い16本のシュートを放ったものの、終わってみれば0―3の完敗。浮嶋監督は「前半の残り時間の失点が大きかった。そこがポイント」と厳しい表情で振り返った。

 パワハラ問題で8月17日からチョウ貴裁(チョウキジェ)前監督が指揮を自粛して以来、白星なし。ハードワークや球際の強さなど“湘南らしさ”を必死に模索するが、結果が出ない。

16位に後退し、自動降格圏17位の松本に、ついに勝ち点差1となった。主将のDF大野は「決めるところで決め、守るところで守らないと。J1残留が目標だし、残留へやるしかない」と、残り4試合に全力を注ぐ構えを見せた。

11/4(月) 5:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000088-spnannex-socc

湘南ベルマーレ、新監督の招聘動く!選手らへのパワハラ行為で活動自粛中の「曹貴栽」監督は精神面で復帰困難..  

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 07:58:27.10 ID:IsTVgbPm9
選手らへのパワハラ行為で活動自粛中の曹貴栽監督に代わり監督代行を務めている湘南ベルマーレの高橋健二コーチが、この日限りで代行を終えることが6日、濃厚となった。

複数の関係者によると、曹監督はメンタル面で早急な復帰が困難なため、チームは暫定措置として新たな指揮官の招聘(しょうへい)に動きだした模様だ。

   ◇   ◇   ◇

湘南がついに決断した。川崎Fに0-5と大敗。前節ホーム清水戦(●0-6)に続き2戦連続で5失点以上と、Jリーグ歴代ワースト1位の不名誉な記録に並んでしまった。球際に厳しくアプローチする“湘南らしさ”を見せながらも、不用意なパスミスが多い上にシュートの精度が低く、ピッチ外での動揺がそのまま投影されたような内容。曹監督が活動を自粛して以降、リーグ戦2分け4敗と勝ちなしの悪い流れを断ち切るべく、暫定的に新たな指揮官を迎える方向だ。

試合後、曹監督をめぐる騒動が試合に影響したかを問われた高橋監督代行は「練習も手を抜かないでやっていると思うけど、メンタルのところは(影響は)なくはないかと思う」と率直に明かした。この日の敗戦により、16位鳥栖と勝ち点31の得失点差マイナス18で並んだが、総得点の差でなんとか降格圏を免れているという苦しい状況だ。それでもMF梅崎は「周りが騒がしいけど、振り回されている僕らが弱いと思う。この状況をサポーターは諦めず、ずっと声を出してくれている」と前を向いた。痛みとともに湘南は立ち上がり、前に進もうとしている。

写真no title


10/7(月) 5:00配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-10061369-nksports-socc

パワハラ疑惑指揮官の限定Tシャツ販売を発表した湘南、“煽り文”を同日に削除 

20190817-43470585-gekisaka-000-2-view[2]

鳥栖FWトーレスがベンチ外、次節“引退試合”の出場停止は回避 

20190817-43470595-gekisaka-000-1-view[1]

チョウ・キジェ監督のパワハラ疑惑が影響か!?…湘南MF武富孝介が前倒しで浦和復帰へ 

20190815-43470526-gekisaka-000-3-view[1]

パワハラ疑惑に揺れる湘南ベルマーレ、5年前に退団した選手が証言!「おれには愛にしか感じなかった」  

20190813-43470462-gekisaka-000-5-view[1]




1: Egg ★ 2019/08/13(火) 19:02:32.32 ID:aTbQZUHx9
湘南ベルマーレがチョウ・キジェ監督の“パワハラ疑惑報道”に揺れる中、過去に同クラブに在籍したAC長野パルセイロGK阿部伸行が自身のツイッター(@dfrf44a4)で意見を述べている。

 現在35歳の阿部は流通経済大からFC東京を経て、2011年に湘南へ加入。チョウ監督が就任した2012年にプロデビューを果たすと、同シーズンはJ2リーグ戦37試合に出場し、湘南のJ1昇格に貢献した。その後、2014年までの4年間にわたり、同クラブでプレー。2015年に北九州、2017年に現在所属する長野に完全移籍した。

 阿部はチョウ監督のパワーハラスメント疑惑に関する報道があった12日、自身のツイッターを更新。「受け取った人の主観だから1つの大切な意見」と前置きした上で、「ただおれには愛にしか感じなかった!」と綴った。

 恩師の報道に対するものとは明言していないが、タイミング的に今回の件を受けてのツイートだと思われる。ファンからは「ありがとうございます」「愛のあるお言葉」「これ以上の言葉はない」といった趣旨のコメントが寄せられた。

 湘南は今回の報道を受け、12日にクラブ公式サイトで「記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と表明。翌13日には、Jリーグの調査が終了するまで、チョウ監督が現場での指揮および指導を控えることも発表している。

8/13(火) 17:36配信ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-43470462-gekisaka-socc

湘南チョウ監督、パワハラ疑惑で当面指導自粛へ「疑義を正しく審査いただくための措置」 

20190813-43470445-gekisaka-000-4-view[1]

ライザップ、湘南曺貴裁監督から職員へのパワハラ疑惑否定!「事実とは異なる内容」 指揮官の続投希望  

1: Egg ★ 2019/08/12(月) 17:34:23.10 ID:KmmjKqkh9
湘南の経営権を持つライザップが声明文を発表 出向職員への“パワハラ”について説明
no title


J1湘南ベルマーレの経営権を取得する
RIZAP(ライザップ)が12日、曹貴裁監督のパワーハラスメント疑惑について公式ホームページで声明文を発表した。「一部報道について」と題し、ライザップからクラブへの出向職員が曺貴裁監督にパワーハラスメントを受けたと報道された件を「事実とは異なる内容」と説明している。

 同日朝、クラブの公式サイトに「湘南ベルマーレの監督である曺貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、緊急声明を掲載。これを受け、経営権を握るライザップもコメントを発表した。

「当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、『断じて行ってはいけない行為』であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております」とし、「今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、湘南同様、調査を進める方針を示した。

 また、今回の報道でライザップから出向したスタッフが“パワハラ”を受けたとされたことに触れ、「RIZAPより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという記載がありましたが、事実とは異なる内容となっております」と真っ向から否定。「RIZAPから湘南ベルマーレに対する支援体制は都度見直しを行っており、本年6月までRIZAPから湘南ベルマーレに出向していたスタッフ1名は、当社の研究開発方針に基づき、RIZAP Lab(ライザップ ラボ)の体制強化のためRIZAP株式会社に帰任しております」と現状を明かした。

8/12(月) 17:11 フットボールマガジンゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00210143-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索