Samurai Goal

湘南


スポンサード リンク





湘南 今季加入の若月大和(17=桐生第一)、海外移籍交渉中と明かす 新体制発表会見は欠席 

images000




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/09(木) 16:29:55.27 ID:OCnRcorA9
J1の湘南は9日、公式サイトで19年U―17W杯の日本代表メンバーで今季加入するFW若月大和(17=桐生第一)について、海外移籍の交渉中と明かした。

サイトで「この度、桐生第一高校より加入します若月大和選手ですが、湘南ベルマーレと契約を交わしたうえで、現在海外移籍の交渉を行っております」と報告。

「そのため、明日からのチームのトレーニングには合流せず、1月11日(土)に行います、新体制発表会見も出席いたしません」と説明した。

2020シーズンの新ユニホームのネーム、ナンバーも若月の番号は販売しないとした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00000158-spnannex-socc
1/9(木) 16:20配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/269000/268116/news_268116_1.jpg
http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/55171_ext_04_0_L.jpg

湘南ベルマーレ、ノルウェー代表FWタリクを獲得。昨季スウェーデン1部で11得点 

20200109-00357001-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/09(木) 13:58:05.16 ID:OCnRcorA9
 J1の湘南ベルマーレは9日、スウェーデン1部のAIKソルナからノルウェー代表FWタリク・エルユヌシを完全移籍で獲得したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 現在31歳のタリクはノルウェーのフレドリクスタFKでプロキャリアをスタート。オランダ1部のヘーレンフェーン、ノルウェー1部のローゼンポリ、ブンデスリーガのホッフェンハイム、ギリシャ1部のオリンピアコスなどでプレー。昨季はスウェーデン1部でリーグ戦28試合に出場し、11得点を記録した。ノルウェー代表で背番号10を背負うタリクは、代表通算60試合に出場10得点を記録している。

 湘南のクラブ公式サイトでタリクは「まずは湘南ベルマーレさんから今回のチャンスをいただいたことに大変感謝しております。以前より日本に関して、日本のサッカーに関しては良い話をたくさん聞いておりました。今から湘南ベルマーレのスタッフ、選手、サポーターの皆さんにお会いすることを楽しみにしております。みなさんの目標とするゴールを達成できるよう全力を尽くしたいと思っております。今回の新しいアドベンチャーを大変楽しみにしています」とコメントしている。

1/9(木) 13:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200109-00357001-footballc-socc

Jリーグ、今季J1は2・21フライデーナイト湘南―浦和戦で開幕!幕開けの目玉としてカズvsイニエスタが決定.. 

1: Egg ★ 2020/01/08(水) 10:08:31.34 ID:biQnvor69
今季のJ1は2月21日、湘南―浦和のフライデーナイトJリーグで開幕する。

 浦和はアウェーに乗り込み、スタートダッシュを狙う。22日には昨季のJ2をぶっち切りで制した柏が札幌と対戦、仙台―名古屋、川崎F―鳥栖、C大阪―大分が組まれた。昨季初Vを逃したFC東京はアウェーで清水と、元ブラジル代表のザーゴ新監督を迎え、今オフは補強も積極的な鹿島はアウェーで広島と対戦。23日には昨季王者の横浜がG大阪をホームに迎え、リーグ連覇へスタートを切る。

1/8(水) 6:10配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000103-spnannex-socc

写真
no title


J1に昇格して気合が入る「キングカズ」こと横浜C・三浦(左)、10年のW杯で優勝した元スペイン代表の神戸・イニエスタ

三浦知良とイニエスタの比較表
no title


 今季のJ1開幕全9カード(2月21~23日予定)が7日、分かった。新シーズン幕開けの目玉として神戸―横浜C戦が決定。13年ぶりにJ1昇格したFW三浦知良(52)擁する横浜Cと、元日の天皇杯でクラブ史上初タイトルを獲得した元スペイン代表MFイニエスタ(35)率いる神戸の一戦。カズにとって古巣との対戦ともなり、“キング”VSイニエスタの夢対決がいきなり実現する。

【詳細イラスト図】今季J1開幕カード
no title


 いきなり夢の対決が実現する。カズVSイニエスタ―。今季J1の幕開けにふさわしい目玉カードとして神戸―横浜Cが決まった。複数の関係者が明かした。

 横浜Cは昨季J2で2位に入り、13年ぶりにJ1昇格を果たした。プロ35年目を迎えるカズを筆頭に、MF中村俊輔や松井大輔ら日本代表経験者を擁する陣容は、今季のJ1で最大の注目チームともいえる。

 一方の神戸は、元日の天皇杯決勝で鹿島を2―0で下し、クラブ史上初タイトルを獲得した。チームを引っ張るのはスペイン代表として2010年南アフリカW杯を制し、名門バルセロナで数々の栄冠を手にしたイニエスタだ。35歳となった今でも技術は衰えず、サポーターを魅了し続ける。日本代表MF山口蛍、去就は不透明だが元ドイツ代表FWポドルスキもいる。また、清水のFWドウグラス(32)の獲得に動くなどリーグ初制覇とアジアチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いを見据えた補強を進めている。

 リーグを代表する2大スターの対決は、カズも熱望していた。昨季の最終節・愛媛戦(2〇0)で、後半41分から途中出場し、自身が持つJリーグ最年長出場記録を52歳271日に更新。昇進を決めたキングは「(J1では)イニエスタの股を抜きたいね。ダンス? それも目指したい」と意気込んでいた。

 昨季のカズは、4月中旬の練習試合で左でんぶを負傷。リハビリが長引いたこともあり、出場3試合に終わった。現状では開幕途中出場が濃厚だが、本人も「今年はカップ戦(ルヴァン杯)で出番が回ってくる可能性がある。そこで、アピールしてリーグ開幕につなげたい」とグアムで自主トレ中。早朝・午前・午後の3部練習を重ね、J1開幕に照準を定めている。

 2月26日に誕生日を迎えるカズにとって01年から5年間在籍した古巣との開幕戦は52歳ラストマッチ。相対するは世界的レジェンドのイニエスタ。キングVS魔術師の対決で、新シーズンが華々しく幕を開ける。

 ◆王者・横浜MはG大阪戦

 昨季15年ぶり4度目の優勝を飾った横浜Mは、G大阪と激突。得点王とMVPの2冠を獲得した日本代表FW仲川輝人(27)は昨季の開幕・G大阪戦でシーズン初得点を記録。縁起いい相手をホームで迎え撃つ。

 リーグ3連覇を逃しつつもルヴァン杯でカップ戦初タイトルを獲得した川崎は鳥栖と、ブラジル人のアントニオ・カルロス・ザーゴ監督(50)が就任した鹿島は広島と、2年ぶりにJ1に臨む柏は札幌と対戦する。

 ◆カズのJ1開幕戦 J1制度が施行した1999年から京都、神戸、横浜Cの3クラブで、計7回開幕戦を迎えた。03年と07年は出番なしに終わったが、京都時代の2000年・市原戦(現・千葉、1●6)と、神戸時代の05年・C大阪戦(3〇1)ではゴールを記録。5試合出場で2得点を決めている。

1/8(水) 4:00配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01070255-sph-socc

写真
no title

<鹿島>東京五輪世代DF杉岡大暉を獲得!「日本で一番伝統のあるクラブに入れることを嬉しく思います」 

1: Egg ★ 2020/01/03(金) 13:21:07.10 ID:1olClp4W9
鹿島アントラーズは3日、湘南ベルマーレからDF杉岡大暉を獲得したことを発表した。

杉岡は市立船橋高校を卒業後、2017年に湘南入り。これまでJ1リーグ戦58試合に出場し、3ゴールを記録。また、昨夏にはコパ・アメリカに臨む日本代表の一員として招集され、初戦のチリ戦で代表デビューを飾っていた。鹿島への移籍に際し、以下のように意気込んだ。

「この度、湘南ベルマーレから完全移籍で加入する杉岡大暉です。日本で一番伝統のあるクラブに入れることを嬉しく思います。全てのタイトルを獲るためにきました。その目標に少しでも貢献できるように精一杯頑張ります。よろしくお願いします」

また、古巣となった湘南には「僕はこのチームメイト、サポーターをはじめ、スタッフ、フロントなどチームに関わる全員が一つの目標に向かって突き進む湘南ベルマーレの一体感がすごく好きでした」とメッセージを残している。

1/3(金) 13:11配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/categories/sports

写真
no title


【サッカー】<鹿島アントラーズ>一斉発表!レアンドロがFC東京にレンタル、DFチ〇ン・スンヒョンは蔚山現代に完全移籍
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578024121/

湘南・杉岡、浦和からオファーも断り 他に複数クラブからも  

20191223s00002179394000p_view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/24(火) 06:06:38.60 ID:zmmqDAUs9
 湘南のU―22日本代表DF杉岡が浦和から受けていた獲得オファーに対し、断りを入れたことが23日、分かった。

 複数の関係者が明かした。杉岡は24日から、28日に開催されるU―22日本代表の同ジャマイカ戦に向けた長崎合宿に合流する予定。今オフは浦和の他にも複数クラブから獲得の打診を受けており、去就に関してはU―22代表の長崎合宿を終え、年末年始をメドに決定する見込みという。

[ 2019年12月24日 05:30 ]
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/12/24/kiji/20191223s00002179369000c.html

湘南が“崖っぷち”から生還、1-1ドローでJ1残留! 徳島は“下剋上”ならず J1リーグ参入決定戦  

20191213-12130806-nksports-000-14-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 14:57:48.24 ID:G0H1U46d9
J1リーグ参入決定戦、0-1から湘南FW松田が値千金の同点ゴール

来季のJ1リーグ残り1枠を懸けたJリーグ参入プレーオフ決定戦が14日、Shonan BMW スタジアム平塚で行われ、J1リーグ16位の湘南ベルマーレが今季J2リーグ4位からプレーオフを勝ち上がってきた徳島ヴォルティスと1-1で引き分け、大会規定によりJ1残留を果たした。一方の徳島は先制点を奪いながら勝ち切れず、6年ぶりのJ1復帰を目前で逃した。

J2を4位で終えた徳島は、参入プレーオフ1回戦で同5位ヴァンフォーレ甲府と1-1で引き分け、大会規定により勝ち抜けると、2回戦では同6位のモンテディオ山形に1-0で勝利して、この決定戦に進出した。

大会規定により勝つしかない徳島は、“下剋上”を狙って序盤から積極的なプレーを見せていく。そして前半20分、左CKのチャンスを得ると、折り返したボールをMF鈴木徳真が右足で叩き込み、欲しかった先制点を奪った。

その後は湘南ペースで試合が進むも、徳島が1点をリードしたまま後半へ。徐々にホームチームに焦りも生まれ始めた後半19分、崖っぷちの湘南が追いつく。左サイドからのクロスを走り込んだFWクリスランがスルーすると、密集地帯でFW松田天馬が巧みに抜け出し、左足でねじ込んだ。

1-1に追いついたことで、再び徳島が1点を狙う展開に。後半28分にはCKからゴール前でチャンスを迎えるも押し込めず。その後も何度か攻め込むが、湘南の牙城を崩せなかった。

試合はこのまま1-1で終了し、大会規定により湘南の残留が決定。J1最終節の終了間際に勝利を逃し、プレーオフに回ることになったが、崖っぷちからの生還を果たした。一方の徳島はJ2リーグ4位からの“下剋上”を狙い、前半に先制点も奪ったが、あと一歩のところで2014年以来6年ぶりのJ1復帰を逃した。


https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2019121401
試合スコア


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191214-00234427-soccermzw-socc
12/14(土) 14:55配信

【速報】湘南、徳島ともに譲らず1-1の引き分け! 湘南のJ1残留が決定! J1参入プレーオフ決定戦 

20191213-12130806-nksports-000-14-view[1]

J1参入プレーオフ J1最後の椅子懸け湘南vs徳島 対戦成績ほぼ五分 午後1時  

20191213-12130806-nksports-000-14-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/14(土) 08:09:13.67 ID:CiLN2yik9
J1参入プレーオフの決定戦は14日に行われ、J1で16位の湘南ベルマーレとJ2で4位の徳島ヴォルティスが、来季J1の残る最後の椅子を懸けて湘南の本拠地BMWスタジアムで午後1時から対戦する。

引き分けの場合は湘南がJ1に残留。徳島が6年ぶりにJ1に昇格するには勝たなければならない。
過去のリーグ戦通算対戦成績は湘南から見て8勝7分け9敗とほぼ五分の星。この試合で今季のJリーグは全日程を終了する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-12130806-nksports-socc
12/13(金) 21:14配信

勝てば残留、負ければプレーオフ。それでも湘南がピリつかない理由。  

20191204-00841671-number-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/04(水) 19:40:10.16 ID:fo0tC9L49
湘南ベルマーレにとって今シーズンの大一番がやってくる。

12月4日現在、16位、勝ち点35の湘南は、最終節の松本山雅戦に勝てば、勝ち点38で清水(勝ち点36)対鳥栖(勝ち点36)の結果にかかわらず、J1残留を自力で決めることができる。
引き分けでも清水が負け、あるいは鳥栖が4失点して敗戦すれば残留が決定する。

だが、両チームが引き分けで湘南も松本に引き分けか、あるいは敗れるとJ1参入プレーオフに回ることになる。
一発勝負ほど怖いものはない。ましてや残留と昇格をかけたデスマッチ、何が起こるかわからない。
松本に勝ってスッキリと残留を決めたいところだ。

さいわい、湘南は良い流れで最終戦を迎えられそうだ。

「セレッソ大阪戦から自分たちの戦い方を思い出して戦えるようになってきた」

梅崎司が語るように、セレッソ戦は負けはしたが内容は悪くなかった。
つづくFC東京戦も先制点を奪い、終了間際に森重真人のスーパーゴールで1-1の同点に追いつかれたが、湘南らしさが出ていた試合だった。

山田直輝の珍しいガッツポーズ。

そして広島戦、湘南は全盛期のようなアグレッシブなサッカーを展開。前線からの激しいプレッシングでボールを奪い、何度も決定的チャンスを作った。
多くのチャンスを作り、いいリズムでサッカーをしていると、得点も生まれやすい。

前半9分に山田直輝が金子大毅からリターンをもらい、中へクロス。「味方じゃなくても誰かに当たってくれたらいいかなと思って出した」というボールは、相手DFに当たってゴールし、先制点が生まれた。

「オウンゴールだったけど、苦しい時期を乗り越えてきたので、みんなで喜びを分かち合いたかった」

山田は、珍しくガッツポーズを見せ、仲間の輪の中心で喜びを爆発させた。

「何も決まったわけじゃない」

先制ゴールで湘南の攻撃は加速したが、なかなか決定機を決められず、追加点を奪えなかった。
後半、防戦一方になったが、GK富居大樹の好セーブなどで逃げ切り、湘南は8月11日のジュビロ磐田戦以来、実に11試合ぶりの勝利を挙げたのである。

ただ、山田は久しぶりの勝利にも表情は険しかった。

今日の試合の勝利は間違いなく大きい。でも、何も決まったわけじゃない。
次の松本戦で負けてしまうとこれまでやってきたことが何の意味もなくなるので、次の試合に向けてしっかりと準備していきたい」

11試合ぶりの勝利なのだ。嬉しくないわけがない。
だが、山田の言う通り残留が決まったわけではないので、心の底から喜べる状況ではないのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191204-00841671-number-socc
12/4(水) 11:41配信

最終節を残して松本と磐田に降格の可能性、命運握る湘南の動向…J1残留争いの行方は?  

20191126-00010025-goal-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/27(水) 08:53:16.38 ID:MnYUXq799
 残すところ2節となった明治安田生命J1リーグは、30日に第33節の9試合が行われる。優勝争いが激化する一方で、残留争いも勝ち点が拮抗したままクライマックスを迎えている。前節、辛うじて踏みとどまった最下位のジュビロ磐田をはじめ、残留を争うチームの残り2試合の状況を整理していく。

ビッグマッチ勢揃い!J1第33節の対戦カード

順位表(第32節終了時点)
11.ベガルタ仙台(38・-8)
12.名古屋グランパス(37・-3)
13.浦和レッズ(36・-15)
14.サガン鳥栖(36・-18)
15.清水エスパルス(36・-24)
――J1参入PO出場――
16.湘南ベルマーレ(32・-24)
――J2自動降格――
17.松本山雅FC(30・-16)
18.ジュビロ磐田(28・-20)
※カッコ内は勝ち点・得失点差

11位:仙台[勝ち点38・得失点差-8]
第33節:vs 大分(ユアスタ)
第34節:vs 広島(Eスタ)

すでに自動降格の可能性が消滅している仙台は、残り2試合で1ポイントさえ奪えば、残留が確定する。
仙台が仮に2敗を喫し、湘南が2連勝を収めた場合でも得失点差16も離れていることを考慮すれば、残留はほぼ手中に収めたと言ってもよい。

12位:名古屋[勝ち点37・得失点差-3]
第33節:vs 磐田(ヤマハ)
第34節:vs 鹿島(豊田ス)

名古屋も仙台同様、自動降格の可能性がなくなった。次節は崖っぷちの最下位磐田のホームに乗り込む。勝てば残留が確定。引き分けても湘南の結果次第で33節での残留が決まる。

13位:浦和[勝ち点36・得失点差-15]
第33節:vs FC東京(味スタ)
第34節:vs G大阪(埼玉)

ACL優勝を逃した浦和は、約3週間ぶりにリーグ戦に臨む。33節で対峙するのは優勝争いを演じるFC東京。勝てば他会場の結果に関係なく残留が決定。
引き分けの場合でも湘南と松本が引き分け以下に終わると残留が決まる。一方で敗れると、下位チームの結果によっては一気に転落の可能性が高まる。

14位:鳥栖[勝ち点36・得失点差-18]
第33節:vs 札幌(駅スタ)
第34節:vs 清水(アイスタ)

ここ5試合でわずか1敗と、泥臭く勝ち点をもぎ取っている鳥栖も次節、勝てば残留が決まる。
引き分けた場合は浦和と同様に、湘南と松本の結果次第となる。最終節の清水戦は順位が拮抗するもの同士の天王山となりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00010025-goal-socc
11/26(火) 18:33配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1
順位表



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索