Samurai Goal

海外移籍


スポンサード リンク





【悲報】サッカー日本代表の選考に選ばれるには海外移籍が必要だと選手にすらいわれてしまう  

no title




1: 風吹けば名無し 2019/10/31(木) 04:27:51.10 ID:lJhC2ry30HLWN
u-17代表でオランダ戦で2得点した若月のインタビュー

―プロ入り後の目標をどう考えている?
「A代表に入るためにも、海外も考えながら、湘南ベルマーレで成長していきたいなと思っています」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?288328-288328-fl

<急増する若手の海外移籍>“代表強化”に若手の国外挑戦は歓迎すべき。ただ手放しで喜んでばかりもいられない 

20190924-00064355-sdigestw-000-6-view[1]




1: Egg ★ 2019/09/25(水) 00:18:24.28 ID:bb8NCEW29
“代表強化”のためにも若手の国外挑戦は歓迎すべき

今年の夏の移籍市場は、国内移籍も海外移籍も例年になく活発で、あまり実績のない若手も次々と海を渡っていった。
 
 U-20ワールドカップやトゥーロン国際大会、コパ・アメリカなどを見ても、日本の若い世代の能力は着実に上がっている。単にテクニックがあるだけでなく、相手を見て駆け引きをしながら戦うことができる選手が増えている。
 
 若手の海外移籍が増えたのも、そうした成長を欧州のクラブが評価してくれたからなのだろう。
 
 国内でのパラグアイ戦とカタール・ワールドカップのアジア2次予選、ミャンマーとの初戦に向けて招集された日本代表は、23人中なんと19人が「海外組」だった。
 
 ホームゲームの場合、海外組は日本までの長距離移動を強いられるため、コンディション調整が難しい。それでも長期的に見れば、欧州クラブでの経験が選手たちを大きく育てるのだから、「代表強化」という観点からも、若手の海外移籍は基本的には歓迎すべきことだ。ただ、手放しで喜んでばかりもいられない。大きな問題点は、出場機会を失うリスクがあることだ。試合に出ていないと選手の能力は明らかに低下する。そうした事態を防ぐには、契約前にそのクラブがどんなサッカーを目指しているのか、自分のスタイルに合っているのかをよく見極めるしかない。
 
 最近はオランダやベルギーに移籍する選手が多い。イングランドやスペインなどに比べて、日本人がすぐに活躍しやすい環境があるからだろう。ただ、これらの国のリーグは基
本的には育成のためのリーグであり、レベルもそれほど高くない。
 
 例えばベルギー。代表チームはFIFAランキング1位の座を守っているが、代表クラスのほとんどはプレミアリーグなど国外でプレーしており、国内組は皆無に近い。ベルギー・リーグの各クラブにとっては、若手の個性を伸ばして国外のビッグクラブに売り込むことが、最大の目的なのだ。ベルギーに渡った日本人選手も、なるべく早くこの国から卒業し、欧州の主要リーグを目指すべきだ。いつまでもベルギーに留まっていたのでは、成功とは言えない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00064355-sdigestw-socc

日本人サッカー選手の前例なき「海外移籍」ブーム、わずか半年で18人が欧州へ移籍!2つの理由...  

1: Egg ★ 2019/08/02(金) 06:11:35.35 ID:/d6YNED29
no title



今夏、海外に移籍したのは久保建英だけではありません Photo:NurPhoto
 今夏の移籍市場で、Jリーガーたちが続々とヨーロッパへ新天地を求めている。7月末の時点で、森保ジャパンや年代別の日本代表に名前を連ねた11人が移籍を決断した。今年1月の移籍市場でも多くの選手が海を渡るなど、ここにきて海外移籍が一気に活況を呈している。日本サッカー界で何が起こっているのか。目まぐるしく変化する舞台裏の動きを追った。(ノンフィクションライター 藤江直人)

● レアル・久保建英だけじゃない わずか半年で18人が欧州へ移籍

 Jリーガーの海外移籍ラッシュが続いている。今夏の移籍市場がオープンになるや、FC東京から世界一のビッグクラブ、レアル・マドリードの一員になった久保建英をはじめとして、7月末の時点で実に11人がヨーロッパに新天地を求めた。顔ぶれは下記のようになっている。

 シュミット・ダニエル GK 27歳 ベガルタ仙台→シントトロイデンVV(ベルギー)
鈴木優磨 FW 23歳 鹿島アントラーズ→シントトロイデンVV(ベルギー)
安西幸輝 DF 24歳 鹿島アントラーズ→ポルティモネンセSC(ポルトガル)
安部裕葵 FW 20歳 鹿島アントラーズ→FCバルセロナ(スペイン)
久保建英 MF 18歳 FC東京→レアル・マドリード(スペイン)
天野純 MF 28歳 横浜F・マリノス→ロケレン(ベルギー2部)
前田大然 FW 21歳 松本山雅FC→CSマリティモ(ポルトガル)
北川航也 FW 23歳 清水エスパルス→SKラピード・ウィーン(オーストリア)
菅原由勢 DF 19歳 名古屋グランパス→AZアルクマール(オランダ)
中村敬斗 FW 19歳 ガンバ大阪→FCトゥエンテ(オランダ)
小池龍太 DF 23歳 柏レイソル(J2)→ロケレン(ベルギー2部)
 
 いずれも各クラブで主力を担い、小池を除けば、森保ジャパンや年代別の日本代表に選出された選手ばかりだ。さかのぼれば今年1月の移籍市場でも、次の選手たちが海を渡っている

ダイヤモンドオンライン8/2(金) 6:01
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190802-00210588-diamond-soci

“海外移籍ブーム” 背景に“夢”のための低い移籍金…選手育てるメリット少ない!今夏1億円以上の移籍金安部だけ  

1: Egg ★ 2019/07/30(火) 09:47:42.67 ID:CGL96Cqz9
今夏の“海外移籍ブーム”には、日本人若手の移籍金が下がっている背景がある。

 近年は海外に行きたい選手の意向を反映し、Jクラブが海外移籍には低い移籍金を設定するケースが増加。今夏にクラブに1億円以上の移籍金を残したのは、バルセロナに移籍したMF安部だけ。Rマドリードへ移籍した久保も、契約満了により移籍金はゼロ。久保のケースは異例だが、これではクラブは何のために選手を育てるのか分からない。

 16年夏には広島FW浅野拓磨がアーセナルに500万ユーロ(約6億円)で移籍するなど、日本人が世界から高く評価され始めた時期もあった。しかし近年は、クラブが選手の“夢”を後押しせざるを得ない状況に陥っている。Jクラブは選手に“帰属意識”を持ってもらえるような教育を、選手には育ててもらった恩を移籍金で返すという意識が高まればと感じる。(サッカー担当・金川 誉)

7/30(火) 9:02配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00000001-sph-socc

写真
no title

乾貴士がセルジオ越後氏に反論、「誰も海外に行っただけで満足してる選手はいません」 

20190212-27883262-gekisaka-000-2-view

セルジオ越後 香川真司の移籍は遅すぎる!海外移籍するなら試合に出ろ! 

20190212-00010008-tvtokyos-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索