Samurai Goal

海外メディア


スポンサード リンク





「メッシも未達成の偉業」「セクシーでエキサイティング!」驚愕の8得点の柏オルンガを海外メディアが絶賛!  

20191125-00067120-sdigestw-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/25(月) 21:35:30.20 ID:q6289Y3W9
ブンデスリーガの古豪からの興味も

衝撃的なゴールショーの“主演”となった大型ストライカーに賛辞が集まっている。

11月24日に行なわれたJ2リーグ最終節で、ホームで京都サンガと対戦した柏レイソルは、怒涛のゴールラッシュを決め込み、13-1と圧勝。
1998年にセレッソ大阪から9点を奪ったジュビロ磐田(9-1)の1試合最多得点記録を大幅に更新した。

この歴史的な一戦で主役となったのが、柏の主砲オルンガだ。開始6分にいきなり均衡を破る先制弾を決めると、23分と33分にも得点を挙げて早くもハットトリックを達成。
後半に入っても、その勢いはとどまるところを知らず、合計8ゴールを一人で叩き出したのだ。

Jリーグにおける個人の1試合最多得点記録を更新したケニア人ストライカーのゴールラッシュに、世界も驚かせている。

ケニアの日刊紙『The Standard』は、「セクシーでエキサイティングな存在だ」とオルンガを称えた記事内のなかで、次のように綴っている。

「アルゼンチンのリオネル・メッシやポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドといった名立たるスターたちも成し遂げられていない1試合8ゴールという偉大な記録をオルンガは完璧にやってのけた」

惜しくもアルビレックス新潟のレオナルドにわずかに1点だけ届かずに得点王にはなれなかったものの、J2を制した柏を牽引したオルンガの存在感は絶大だった。

それだけに海外のクラブが獲得に興味を示しているとの報道もされている。
母国メディアの『Nairobi News』は、ブンデスリーガのヴォルフスブルクとイングランド2部のカーディフから熱心な誘いが舞い込んでいると報道。
さらに『The Standard』も、「彼は日本での成功を楽しんでいるが、今後、欧州からの誘いが本格化すれば、契約を更新するかは疑問符がつく」とレポートしている。

来シーズン、J1の舞台でも躍動するオルンガを見られるのか。来る1月には欧州の移籍市場が開くが、その去就に注目が集まることになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191125-00067120-sdigestw-socc
11/25(月) 19:57配信

<久保建英>リーガ初GOAL!鮮やかなミドルシュートを沈める..圧巻の“タケ劇場”に海外メディアも驚愕 

1: Egg ★ 2019/11/11(月) 09:37:23.80 ID:efrrJ9+T9
写真
no title


日本の至宝がついにやってのけた。

 現地時間11月10日に行なわたラ・リーガ第13節で、マジョルカはホームでビジャレアルと対戦。久保建英は2試合連続の先発出場を飾り、4-1-4-1の右サイドハーフに入った。

【動画】ゴラッソ炸裂!久保建英のラ・リーガ初ゴールはこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=66511

 その日本代表MFに見せ場がやってきたのは、2ー1と1点をリードして迎えた53分だ。ペナルティーエリアの外でボールを受けると、左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドのネットに突き刺してみせた。

 10試合目の出場にして、待望のリーガ初ゴール。マジョルカの公式ツイッターは、「クボ~、強烈なシュートによるゴラッソだ!」と興奮気味のツイートをしている。

11/10(日) 21:27 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00066511-sdigestw-socc

11/10(日) 21:13配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00997004-soccerk-socc

写真
no title


マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間10日、リーガ・エスパニョーラ第13節のビジャレアル戦に先発出場し、移籍後初ゴールを記録。2本のPK奪取の起点にもなり、3-1の快勝に大きく貢献した。海外メディアは「久保の魔法になす術なし」「タケ劇場」と惜しみない賛辞を送っている。

 今夏レアル・マドリードに完全移籍した久保は、プレシーズンをトップチームで過ごした後、開幕直前に昇格組マジョルカへの期限付き移籍を決断。第5節ヘタフェ戦(2-4)では初アシストを記録するも、ここまでリーガ初ゴールはお預けとなっていた。

 ビジャレアル戦では前半13分、左サイドを突破した久保が鋭いフェイントでペナルティーエリアに侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。さらに同22分に右サイドでの華麗なヒールパスから2本目のPKを演出し、マジョルカは2点のリードをもって前半を折り返した。

 後半4分に1点を返されるも、2-1で迎えた同8分、待望の瞬間が訪れる。ペナルティーエリア手前でボールを受けた久保が鋭いボディフェイントでシュートコースを生み出すと、そのまま左足を一閃。強烈な一撃をゴール右隅に突き刺した。ネットを揺らした瞬間、久保は歓喜の咆哮を見せ、チームメートも駆け寄って祝福した。

 久保がこの試合で披露した圧巻のパフォーマンスを受け、衛星放送「ビーイン・スポーツ」スペイン版は「ビジャレアルはPKと久保の魔法になす術なし」と見出しを打って報じると、スペイン紙「マルカ」は「タケ劇場」と表現し、「久保が主役となった」と称賛を送っている。久保が見せた初ゴールを含めた見事なプレーの数々は、世界の注目を一気に集めているようだ。

11/11(月) 8:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00228325-soccermzw-socc

1 Egg ★ 2019/11/10(日) 21:13:30.
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573390539/

<日本代表の“斬新”な新ユニフォーム>海外メディアも反応!「非常に独創的」「ミリタリーカラーだ」  

1: Egg ★ 2019/11/07(木) 09:25:54.04 ID:miS0Cqfc9
写真
no title


日本代表の公式サプライヤーを務めるadidasが6日、今月の代表戦より着用する「サッカー日本代表 2020 ユニフォーム」の発表記者会見を行った。その斬新なデザインの新ユニフォームに、様々な海外メディアが注目している。


 当初は迷彩柄として一部情報が出されており、批判の声が集まっていたが、発表されたユニフォームは「日本晴れ(ニッポンバレ)」をコンセプトにしたものだった。浮世絵から着想を得たデザインで、このユニフォームはカタールワールドカップ・アジア2次予選を始め、来年1月のAFC U-23選手権、そして同年に行われる東京五輪で着用することが決まっている。

 マジョルカに所属する18歳の久保建英が新ユニフォームを着用した写真のイメージが公開されたことから、特にスペイン紙が注目。スペインメディア『エル・エスパニョール』は「画期的なスタイル。ダークブルー、ネイビー、ライトブルー、ホワイトのミリタリーカラーの混合色だ」とコメントしている。また、ポルトガルメディア『besoccer』は「非常に独創的」、英メディア『ワンフットボール』は「言葉が見つからない。一つだけ言葉にするなら、ワオ!」と伝えた。

11/7(木) 8:57 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191107-00346518-footballc-socc

【サッカー】<日本代表新ユニホームに賛否!>アディダスの担当者は、今回のコンセプトを「日本晴れ」と発表!「ガチでかっこいい」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573052577/

韓国で泥沼化するC・ロナウド欠場騒動…海外メディアはどう報じているのか? 

20190802-00010020-goal-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索