Samurai Goal

浦和レッズ


スポンサード リンク





「好きなJリーグチーム」1位に浦和が返り咲き!! 

src_10830260
1   2018/06/03(日) 22:12:25.99 _USER9
あなたのクラブは? 浦和が1位返り咲き、鹿島陥落、G大阪は…好きなJ1チーム
6/3(日) 7:13配信
THE ANSWER

中央調査社発表「一番好きなJ1のサッカーチーム」

世論・市場調査を手掛ける中央調査社が人気スポーツに関する全国意識調査を実施。「一番好きなJ1のサッカーチーム」で浦和が4年ぶりの1位となった。

昨年1位の鹿島が2位、G大阪は3位と変動なし。J1に復帰した名古屋は4位と健闘。昨季、J1初優勝した川崎は5位と人気も上昇した。
次いで札幌が6位と健闘している。下位は16位・神戸、17位・湘南と続き、J1初昇格の長崎が最下位だった。

また、好きなスポーツ選手の男女別結果では男性の7位に本田圭佑、10位に三浦知良がランクインしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180603-00024963-theanswer-socc

観客動員数1位、浦和レッズの「魅力」とは?サポーターがサポーターを呼ぶ? 

キャプチャ
1   2018/05/19(土) 05:44:33.99 _USER9
「浦和レッズ」という名はサッカーをよく知らない人でも一度は聞いたことがあるのではないだろうか?正式名称が「浦和レッドダイヤモンズ」の同クラブはJリーグ1の観客動員数を誇り、アジアのクラブチームの頂点を決めるACLでも2回の優勝の経験がある。今回はそんな浦和レッズの魅力について触れていく。
前身の時代を含めると60年以上になるクラブの歴史

レッズの歴史を簡単に振り返ってみると、その歴史は1950年から始まっている。中日本重工業(当時の本社・神戸)サッカー部として1950年に創部され、その後複数回名前が変わり、Jリーグが開幕する前年の1992年に「三菱浦和フットボールクラブ」となった。現在のクラブ正式名称「浦和レッドダイヤモンズ」になったのは1996年からである。
開幕当初は連敗続きで当初は「お荷物クラブ」だった?

今では、「浦和レッズ」というとJ1の常連で、優勝こそ10年以上遠ざかっているが、間違いなく強豪クラブだと言える。そんな同クラブもJリーグ元年の1993年は連敗続きで、水色のユニフォームを着て臨んだアウェーでは1勝もできなかった。メディアやJリーグサポーターの一部からは、「Jリーグのお荷物クラブ」と称されていた。その後もクラブはJ2降格を経験し、2000年はJ2で戦うなど、目立った成績を残せずにいた。しかし、その後J1には1年で復帰し、2003年にはJリーグカップ(現在のルヴァンカップ)、2004年にはJ1の2ndステージを制覇するなど、徐々に頭角を現していった。
浦和レッズの魅力とは?サポーターがサポーターを呼ぶ?

ここからは本題に入り、浦和レッズの魅力について触れていく。同クラブは近年、観客動員数が伸び悩んでいるものの、2017シーズンもホームゲーム1試合平均約33000人の観客数を誇り、2位のFC東京に約7000人の差をつけてダントツの1位となっている。そんな浦和レッズの魅力とはいったいなんだろうか?クラブの規模や歴史はもちろん、売上も2017シーズンは79億7100万で過去最高額を記録し、言うまでもなくJクラブでダントツの1位である。

これだけ見ても多くの魅力のある同クラブだが、やはり最大の魅力は「サポーターの熱さ」ではないだろうか。時にその熱さのあまり、問題を起こすこともある同クラブのサポーターだが、世界ベストサポーターランキングではトップ10にランクインした経験もあり、その凄さは日本国内に留まらず、世界からも認められている。実際に試合に足を運ぶと、レッズサポーターの応援の迫力、声量や雰囲気に圧倒され、ファン・サポーターになる人は数多くいる。地響きのようにスタジアムに響き渡る応援はそう簡単にできるものではないだろう。

サポーターが多い理由

何故、レッズはサポーターが多いのか?そこには、Jリーグ開幕当初からの「地道な努力」があった。埼玉スタジアムが2002年の日韓ワールドカップに合わせ2001年に完成した。63700人の収容人数を誇り、アジアでも最大級のサッカー専用スタジアムだが、同スタジアムができる前は浦和駒場スタジアム(旧駒場競技場)でホームゲームを開催していた。

Jリーグは「地域密着」を掲げていた。そのため、原則として、クラブ名から企業名を外す方針だった。これに唯一反対したのがヴェルディ川崎だった。当時、神奈川県川崎市をホームタウンとしていたヴェルディ川崎の親会社は読売だった。プロ野球の巨人でおなじみの読売は、サッカーでも自社の広告宣伝を大々的に行う予定だった。そのため、重要な試合では、集客を優先してホームの等々力陸上競技場ではく、東京の国立競技場で試合を開催していた。

一方の浦和レッズ(当時の三菱浦和フットボールクラブ)は企業名こそクラブ名から完全に外さなかったものの、地元の浦和駒場スタジアムで試合を開催し続けた。その結果、ブームが去って観客動員数が伸び悩んだヴェルディに対して、レッズは観客動員数を増し続けて行った。

そして、浦和レッズのホームタウンは埼玉県さいたま市だ。同市には大宮アルディージャという浦和レッズと同じさいたま市をホームとするJリーグクラブがもう1つある。さらには、浦和南高校や浦和東高校、浦和西高校、市立浦和高校など多くのサッカー強豪校がある。また、Jリーグのチェアマンを務めている村井満氏は埼玉県立浦和高校のサッカー部出身である。

「笛をもっと吹け!!」オリベイラ監督、審判の質に苦言を呈す! 

2018-05-03-urawajpg_1qb3ldwpoi5fw135bz89j58ox0
1   2018/05/13(日) 18:12:18.31 _USER9
明治安田生命J1リーグ第14節が13日に行われ、浦和レッズ対サガン鳥栖は0-0のドローに終わった。

【Jリーグ】登録選手・加盟クラブが支払った仲介人報酬ランキング

90分間ほぼ一方的に攻め続けた浦和だったが、ゴール前に堅いブロックを敷く鳥栖の守備陣を崩しきれずゴールも奪えなかった。
浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督は試合後の記者会見で「4試合前からずっと繰り返し見る姿が本日もありました。ただそれがよりはっきりと見られたのが今節でした」と、長い時間攻撃しながら決め手に欠いた展開を悔やんだ。

そのうえで、審判の振る舞いに言及し「再来日して気づいたことですが、レフェリーがあまり笛を吹かないということです。そういう展開になりますと守備をしたいチームにとって有利な試合になります」と判定に苦言を呈している。

「我々はラグビーではなくサッカーをプレーしたいと思っています。我々にとってプレーしにくい状況であると言えると思います。
ボールを持ってプレーしようとしているチーム、勝とうとしているチームにとって、ファウルが起こってプレーが止まってしまうのに、それがフリーキックにならない展開でしたら、かなり不利になります」

前節の鹿島アントラーズ戦は「議論の余地が残るPK」で敗れたと述べたオリヴェイラ監督は、鳥栖戦でも橋岡大樹と柏木陽介に対して「明らかなホールディングがあったにもかかわらず笛が鳴らなかったですね」と、
試合を裁いた家本政明主審と自らの間にファウルに関する認識の違いがあったことを指摘する。

記者から「鹿島を率いていた頃(2007~2011年)に比べて審判の質は上がっているのか、下がっているのか?」と問われたオリヴェイラ監督。
それには「昔の方が(審判の)レベルが高かったかもしれません」と持論を述べた。

「なぜならファウルのコンセプトや基準が変わってきているからです。非常に激しい、悪質なファウルがあってもフリーキックにならなかったりしますので、守備的にプレーするチームには有利だと思いますが、
テクニックがあるチーム、ボールを持ってプレーしたい方にはプレーがぶつ切りにされてしまうのでやりにくい状況です。この状況ではフィジカル的な強さの方がテクニックに勝る内容になってしまいます」

記者会見の最後には「レフェリーについてはあまり触れたくなかったのですが、何試合も我々はイエローカードを出されない姿を見せていると思います。それはなぜかというと、ボールを持ってプレーしようとしているからです。
それを阻止されている状況だったので話しました」と語って退席したオリヴェイラ監督。

苛立った様子も見せながらではあったが、経験豊富なブラジル人指揮官からの日本の審判への鋭い指摘は今後議論を呼ぶきっかけになるかもしれない。

フットボールチャンネル 5/13(日) 17:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269211-footballc-socc

「イニエスタと対戦したい」ヴェテラン槙野がTwitterで呟く 

Dc5pymVWsAIRtuu

 11日に誕生日を迎えた浦和レッズの日本代表DF槙野智章(31)が同日に自身のツイッター(@tonji5)を更新し、同じ誕生日であるバルセロナのMFアンドレス・イニエスタ(34)との対戦希望を明かした。

 槙野は「31歳か…俺もサッカー選手でいったらヴェテランの域だな」と感慨深げに語り、「まだまだ若い選手には負けられんな」と決意。続けて「あ…イニエスタも同じ誕生日か。おめでとう。対戦してみたいな」と、Jリーグを含めて移籍先が注目されるスペイン代表MFとの対決を臨んだ。

 その後、「31歳になった今。頑張るときはいつも、今」と綴った槙野。現在12位につける浦和は13日、J1第14節で17位鳥栖とホームで対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180512-01653699-gekisaka-socc

オリヴェイラ監督「性格良い、代表に値する」槙野をベタ褒め!! 

c7cef_1638_0728da69_c2d8c836

浦和レッズは、13日に明治安田生命J1リーグ第14節でサガン鳥栖とホームで対戦する。鳥栖戦に向けて11日にオズワルド・オリヴェイラ監督が会見を行った。

浦和は直近リーグ5試合で1勝1分3敗と黒星が先行。オリヴェイラ監督就任後は、第12節の川崎フロンターレ戦で挙げた1勝のみと苦しい戦いが続いている。しかし、オリヴェイラ監督は結果が出ない現状にもプレッシャーは感じていないようだ。

【続く】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00010004-goal-socc

【悲報】“無期限入場禁止”次は浦和サポがやらかす... 

1509590722
1   2018/05/11(金) 13:58:12.23 _USER9
浦和レッズは11日、5日に県立カシマサッカースタジアムで開催された明治安田生命J1リーグ第13節の鹿島アントラーズ戦において、浦和を応援するエリアで試合運営を妨げる違反行為を行った1名に、浦和が出場するすべての試合の無期限入場禁止処分を科した。

クラブは、違反行為者が、ビジターサポーターズシート(浦和応援エリア)で対応していた警備スタッフの胸を旗竿で突いたことが処分理由に該当すると説明。浦和が出場する全ての試合における無期限の入場禁止の処分を下している。

今回の違反行為についてクラブは「当日、現場で対応された警備スタッフ様、ご観戦をされたみなさま、運営主管である鹿島アントラーズ様をはじめ、多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

続けて「試合運営を妨げる違反行為は、決して許されるものではありません。観戦ルールやマナーは、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」とマナーの遵守を呼びかけた。

5/11(金) 13:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00000009-goal-socc

浦和・オリベイラ監督『ルヴァン杯の若手起用に賛成』 

b75d8f200a47be860810cbf3f108631b_content

<YBCルヴァン杯:浦和2-0名古屋>◇1次リーグ◇第5節◇9日◇埼玉

 浦和レッズのオズワルド・オリベイラ監督(67)は、名古屋グランパス戦に勝利後の会見で、17年のルヴァン杯から設けられた、21歳以下の選手の先発起用を義務付ける規定について「とても良いやり方だと思う」と前向きな見解を示した。

 ルヴァン杯では「大会の全ての試合において、当該シーズンの12月31日において満年齢21歳以下の日本国籍選手を1名以上、先発出場させなければならない」という規定がある。この規定は、オリベイラ監督が鹿島アントラーズを率いていた07年から11年にはなかった。会見で、そのことをどう思うかという趣旨の質問が飛んだ。

【続く】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00203765-nksports-socc

“因縁の対決”軍配は鹿島に!!オリベイラ監督、古巣に完敗 

5fdb354c3e69eed880bae0547f0ba570

[5.5 J1第13節 鹿島1-0浦和 カシマ]

 J1は5日に第13節を開催し、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦。前半25分にFW金崎夢生のPKで鹿島が先制すると、そのまま逃げ切って1-0の完封勝利を収め、今季初の2連勝を飾った。

 ホームの鹿島は2日に行われた前節長崎戦(○2-1)から先発4人を入れ替え、FW土居聖真、MF永木亮太、MFレオ・シルバ、DF西大伍らがスターティングメンバーに名を連ねた。一方、前節川崎F戦(○2-0)でオズワルド・オリヴェイラ監督就任後、初白星を獲得した浦和は 同試合から先発1人を入れ替えてFW武藤雄樹らを先発起用した。

 07年から11年まで鹿島を率い、07年からJ1リーグ3連覇へと導いたオリヴェイラ監督が浦和の新監督に就任して、かつてのホームスタジアムへと戻ってきた注目の一戦は、全席種完売となって迎えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-01653430-gekisaka-socc

『因縁の対決』鹿島か!!浦和か!!両チームの分析結果 

2018-05-04-kashima-urawajpg_hpzophcedyj1zsttls9ozrm5

■鹿島アントラーズ 内田が鹿島復帰後初のフル出場、守備面に改善の兆し

【プラス材料】
 リーグ前節のホーム長崎戦に2-1で勝利し、名古屋戦以来となる4試合ぶりの勝利を挙げた。1失点を喫したものの、鈴木優磨、金崎夢生の両FWが得点を記録。特に改善が見られたのは守備面で、連戦中で修正が難しいなか、ボールを前から追う場面とブロックを作って奪う場面の選択がチームとして統一されていた。

 また、5試合連続先発を続けるDF内田篤人がシャルケから鹿島復帰後、初めてフル出場を果たし、鈴木の得点をアシスト。前につける判断スピード、パスの正確性は目を見張るものがあり、鹿島の攻撃の起点として機能し始めている。ACLのラウンド16が控えており、浦和戦を勝利し、弾みをつけたいところだ。

【マイナス材料】
 浦和はかつて鹿島を指揮したオズワルド・オリヴェイラ監督が率いる。かつて2007~2011年まで鹿島の監督として毎年タイトルをもたらしたレジェンドである。鹿島というクラブを熟知しており、対策を練ってくるに違いない。オリヴェイラ監督の長所として、分析力が挙げられる。対戦相手のストロングポイントを絞り、そこを消してくる。勝手知ったる鹿島の場合はその精度もかなり高まるだろう。

 その浦和は前節、昨季王者・川崎を相手にオリヴェイラ監督就任後初勝利を挙げており、勢いに乗っているはず。4試合ぶりの勝利を挙げ、上げ潮の鹿島と言えども、結果が出ない時の悪い癖、試合の入り方を間違えれば勝ち点3を勝ち取ることは難しくなる。

【続く】

文:totoONE編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00752612-soccerk-socc

オリヴェイラ監督“サッカーは格闘技じゃない”退場処分に言及!! 

20180503-00000004-goal-000-4-view
1   2018/05/04(金) 15:50:10.21 _USER9
浦和レッズは5日、第13節の鹿島アントラーズ戦を迎える。オズワルド・オリヴェイラ監督にとっては、Jリーグ3連覇を果たした古巣との再会戦。前日会見では「特別なクラブ」への想いを口にしつつ、前節川崎フロンターレ戦での“接触”について意見を述べた。

 浦和は4日、公式サイトを通じて、前日会見のやり取りを公開した。「たくさんの思い出がもちろんあります。鹿島で本当にいい時期を過ごしました。鹿島市(※鹿嶋市)の人々、クラブ、選手、スタッフ全員で本当にすばらしい5年間を過ごすことができたと思っています」。オリヴェイラ監督は就任3試合目で“特別な場所”に乗り込むことの感慨を口にした。

 だが、サッカー界において仕事場が変わるのはよくあること。「浦和が成功するために私はベストを尽くしたいと思っています。鹿島で作り上げた歴史、そしてお互いのリスペクトは残っていくと思いますが、相手が鹿島であっても何かが私のやることに変わりはありません」と、任されたチームの勝利に集中すると誓った。

 その後、選手との関係性や鹿島対策を口にした指揮官だったが、報道陣からの問いかけがないことを確認し、「私の方から最後に一言、お伝えいたします」と自ら切り出したという。話の矛先は川崎F戦でGKチョン・ソンリョンのチャージを受けて負傷したFWアンドリュー・ナバウトのことだった。

「右肩を脱臼し、それに伴う小さな骨の欠損もあります」と症状を説明し、「サッカーは格闘技ではありませんので、ボールを忘れて相手に向かっていくことはやってはいけないことだと思います」と主張。「W杯の中断期間まで彼を起用することはできなくなりましたので、私たちにとってそれは非常に痛い」と状況を述べた。

 そのうえで「浦和だけではなく、オーストラリア代表にも影響するかもしれません」と事の重大さを強調すると、「GKが退場だけで処分が十分だったのかどうか。これで1試合の出場停止だけだったらアンフェアだと思います。なぜなら、アンドリューが出場できない試合はそれより多いからです」とアピール。「アンドリューがプレーできるようになったら、フロンターレのGKも試合に出場できるという処分はいかがでしょうか」と異例の注文を行っている

5/4(金) 14:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-01653399-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索