Samurai Goal

浦和レッズ


スポンサード リンク





攻撃陣爆発、浦和レッズ(2)槙野智章「審判、仕事してくれよ!」の怒声 

スクリーンショット 2020-10-19 15.25.36

攻撃陣爆発、浦和レッズ(1)試合後のピッチに倒れ込んだ赤いユニフォーム 

スクリーンショット 2020-10-19 15.17.00

Jリーグの“経営ランキング”発表 3位ヴィッセル神戸、2位川崎フロンターレ、1位浦和レッズ 

dk_j_0




1: 2020/10/08(木) 09:17:12.13 _USER9
 デロイト・トーマツ・グループのスポーツビジネスグループは、Jリーグに所属するJ1、J2、J3全クラブを対象に、経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」を発表した。その結果、J1は浦和レッドダイヤモンズ、J2はV・ファーレン長崎、J3はギラヴァンツ北九州がそれぞれ首位となった。

経営面から分析した「Jリーグマネジメントカップ 2019」の結果は?(写真提供:ゲッティイメージズ)
 「Jリーグ マネジメントカップ」は、デロイト・トーマツが14年から発行しているランキングで、今回が5回目。20年7月に公表された55クラブの19年の財務情報などをもとに、「マーケティング」「経営効率」「経営戦略」「財務状況」の4つの視点で分析した。ランキングはそれぞれの指標となる計13のKPI(重要経営指標)を、J1、J2、J3の部門ごとに数値化し集計したもの。

 J1首位の浦和は、経営戦略分野で1位を獲得。2位の川崎フロンターレとわずか1ポイント差で2年ぶり4度目の優勝となった。浦和は入場料収入で川崎に倍近くの金額差をつけるほど、スタジアムに足を運ぶ熱心なファンが多い点が特徴。コロナ禍により各チームの集客が厳しいなか、スタジアム外でもサポーターに後押ししてもらえる仕組みを、いかに作るかが喫緊の課題となっている。

 J2首位の長崎は、マーケティング分野、財務状況分野で4位、経営戦略分野で1位タイとなったものの、経営効率分野では12位と課題を残した。20年はジャパネットたかたの創業者でもある高田明社長が退任し、後任に高田氏の長女である高田春奈氏を就任させている。Jリーグ唯一の女性社長のもと、経営効率分野をいかにして改善していくのか。今後の動向に注目が集まっている。

phot
 J3で首位となった北九州は、マーケティング分野、経営戦略分野、財務状況分野で1位、経営効率分野で2位と全分野で好成績を収め、18年に続いて2連覇を果たした。19年のシーズンは、リーグ順位でも首位を獲得。デロイト・トーマツは「取り組んできた組織再編とマインドチェンジというビジネスマネジメントの施策の効果が具体化し、フィールドマネジメント面にもそれが波及した」と分析している。

 20年のシーズンは、新型コロナウイルスの影響により、スポンサー収入や入場料収入の確保に不安を抱えるクラブが多い。各クラブには、コロナ禍における新たな収益源の確保が求められている。

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2010/06/news088.html

<浦和レッズDF槙野智章>上向きを強調!「俺たちは死んでいない」 

1: 2020/10/05(月) 00:06:45.27 _USER9
10.4 J1リーグ第20節 浦和 0-1 名古屋 埼玉]

 9月20日の川崎F戦から続くホームでの無得点連敗が4と延びてしまった浦和レッズ。前半10分にMFマルティノスのクロスからFW興梠慎三が打ったシュートを名古屋GKランゲラックに好セーブされるなど、決定機を阻まれたのが痛かった。

 紙一重とも言える攻防ではあったが、これでリーグ戦3連敗。しかし、試合後のDF槙野智章の声には張りがあった。「連敗の中でも非常に飢えているという印象と、しっかりとボールを動かすこと、ボールを保持するところ、ゴールに向かうところのアイデアは、非常に上向いているという印象を選手は持っている」。上昇の手ごたえを感じていることを強調し、槙野はこう続けた。

「まだまだ死んでいないというところを見せないといけない」

 槙野が言うように、相手の守備ブロックの外郭をなぞるだけのボール回しから一歩踏み込んで、中央へ鋭い縦パスが入るシーンが増えている。

 ただ、“ホーム無得点4連敗”でのシュート数は「川崎F戦7本→横浜FC戦9本→F東京戦11本→名古屋戦5本」と、今節は減少。攻撃の形の確立を求めるがあまり、意表を突くプレーが生まれにくくなっているのかもしれない。閉塞した状況を打破するために何が必要か。ヒントは槙野のコメントにある。

「守備の選手も守りだけが仕事ではないのが現代のフットボール。僕たちのチームの中では『発射台』という表現で言っていますけど、自分たちDF陣がパスのアイデアマンとして前の選手たちを動かす、前の選手たちを助けるという攻撃のところを担う仕事をするのも1つのテーマです」

 今季は7月4日のリーグ再開時からノンストップで試合が続いてきたが、今後はやや緩やかになる。浦和の次の試合は10月9日の鳥栖戦。久々に約1週間空くこの期間に攻撃を改善し、「死んでいない」ことを証明したい。

写真no title


10/4(日) 23:11 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/10289164a5e43ec812f4c30cba7239e63572844a

浦和レッズが差別的、誹謗中傷的な投稿について声明「絶対に許すことはありません」 

スクリーンショット 2020-09-21 21.55.48




1: 2020/09/21(月) 19:32:25.65 _USER9
浦和は21日、「SNSにおける差別的、誹謗中傷的な投稿について」と題した声明を公式サイト上で発表した。以下、全文。

前日20日の川崎F戦後、SNSにて弊クラブ所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷を伴う看過できない発信を確認しました。

ここ数節、川崎Fの対戦相手に対し、同様の投稿が為されており、川崎Fサポーターのアカウントを利用した成り済し行為と思われます。浦和レッズだけではなく、Jリーグ全体に対して悪意のある行為です。浦和レッズとしては弁護士にも相談の上、今後の状況によっては法的措置も辞さない考えです。今後もいかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNS等での発言も絶対に許すことはありません。

これからも浦和レッズの理念、差別撲滅宣言、SDGsのビジョン、提携する国連の友アジア―パシフィックと共に策定した差別撲滅に向けたアクションプログラム(行動計画)に基づき、浦和レッズは継続して、差別撲滅に向けて取り組み続けていきます。

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/09/21/kiji/20200921s00002179415000c.html

<浦和レッズ>メールアドレス99件流出で謝罪!「TO」の欄にアドレス入力し誤送信・・・・・・・・ 

EiBG5BLVkAA1ycJ




1: 2020/09/19(土) 17:43:04.36 _USER9
J1浦和が19日、同クラブが6月20日から8月31日まで実施した「浦和レッズ クラウドファンディング」での支援者にお礼のメールを送った際に、
対象者99人のメールアドレスが宛先欄に表示され、メールを受け取った支援者が他の人のアドレスを閲覧できる状態になっていた誤送信が発生したと発表した。

 これは、メールを複数の相手に送る際に「BCC」ではなく「TO」の項目に送信先のアドレスを入力してしまったことによるもの。
「TO」の項目に入っているアドレスは受信者全員が知ることができるが、「BCC」の場合は他の受信者には分からなくなる。受け取った人からの連絡で、浦和は事態を把握したとしている。

浦和は99人に対して、19日12時17分に誤って宛先を「TO」の項目に入力して、メールを送信してしまったと発表した。
99人のクラウドファンディング送信者に対して浦和は、事実関係を報告した上で謝罪をし、「当該メールの削除をお願いさせていただいております」としている。

9/19(土) 17:18配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/eac90b404c4cd8f7d4978baa233913fa229bbe4b

【サッカー】<浦和MF柴戸海>17戦52得点の首位・川崎フロンターレをシャットアウト宣言!「針の穴も通さない強固な守備を築く」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600339773/

浦和レッズ 初のクラウドファンディングは1日で4000万円に迫る!豪華リターンは完売が続出 

img_b9add3db0047044ebebe22bfb89b4c2c953951




1: 2020/06/21(日) 21:59:36.18
金額に応じてグッズや権利などのリターンも用意されている

浦和レッズが6月20日から開始したクラブ初のクラウドファンディングは、1日で目標金額1億円の3分の1を突破。21日の20時時点で3万7000円以上が集まり、4000万円に迫っている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、クラブは苦境に立たされている。立花洋一代表取締役社長によれば、今年度は10億円前後の赤字となる可能性もあるという。

そんな未曽有の危機を脱するために、実施されるのが今回のクラウドファンディング、「ONE HEART TOGETHER!~浦和レッズの未来のために~」プロジェクトだ。
「浦和レッズの未来のため、浦和レッズの理念実現のため、そしてまた世界の舞台で戦うために、レッズファミリーが一体となって挑戦していきたい」との考えの下、
支援金はチーム運営費、理念を実現するための費用、試合運営費用等のクラブ運営のための費用として使われる。

立花代表は「チーム活動の休止中、さまざまな場面で、オンラインという手段が主ではありましたが、多くのみなさまと時間を共にさせていただきました。
その際、みなさまも大変な状況の中にもかかわらず、多くの励ましのお言葉をいただきました。クラブが果たさなければならない役割を改めて実感しました。
みなさまにこのプロジェクトにご賛同いただき、ご支援をいただけますようお願いいたします」と協力を仰いでいる。

金額に応じてグッズや権利などのリターンも用意され、すでに選手のサイン入りスパイクがもらえるプレミアムグッズコースや強化担当とのオンライン対談コースなどは完売。
また同じく完売していたサイン入りユニホームのコースは在庫が追加された。その他、自分の名前がオーロラビジョンに映し出される特典などもある。

 なお期間は8月31日の23時までとなっている。

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=75135

#浦和レッズ 差別的発言や誹謗中傷についての声明を発表。「差別撲滅に向けて取り組み続ける」 

1: 2020/06/18(木) 21:32:19.18
6/18(木) 21:27
フットボールチャンネル
浦和レッズ、差別的発言や誹謗中傷についての声明を発表。「差別撲滅に向けて取り組み続ける」

 J1の浦和レッズは18日、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通しての差別的発言や誹謗中傷についての声明を発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。


 米国でアフリカ系アメリカ人の男性が警察官の不適切な拘束により、死亡させられた事件が発端となり、ブラック・ライヴズ・マターの抗議運動が広がっている。現在では米国のみならず、全世界に広がりサッカー界でも抗議運動が見られる。Jリーグでも、SNS上で外国人選手に対する差別的発言や所属選手に対する誹謗中傷が見られていた。

 浦和はクラブ公式サイトで「現在、世界各国において人種差別に関しての様々な反応やアクションが見られ、その影響はスポーツの世界にも波及しています。浦和レッズ、またJリーグを取り巻く環境においても、人種、肌の色、性別、言語、宗教、または出自などに関する差別的あるいは侮辱的な発言または行為はなくなっておりません」とJリーグにも見られる差別について述べた。

 そして浦和は「2020シーズンのJリーグ再開にあたり、改めて、浦和レッズとして、いかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNS等での発言を許さないことをここで断言します。そして、浦和レッズの理念、差別撲滅宣言、SDGsのビジョン、提携する国連の友アジア-パシフィックと共に策定した差別撲滅に向けたアクションプログラム(行動計画)に基づき、浦和レッズは継続して、差別撲滅に向けて取り組み続けていきます」と宣言した。

フットボールチャンネル編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/eee27dff2722b98b02602f43c206656acee717e0

浦和レッズ、ライブ配信の練習試合で最高10万円投げ銭出た 

20190914_urawa-GettyImages




1: 2020/06/14(日) 21:00:01.09
<練習試合:浦和1-2町田>◇13日◇埼玉◇30分×4本

浦和レッズが練習再開後、初の対外試合に敗れた。

1本目にFC町田ゼルビアMF高江麗央に先制点を許すと、2本目の終了間際にCKからFW安藤瑞季に追加点を奪われた。ベンチ入りメンバーをほぼ起用した浦和は4本目にFW武藤雄樹が何とかゴールを奪い返した。約1週間開幕の早いJ2クラブとの調整状況の差が出たようだ。

1本目の30分に出場したFW興梠慎三は「ピッチ(の芝)が長くて雨でぬれていたけれどボールが走らなかった。相手の若い選手に走り負けた。今日は全然ダメ。3カ月近くも試合なく、急にトレーニングしてもうまくいかない。時間はないけれど7月4日(のJ1再開)までにはコンディションを上げたい。変な試合をして申し訳ないです」と振り返った。

新型コロナウイルスの影響で、浦和は4月5日からチーム活動を休止し、5月27日から少人数グループでの練習を再開。6月4日から全体トレーニングを再開したばかりだった。1、2本目に出場したGK西川周作主将は「先制される試合ではなく、自分たちから仕掛けてたくさん点を取って楽しませたい。また試合を重ねるごとに良くなると思うのでポジティブにやっていきたいです」と前を向いた。

練習試合はクラブ公式ツイッターでライブ配信。4万7000人以上の視聴者数となった。また水内猛氏、坪井慶介氏の両OBによる解説で行われたライブイベントのギフティング企画では最高で1口10万円の投げ銭があった。

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202006130000584.html

浦和レッズ、経営状況を公表。新型コロナの影響で約20億円の減収と10億円前後の赤字を試算 

20200610-00376830-footballc-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索