Samurai Goal

浦和


スポンサード リンク





J1浦和に田中達也加入 同姓同名“9季ぶり” 背番号11希望「意識している」 

1: 2021/01/19(火) 18:22:36.10 _USER9
毎日新聞

サッカーJ1浦和の新加入選手が18日、オンラインで記者会見に臨んだ。J1大分から加入したMF田中達也(28)は、かつての浦和のエースと同姓同名。自ら同じ背番号「11」を希望し、「意識はしている。プレッシャーはあるが、このユニホームを着てうれしくなった」と気持ちを新たにした。

 2001~12年に浦和に所属し、06年のJ1初制覇などに貢献した元日本代表FW田中達也(38)は現在、J2新潟でプレーしている。“新”田中達也は昨季、大分でチーム最多の8得点。“元祖”とは親交があり、「『注目して見ている。新しい田中達也像を作ってくれ』と言われ、励みになった」とのやりとりを明かした。

 J1神戸から入った元日本代表DF西大伍(33)は「(ピッチで)暴れん坊になりたい」と意気込んだ。【福田智沙】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210118-00000070-mai-socc
no title

初のJ1指揮も「自信はある」…浦和、リカルド・ロドリゲス新監督が就任会見「楽しみで仕方ない」 

スクリーンショット 2021-01-19 7.12.33




1: 2021/01/18(月) 20:00:01.23 _USER9
 今季より浦和レッズの監督に就任したリカルド・ロドリゲス氏が17日、オンラインで開催された就任会見に出席して抱負を語った。

 1974年4月3日生まれのリカルド・ロドリゲス氏は、17年に徳島の監督に就任。初年度で7位、2年目で11位の結果を残すと、3年目の19年にはレギュラーシーズンを4位で終えてプレーオフに進出。勝利が必須だったプレーオフ決勝で、湘南に引き分けてJ1昇格を逃したものの、4年目を迎えた昨季はJ2を制覇して、徳島をJ1昇格へと導いた。そして、シーズン終了後の昨年12月22日に浦和の新監督に就任することが発表された。

「浦和レッズという偉大なクラブで指導、指揮をさせて頂く機会を与えてもらい、本当に感謝している」

 会見冒頭でそう語ったリカルド・ロドリゲス氏は、「浦和はファン・サポーターの方々が熱く、とても情熱がある。皆さんが楽しんでもらえるような戦い方をしていきたい」と続けた。

 シーズンオフにはDF西大伍(←神戸)、MF田中達也(←大分)、MF明本考浩(←栃木)、MF小泉佳穂(←琉球)、MF金子大毅(←湘南)、GK塩田仁史(←栃木)を獲得し、新卒組ではMF伊藤敦樹(←流通経済大)、MF大久保智明(←中央大)、DF藤原優大(←青森山田高)、DF福島竜弥(←浦和ユース)を迎え入れた。現時点での補強に関して、「すごく満足している。話し合いながら補強を進め、良い選手たちが集まってくれた」と納得の表情を浮かべる。

 昨季は優勝争いに絡むことなく、13勝7分14敗の勝ち点46の10位でシーズンを終えた。「後半戦はうまくいっていない試合が確かにあったと思うが、良いところもあった」と話しつつも、「正直なところ、過去を振り返ってどうするかよりも、より未来に目を向けて進んでいきたい」と、その視線は前だけを見据えている。

「一試合一試合勝つ気持ちを持ち、相手を押し込み、攻撃的に戦い、見てくれる方々が楽しんでくれるようなサッカーを展開していけるように日々取り組んでいきたい。新しい選手たちとプロジェクトをスタートさせるのが楽しみで仕方ない」

 クラブが掲げる目標は「ACL出場権獲得」(西野努テクニカルダイレクター)。自身初となるJ1での指揮にも「自信はある。これだけの選手たちと、今までやってきたことを踏まえれば必ずうまくいくと思っている」と力を込めた新指揮官とともに、浦和が新たなスタートを切る。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b6a6953313938643c0816c6371f1bdbe642d58a

浦和が21年背番号&新体制を発表、田中達也は「11」、西大伍は「8」、岩波拓也は「4」に! 

1: 2021/01/12(火) 18:40:28.44 _USER9
 浦和は12日、21年シーズンの背番号を発表した。大分から新加入のMF田中達也(28)はかつてエースとして活躍した同姓同名のレジェンド、現J2新潟のFW田中達也が背負った「11」を継承。神戸から新加入の元日本代表DF西大伍(33)は「8」に正式決定した。

 また昨季まで「31」だったDF岩波拓也(26)が「4」、GK鈴木彩艶(18)が昨季の「36」から「12」に変更となった。

 またトップチームの新体制も発表。

 ▼監督 リカルド・ロドリゲス(新任)

 ▼コーチ 工藤輝央、平川忠亮

 ▼コーチ兼通訳 小幡直嗣(新任)

 ▼GKコーチ 浜野征哉

 ▼フィジカルコーチ 石栗建

 ▼コーチ(分析担当)林舞輝(真因)

 ▼テクニカルスタッフ(分析担当) 守屋優馬(新任)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ac604b665f08ac184b33b6ce3138dd6cd811552c
1/12(火) 18:17配信

no title


no title

浦和の新戦力、元日本代表DF西大伍の背番号は「8」に決定 

スクリーンショット 2021-01-11 10.16.25

大分MF田中達也が浦和に完全移籍加入!元日本代表FWと同姓同名「憧れの田中達也選手のように…」 

スクリーンショット 2020-12-28 18.16.12




1: 2020/12/28(月) 16:03:27.85 _USER9
浦和レッズは28日、MF田中達也が大分トリニータから完全移籍加入することで合意したことを発表した。

福岡県生まれの田中はU-15年代にアビスパ福岡の育成組織に在籍していたが、東福岡高校、九州産業大学へと進学。九州産業大在学中の2011年から2013年にかけて特別指定選手としてロアッソ熊本でプレーし、卒業後に同クラブに正式加入した。

その後、FC岐阜への期限付き移籍を経て2019年にガンバ大阪に完全移籍する。G大阪では一定の出場機会を得ていたが、半年後の2019年夏に大分に完全移籍で加入。2020シーズンは、明治安田生命J1リーグ33試合に出場して8ゴールを記録していた。

浦和への加入が決まった田中は「浦和レッズは、自分と同姓同名で小さい頃から憧れ続けている田中達也選手がプレーしていたクラブで、ここでプレーできることを心から光栄に思っています」と、2001年から2012年にかけて浦和で活躍した元日本代表FW田中達也(現アルビレックス新潟)を意識していたことを、クラブ公式サイトを通じて明かす。

さらに、以下のように意気込みをコメントした。

「自分の武器は、ドリブルとスピードですので、ゴールにつながるようなプレーやみなさんにワクワクしてもらえるようなプレーを見せたいと思います。ファン・サポーターのみなさんの熱い応援を背にしてプレーすることを今から楽しみにしています。浦和レッズという偉大なクラブの目標を達成するために、チームに貢献できるよう全力でがんばります。憧れの田中達也選手のように、このクラブでタイトルを獲得したいと思います。応援よろしくお願いいたします」

また、大分の公式サイトを通じては別れと感謝を告げている。

「今年はコロナ禍により大変な年だったにも関わらず、変わらずサポートしていただいたファン・サポーター、スポンサー、行政の皆様、1年間応援ありがとうございました」

「大分トリニータのファン・サポーターの皆様には、昨年のシーズン途中での加入当初より温かい声援を送っていただきました。皆様の応援が僕の走る原動力となり頑張ることができました。ありがとうございました。チームを離れることになりますが、これからもサッカーと真摯に向き合い、向上心を絶やさずに成長していけるように頑張ります。1年半本当に応援ありがとうございました」

12/28(月) 15:46
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201228-00010027-goal-socc

京都が浦和から一挙3選手を獲得! 完全移籍加入の武富孝介は曺貴裁監督と再会 

スクリーンショット 2020-12-28 13.01.00

浦和が神戸西大伍の獲得決定的 実績十分の右SB 

スクリーンショット 2020-12-28 11.33.14

「浦和は別次元のクラブだった」智将ロドリゲスが徳島を離れた理由を母国紙で告白!「涙ながらに別れを…」 

スクリーンショット 2020-12-26 21.45.26




1: 2020/12/26(土) 20:14:14.14 _USER9
 相当の覚悟を持っての就任だ。12月22日に来シーズンから浦和レッズで指揮を執ることが発表されたリカルド・ロドリゲスである。

 2017年に徳島ヴォルティスに就任した46歳のスペイン人監督は、堅実な手腕で、志向する攻撃的サッカーをチームに植え付けることに成功。就任4年目となった今シーズンはJ2優勝とともに、クラブ史上2度目のJ1昇格に導いた。

 J1昇格を成し遂げたことで徳島からは慰留オファーを受けた。だが、それでも浦和への就任を決めたロドリゲスは、自らの胸中を母国紙『AS』のインタビューで、次のように明かしている。

「スポーツディレクターと社長に今シーズン限りで監督を辞めることを伝えるのはとても辛かった。私が涙ながらに別れを告げたのは、彼らが全幅の信頼を寄せてくれているからだと改めて分かり、それがとても嬉しかったからだ」

 浦和監督のポストへの就任については「徳島とは家族ですが、私は新たな挑戦をする必要があった。何より浦和は日本で別次元のクラブだ。彼らから電話をもらった時、私は指導者として成長するために受け入れないといけないと感じた」と主張したロドリゲスは、新天地での“課題”も公言してもいる。

「今年の浦和はクラブの偉大さに見合ったパフォーマンスを見せられずにリーグで10位に終わった。当然、やるべきことはたくさんある。プレースタイルの立て直しと私の戦術を浸透させることは何よりも課題だ」

 その課題を克服するために「主力選手の大半はベテランだ。若返りを図って、活性化をさせたい」と口にしたスペイン人の智将は、こうも続けている。

「浦和はアジアチャンピオンとJリーグチャンピオンに返り咲くことを望んでいる。その目的を私も共有している。どの監督であっても、タイトル争いができるクラブを率いるのは幸せなことだ。

 しかし、現状において重要なのは、私のアイデアを実行できる選手を選ぶことだ。いつ実を結び始めるかはわからないが、そのプロセスがクラブの求めるものと一致していなければならない。日本ではプロセスが大事にされる」

 新天地でのタイトル獲得という大きな野望を口にしたロドリゲス。「ファンはチームを誇りに思い、ただサッカーを見るためにスタジアムに行くのではなく、ポジティブな感情を抱いてほしい」と語る智将は、『2022年のリーグ優勝』を掲げる浦和でどのような采配を振るうだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/456be451b30900f1f0a1f31014c661a1a204bced

<名古屋グランパス>浦和の元日本代表MF長沢和輝を完全移籍で獲得へ!C大阪・柿谷&木本に続き…強化着々 

1: 2020/12/26(土) 08:19:36.33 _USER9
名古屋グランパスが来季の戦力として浦和の元日本代表MF長沢和輝(29)を完全移籍で獲得することが25日、決定的となった。
千葉県出身の長沢は、専修大在学中に横浜Mの特別指定選手としてプレーし、2013年にケルン(ドイツ)へ入団。

その後、J2千葉を経て17年から浦和でプレーし、J1通算92試合、7得点をマークした。
中盤で複数のポジションをこなす器用さに加えて、フィッカデンティ監督が選手に求める球際の強さも特長の一つだ。

17年にはハリルホジッチ監督が率いる日本代表にも選出され、1試合に出場をした。浦和では、17年にアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の優勝を果たすなどアジアでの経験が豊富。
今年3位に入って9年ぶりにACLの舞台へ挑むグランパスにとっては、海外クラブと戦った経験値を持った貴重な存在となる。

クラブは24日にC大阪からFW柿谷曜一朗(30)、DF木本恭生(27)の獲得を発表し、センターラインの強化を進めている。

12/26(土) 5:05配信 中日スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/1cb1cd58d261e4875ec4bd76c1f857cb5b574c72

写真
no title


名古屋が、浦和の元日本代表MF長沢和輝(29)を獲得することが25日までに確実となった。複数の関係者によれば、既に条件面などで合意し、近日中にも正式発表される。
今季の長沢は主にボランチで27戦1得点。身長は1メートル72と小柄だが、デュエルにめっぽう強いタイプで17年のACL制覇にも大きく貢献。来季は9年ぶりにACL参戦が控える名古屋にとって、貴重な戦力となりそうだ。

12/26(土) 4:30配信 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/092b3ac0b273c6c40aebaa51a19de6fd6fc08a8d

<浦和のDF槙野智章>来季も残留!この日までに延長オファーに基本合意。来季加入10年目の「クラブの顔」 

1: 2020/12/25(金) 06:25:28.87 _USER9
浦和のDF槙野智章(33)が来季も残留することが24日、決定的となった。複数関係者によれば、今季限りで契約満了となるため、今オフは国内外の複数クラブが獲得に動いたが、槙野の“レッズ愛”は強く、この日までに延長オファーに基本合意。近日中に正式表明の見通しとなった。

 コロナ禍に見舞われた今季、財政面の打撃は国内随一のビッグクラブも直撃。今季は30代の主力の多くが複数年契約の最終年に当たり、多くの浦和サポーターは、長年クラブの顔となってきた槙野の去就にも注目していた。残留確定は最高のクリスマスプレゼントとなった。

 今季の槙野は26戦2得点。相手キーマンをつぶす守備力は今も国内屈指。声援が制限されたピッチ上では誰よりも槙野の声が響き、チームを鼓舞、統率した。開幕当初はサブに甘んじたがチームへの献身さを失わず、勝利に徹してきた。残留がチームに与える影響は大きい。

 浦和は来季、リカルド・ロドリゲス新監督を迎える。若手の台頭や世代交代も必要だが、チームを支え、頼れる存在もまた不可欠。興梠、武藤に続き頼もしい槙野の残留。加入10年目となる21年も赤い要塞(ようさい)の中心に君臨する。

12/25(金) 4:00 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7ad39cdc51ffdd98ce04f4cee6a8bd7510ffdda

写真
no title


【サッカー】<浦和DF槙野智章>意味深予告!「明日お伝えしたい事があります」コメント欄に書き込み殺到「移籍とかないよな?」 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1608813662/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索