Samurai Goal

浦和


スポンサード リンク





7戦未勝利の浦和が15位転落で降格危機も…残留争いは10クラブが絡む混戦模様に  

20190914-00010030-goal-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/15(日) 08:23:52.54 ID:BSvhtr3D9
 明治安田生命J1リーグは13日から14日にかけて第26節が開催。今節は上位と下位で直接対決が多く行われたこともあり、順位に大きな変化が見られている。

 上位では、2位・鹿島と首位・FC東京が激突。鹿島は開始2分にブエノが先制弾を決めると、終盤にもセルジーニョのミドルで加点。2-0で勝利し、FC東京との勝ち点差を1に縮めた。

また、3位の横浜FMが4位広島との直接対決を3-0で制し、2位・鹿島との3差をキープ。一方で広島は12試合ぶりの黒星を喫した。
5位の川崎Fはホームに最下位の磐田を迎え、2-0で完勝。7試合ぶりの白星を挙げるとともに、4位に浮上した。

この結果、上位陣は6位・C大阪の勝ち点43から首位・FC東京の同52まで、9ポイント差で6チームがひしめき合う状況となった。

一方、下位でも混戦の様相を呈している。9位・神戸から17位・松本まで勝ち点差はわずか8。最下位の磐田は15位と13差離れており、残留へ向けて非常に厳しい状況に立たされた。

15位・G大阪と16位・鳥栖の直接対決では、終盤に1点を奪ったG大阪が1-0で勝利。12位に浮上している。また、清水も名古屋との直接対決を3-2で競り勝ち、勝ち点を32まで伸ばしている。

一方で、残留争いに巻き込まれたのが浦和だ。今節はホームでC大阪に1-2で敗れ、7試合未勝利に。得失点差で一気に15位まで転落した。
浦和は終盤に川崎FやFC東京といった上位陣との対戦を残しており、厳しい残留争いを強いられることになりそうだ。

15位・浦和とJ1参入プレーオフ出場となる16位につける鳥栖との勝ち点差は4。9位から18位まで10チームが絡む残留争いも熾烈になりつつある。

J1はここから2週間のブレークを挟み、28日から29日にかけて第27節の9試合が行われる予定だ。

■J1順位表(第26節終了時点)

1.FC東京(52)
2.鹿島(51)
3.横浜FM(48)
―ACL出場―
4.川崎F(44)
5.広島(43)
6.C大阪(43)
7.札幌(39)
8.大分(39)
9.神戸(32)
10.清水(32)
11.名古屋(31)
12.G大阪(31)
13.湘南(31)
14.仙台(31)
15.浦和(31)
―PO出場―
16.鳥栖(27)
―J2降格―
17.松本(24)
18.磐田(18)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190914-00010030-goal-socc
9/14(土) 21:55配信

【J1試合結果】清水×名古屋、浦和×C大阪  

jle19091321560009-p1[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/13(金) 21:27:51.73 ID:g7735lYE9
清水 3-2 名古屋
[得点者]
14'宮原 和也        (名古屋)
25'西澤 健太        (清水)
54'河井 陽介        (清水)
59'西澤 健太        (清水)
75'長谷川 アーリアジャスール(名古屋)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:15,019人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/091301/live/#live


浦和 1-2 C大阪
[得点者]
47'松田 陸  (C大阪)
60'興梠 慎三 (浦和)
84'田中 亜土夢(C大阪)

スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:22,640人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/091302/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

浦和レッズDF槙野、苦言!VAR確認なしに「どう見てもPK。VARの担当は寝てたのかな」  

1: Egg ★ 2019/09/09(月) 07:18:00.11 ID:o8ViL6VS9
◆JリーグYBCルヴァン杯 準々決勝第2戦 鹿島2―2浦和(8日・カシマ)

 鹿島はホームで浦和と2―2で引き分け、2戦合計5―4となった乱戦を制して2大会連続15度目の4強入りを決めた。準決勝はG大阪―札幌、川崎―鹿島のカードで、第1戦が10月9日、第2戦が同13日に行われる。

 浦和が、この準々決勝から導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の“洗礼”を浴びた。

 2―2の後半45分、FW杉本がエリア内で鹿島DFブエノと接触、転倒も笛は鳴らず。主審は耳に手を当ててVARの助言を得た上でPKではないと判断したが、ピッチ脇で映像を確認する「オンフィールドレビュー」は実施しなかった。PKで得点すれば延長戦につながる局面。DF槙野は「どう見てもPK。VARの担当は寝てたのかな。あそこで映像をチェックしなきゃどこで使うんだろう」と苦言を呈した。

 試合はFW興梠の右足負傷での途中交代が響き、逆転突破を逃した。興梠は「前半は完璧にウチのペース。悔しい」と肩を落とした。

9/9(月) 6:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000027-sph-socc

no title

ルヴァン杯準々決勝第2戦夜 名古屋×川崎、鹿島×浦和、広島×札幌 結果  

20190908_Tomoya-Inukai_Getty




1: 久太郎 ★ 2019/09/08(日) 20:57:01.62 ID:n4WU5fqj9
名古屋 2-2 川崎
第1戦 0-2
合計  2-4 

[得点者]
53'下田 北斗        (川崎)
73'長谷川 アーリアジャスール(名古屋)
81'レアンドロ ダミアン   (川崎)
89'ジョー          (名古屋)

スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
入場者数:11,587人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/090810/live/#live


鹿島  2-2 浦和
第1戦 3-2
合計  5-4

[得点者]
28'エヴェルトン(浦和)
66'犬飼 智也 (鹿島)
77'関根 貴大 (浦和)
87'伊藤 翔  (鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:14,887人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/090809/live/#live


広島  1-1 札幌
第1戦 2-3 
合計  3-4

[得点者]
09'アンデルソン ロペス(札幌)
49'渡 大生      (広島)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:5,607人
https://www.jleague.jp/match/leaguecup/2019/090807/live/#live

【鹿島】異例の外国籍CBコンビ先発濃厚も日本語ペラペラ不安なし!ルヴァン杯準々決勝浦和戦 

20190903-00000220-sph-000-1-view[1]

浦和と横浜Mのサポーターが大乱闘(動画あり)、Jリーグ「衝突の原因は浦和」 両クラブに制裁金200万円  

20190822-00063141-sdigestw-000-4-view[1]




1: れいおφ ★ 2019/08/23(金) 18:21:45.82 ID:zepobnyF9
J1リーグ19節・横浜対浦和の試合前のスタンドで、両サポーターが衝突した問題について、
Jリーグは8月22日、制裁内容を決定したことを発表した。
 
このトラブルは7月13日に行なわれた横浜対浦和戦の試合前に起きた。
浦和サポーターが横断幕掲出禁止エリアに横断幕を掲出したことをきっかけに、横浜サポーター約40名がビジター側スタンドの境界線付近に詰め寄った。
緩衝エリアのフェンス越しに浦和サポーター約20 名と揉み合いになり、その際双方に暴力行為があったという。
 
揉み合いは、約5分間にわたり激しく続いた。その際スタンドの他サポーターからはブーイングが行なわれ、
「止めましょうみなさん。せっかくの試合が台無しになります。いい大人です、子供たちも見ています」などのアナウンスもあった。
 
負傷者もでたこの問題に対し、Jリーグは両クラブにけん責(始末書をとり、将来を戒める)と制裁金200 万円を科すことを発表している。
制裁の詳しい理由は以下の通りだ。
 
【横浜F・マリノス】
横浜FMサポーターによるビジター側スタンドへの侵入を未然に防ぐことができず、暴力を許し、
負傷者を出してしまったことは、主管クラブである横浜FMの警備体制に不備があったことおよび自クラブサポーターをコントロールできなかったことに責任がある。
また、当日のトラブルは、SNS 等を通して動画で拡散されスタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまった責任は大きい。

制裁金の金額については、社会的な影響が大きく、負傷者を出した責任は逃れられないが、
浦和サポーターの禁止エリアにおける横断幕掲出が本件を触発した事情を勘案し、200 万円が妥当と考える。
 
【浦和レッズ】
浦和サポーターによる横断幕掲出禁止エリアへの横断幕掲出を未然に防ぐことができず、暴力を許し、負傷者を出してしまった。
その際に傘の投げ込みもあり、自クラブサポーターをコントロールできなかったことに責任がある。
特に、これまでも禁止エリアへの横断幕掲出を繰り返しているにもかかわらず、これを阻止する措置が不十分であったことの責任は軽くない。
当日のトラブルは、SNS 等を通して動画で拡散され、スタジアムが危険であるとの印象を社会に与えてしまった責任は大きい。

制裁金の金額については、両クラブ衝突の原因を作り、しかも、衝突の原因となる横断幕掲出ルール違反は今回の件が初めてではなく、
これまでも同様の禁止行為を今年だけで4 回繰り返していることを考え合わせれば、200 万円を制裁金として科す事が妥当と考える。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00063141-sdigestw-socc

映像
https://youtu.be/I7cDtpGVN4k


https://youtu.be/Qf7Z3oSrBhc


【J1試合結果】鹿島×G大阪、鳥栖×神戸、浦和×松本  

20190821-00010009-goal-000-1-view




1: 久太郎 ★ 2019/08/23(金) 21:30:25.23 ID:QAA2iXf99
鹿島 2-2 G大阪
[得点者]
33'アデミウソン(G大阪)
44'セルジーニョ(鹿島)
58'伊藤 翔  (鹿島)
73'パトリック (G大阪)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:16,063人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/082302/live/#live


鳥栖 1-6 神戸
[得点者]
11'山口 蛍       (神戸)
20'アンドレス イニエスタ(神戸)PK
22'田中 順也      (神戸)
54'古橋 亨梧      (神戸)
73'古橋 亨梧      (神戸)
79'金井 貢史      (鳥栖)
86'山口 蛍       (神戸)

スタジアム:駅前不動産スタジアム
入場者数:23,055人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/082301/live/#live



浦和 1-2 松本
[得点者]
19'ファブリシオ(浦和)
75'阪野 豊史 (松本)
83'高橋 諒  (松本)

スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:27,038人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/082303/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【J1試合結果】鹿島×鳥栖、清水×FC東京、磐田×浦和、C大阪×仙台  

20190720-07200972-nksports-000-6-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/20(土) 21:00:39.76 ID:Bj89hyEE9
鹿島 2-1 鳥栖
[得点者]
20'レアンドロ(鹿島)PK
26'金崎 夢生(鳥栖)
35'白崎 凌兵(鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:25,173人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/072005/live/#live


清水 0-2 FC東京
[得点者]
16'大森 晃太郎(FC東京)
30'永井 謙佑 (FC東京)

スタジアム:IAIスタジアム日本平
入場者数:15,750人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/072006/live/#live


磐田 1-3 浦和
[得点者]
10'興梠 慎三(浦和)
22'橋岡 大樹(浦和)
32'長澤 和輝(浦和)
69'上原 力也(磐田)

スタジアム:エコパスタジアム
入場者数:23,060人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/072007/live/#live


C大阪 0-0 仙台
[得点者]
なし
スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:15,574人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/072008/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

<横浜M-浦和戦の誤審で厳罰>世界から取り残されないためにVAR導入を  

fifavr




1: Egg ★ 2019/07/18(木) 22:57:58.14 ID:ubfHyEzT9
【サッカー情報局】サッカー担当記者 13日のJ1横浜M―浦和戦で起きた“誤審騒動”に関して、17日に審判委員会が開かれて当該審判に処分が下されました。

 デスク 判定が二転三転して波紋を呼んだ試合だな。

 記者 後半14分に、オフサイドの位置にいたFW仲川輝人(26)にボールが当たってゴールしましたが、松尾一主審は得点を認めました。しかしその後オフサイドでノーゴールの判定に覆ったと思ったら、結局はゴール。判定が二転三転したことでピッチ上は大混乱に陥りました。

 デスク それでどんな処分になったの?

 記者 松尾主審が1か月の割り当て停止、相楽亨第1副審と大坪博和第4審判が1か月の資格停止、田尻智計第2副審が1試合の割り当て停止となりました。

 デスク 資格停止が2人もいるのか。大誤審として大きな議論を呼んだ5月17日の浦和―湘南戦の審判がいずれも割り当て停止どまりだった処分と比べると重いな。

 記者 日本サッカー協会の小川佳実審判委員長によると、外部にあたるクラブ運営側からの情報をもとに判定したことを問題視。「越えてはいけない一線を越えた」と重い処分に至りました。

 デスク しかしこれだけ大誤審が続いている以上、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の早期導入は避けられないんじゃないのか。

 記者 いえ、あくまでVARは2021年からということで、Jリーグとしては前倒しの導入はないそうです。追加副審も今季中の導入はないようで何も変わらないでしょう。

 デスク システムの導入に時間がかかるとはいえ、ジャッジの面では日本だけが世界から取り残されてしまいそうだな。

7/18(木) 16:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00000024-tospoweb-socc

<横浜―浦和戦誤審騒動>副審と第4の審判に1ケ月の審判資格停止!主審は1ケ月の割り当て停止処分  

1: Egg ★ 2019/07/17(水) 16:10:51.57 ID:GzQkgS9p9
no title


13日に行われたJ1リーグ第19節横浜―浦和戦で誤審騒動に関して、日本協会は17日に審判委員会を開き、松尾主審は1ケ月の割り当て停止、相楽副審と大坪第4の審判員は1ケ月の審判資格停止、田尻副審は1試合の割り当て停止処分とすることを決定した。

 横浜が1―0とリードして迎えた後半14分、横浜FW遠藤のシュートがオフサイドポジションにいたFW仲川に当たりゴール中へ。審判委員会の聴取によると、主審と浦和陣地担当の副審は浦和MF宇賀神のオウンゴールと判定し横浜の得点としたが、ピッチ上の浦和選手は猛抗議。試合が中断している中、横浜陣地担当の副審と第4の審判の元に運営から「仲川のゴール」という情報が入ったことからそれを主審に伝え、横浜のゴールは取り消されてオフサイドとなった。しかし、運営など第3者の情報から判定を変えることは審判規則で許されておらず、再度審判4人で協議して両監督に説明し、運営からの情報が入る前の横浜のゴールという判定で試合が再開する運びとなったという。

 小川審判委員長は「審判員は競技規則の中で動かないといけない」と話し、第3者である運営からの情報で判定を変えるきっかけをつくった横浜陣地担当の副審と第4の審判には主審らより重い処分を科した経緯を説明した。また、浦和一部の選手が「主審が判定は運営が決めていると言っていた」と証言した件について、小川審判委員長は「主審は両監督、選手に対し、“運営から情報を得たが、それで我々の判定を変えることはできない”と同じ説明をしたと聞いている」と疑惑を否定した。

7/17(水) 16:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190717-00000175-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索