Samurai Goal

浦和


スポンサード リンク





Jリーグ、今季J1は2・21フライデーナイト湘南―浦和戦で開幕!幕開けの目玉としてカズvsイニエスタが決定.. 

1: Egg ★ 2020/01/08(水) 10:08:31.34 ID:biQnvor69
今季のJ1は2月21日、湘南―浦和のフライデーナイトJリーグで開幕する。

 浦和はアウェーに乗り込み、スタートダッシュを狙う。22日には昨季のJ2をぶっち切りで制した柏が札幌と対戦、仙台―名古屋、川崎F―鳥栖、C大阪―大分が組まれた。昨季初Vを逃したFC東京はアウェーで清水と、元ブラジル代表のザーゴ新監督を迎え、今オフは補強も積極的な鹿島はアウェーで広島と対戦。23日には昨季王者の横浜がG大阪をホームに迎え、リーグ連覇へスタートを切る。

1/8(水) 6:10配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000103-spnannex-socc

写真
no title


J1に昇格して気合が入る「キングカズ」こと横浜C・三浦(左)、10年のW杯で優勝した元スペイン代表の神戸・イニエスタ

三浦知良とイニエスタの比較表
no title


 今季のJ1開幕全9カード(2月21~23日予定)が7日、分かった。新シーズン幕開けの目玉として神戸―横浜C戦が決定。13年ぶりにJ1昇格したFW三浦知良(52)擁する横浜Cと、元日の天皇杯でクラブ史上初タイトルを獲得した元スペイン代表MFイニエスタ(35)率いる神戸の一戦。カズにとって古巣との対戦ともなり、“キング”VSイニエスタの夢対決がいきなり実現する。

【詳細イラスト図】今季J1開幕カード
no title


 いきなり夢の対決が実現する。カズVSイニエスタ―。今季J1の幕開けにふさわしい目玉カードとして神戸―横浜Cが決まった。複数の関係者が明かした。

 横浜Cは昨季J2で2位に入り、13年ぶりにJ1昇格を果たした。プロ35年目を迎えるカズを筆頭に、MF中村俊輔や松井大輔ら日本代表経験者を擁する陣容は、今季のJ1で最大の注目チームともいえる。

 一方の神戸は、元日の天皇杯決勝で鹿島を2―0で下し、クラブ史上初タイトルを獲得した。チームを引っ張るのはスペイン代表として2010年南アフリカW杯を制し、名門バルセロナで数々の栄冠を手にしたイニエスタだ。35歳となった今でも技術は衰えず、サポーターを魅了し続ける。日本代表MF山口蛍、去就は不透明だが元ドイツ代表FWポドルスキもいる。また、清水のFWドウグラス(32)の獲得に動くなどリーグ初制覇とアジアチャンピオンズリーグ(ACL)での戦いを見据えた補強を進めている。

 リーグを代表する2大スターの対決は、カズも熱望していた。昨季の最終節・愛媛戦(2〇0)で、後半41分から途中出場し、自身が持つJリーグ最年長出場記録を52歳271日に更新。昇進を決めたキングは「(J1では)イニエスタの股を抜きたいね。ダンス? それも目指したい」と意気込んでいた。

 昨季のカズは、4月中旬の練習試合で左でんぶを負傷。リハビリが長引いたこともあり、出場3試合に終わった。現状では開幕途中出場が濃厚だが、本人も「今年はカップ戦(ルヴァン杯)で出番が回ってくる可能性がある。そこで、アピールしてリーグ開幕につなげたい」とグアムで自主トレ中。早朝・午前・午後の3部練習を重ね、J1開幕に照準を定めている。

 2月26日に誕生日を迎えるカズにとって01年から5年間在籍した古巣との開幕戦は52歳ラストマッチ。相対するは世界的レジェンドのイニエスタ。キングVS魔術師の対決で、新シーズンが華々しく幕を開ける。

 ◆王者・横浜MはG大阪戦

 昨季15年ぶり4度目の優勝を飾った横浜Mは、G大阪と激突。得点王とMVPの2冠を獲得した日本代表FW仲川輝人(27)は昨季の開幕・G大阪戦でシーズン初得点を記録。縁起いい相手をホームで迎え撃つ。

 リーグ3連覇を逃しつつもルヴァン杯でカップ戦初タイトルを獲得した川崎は鳥栖と、ブラジル人のアントニオ・カルロス・ザーゴ監督(50)が就任した鹿島は広島と、2年ぶりにJ1に臨む柏は札幌と対戦する。

 ◆カズのJ1開幕戦 J1制度が施行した1999年から京都、神戸、横浜Cの3クラブで、計7回開幕戦を迎えた。03年と07年は出番なしに終わったが、京都時代の2000年・市原戦(現・千葉、1●6)と、神戸時代の05年・C大阪戦(3〇1)ではゴールを記録。5試合出場で2得点を決めている。

1/8(水) 4:00配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-01070255-sph-socc

写真
no title

浦和レッズDF槙野智章「試練。試練。またも試練か。絶対に乗り越えてやる」ツイートに心配の声「一体何が」 

1: Egg ★ 2019/12/28(土) 19:48:39.23 ID:7c6FvLpk9
J1浦和の日本代表DF槙野智章(32)が自身のツイッターでつぶやいた言葉に、ファンから心配の声が相次いでいる。

【写真】笑顔の槙野(左)の横で、指輪を披露するウエディングドレス姿の高梨臨

 26日に「試練。試練。またも試練か。絶対に乗り越えてやる。嘘のような本当の話。とりあえず今を乗り越えなくては…」とツイート。ツイッターはこれを最後にストップしている。

 槙野は今月10日に急性虫垂炎の手術を受け、全治まで約2週間と浦和から発表されたばかり。それだけに「一体何があったのですか?とても心配です」「虫垂炎の治療のあとに胆石が見つかって立て続けに入院した人が知り合いにいるんですけど、そういうのじゃないですよね?」「まさかの腹膜炎併発…ではないですよね?」などと槙野の体調を心配する声が相次いでいる。

 インスタグラムとブログは24日を最後にストップ。24日はクリスマスイブとあってサンタ帽をかぶり笑みを浮かべる自身の写真をアップしていたが、槙野の状態が心配される。

12/28(土) 16:55配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000156-spnannex-socc

写真
no title

浦和 大分MF伊藤が3年ぶり復帰へ!MFエヴェルトンとは契約延長 

20191230-00000092-spnannex-000-3-view[2]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 06:42:50.24 ID:GZ3+a10m9
浦和の来季新戦力として、大分のMF伊藤涼太郎(21)が3年ぶりに復帰することが29日、分かった。

伊藤はドリブル、パス、決定力にも優れた攻撃的MF。岡山・作陽高から加入した16年には高卒ルーキーながらJ1デビューを果たすもその後は出番に恵まれず、17年9月からJ2水戸、今季は大分に期限付き移籍していた。

また今季、ポルトから期限付き移籍で加入したMFエヴェルトン(27)との契約を延長したことも判明。来季も中盤の主軸として期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000092-spnannex-socc
12/30(月) 5:40配信

昨季J3得点王→今季J2得点王→来季は…浦和が新潟FWレオナルドを獲得! 38試合28得点(7PK)  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/25(水) 13:32:46.15 ID:yIC9ams/9
浦和レッズは25日、アルビレックス新潟に所属するFWレオナルド(22)が完全移籍で加入することで合意したと発表した。

ブラジル人のレオナルドは母国のサントスから2018年に鳥取へ完全移籍。J3リーグ戦31試合で得点ランクトップの24ゴールを挙げ、今季から新潟に完全移籍した。
J2の舞台でも得点能力を発揮し、リーグ戦38試合で28ゴールを記録。再び得点王に輝いた。

浦和のクラブ公式サイト上で「偉大なクラブの一員になれたことをうれしく思います。みなさんと一緒に勝利をつかみ取るため自分の全力を尽くしたい気持ちでいっぱいです。
2020年、みんなで目標を成し遂げ、すばらしい年にしましょう。We are REDS!」と意気込みを語っている。

一方、新潟に向けては「この一年間、一緒に時間を共にしてくれたアルビレックス新潟に関わるすべての方々に、心から感謝しています。
残念ながら、今シーズンはJ1復帰という目標を達成する事はできませんでしたが、このクラブで戦えたことをとても嬉しく思います。
来年から、新たな挑戦に向かって頑張っていきたいと思います。アルビレックス新潟サポーターの皆さんのことは一生忘れません。本当にありがとうございました」と感謝を述べた。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWレオナルド
(Leonardo)
■生年月日
1997年5月28日(22歳)
■身長/体重
180cm/71kg
■出身地
ブラジル
■経歴
サントス-鳥取-新潟
■出場歴
J2リーグ:38試合28得点
J3リーグ:31試合24得点
天皇杯:2試合

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-43475845-gekisaka-socc
12/25(水) 12:25配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/294000/293966/news_293966_1.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=DP6awMZkpVk


J2得点王!レオナルド全ゴール アルビレックス新潟

湘南・杉岡、浦和からオファーも断り 他に複数クラブからも  

20191223s00002179394000p_view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/24(火) 06:06:38.60 ID:zmmqDAUs9
 湘南のU―22日本代表DF杉岡が浦和から受けていた獲得オファーに対し、断りを入れたことが23日、分かった。

 複数の関係者が明かした。杉岡は24日から、28日に開催されるU―22日本代表の同ジャマイカ戦に向けた長崎合宿に合流する予定。今オフは浦和の他にも複数クラブから獲得の打診を受けており、去就に関してはU―22代表の長崎合宿を終え、年末年始をメドに決定する見込みという。

[ 2019年12月24日 05:30 ]
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/12/24/kiji/20191223s00002179369000c.html

浦和、鹿島、広島が新アウェーユニを発表! 史上初の3クラブ統一テーマ  

1: 幻の右 ★ 2019/12/23(月) 18:13:19.21 ID:AmmT5APN9
ナイキは23日、浦和レッズ、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島の新アウェーユニフォームを発表した。3クラブのユニフォームが共通のコンセプトで製作されたのは史上初めて。スポーツの魅力や楽しさ、感動を伝えるとともに、幸せや平和の実現をフットボールを通じて目指すというナイキと各クラブの理念が反映されている。

 来夏にはオリンピックが開催されることもあり、日本の国旗からインスピレーションを得たというデザインには、各チームの「赤」と「白」が採用された。浦和はクラブカラーのスポーツレッド、鹿島はクラブカラーのディープレッド、広島はホームタウンが同じプロ野球チームの広島東洋カープからインスパイアされたサルサレッドを取り入れている。

 この新たな取り組みについて、浦和の興梠慎三は「3クラブ一緒というのは、今までになかった発想だと思います。ライバルではありますけど、一緒に日本を盛り上げるという意味ではおもしろい」と語った。また鹿島の土居聖真は「白を基調としたユニフォームでカップ戦を勝ち取る確率が高いので、僕たちにとって“ビクトリーホワイト”は重要な戦闘着です」と話し、国旗からインスパイアされたユニフォームを着用できることを喜んだ。広島の佐々木翔は、カープの赤を取り入れたことを「非常に大きなチャレンジ」とし、「広島市民・県民にも馴染みのある赤だと思う。このユニフォームを着用して、ひた向きに全力でプレーします」と勝利を約束した。

 2020シーズンのアウェーユニフォームは、2月以降に順次「NIKE.COM」および一部専門店にて販売予定。

◆浦和レッズ:ナイキ URA BRT S/S アウェイ スタジアム ジャージ
浦和レッズ
PRICE:14,300円(税込)
SIZE:XS・S・M・L・XL・2XL・3XL

◆鹿島アントラーズ:ナイキ KAS BRT S/S アウェイ スタジアム ジャージ
鹿島アントラーズ
PRICE:14,300円(税込)
SIZE:XS・S・M・L・XL・2XL・3XL

◆サンフレッチェ広島:ナイキ HIR BRT S/S アウェイ スタジアム ジャージ
サンフレッチェ広島
PRICE:14,300円(税込)
SIZE:XS・S・M・L・XL・2XL・3XL

no title

左から浦和レッズ、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島の新アウェーユニフォーム [写真]=NIKE

12月23日16時
https://www.soccer-king.jp/news/release/20191223/1012173.html

「とても嬉しく思います」今季J1リーグ戦10得点のFWオナイウが横浜FMに完全移籍!  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/23(月) 15:09:37.59 ID:AEpZr1TM9
横浜F・マリノスは23日、浦和レッズ所属(大分トリニータへ期限付き移籍中)のFWオナイウ阿道(24)が完全移籍で加入することを発表した。

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つオナイウは、正智深谷高から2014年に千葉へ入団。
2017年に浦和へ完全移籍し、昨季は山口、今季は大分へ期限付き移籍していた。
今季は自身初のJ1リーグ戦で31試合に出場し、10得点を記録。11月にはキリンチャレンジカップに臨む日本代表に初招集された。

横浜FMのクラブ公式サイトを通じ、「このチームの一員になれたことをとても嬉しく思います。
チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援をよろしくお願いします」とコメントしている。

また、1シーズンを過ごした大分には「短い間でしたがこのチームでプレーできてとても良かったです。
来シーズン、昭和電工ドーム大分で試合するのを楽しみにしています」、浦和には「試合にはなかなか絡むことはできませんでしたが、
浦和での1年間がなければ今の自分はなかったと思っています。
対戦したときに、さらに成長した姿を見せられるようにがんばります」と、それぞれクラブ公式サイト上で感謝の言葉を送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWオナイウ阿道
(おないう・あど)
■生年月日
1995年11月8日(24歳)
■身長/体重
180cm/75kg
■血液型
B型
■出身地
埼玉県
■経歴
FCコルージャ-正智深谷高-千葉-浦和-山口-浦和-大分-浦和
■出場歴
J1リーグ:32試合10得点
J2リーグ:104試合32得点
J3リーグ:2試合
カップ戦:5試合
天皇杯:13試合2得点
ACL:2試合

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-43475717-gekisaka-socc
12/23(月) 13:52配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/282000/281443/news_281443_1.jpg
no title

https://img.qoly.jp/media/2fb11848-b0c5-933c-a788-9096186cf70d

オナイウ、横浜に完全移籍 浦和から今季は大分にレンタル 31試合10得点2アシスト  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/19(木) 07:57:35.10 ID:uvcEB6CA9
横浜が、浦和から大分に期限付きで加入している日本代表FWオナイウ阿道(24)を完全移籍で獲得することが18日、分かった。
浦和との契約を残すが、この日までに違約金を含めた条件面で合意した。近日中にも正式発表される。

ナイジェリア人の父と日本人の母を持つオナイウは、高い身体能力と決定力を併せ持つストライカー。
14年にJ2千葉でプロデビューし、17年に浦和へ完全移籍。
18年に期限付き移籍したJ2山口でリーグ42試合22得点を挙げてブレークすると、今季は大分に移籍し、リーグ31試合10得点で躍進の原動力となった。
今年11月には日本代表に初選出されるなど成長著しい24歳が、今季15年ぶりのリーグ制覇を果たした古豪にさらなる勢いをもたらす。

https://news.livedoor.com/article/detail/17547068/
2019年12月19日 5時42分 スポニチアネックス

no title


FWオナイウ 阿道
フリガナオナイウ アド
背番号45
身長/体重180cm/75kg
生年月日1995年11月8日
出身地埼玉
血液型B
所属チーム名神川パルフェ-FCコルージャ-正智深谷高-ジェフユナイテッド千葉-浦和レッズ-レノファ山口FC-浦和レッズ

<浦和レッズ>来季の胸スポンサーが三菱重工業に決定!「より一層の連携強化を図っていく「  

1: Egg ★ 2019/12/19(木) 15:48:32.66 ID:bZJbw43q9
浦和レッズは19日、2020年シーズンのユニフォーム(胸)パートナーが三菱重工業株式会社に決まったことをクラブ公式サイトで発表した。

 三菱重工業株式会社は2017年から浦和をサポートしており、2019年シーズンはAFCチャンピオンズリーグ用ユニフォームの胸部分に企業ロゴを掲出。三菱グループが創業150周年を迎える2020年は、浦和レッズレディースも含めた全公式戦用ユニフォームへの掲出となり、より一層の連携強化を図っていく。

 浦和レッズの立花洋一代表は以下のようにコメントし、今回のパートナーシップ締結への喜びを語った。

「三菱重工グループにはクラブの協賛企業の要としてとても大きなご支援を頂いていますが、三菱グループ創業150周年且つ東京オリンピック・パラリンピック開催という記念すべき年に公式戦ユニフォームの胸にロゴを入れて頂き、従来に増して熱くクラブを応援して頂けること、本当に有り難く感謝しています。トップチームを一層強化し、レディース及び育成部門の活動も高めながら、クラブをご支援頂ける多くの皆様のご期待に応えられるよう努力して行きたいと思います」

12/19(木) 14:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-01010901-soccerk-socc

写真
no title

浦和・DF森脇、今季限りで退団へ 複数のクラブが獲得に興味  

20191203-00000004-spnannex-000-5-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/12/03(火) 05:46:38.80 ID:ZJXsLN1s9
 浦和の元日本代表DF森脇良太(33)が契約満了に伴い今季限りで退団することが2日、分かった。高い技術を武器に主にCBとして活躍。前節のFC東京戦にも先発するなど在籍7年間で182戦11得点。時に激しく厳しいプレーで多くのタイトル獲得にも貢献してきた。7日のG大阪戦が浦和でのラストマッチとなる。

 優勝した17年ACLの決勝T1回戦、済州戦の第2戦で決めた延長後半9分の“涙の決勝弾”は今も記憶に新しい。明るいキャラのいじられ役で練習熱心。選手の信頼は厚くサポーターからの愛あるブーイングはもはや“お約束”、ピッチ内外で人気を博した。関係者によれば既に複数のクラブが獲得に興味を示しているという。

 ◆森脇 良太(もりわき・りょうた)1986年(昭61)4月6日生まれ、広島県出身の33歳。広島ユースから05年にトップ昇格。13年に恩師のペトロヴィッチ氏(現札幌)が監督を務める浦和に加入。主にCB、右アウトサイドでプレー。15年第1ステージ、16年第2ステージ、16年ルヴァン杯、17年ACL、18年天皇杯でタイトル獲得。日本代表で国際Aマッチ3戦出場。1メートル77、75キロ。

スポニチアネックス 12/3(火) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191203-00000004-spnannex-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索