Samurai Goal

浅野拓磨


スポンサード リンク





【速報】フランクフルト vs ハノーファー 試合終了 

GettyImages-627241746-800x598

【速報】フランクフルト vs ハノーファー 前半終了 

GettyImages-627241746-800x598

【速報】フランクフルト vs ハノーファー 長谷部誠 先発出場 

GettyImages-627241746-800x598

“久保4戦連続フル出場”のニュルンベルクが初白星!! 原口は初先発も前半のみで交代  

kubo




1: 2018/09/23(日) 01:16:24.91 _USER9
[9.22 ブンデスリーガ第4節 ニュルンベルク2-0ハノーファー]

 ブンデスリーガ第4節2日目が22日に開催され、FW久保裕也が所属するニュルンベルクとMF原口元気、FW浅野拓磨が所属するハノーファーが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半31分と同32分に得点を記録したニュルンベルクが2-0の完封勝利を収め、今季初白星を獲得した。

 開幕3戦連続先発フル出場中の久保は、この試合でもスターティングメンバーに名を連ね、ダイヤモンド型の4-4-2のトップ下に入った。一方のハノーファーでは、ここまで先発出場のなかった原口が今季初先発の座をつかみ、4-4-2の左サイドハーフに配置され、3戦連続先発中だった浅野は今季初のベンチスタートとなった。

 ともに2分1敗で勝利のない両チームの対戦。前半25分にはFWフィルジル・ミシジャンのヘディングシュートのこぼれ球をFWミカエル・イシャクが押し込んでニュルンベルクが先制したと思われたが、ここでビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入。その前にニュルンベルクの選手にオフサイドがあったことが認められ、ノーゴールの判定となった。

 前半28分には完全に抜け出したミシジャンを追走したDFミイコ・アルボルノズが倒すと、一度は流されたプレーとなったが、VARの介入によってファウルが認められてアルボルノズは一発退場。数的不利に陥ったハノーファーは同31分、FWボビー・ウッドに代えてMFユリアン・コルプをピッチへと送り込んだ。

 数的優位に立ったニュルンベルクが押し込む時間帯が続きながらも前半をスコアレスで折り返すと、ハノーファーは後半開始から原口に代えてMFマルビン・バカロジュを投入。同13分にはイシャクのラストパスからPA内に侵入した久保が相手1人をかわして好機を迎えるが、カバーに入ったDFケビン・ビマーにクリアされてフィニッシュまで持ち込めなかった。

 スコアレスで試合は進んだが、後半31分にニュルンベルクがついに先制に成功。CKからMFハンノ・ベーレンスが放ったヘディングシュートはポストを叩いたものの、こぼれ球を拾ったFWテアレス・クネルのシュート性のクロスがDFバルデマー・アントンのオウンゴールを誘ってスコアを1-0とする。

 さらに後半32分には久保の縦パスから左サイドを駆け上がったイシャクの丁寧なラストパスをクネルが蹴り込み、ニュルンベルクが2-0の完封勝利を収めた。久保は4試合連続フル出場を果たし、ベンチスタートとなった浅野に出場機会は訪れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-02019803-gekisaka-socc

“原口より浅野?”ハノーファー・原口出番なし、浅野は2試合連続先発!!ドルトムントとはスコアレスに... 

20180901-01744064-gekisaka-000-2-view
1 2018/09/01(土) 06:36:09.47 _USER9
9/1(土) 6:27配信
浅野は2戦連続先発、原口出番なし…ハノーファー、香川ベンチ外のドルトムントとスコアレス

[8.31 ブンデスリーガ第2節 ハノーファー0-0ドルトムント]

 ブンデスリーガは31日、第2節1日目を行いFW浅野拓磨、MF原口元気の所属するハノーファーはホームでドルトムントと対戦し、0-0で引き分けた。新天地で開幕スタメンをつかんだ浅野は2戦連続の先発。2トップの一角に入り、前半のみで交代した。ベンチスタートの原口は出番なし。MF香川真司はベンチ外だった。

 前半40分にドルトムントが決定機を迎えた。DFウーカシュ・ピシュチェクの縦パスがクリアされると、こぼれ球にMFマルコ・ロイスが反応。右サイドから中に切れ込み、右足シュートを放ったが、これはGKミヒャエル・エッサーが体を張ってファインセーブ。前半42分にもMFマフムード・ダフードの鋭いスルーパスで最終ラインの裏に抜け出したロイスがフリーで決定的な右足シュートを放ったが、惜しくもクロスバーを叩いた。

 スコアレスで折り返した後半開始と同時にハノーファーは浅野を下げ、新戦力のFWボビー・ウッドを投入。チャンスをつくりながらも互いに最後までゴールをこじ開けられず、0-0のまま試合終了。ハノーファーは開幕2試合連続のドロー。ドルトムントは1勝1分となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-01744064-gekisaka-socc

“原口・大迫・浅野”ブンデス3選手が共演!!勝敗決まらずドローに! 

1 2018/08/26(日) 00:30:51.11 _USER9
ブンデスリーガ第1節が25日に行われ、ブレーメンとハノーファーが対戦した。

今夏、移籍した日本人3選手が在籍する両チーム。全員が先発としてピッチに立つ期待が寄せられたが、原口元気はベンチスタートとなった。ブレーメンFW大迫勇也は右ウィング、ハノーファーFW浅野拓磨はツートップの一角として先発している。

序盤はブレーメンがボールを支配。左右に散らしながら、ゴールへと迫り、大迫も右サイドからアクセントを加える。一方のハノーファーはカウンターから好機を作ろうと試みるが、距離が長く、ゴールまでなかなかたどり着かない。

前半はともにビッグチャンスを作るには至らず、スコアレスで折り返す。

後半開始早々、ブレーメンは中央で浮き玉をつなぎ、最後はダフィ・クラーセンからルドウィグ・アウグスティンソンがボレー。しかし、シュートは惜しくもゴール右へ逸れ、先制点とはならず。

直後、エースのマックス・クルーゼが足を引きずるようにして途中交代。大迫が右から中央へとポジションを移す。56分にはクラーセンがヘディングでフリックしたところを、大迫が抜け出して左足でシュート。うまくミートせず、ボールはゴール右へと外れていった。

劣勢のハノーファーは10番の原口を投入。左サイドのアタッカーに入った。

逆にブレーメンは、39歳の重鎮クラウディオ・ピサーロを投入し、勝負を決めにかかる。

ハノーファーは原口、ブレーメンは大迫を中心に攻撃が回り始めるが、最後のパスやトラップが決まらず、決定的なシュートチャンスには結びつかない。そんな中、どちらに転ぶかわからない試合を動かしたのはハノーファー。77分、浅野と交代で入ったヘンドリク・ヴァインダントが浮き球のパスに抜け出すと、ワントラップから冷静に流し込み、ついに試合が動く。

それでも諦めないブレーメン。左サイドのクロスにピサーロが飛び込むと、そのまま流れたボールをゲブレ・セラシエが頭で押し込み、終盤で試合を振り出しに戻す。

試合は結局そのまま終了。1-1のドローに終わっている。

■試合結果

ブレーメン 1-1 ハノーファー

■得点者

ブレーメン:ゲブレ・セラシエ(85分)

ハノーファー:ヴァインダント(77分)

8/26(日) 0:21配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00000027-goal-socc

写真
no title

【動画】浅野拓磨、ハノーファー公式戦で初ゴール!“見事なゴラッソ” 

キャプチャ
1 2018/08/20(月) 00:14:21.48 _USER9
DFBポカール1回戦が19日に各地で行われた。

浅野拓磨、原口元気の所属するハノーファーは、3部のカールスルーエとアウェーで対戦。原口は肉離れで欠場となったが、浅野はツートップの一角で先発した。ハノーファーは17分、DFケヴィン・ヴィマーのゴールで先制すると、31分にも追加点。前半終了間際にもニクラス・フュルクルクがPKを沈めて3点差に。

すると後半に入った51分、フュルクルクのアシストから浅野が待望のゴールを決め、チームの4点目をゲット。2回戦突破を決定的とした。その後、浅野は64分までプレーし、途中交代している。

なお、浅野にとってカールスルーエは渡独後初めてのゴールを奪っており、過去には3得点を奪っていた相性のいい相手。今回も得点を決め、相性の良さを発揮した。

浅野はプレシーズンから定位置を獲得し、練習試合では得点もマーク。今季最初の公式戦となったカールスルーエ戦でも確かな結果を残し、好スタートを切っている。

8/19(日) 23:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00010011-goal-socc

浅野拓磨、ハノーファーでの“評価急上昇”監督直々に称賛!!「色々な攻撃的ポジションをこなせる」 

20180814_Takuma-Asano
1 2018/08/16(木) 09:08:15.84 _USER9
ハノーファーに所属するFW浅野拓磨の評価が急上昇しているようだ。

 現地時間10日、浅野はリーガエスパニョーラの強豪アスレティック・ビルバオ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せた。今季シュツットガルトから加入した23歳は練習試合7試合で6ゴールを挙げる活躍を見せている。

 そんな浅野に対しアンドレ・ブライテンライター監督は「タクマは色々な攻撃的ポジションをこなせる選手だ。スピードがあり判断力にも優れている。またメンタルもタフである」と高評価を与えている。

 今季のハノーファーは2トップを採用すると見られている。ニクラス・ヒュルクルクはスタメンの座をほぼ手中にしているなか、もう一つの椅子を浅野とハンブルガーSVからレンタルで加入してきたボビー・ウッドが争う形になっている。

 15日付けの独メディア『ラッテンクロイツ』では浅野の走力、運動量、そしてゴールへの意欲がウッドを上回っているとしている。

 ハノーファーは19日にDFBポカール(ドイツ杯)初戦を戦い、25日にはブンデスリーガ開幕戦で日本代表のFW大迫勇也の所属するブレーメンと対戦する。昨季の浅野はシュトゥットガルトでわずか718分の出場時間に終わりロシアワールドカップも選出されなかった。そんな男が今季どのような活躍を見せてくれるのだろうか。

8/16(木) 8:20 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180816-00285557-footballc-socc

【動画】浅野拓磨、開幕を前にスーパーゴール!!スタメン入りへ大きくアピール! 

45133_ext_04_0

ハノーファーのFW浅野拓磨が開幕を前に、スタメン奪取へ向けアピールしている。

現地時間11日、ハノーファーはスペインの名門アスレティック・ビルバオとのトレーニングマッチを行い、2-0で勝利を収めた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000005-goal-socc

『元気くんの顔ヤバい』浅野が原口との仲の良さをSNSでアピールww 

news_251127_1
ともに今夏から新天地ハノーファー96に活躍の場を移した日本代表コンビ、浅野拓磨原口元気

オーストリア北部で行なわれているプレシーズンキャンプでは紅白戦やテストマッチで大いに存在を示し、アンドレ・ブライテンライター監督に猛アピールを続けている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180805-00045133-sdigestw-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索