Samurai Goal

浅野拓磨


スポンサード リンク





浅野拓磨2戦連発12点目 3点に絡み6発大勝に貢献 

スクリーンショット 2021-02-27 12.29.45




1: 2021/02/27(土) 11:34:47.51 _USER9
<セルビアリーグ:インジヤ0-6パルチザン>◇27日◇インジヤ

パルチザンFW浅野拓磨が2試合連続となる今季12ゴール目を決めるなど3点に絡み、チームの勝利に貢献した。

まずは1-0の前半41分、ゴールキックの相手クリアを中盤で拾うと前線へパスを供給してマルコビッチの2点目をアシスト。さらに同ロスタイムにも相手GKからDFへの甘くなったパスを逃さず奪い、M・ヨイッチへ落として3点目をお膳立て。後半6分にはワンツーパスで抜け出し、相手GKとの1対1を豪快に右足を振り抜いてゴール左へ決めて4点目を奪った。

チームは6-0で大勝しリーグ戦12連勝。2試合消化の少ない首位レッドスターとは3差。

https://news.yahoo.co.jp/articles/443f72285d6cb9551ee6ea847a260792c4e0c6c7

浅野拓磨も今季11点目。南野拓実、鎌田大地らに続く日本人選手ゴールラッシュ 

スクリーンショット 2021-02-23 8.40.55




1: 2021/02/23(火) 07:53:17.03 _USER9
 先週末に行われた欧州各国リーグでは多くの日本人選手がゴールを記録した。21日日曜日の試合でもFW浅野拓磨とMFアペルカンプ真大がそれぞれ1得点を挙げている。

 パルチザンの浅野はセルビア・スーペルリーガ第23節のラドニク・スルドゥリツァ戦に先発出場。64分にスルーパスを受けて抜け出し、GKとの1対1から冷静にグラウンダーのシュートを流し込んだ。

 浅野は後半戦初ゴールとなり、これで今季リーグ戦11点目。チームの最多得点者であり、リーグ得点ランキングでもトップと3点差の3位に位置している。試合はパルチザンが3-0で勝利して11連勝を飾り、無敗の首位レッドスターを追い続けている。

 ドイツ・ブンデスリーガ2部でもフォルトゥナ・デュッセルドルフのアペルカンプが今季2点目のゴールを記録。原口元気、室屋成との日本人対決となった試合に交代で出場して負傷から5試合ぶりの復帰を果たし、決勝点となるチームの3点目を挙げた。

 20日土曜日の試合ではサウサンプトンの南野拓実がチェルシー相手に先制点。フランクフルトの鎌田大地は首位バイエルン・ミュンヘン相手に1得点1アシストを記録して勝利の立役者となった。オランダではPECズヴォレの中山雄太が1得点、フランスではマルセイユの長友佑都が移籍後初アシストを記録するなど欧州で多くの日本人選手がゴールに絡んだ週末となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/985760779cd8710de2b1d6d836cfe5263f7646cd

<FW浅野拓磨(パルチザン)>2戦連発弾!今季10点目でチームの7連勝に貢献 

1: 2020/12/17(木) 22:12:12.52 _USER9
セルビア1部リーグは16日に第19節を行い、パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨がムラドスト・ルチャニ戦で今季10点目を記録した

10試合連続の先発出場を果たした浅野は前半24分、MFセイドゥバ・スマから右サイド中央寄りの位置でボールを受け、トラップでPA内に侵入。
右足を振り抜いたシュートはゴール左ポストの内側を弾き、ネットに吸い込まれていった。

浅野は前節・ボジュドバツ戦に続く2連連発弾で今季10点目を記録。チームは前半のうちに1点を追加し、後半に2点を加え、4-0で快勝した。
パルチザンは10月31日の第13節・マチュバ戦から7連勝。11月21日の第15節・プロレテル戦から5試合連続でクリーンシートを継続している。

12/17(木) 21:45配信 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/19154a5885349c97b8a303d71c33798bdff2d818

写真
no title


動画 試合ハイライト
https://www.youtube.com/watch?v=Q-hqg1YTg88

セルビア1部 パルチザン・浅野拓磨(26)が今季公式戦10点目 

news_270226_1




1: 2020/11/30(月) 11:36:12.92 _USER9
セルビア1部リーグ第16節が29日に行われ、パルチザンの日本代表FW浅野拓磨(26)は敵地のTSCバッカトポラ戦に先発出場し、後半26分にチーム4点目となるゴールを決めた。

 試合は4―0で快勝。ゴール直後の29分に退いた浅野は今季リーグ戦8点目、公式戦では早くも2桁の10点目に到達した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/abe3612e4fa9fe9fa8c97c6830538c76445a0622
11/30(月) 10:27配信

森保監督「広島時代師弟」浅野拓磨を迷わず招集 欧州で今季7発攻撃活性へ…オーストリア遠征24人発表 

スクリーンショット 2020-11-06 7.59.46




1: 2020/11/06(金) 06:52:22.87 _USER9
 日本サッカー協会は5日、オーストリア・グラーツで行う国際親善試合のパナマ戦(13日)、メキシコ戦(17日、日本時間18日)に臨む日本代表メンバー24人を発表した。10月のオランダ遠征では入国制限の危惧で招集外だったFW浅野拓磨(25)=セルビア1部・パルチザン=、MF橋本拳人(27)=ロシア1部・ロストフ=が選出。FW大迫勇也(30)=ブレーメン=は所属クラブが定めた帰国後の制限のため、招集外となった。

 かつての教え子が欧州ではい上がる姿に、森保一監督(52)は成長を感じ取っていた。セルビアの強豪・パルチザンで今季公式戦7得点の浅野について、オンライン会見で「チームの中心選手として自覚してプレーしている。代表の戦力になると思って招集しました」。10月は招集を断念したが、入国制限がなかった今遠征へは迷いはなかった。

 森保監督は広島を指揮した13年、爆発的なスピードを持つ高卒ルーキーをJ1デビューさせ、その後も我慢強く起用。力をつけた浅野は、16年にイングランド・プレミアリーグのアーセナルへ移籍した。しかし期限付き移籍したドイツのシュツットガルト、ハノーバーでの計3年間で目立った結果を残せず、昨季からセルビアに活躍の場を求めた。

 今季はFW、両サイドハーフ、トップ下などをこなしながらリーグ3位タイの6ゴール(他にカップ戦で1得点)。他の欧州主要リーグと比較してレベルが落ちるが、今回の招集メンバーでは最多だ。森保ジャパンは1勝1分けだった10月の遠征で、得点はセットプレーからDF植田が奪った1点のみ。大迫不在の今遠征は、得点という結果を出している浅野の招集は必然だった。

 森保監督は浅野の変化を「よりゴールに向かい、得点にこだわりを持ってプレーしている。自分がシュートまでいくどん欲さと、アシスト役にも回る部分もあり、状況を見てプレーできている。2トップ、トップ下、両サイドもやる中で、プレーの幅を広げている」と語る。粗削りなスピードスターから、さまざまな経験を経て進化しつつある浅野。恩師の下で、日本代表の攻撃陣に刺激を与え、欠かせない存在となる可能性は秘めている。(金川 誉)

https://news.yahoo.co.jp/articles/35a73868c0333a798221ff2a97d23da126b27b7b
11/6(金) 6:00配信

<浅野拓磨(パルチザン)>絶好調!4戦連発&ハットトリック達成!開幕5試合6得点で昨季超え... 

1: 2020/08/23(日) 07:19:51.58 _USER9
写真
no title


パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、22日に行われたセルビア・スーペルリーガ第5節のインジヤ戦で4試合連続ゴールを決めた。

 先発出場した浅野は1点リードの48分、右サイドから中央に切り込み、ビブラス・ナトホとのワンツーでペナルティエリア内に進入。飛び出したGKを冷静に左足ループシュートでかわして先制点を挙げた。

 65分には味方のロングパスで浅野とウマル・サディクがエリア内に抜け出すと、サディクがGKの目前でパス。それを浅野が左足で無人のゴールに流し込んで追加点を挙げた。さらに浅野は76分、エリア中央で左サイドからのクロスを受けると、左足で押し込んでハットトリックを達成した。

 浅野はこれで4試合連続ゴールと絶好調。初のハットトリックを達成し、今シーズンのリーグ戦得点数を6ゴールに伸ばした。セルビア1年目の昨シーズンではリーグ戦23試合に出場して4ゴールを記録していたため、今シーズンは開幕5試合で昨季超えを達成した。

 パルチザンは5-0の大勝で3連勝を飾り、開幕5連勝で首位のツルヴェナ・ズヴェズダ(レッドスター)と勝ち点差3の3位につけている。浅野は開幕5試合連続の先発出場で、82分までプレーして勝利の立役者となった。

サッカーキング 8/23(日) 6:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/c07c4b08ed8ea7d958405f3cd22a8a814d886a34

パルチザンFW浅野拓磨が3戦連発!! 倒れ込みながら胸でゴール 

スクリーンショット 2020-08-16 15.43.09




1: 2020/08/16(日) 14:07:01.88 _USER9
セルビア1部リーグは15日、第4節を行い、パルチザンに所属するFW浅野拓磨がFKラドニク・スルドゥリツァ戦で3試合連続となるゴールを挙げた。

 開幕から4試合連続スタメンとなった浅野は0-0で迎えた後半17分、カウンターから猛然と右サイドを走り込み、PA内右で左クロスに反応。バウンドしたボールを倒れ込みながら胸で押し込み、先制のネットを揺らした。3試合連発の今季3得点目を挙げると、代名詞のジャガーポーズも披露。浅野は後半45分までプレーし、2-0勝利に貢献した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1d1963ce6c4c052d48955bcdecf17d19f44bfca4

浅野拓磨が2試合連続弾で今季2点目! 弟・雄也も同じ日に得点 

スクリーンショット 2020-08-10 13.32.01




1: 2020/08/10(月) 10:51:16.45 _USER9
パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、9日に行われたセルビア・スーペルリーガ第3節ヤボル戦で2試合連続弾を決め、今季の得点数を「2」に伸ばした。

 浅野は開幕から3試合連続の先発出場を果たし、85分までの出場となった。迎えた76分、浅野は自陣からのスルーパスに抜け出すと、飛び出してきた相手GKをかわし、最後は左足で無人のゴールに流し込んでチームの4点目を決めた。

 これで浅野拓磨は5日に行われた前節のノヴィ・パザル戦から2試合連続のゴールとなった。また、サンフレッチェ広島に所属する弟・浅野雄也も9日に行われた明治安田生命J1リーグ第9節の湘南ベルマーレ戦でゴールを決めており、5日のルヴァンカップ・北海道コンサドーレ札幌戦から2試合連続得点をマーク。これにより兄弟が同日にそろって2試合連続得点を記録するかたちとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/626171c3954e60aecb1f7c20e2cb269f373e22b9

浅野拓磨が2ゴール! 再開初戦に続きセルビア杯でも大活躍。パルチザンの2-1勝利に貢献 

20200604-00376137-footballc-000-1-view




1: 2020/06/04(木) 09:47:12.50
【FKラドニク・スルドゥリツァ 1-2 パルチザン セルビア・カップ準々決勝】
 
 セルビア・カップ準々決勝、FKラドニク・スルドゥリツァとパルチザン・ベオグラードの試合が現地時間3日に行われた。アウェイのパルチザンが2-1の勝利をおさめている。この試合でパルチザンに所属する浅野拓磨が2ゴールを決める活躍を見せた。

 新型コロナウイルスの影響でリーグ戦は中断されていたが、新規の感染者数や死亡者数が減少傾向にあることを考慮し5月30日から再開されている。浅野は再開初戦のムラドスト・ルチャニ戦で1ゴールを記録し4-1の勝利に貢献していた。

 そして、今回のセルビア・カップ準々決勝でも浅野が2ゴール決める活躍を見せている。前半アディショナルタイムに浅野が先制点を決めると、そのまま続けて浅野が追加点を決めた。FKラドニク・スルドゥリツァのスタメンコビッチに1点を返されたものの、逃げ切ったパルチザンが2-1の勝利をおさめている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0a75ee6df40dd007fb8bc73ca14d2f8f036320a

パルチザン浅野拓磨が1G1Aの活躍で再開初戦の勝利に貢献!《セルビア・スーペルリーガ》 

20200531-00375407-usoccer-000-1-view




1: 2020/05/31(日) 10:04:30.87
パルチザン・ベオグラードに所属する日本代表FW浅野拓磨がゴールをマークした。

新型コロナウイルスのパンデミックが収まりつつある中、セルビアでも29日に無観客でリーグが再開。セルビアリーグでは16チームがホーム&アウェイの計30試合を戦った後、上位8チームと下位8チームに分けてプレーオフ・ラウンドを行う方式を取っているが、今回の事態を受けて、セルビアサッカー連盟(SFF)はリーグ戦のみの結果で優勝や降格を決めることを発表していた。

パルチザンは30日、セルビア・スーペルリーガ第27節でムラドストとホームで対戦。浅野は前半のみプレーした。

試合が動いたのは12分、味方の縦パスでボックス中央から侵入した浅野が相手DFを引きつけると、ヒールで絶妙なラストパスを供給。これを左から走り込んだマルコビッチが流し込んだ。

先制点で勢いづくパルチザンは、19分にもナトホのパスをボックス内で受けた浅野が飛び出したGKを冷静にかわしゴールネットを揺らした。その後、23分にムラドストに1点を返されたが、パルチザンがリードを保ち前半を終えた。

迎えた後半、パルチザンは浅野を下げてステファノビッチを投入。後半も主導権を握るパルチザンは、62分にサディクがPKを決めて3点目を奪うと、70分にもペナルティーアーク内まで切り込んだステファノビッチがゴールネットを揺らした。結局、試合は4-1で終了。浅野の1ゴール1アシストなどでパルチザンが再開初戦を勝利で飾った。

なお、首位のツルヴェナ・ズヴェズダが前日の試合で勝利したことにより、3試合を残して同クラブのリーグ3連覇が決定。2位のパルチザンは今後、3位以内に与えられる来季のヨーロッパリーグ予選出場権の確保が目標となる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b40a56f39ace2bf873cff3dfeefac8671e50085



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索