Samurai Goal

浅野拓磨


スポンサード リンク





【ピンチ】岡崎慎司、怪我でW杯“登録抹消”濃厚か!? 

キャプチャ
1 2018/06/17(日) 05:17:43.12 _USER9
6/17(日) 5:01配信

 西野ジャパン、初戦直前入れ替えも―。19日にコロンビアと初戦を迎える日本代表のFW岡崎慎司(32)=レスター=が16日、負傷のため大会登録の23人から外れることが濃厚になった。右ふくらはぎを負傷し、大会期間中には完治しないと判断されたもようで、3大会連続出場は絶望的。冒頭15分のみ公開となった16日の練習もただ1人、グラウンドには現れず。代わりにはバックアップメンバーとして帯同しているFW浅野拓磨(23)=ハノーバー=が登録されることになりそうだ。


 大事な初戦の3日前、西野ジャパンに衝撃が走った。冒頭15分のみ公開された練習。ピッチにはバックアップメンバーのFW浅野も含めた23人が現れた。だが、帯同している24人のうちただ1人、FW岡崎だけがピッチに現れなかった。関係者によると、負傷のため大会登録の23人のメンバーから外れる可能性が極めて高いという。

 岡崎は12日の親善試合、パラグアイ戦(インスブルック)で右ふくらはぎを負傷。もともと痛めていた右膝でも、左足首でもなかった。負傷部位をかばったのが影響した可能性もある。ゼーフェルト(オーストリア)の事前キャンプ地からカザン入りしても14、15日と完全別メニュー。ロシアでは一度もチーム練習に合流していない。西野朗監督(63)も15日の練習後には「非常に(状態が)厳しい選手もいます。岡崎(の状態)が一番気になる」と話していた。

 W杯のレギュレーションでは、初戦の24時間前までは選手の入れ替えができる。日本代表は現地時間19日午後3時(日本時間同午後9時)に1次リーグH組初戦でコロンビアと戦うため、18日午後3時までに診断書とともに国際サッカー連盟(FIFA)に提出すれば、選手の入れ替えが可能だ。現状ではサポートメンバーとして帯同しているFW浅野を登録する見込みだ。

 過去には2006年のドイツ大会直前にDF田中誠(当時磐田)が左太ももの肉離れで離脱。代わりにDF茂庭照幸(当時F東京)が米ハワイで休暇中に緊急招集されてメンバーに加わったこともある。大会直前のメンバー入れ替えは3大会ぶりとなる。

 5月中旬にガーナ戦(日産ス)のメンバー発表した際に、「ゲームの中での総合的な役割というのは代えがないと私は評価している」と指揮官が話し、W杯に必要と判断された。今大会でゴールすれば3大会連続の得点となるはずだった。前回大会のコロンビア戦で唯一ゴールを奪った男でもある。だが、大会直前に西野ジャパンは大事な1ピースを外さざるを得ない状況になった。

 ◆岡崎のW杯 10年南アフリカ大会で初出場。全4試合にいずれもFWとして途中出場し、1次リーグ(L)3戦目のデンマーク戦で後半42分に左足で初ゴールを決めた。14年ブラジル大会はFWで1次Lコートジボワール戦、ギリシャ戦ともに先発フル出場。コロンビア戦で前半ロスタイムに頭で同点ゴールを決めるも、後半24分に退いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000055-sph-socc

原口元気がハノーファーへ完全移籍!!浅野とのコンビに期待が高まる 

hara8-1516706251
1 2018/06/13(水) 12:25:24.43 _USER9
ハノーファーが12日、ヘルタ・ベルリンからデュッセルドルフにレンタル移籍していた27歳の日本代表FW原口元気を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2021年6月までとなっている。さらに、背番号は「10」を与えられた。

 原口はヘルタでなかなか出番がなく冬にフォルトゥナ・デュッセルドルフへ期限付き移籍を果たす。新天地では13試合に出場しチームの2部優勝の原動力となった。なおハノーファーには今季シュトゥットガルトでプレーしていた浅野拓磨も加入する事が決まっており来季は日本人コンビの活躍が期待される。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180613-00274188-footballc-socc

大迫・浅野が“移籍即決”大迫はブレーメン、浅野はハノーファーへ! 

201711030757287e7
1   2018/05/25(金) 17:14:00.01 _USER9
5/25(金) 17:01配信
Number Web
大迫勇也と浅野拓磨が移籍即決。W杯後の新天地でエース級活躍を!

ロシアW杯では日本の最前線として期待される大迫勇也。名門ブレーメンでも万能性を発揮したい。

 ドイツの移籍市場は動き出しが非常に早い。

 今夏も例外ではなく、各クラブの主力級が次々と新天地でのチャレンジを決断。例を挙げれば、アウクスブルクの正GKを務めたマルビン・ヒッツがドルトムントへ、ハノーファーのDFリーダーだったサリフ・サネがシャルケへとステップアップを決めている。

 5月30日のガーナ戦に向けた日本代表候補の大迫勇也と浅野拓磨も、それぞれ移籍先が決定済みだ。周知のとおり、前者はケルンからブレーメン、後者はシュツットガルトからハノーファーへと戦いの場を移す。

 大迫が加入するブレーメンは、今季のリーグ戦を11位でフィニッシュした。開幕10試合で1つも白星を挙げられなかったが、第11節から指揮を執ったフロリアン・コーフェルト監督の下で復調。余裕の残留を果たした。

 35歳の青年監督が植え付けたのは創造的で魅力溢れる攻撃サッカーで、前線から激しくプレスを仕掛けるなど守備時もアグレッシブだ。

クルーゼとの連係が確立すれば期待大。

 前線は1トップが基本だが、クラブのスポーツディレクターを務めるフランク・バウマンが「1トップもセカンドトップもできるし、サイドやトップ下でもフレキシブルにプレーできる」と評する大迫の加入に伴い、2トップの採用も増えるかもしれない。

 バウマンSDが「1年前も獲得の可能性を探った」と語り、コーフェルト監督自らが直接口説き落とした大迫に期待されるのは、もちろん主力級の活躍だ。指揮官がすでに起用法を本人に伝えたように、レギュラー待遇になるはずだ。

 不動のエースとして君臨しているマックス・クルーゼと良好なコンビネーションを築き、攻撃陣を引っ張れるかどうかが焦点だ。ゴールへのこだわりを持つ大迫にとって、優秀なフィニッシャーであり、卓越したチャンスメーカーでもあるクルーゼは、頼もしい相棒になるだろう。

ペップを信奉する監督のもとで。

 大迫が「情熱的」と表現するコーフェルト監督に言及するなら、選手たちになにより向上心を求めるタイプの指揮官だ。どんなに好調でも満足することを嫌い、日々のトレーニングに前向きな姿勢で取り組む選手を重宝する。

 現役時代はアマチュア止まりだったが、大学でスポーツ健康科学を学び、2014-15シーズンのフースバルレーラー(S級ライセンス)講習を首席で修了。大きな影響を受けた指導者はジョゼップ・グアルディオラで、アクティブな攻撃サッカーを志向する。

 コーフェルトの戦術浸透がさらに進むようなら、大迫を含むブレーメン攻撃陣は数多くのゴールチャンスに恵まれるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180525-00830876-number-socc

〈レンタル〉浅野拓磨、ハノーファー正式決定!!片道切符になるのか? 

WS004941
1   2018/05/23(水) 19:53:58.24 _USER9
5/23(水) 19:31配信
浅野拓磨、ハノーファーへのレンタルが正式決定…通算4人目の日本人に

ハノーファーは18日、日本代表FWの浅野拓磨を1年のレンタルでアーセナルから獲得することを発表した。


2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルに加入した浅野だが、イングランドでプレーすることはなく、そのままレンタルでシュトゥットガルトへと期限付き移籍。ドイツでの1シーズン目は、レギュラーとして当時2部に所属していたクラブの1部昇格に貢献するも、今年1月にタイフン・コルクト監督が就任してからは出場機会が1試合も与えられなかった。

しかし、そんな浅野を今度はハノーファーが1年の期限付きで獲得。イギリスの就労ビザが下りないと判断したと見られる所属元アーセナルは、ハノーファーのホルスト・ヘルトSD(スポーツディレクター)からのオファーを受け入れたとのこと。

ドイツ紙『ビルト』によれば、アーセナルに支払うレンタル料は100万ユーロ(約1億3000万円)で、レンタル契約には300万ユーロ(約3億9000万円)に設定の買い取りオプションが盛り込まれているという。

昨季は2部に所属していたハノーファーだが、今シーズンは1年ぶりに1部に復帰。アンドレ・ブライテンライター監督の下で、今シーズンを13位で終えた。過去には現マルセイユのDF酒井宏樹や、現セレッソ大阪のMF清武弘嗣、山口蛍が所属し、浅野は同クラブでプレーする4人目の日本人選手となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000017-goal-socc

浅野拓磨「アピール出来ていないのに...」代表選出された理由とは? 

GettyImages-693512738-800x533
1   2018/05/22(火) 22:11:21.80 _USER9
日本代表は22日、千葉県内で今月30日の国際親善試合・ガーナ戦に向けて練習を行った。

「まず、このメンバーに残れたことは僕にとって本当にポジティブなことしかないです」

そう話すのは浅野拓磨だ。所属クラブのシュトゥットガルトでは出場機会に恵まれなかったが、ガーナ戦のメンバーに選出された。

「特に半年、日本代表に対してのアピールというのは1つもできていないので、それを取り返すチャンスはこのメンバーに入ることしか残っていなかった。

そのチャンスを与えてもらったというのは、僕にとってすごく大きなこと」

クラブで試合のピッチに立てない中でも、浅野は「常に、次の試合には出る可能性があるという意識でいました」と述べ、「そのための準備は常にやってこられた」と胸を張った。

この日は狭いエリアでボールを繋ぐ練習メニューもこなした。「細かくパスを繋ぐ練習も、そういうサッカーを目指している可能性もあるのかなと思います」と語る。

さらに「攻撃の部分で技術が高い選手が多いので、自然とああいうプレーは試合の中でも増えてくるだろうと思います」と続けた。

「自分は自分の良さを消さないように」と言う浅野は、「1人ひとりが全力で戦っている姿を見てくれたら」と意欲を口にした。

(取材・文:青木務)

フットボールチャンネル 5/22(火) 21:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00270543-footballc-socc

『ハリルさん。感謝してます』ハリルチルドレンが思いを語る 

1   2018/04/24(火) 19:49:23.49 _USER9
■独シュツットガルトの浅野拓磨

 日本代表のハリルホジッチ監督の解任には本当に驚きました。時差のため、僕は朝起きてニュースで知りました。「えっ、本当に?」というのが最初の反応でした。

 僕自身は、ハリルさんにはすごく感謝しています。代表に選び、起用してくれたことで、信頼も感じていました。高いレベルを体感できたことは、間違いなく成長につながりました。自信はあるけど、この監督でなければ今の自分はなかったかもしれません。

 代表監督としてのハリルさんと最後に言葉を交わしたのは、昨年11月の欧州遠征の解散時です。特別なことは言われていません。ただ、「今回もゴールを決められるチャンスがあったから、決めてほしかった」と言葉をもらいました。

 チャンスになるまでのプレーは認めてくれている。そして僕にもゴールを求めてくれている。多くを話したわけでもなく、個人面談もなかったですが、常に信頼は感じていました。だから最後まで一緒に戦って、期待に応えたかった気持ちはあります。

4/24(火) 17:01配信 朝日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000061-asahi-spo

写真
no title

宮市亮ぬ匹敵!初アシストの浅野拓磨、“爆速”スピードが炸裂していた 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 16:53:21.99 ID:CAP_USER9
今季アーセナルからの期限付きでドイツ2部・シュトゥットガルトへ加入した浅野拓磨。

20日のブラウンシュヴァイク戦で移籍後初のアシストを記録したことはお伝えしたが、この一戦では自慢のスピードも炸裂していた。

まずは相手のコーナーキックを跳ね返し、味方が頭で繋いだこの場面。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=96&v=aGFYTUlrG0c



トラップの瞬間に前方へ大きく蹴り出すと、急加速しあっという間にゴール前へ。最後は相手の巧い守備に阻まれてしまったが、颯爽とゴールに迫る姿は若き日のマイケル・オーウェンを彷彿とさせるものがあった。

さらに、得意とする裏に抜けるランニングからも決定機を作り出す。

右サイドに開き、一度は足元に受けると見せかけてすぐに進行方向に猛ダッシュ。そこへ正確なスルーパスが届き、これをダイレクトで折り返した。

ボールは中央の味方へわずかに合わず得点には繋がらなかったが、浅野の持ち味が発揮された場面であった。

アシストを記録した場面でも、その直前に披露したスピードは圧巻だった。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=324&v=aGFYTUlrG0c



自陣深くでボールを奪った味方のパスは、相手選手との競争に。しかし、猛烈なスピードで一歩先にボールに追い付くと、そこからは影をも踏ませぬ速度で右サイドをぶっちぎった。

このカウンターの起点となった味方の前方への大きなパスを見ると、すでに浅野のスピードが大きな武器であることをチームメートはしっかり認識しているようだ。

そして68分に交代。ゴールは生まれなかったものの、サポーターから大きな拍手を受けている。

先週、ヨス・ルフカイ監督の電撃辞任に「所属チームでの監督交代というのは初めて」と残念がった浅野。

しかし、「決して下を向くことはなくポジティブに考えることができています」と、この試合でも最適とはいえない右サイドで起用され、FWとは違う限定されたスペースのなか足元のコントロールが乱れたり、相手を背負ってボールを受けた際には潰されることもあったが、一方で圧倒的なスピードで相手を混乱に陥れていた。

この“豪脚”はもしかしたら宮市亮(ザンクト・パウリ)に匹敵するかもしれない。奇しくもその宮市は現在、同じドイツ2部の舞台でプレーしている。両者は今季、浅野が加入する前の8月8日の開幕戦で既に対戦しているが、1月に開催予定の折り返しとなる直接対決が今から楽しみである。

http://qoly.jp/2016/09/22/stuttgart-takuma-asano-is-so-fast?part=2
no title

【タッチ集】シュツット浅野拓磨が右サイド独走から初アシスト!!シュツットガルトは首位チーム撃破で2連勝!! 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 03:54:32.39 ID:CAP_USER9
[9.20 ブンデスリーガ2部第6節 シュツットガルト2-0ブラウンシュバイク]

 ブンデスリーガ2部は20日、第6節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームで首位ブラウンシュバイクと対戦し、2-0で勝利した。2戦連続先発の浅野は1-0の後半19分に移籍後初アシストを記録し、後半23分までプレー。細貝は4-1-4-1のアンカーで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献した。

 シュツットガルトは立ち上がりから主導権を握り、前半18分に先制に成功する。アレクサンドル・マキシムの左CKがファーサイドに流れてきたボールをDFトニ・シュニッチがヘディングで押し込み、1-0。幸先よくリードを奪った。

 前節のカイザースラウテルン戦(0-1)は2トップの一角で先発した浅野だが、この日は2列目の右サイドで先発出場。スピードを生かしたドリブルで積極的に仕掛け、前半28分にはドリブルからミドルシュートを狙ったが、GKにキャッチされた。

 1点リードで折り返した後半19分、カウンターから浅野が快足を飛ばして右サイドを駆け上がる。自陣からドリブルで独走し、相手PA近くまで持ち上がると、マイナスに戻したパスは相手にカットされたが、こぼれ球を自ら拾ってファーサイドへクロス。これを途中出場のMFケビン・グロスクロイツがフリーで受け、切り返しから右足シュートを突き刺した。

 浅野のドイツ移籍後初アシストで2-0とリードを広げたシュツットガルト。浅野は直後の後半23分に交代したが、チームはそのまま完封勝利をおさめ、2連勝で4勝2敗の勝ち点12に伸ばした。開幕5連勝中だった首位ブラウンシュバイクはこれが今季初黒星となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631425-gekisaka-socc

no title

浅野、細貝が所属するシュツットガルト ルフカイ監督が辞任!原因が浅野にも!!? 

593: 名無しさん 2016/09/15(木) 20:28:32.28 ID:6xYjgxWf0


no title

【ハイライト動画】浅野拓磨、途中出場でドイツデビュー! シュトゥットガルトはホームで敗戦 

1: 名無しさん 2016/09/10(土) 06:02:48.49 ID:CAP_USER9
 ドイツ・ブンデスリーガ2部の第4節が9日に行われ、日本代表FW浅野拓磨とMF細貝萌所属のシュトゥットガルトとハイデンハイムが対戦した。

 今夏にアーセナルへ移籍した浅野は労働許可証の問題もあり、8月26日にシュトゥットガルトへレンタル。直後に日本代表へ選出されたため、チームには合流したばかりの浅野だったが、さっそくベンチ入り。8月に負傷した細貝は練習には復帰しているものの、ベンチ外となり欠場となった。

 開幕から2勝1敗の勝ち点6で3位につけるシュトゥットガルトがホームに9位ハイデンハイムを迎えた一戦はシュトゥットガルトがボールを保持するも、前半は両チーム無得点で終了。試合が動いたのは後半に入ってからだった。

 69分、セットプレーを素早く再開させたハイデンハイムは右サイドからのクロスをヨン・フェルホークがヘディングで合わせて、先制に成功した。一方のシュトゥットガルトもすぐに追いつく。3分後に左サイドのCKからトニ・シュニッチがゴールを決める。

 しかし、試合はさらに動く。ハイデンハイムは76分、投入されたばかりのティム・スカルケがカウンターから左サイドを突破すると、そのままGKとの1対1を制して勝ち越しに成功。得点が欲しいシュトゥットガルトは81分に3枚目の交代カードとして浅野を投入するが、ネットは揺らせず。2-1でハイデンハイムが勝利した。

 シュトゥットガルトは次節アウェーでカイザースラウテルンと、ハイデンハイムはホームでデュッセルドルフと対戦する。

SOCCER KING 9月10日 3時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00491224-soccerk-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索