Samurai Goal

浅野拓磨


スポンサード リンク





宮市亮ぬ匹敵!初アシストの浅野拓磨、“爆速”スピードが炸裂していた 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 16:53:21.99 ID:CAP_USER9
今季アーセナルからの期限付きでドイツ2部・シュトゥットガルトへ加入した浅野拓磨。

20日のブラウンシュヴァイク戦で移籍後初のアシストを記録したことはお伝えしたが、この一戦では自慢のスピードも炸裂していた。

まずは相手のコーナーキックを跳ね返し、味方が頭で繋いだこの場面。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=96&v=aGFYTUlrG0c



トラップの瞬間に前方へ大きく蹴り出すと、急加速しあっという間にゴール前へ。最後は相手の巧い守備に阻まれてしまったが、颯爽とゴールに迫る姿は若き日のマイケル・オーウェンを彷彿とさせるものがあった。

さらに、得意とする裏に抜けるランニングからも決定機を作り出す。

右サイドに開き、一度は足元に受けると見せかけてすぐに進行方向に猛ダッシュ。そこへ正確なスルーパスが届き、これをダイレクトで折り返した。

ボールは中央の味方へわずかに合わず得点には繋がらなかったが、浅野の持ち味が発揮された場面であった。

アシストを記録した場面でも、その直前に披露したスピードは圧巻だった。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=324&v=aGFYTUlrG0c



自陣深くでボールを奪った味方のパスは、相手選手との競争に。しかし、猛烈なスピードで一歩先にボールに追い付くと、そこからは影をも踏ませぬ速度で右サイドをぶっちぎった。

このカウンターの起点となった味方の前方への大きなパスを見ると、すでに浅野のスピードが大きな武器であることをチームメートはしっかり認識しているようだ。

そして68分に交代。ゴールは生まれなかったものの、サポーターから大きな拍手を受けている。

先週、ヨス・ルフカイ監督の電撃辞任に「所属チームでの監督交代というのは初めて」と残念がった浅野。

しかし、「決して下を向くことはなくポジティブに考えることができています」と、この試合でも最適とはいえない右サイドで起用され、FWとは違う限定されたスペースのなか足元のコントロールが乱れたり、相手を背負ってボールを受けた際には潰されることもあったが、一方で圧倒的なスピードで相手を混乱に陥れていた。

この“豪脚”はもしかしたら宮市亮(ザンクト・パウリ)に匹敵するかもしれない。奇しくもその宮市は現在、同じドイツ2部の舞台でプレーしている。両者は今季、浅野が加入する前の8月8日の開幕戦で既に対戦しているが、1月に開催予定の折り返しとなる直接対決が今から楽しみである。

http://qoly.jp/2016/09/22/stuttgart-takuma-asano-is-so-fast?part=2
no title

【タッチ集】シュツット浅野拓磨が右サイド独走から初アシスト!!シュツットガルトは首位チーム撃破で2連勝!! 

1: 名無しさん 2016/09/21(水) 03:54:32.39 ID:CAP_USER9
[9.20 ブンデスリーガ2部第6節 シュツットガルト2-0ブラウンシュバイク]

 ブンデスリーガ2部は20日、第6節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームで首位ブラウンシュバイクと対戦し、2-0で勝利した。2戦連続先発の浅野は1-0の後半19分に移籍後初アシストを記録し、後半23分までプレー。細貝は4-1-4-1のアンカーで2試合連続のフル出場を果たし、2連勝に貢献した。

 シュツットガルトは立ち上がりから主導権を握り、前半18分に先制に成功する。アレクサンドル・マキシムの左CKがファーサイドに流れてきたボールをDFトニ・シュニッチがヘディングで押し込み、1-0。幸先よくリードを奪った。

 前節のカイザースラウテルン戦(0-1)は2トップの一角で先発した浅野だが、この日は2列目の右サイドで先発出場。スピードを生かしたドリブルで積極的に仕掛け、前半28分にはドリブルからミドルシュートを狙ったが、GKにキャッチされた。

 1点リードで折り返した後半19分、カウンターから浅野が快足を飛ばして右サイドを駆け上がる。自陣からドリブルで独走し、相手PA近くまで持ち上がると、マイナスに戻したパスは相手にカットされたが、こぼれ球を自ら拾ってファーサイドへクロス。これを途中出場のMFケビン・グロスクロイツがフリーで受け、切り返しから右足シュートを突き刺した。

 浅野のドイツ移籍後初アシストで2-0とリードを広げたシュツットガルト。浅野は直後の後半23分に交代したが、チームはそのまま完封勝利をおさめ、2連勝で4勝2敗の勝ち点12に伸ばした。開幕5連勝中だった首位ブラウンシュバイクはこれが今季初黒星となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-01631425-gekisaka-socc

no title

浅野、細貝が所属するシュツットガルト ルフカイ監督が辞任!原因が浅野にも!!? 

593: 名無しさん 2016/09/15(木) 20:28:32.28 ID:6xYjgxWf0


no title

【ハイライト動画】浅野拓磨、途中出場でドイツデビュー! シュトゥットガルトはホームで敗戦 

1: 名無しさん 2016/09/10(土) 06:02:48.49 ID:CAP_USER9
 ドイツ・ブンデスリーガ2部の第4節が9日に行われ、日本代表FW浅野拓磨とMF細貝萌所属のシュトゥットガルトとハイデンハイムが対戦した。

 今夏にアーセナルへ移籍した浅野は労働許可証の問題もあり、8月26日にシュトゥットガルトへレンタル。直後に日本代表へ選出されたため、チームには合流したばかりの浅野だったが、さっそくベンチ入り。8月に負傷した細貝は練習には復帰しているものの、ベンチ外となり欠場となった。

 開幕から2勝1敗の勝ち点6で3位につけるシュトゥットガルトがホームに9位ハイデンハイムを迎えた一戦はシュトゥットガルトがボールを保持するも、前半は両チーム無得点で終了。試合が動いたのは後半に入ってからだった。

 69分、セットプレーを素早く再開させたハイデンハイムは右サイドからのクロスをヨン・フェルホークがヘディングで合わせて、先制に成功した。一方のシュトゥットガルトもすぐに追いつく。3分後に左サイドのCKからトニ・シュニッチがゴールを決める。

 しかし、試合はさらに動く。ハイデンハイムは76分、投入されたばかりのティム・スカルケがカウンターから左サイドを突破すると、そのままGKとの1対1を制して勝ち越しに成功。得点が欲しいシュトゥットガルトは81分に3枚目の交代カードとして浅野を投入するが、ネットは揺らせず。2-1でハイデンハイムが勝利した。

 シュトゥットガルトは次節アウェーでカイザースラウテルンと、ハイデンハイムはホームでデュッセルドルフと対戦する。

SOCCER KING 9月10日 3時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160910-00491224-soccerk-socc
no title

【アサシンw】ベンゲル監督、日本代表での浅野を絶賛「私は“浅野信者”だ!!」 

1: 名無しさん 2016/09/09(金) 05:47:25.04 ID:CAP_USER9
アーセナルのベンゲル監督が、今夏に広島から獲得した日本代表FW浅野を絶賛した。

7日に英紙デーリー・スター(電子版)がクラブ公式サイトでのコメントを紹介。
英国での労働許可証が下りずドイツ2部シュツットガルトに期限付き移籍となったが、
浅野の長所について「走り、スピード、体の強さ、アグレッシブさ。
最近あれほどDF裏に走り込む選手はいない」と説明。さらに「個人的に、私は“浅野信者”だ。
日本代表(ハリルホジッチ)監督も同じ考えを持っていた」と大きな期待を寄せた。

浅野は9日のハイデンハイム戦が移籍後初戦となるが、8日付のドイツ誌キッカーによると先発からは外れる見通しという。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/09/09/kiji/K20160909013320100.html
2016年9月9日 05:30

no title

浅野拓磨を信頼するヴェンゲル「毎回DFの裏に走り込めるのは武器」 

1: 名無しさん 2016/09/08(木) 16:54:12.03 ID:CAP_USER9
アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督はシュトゥットガルトにレンタル移籍中の浅野拓磨の日本代表における活躍に満足していると語った。クラブの公式サイトが伝えている。

アーセナルは今夏、サンフレッチェ広島から浅野を完全移籍で獲得したが欧州で実績のない選手であること、当時は即戦力となる前線のプレーヤーを補強していなかったことで批評的な意見も少なくなかった。

しかし浅野は6日、日本代表としてロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のタイ戦に先発出場すると、2点目を挙げる活躍を見せ、2-0での勝利に貢献した。活躍を受けてヴェンゲル監督は以下のようにコメントしている。

「彼のスピードや強さ、アグレッシブさなどはわかっていた。今日ではあれほど抜け目なくDFの裏に走り込める選手はなかなかいない。大きな強みだよ。彼のことを完璧に信頼している。日本代表の(ヴァイド・ハリルホジッチ)監督と直接会って話したが、同じ考えを持っていたよ」

まずはドイツ2部で欧州のキャリアをスタートさせることになったが、シュトゥットガルトでもヴェンゲルを納得させるようなプレーを見せたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000010-goal-socc
no title

浅野ゴールに岡崎危機感 このままではチームから削られるのは「俺ら」 

1: 名無しさん 2016/09/08(木) 06:07:17.45 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 9月8日(木)6時5分配信

タイ戦でゴールを決め、ジャガーポーズをする浅野(ロイター)

 FW岡崎慎司(30)=レスター=が巻き返しを誓った。6日のアウェー・タイ戦では出場機会がなく、原口、浅野と若手FWがゴールを決めて勝利。このままでは「(チームから)削られるのは俺ら(ベテラン)」と危機感を募らせ、今後は点取り屋としての意識を強く持つ覚悟を口にした。

 タイ戦について「勝つためのサッカーができた」とたたえた後、自らに目を向け「ゴールで力を証明しないと。やることは一つだと思う」と決意を新たにした。代表通算50得点に王手をかけながら、出場2試合連続無得点と足踏み。「CLでもプレミア(リーグ)でもゴールを重ねたい。僕はチームを支える存在になっていかないといけない。圧倒的な存在感を出していかない」と、岡崎のストライカー魂に火が付いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000014-sph-socc
no title

浅野拓磨が1トップ起用に手応え!「僕の特長が生きる」W杯予選初得点で岡崎に宣戦布告 

1: 名無しさん 2016/09/07(水) 18:09:59.84 ID:CAP_USER9
先発出場のタイ戦でダメ押し弾 「絶対に決めようと思っていた」


 決定機を生かしきれずにもどかしい展開が続く日本代表の中で、FW浅野拓磨(シュツットガルト)がしっかりと結果を残した。ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第2戦のタイ戦で、試合を決定づける2点目を奪った俊足ストライカーは、1トップを「僕にとっては特長が生きるポジション」と振り返り、近年日本代表の最前線に君臨する岡崎慎司(レスター)とのレギュラー争いに挑もうとしている。

「昨日のミーティングでも言われましたし、僕も準備はしていたので、出たら絶対にゴールを決めようとは思ってました」

 6月のキリン杯ブルガリア戦でA代表初得点をマークして以来、浅野はバヒド・ハリルホジッチ監督から大きな期待を受けている。2ゴールを奪ったリオデジャネイロ五輪を経て、1日のUAE戦でも1点ビハインドの状況で投入。この試合では自らの放ったシュートがゴールラインを越えながらも得点が認められず、チームも黒星を喫するなど踏んだり蹴ったりのW杯予選デビューとなったが、続くタイ戦での先発を告げられるとゴールへの強い決意を持っていた。

 前半から裏への鋭い抜け出しを見せて、FW本田圭佑(ACミラン)へ決定的なラストパスを送るなど特長を発揮していた浅野が結果を残したのは、後半30分のことだった。MF長谷部誠(フランクフルト)が最終ラインの背後に浮き球のボールを蹴り込むと、相手DFの後方から追いかけた浅野はクリアをしようとした相手の足を恐れずに頭でプッシュ。このままボールを前に運んで抜け出し、相手GKとの1対1の場面で右足を力強く振り抜き、2-0とリードを広げた。

「僕のタイミングはもう一つ早かったけど…」

「僕のタイミングとしては実はもう一つ早く動き出していたけど、そのタイミングで来なくて、1回止まっていたんですけど、一つ遅れたタイミングでハセさんがくれました。ベンチを見て、武藤(嘉紀/マインツ)君が準備していたりして、もしかしたら交代かなと思って、もうちょっと自分の中でのタイミングでは遅れましたけど、最後の力を出し切って、ボールもルーズでしたし、なんとか頭で触ったらマイボールにできるかなと思って。タイミングは合わなかったですけど、自分の特長が生きたかなと思います」

 こう得点シーンを振り返った浅野は、最前線でのプレーに手応えを感じているようだ。

「チーム全体としても、まず僕の動き出しってところは1つのコンセプトとしてもイメージは共有できてるのかなと思います。僕自身もそこは特長だと思うんで、出てこなくてもどんどん動き出すってところは今日は意識してましたし、僕にとっては特長が生きるポジションなんで、イキイキできたかなとは思います」

 近年、日本代表の最前線でプレーしてきたストライカーと言えば岡崎だ。所属するレスターでも見せる献身的な運動量と点で合わせる得点パターンで、現時点で日本代表歴代3位となる49得点をマークしているが、浅野が競争相手として台頭すればチームは活性化される。その自覚が芽生えつつあるのか、浅野本人も反省点を口にした。

「リオ五輪経由ロシアW杯行き」に一歩前進

「ゴールを取れたことは良かったですし、何より勝ち点3を取れたことが良かったなとは思いますけど、もっともっと早くゴールを取れたかなと思いますし、満足できる試合ではないなと思います」

 得点後には代名詞の“ジャガーポーズ”も飛び出すなど、A代表でのプレーぶりも板についてきた。今季から挑戦する欧州の舞台では、まずブンデス2部での戦いとなるが、そこでの獲物はもちろんゴール。リオ五輪経由ロシアW杯行きの道程に、確かな一歩を刻み込んだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00010011-soccermzw-socc
no title

【おまいうw】本田圭佑、浅野の課題指摘「彼自身足元にもっと自信をつけないといけない!」 

1: 名無しさん 2016/09/07(水) 06:17:22.61 ID:CAP_USER9
【日本 2-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

日本代表は6日、アウェイでロシアW杯アジア最終予選のタイ戦に臨み、2-0で勝利を収めた。

長く日本の攻撃の中心を担ってきた本田圭佑は今後に向け、「出ている選手にはそれぞれ何かしらいいところがあって出ているので、そのいい部分を生かしたい」と語ったが、
タイ戦では新世代の象徴とも言える選手がチャンスを得て結果を残した。

リオデジャネイロ五輪代表で、今夏からヨーロッパへ渡る浅野拓磨が
1日のUAE戦に先発した岡崎慎司に代わってスタメン起用され、75分にチーム2点目のゴールを奪っている。

その浅野の活用法について本田は「拓磨は足が速いので、それをどう生かすかだと思っている」と分析する。
一方で「できるだけ足元の時はシンプルにプレーさせて、早めに裏に飛び出させる、とはいえ彼自身も足元にもっと自信をつけないといけない」と課題も指摘した。

それでも「シュトゥットガルトに行って、いろいろな厳しいプレッシャーの中で磨かれていくんじゃないかな」と、後輩の新天地での挑戦にエールを送った。

もちろんゴールを挙げた浅野本人も自らの課題を明確に理解している。
「味方の選手も僕の動きを見てくれていたとは思うんですけど、タイミングが合わなかった。
そこはこれからもっと合わせていくしかないと思います。
僕自身も味方が出せるタイミングに動くところは課題としてやっていかないと」と、今後のさらなる成長に向けタイ戦で見つかった改善点をポジティブに捉えている。

これまで岡崎のゴールに頼ることが多かった日本が浅野というタイプの違うストライカーを大成させられれば、世界と戦う上で大きな武器になる。
キャプテンの長谷部誠も力強い言葉で技術面だけでなく精神面での成長を要求した。

「若い選手がもっと自覚を持って、自分が(日本を)W杯に連れていくんだという強い気持ちを持ってね。
たとえば僕が23歳か24歳くらいで岡田さんの代表に入った時は、自分が中心でやっていくという気持ちで、周りの若い選手もそうでした。
彼らにはそれくらいの気持ちでやっていって欲しいし、内に秘めているのであればもっともっと出してほしい」

ロシアW杯出場のためにはこれまでの主力選手だけでなく、より若い選手たちの力が間違いなく必要になる。
本田や長谷部が期待する浅野はドイツで進化を遂げ、新世代の旗頭として日本代表を背負っていかなければならない存在だ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160907-00010004-footballc-socc

フットボールチャンネル 9月7日(水)3時18分配信
no title


https://www.youtube.com/watch?v=pSQ6GkQD_2U

本田圭佑選手が決定機を外してハリルホジッチ監督激怒 W杯アジア最終予選2016タイ戦

https://www.youtube.com/watch?v=j0CU0awSnA0

【日本代表vsタイ代表】浅野拓磨の追加点!

【画像】ウイイレのジャガーポーズをする浅野拓磨がバイオハザード過ぎるwwwww 

566: 名無しさん 2016/09/06(火) 19:28:32.04 ID:UPmfJNO6
怖すぎる…@ウイイレ

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索