Samurai Goal

流通経済大柏


スポンサード リンク





【高校サッカー】<市立船橋>壮絶な打ち合い制して3年ぶり全国へ!2年連続全国準V流経柏に競り勝つ:千葉  

1: Egg ★ 2019/11/30(土) 16:17:19.39 ID:8/Kxtpbo9
11.30 選手権千葉県予選決勝 流通経済大柏2-3市立船橋 柏の葉]

 第98回全国高校サッカー選手権千葉県予選決勝が30日に柏の葉公園総合競技場で行われ、市立船橋高が流通経済大柏高を3-2で下し、3年ぶり22回目となる全国大会出場を決めた。初戦は1月2日の2回戦、フクダ電子アリーナの第1試合で日章学園高と対戦する。

 市船対流経柏の決勝は今年で7年連続。高校サッカー界の両雄が今年も全国行きをかけて火花を散らした。

 先制点が決まったのは前半13分、市船は右サイドからMF鈴木唯人(3年/清水内定)がクロスを入れると、MF森英希(3年)が粘ってシュートまで持ち込む。右足で押し込んだシュートはGKの脇を抜いた。

 ボールを保持しチャンスを作りながらもなかなか決めきれなかった流経柏も後半8分、FW羽坂豪(3年)のヘディングシュートから生まれたこぼれ球をMF大西悠介(3年)が押し込んで同点に追いつく。

 しかし市船も直後の後9分にセットプレーから森がこの日2点目を決めてすぐさま勝ち越しに成功。だが同16分、流経柏は右サイドを崩して決定機を作ると、MF三好麟大(2年)が蹴り込んで、再び試合を振り出しに戻す。

 シーソーゲームがは落ち着くことはない。直後の後半17分、今度は市船が鈴木がゴール前に持ち込んでシュート。跳ね返りを再び鈴木が押し込んで三度勝ち越しに成功した。

 試合はこのまま3-2で市船が逃げ切りに成功。全国選手権は3年ぶりの出場となる市船だが、波多秀吾監督は就任初年度で全国行きを掴んだ。一方の2年連続して全国準優勝だった流経柏は、今季は県予選で敗退。今季限りで退任予定の本田裕一郎監督を全国に連れて行くことは出来なかった。

11/30(土) 14:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191130-43474559-gekisaka-socc

写真
no title

<高校サッカー選手権・決勝>青森山田が2大会ぶり選手権制覇!流通経済大柏またしても涙  

aomoriyamada




1: 2019/01/14(月) 15:59:56.10
■スコア

青森山田 3-1 流通経済大柏

■得点:

[流]関川郁万(32分)
[青]檀崎竜孔(40分)
[青]檀崎竜孔(63分)
[青]小松慧(88分)

 第97回全国高校サッカー選手権大会決勝が14日に行われ、青森山田(青森)と流通経済大柏(千葉)が対戦した。 

 今大会の決勝は、前々回王者の青森山田と2大会連続決勝進出の流通経済大柏による対決となった。青森山田はGK飯田雅浩やバスケス・バイロン、アビスパ福岡加入内定の三國ケネディエブス、北海道コンサドーレ札幌加入内定の檀崎竜孔といった面々が順当にスタメン入り。対する流通経済大柏も鹿島アントラーズへの加入が内定している関川郁万や10番・熊澤和希、1年生の藤井海和らが先発に名を連ねた。 

 9分、青森山田にチャンスが訪れる。バスケス・バイロンのドリブル突破からPA内で立て続けにシュートを放ったものの、流通経済大柏の守備陣が体を投げ出して必死のディフェンス。ピンチを切り抜けた。試合が動いたのは32分。流通経済大柏は右CKを関川が頭で叩き込み、先制に成功した。しかし40分、今度は青森山田も反撃に出る。佐々木銀士が右サイドを抜け出すと、ラストパスを檀崎が沈め、すぐさま同点に追いついた。 

 後半は一進一退の攻防が続く中、63分だった。青森山田はバスケス・バイロンがドリブルで右サイドを切り裂くと、最後は再び檀崎。右足でシュートを決め、試合をひっくり返した。追いかける展開となった流通経済大柏も最後までゴールを目指したが、逆に88分、青森山田の小松慧が決定的な3点目。3-1で勝利した青森山田が、2大会ぶり2度目の選手権制覇を成し遂げた。一方、流通経済大柏は2大会連続で決勝で涙をのむ結果となっている。 

ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/live/detail/?3434-3434-lv

動画など 日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/soc/

「高校サッカーの時代が変わる」 流経大柏の名将が予言する“2、3年後の選手権”の姿 

20190106-00159527-soccermzw-000-12-view

高校サッカー、初出場・瀬戸内がベスト4!尚志帝京長岡下す★準決勝は尚志vs青森山田、瀬戸内vs流経大柏 

sty1901050016-f1




1: 2019/01/05(土) 16:19:05.12 _USER9
第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が1月5日に各地で行われた。

 青森山田対矢板中央の一戦は、“ロングスロー”が試合を決めた。矢板中央が先制に成功したものの、40分、65分と立て続けにロングスローの流れから二階堂正哉がゴールを奪い、青森山田が逆転で準決勝に駒を進めている。

 2大会連続のベスト4入りを目指す流通経済大柏は、秋田県勢32年ぶりの準々決勝進出で勢いに乗る秋田商と対戦した。開始6分、流通経済大柏は相手のクリアボールに反応した八木滉史が先制点をゲット。この1点を関川郁万を中心とした守備陣が守り切り、準決勝への切符をつかみ取った。

 3回戦で前回大会王者・前橋育英を破った尚志。帝京長岡との激突となった準々決勝では、エース染野唯月が2試合連続のゴールを決め、7年ぶり2度目となるベスト4進出を果たした。

 初出場ながらここまで勝ち残っている瀬戸内は、3回戦で2点ビハインドをひっくり返した日本航空と対戦した。37分に吉田寛太が先制点を挙げると、その後は日本航空攻撃陣をシャットアウト。見事、初出場での準決勝進出を達成している。

 準々決勝の結果は以下の通り。準決勝の2試合は12日に埼玉スタジアム2002で行われる。

■準々決勝(5日)
【青森】青森山田 2-1 矢板中央【栃木】
【秋田】秋田商 0-1 流通経済大柏【千葉】
【福島】尚志 1-0 帝京長岡【新潟】
【広島】瀬戸内 1-0 日本航空【山梨】

 5日、第97回全国高校サッカー選手権の準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

 ついに大会は埼玉スタジアムに戦いの場を移す。その1試合目は2年ぶり優勝を狙う青森山田高(青森)と、7年ぶりにベスト4の尚志高(福島)と激突。2試合目は前回準優勝の流通経済大柏高(千葉)と、初出場ながら堂々の4強入りを果たした瀬戸内高(広島)が対戦する。

 なお、決勝は14日に開催。果たして優勝に王手をかけるのはどの2チームか――。平成最後となる選手権の結末を見逃すな。

【準決勝】
(2019年1月12日)
[埼玉スタジアム]
[1]尚志高 12:05 青森山田高
[2]瀬戸内高 14:20 流通経済大柏高

【決勝】
(2019年1月14日)
[埼玉スタジアム]
[1]の勝者 14:05 [2]の勝者

1/5(土) 15:52配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-15443475-gekisaka-socc

【サッカー】<第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝>青森山田、“伏兵”2発で矢板中央撃破!流通経済大柏、秋田商業を下す!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546663604/

<高校サッカー準々決勝>青森山田、“伏兵”2発で矢板中央撃破!流通経済大柏、秋田商業を下す! 

20190104-00886835-soccerk-000-1-view




1: 2019/01/05(土) 13:46:44.54 _USER9
第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が1月5日に行われ、秋田商業(秋田)と流通経済大柏(千葉)が対戦した。

 試合は開始早々に動く。6分、ロングスローがこぼれたところを八木滉史がアクロバティックにシュート。これがネットを揺らし、流通経済大柏が先制し前半を終えた。

 後半に入り秋田商業が逆転を目指し攻撃を仕掛けるも、流通経済大柏のハイプレスにはまりなかなかシュートまで持ち込むことができない。一方、流通経済大柏も個の力を見せ、追加点を狙うがGK山口雄也がビッグセーブを見せ水際で得点を許さない。後半終盤には秋田商業が最後の波状攻撃を見せたがネットを揺らすことができず、このまま試合終了。見ごたえのある試合は流通経済大学柏が秋田商業を下した。

 勝利した流通経済大柏は12日、瀬戸内(広島)vs日本航空(山梨)の勝者と準決勝で対戦する。

【スコア】
秋田商業 0-1 流通経済大柏

【得点者】 
0-1 6分 八木滉史(流通経済大柏)

1/5(土) 13:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887093-soccerk-socc
 第97回全国高校サッカー選手権大会準々決勝が1月5日に行われ、青森山田(青森)と矢板中央(栃木)が対戦し、2-1で青森山田が勝利した。

 先手を取ったのは矢板中央だった。14分、右サイドからのクロスを眞島聖弥が頭で合わせて先制に成功する。対する青森山田も40分、ロングスローの流れから最後は二階堂正哉が決め、同点でハーフタイムに突入した。後半立ち上がり、青森山田は立て続けにチャンスを迎えるが、ここは矢板中央のGK安西駿が防ぐ。それでも65分、青森山田はクロスのこぼれ球を二階堂正哉が押し込み、逆転に成功した。終了間際、矢板中央はカウンターから決定的なチャンスを作ったが、青森山田のGK飯田雅浩がスーパーセーブ。逃げ切った青森山田が準決勝に駒を進めている。

 青森山田は12日に埼玉スタジアム2002にて行われる準決勝で、この後14時10分より行われる尚志(福島)vs帝京長岡(新潟)の勝者と対戦する。

【スコア】
青森山田 2-1 矢板中央

【得点者】
0-1 14分 眞島聖弥(矢板中央)
1-1 40分 二階堂正哉(青森山田)
2-1 65分 二階堂正哉(青森山田)

1/5(土) 13:44配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887099-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索