Samurai Goal

決勝弾


スポンサード リンク





川崎フロンターレが天皇杯初優勝!三笘薫決勝弾でガンバ大阪下し二冠達成 

スクリーンショット 2021-01-01 16.47.40




1: 2021/01/01(金) 16:34:31.31 _USER9
【川崎フロンターレ 1-0 ガンバ大阪 天皇杯決勝】

 天皇杯決勝の川崎フロンターレ対ガンバ大阪戦が1日に行われ、川崎Fが1-0の勝利を収めて優勝を飾った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により大幅に大会方式を変更しての開催となった第100回天皇杯。J1からは2020シーズン優勝チームの川崎Fと2位のG大阪のみが準決勝から出場する形となり、それぞれJ3とJ2の王者を下して元日決戦へ駒を進めた。


 最初のビッグチャンスは前半6分、G大阪に生まれる。エリア手前左寄りの位置でのFKから宇佐美貴史が上げたボールにパトリックが頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドでノーゴールの判定となった。

 その後は川崎Fが優位に立ち、G大阪陣内で攻め続ける展開が続く。三笘薫のドリブル突破からのシュートやレアンドロ・ダミアンのオーバーヘッド弾、家長昭博のヘディングなどでゴールに迫ったが、GK東口順昭の好守などにも阻まれ、前半は両チームスコアレスで折り返した。

 後半開始直後にも大島僚太のシュートがDFに当たったあと惜しくもクロスバーを叩く。さらに立て続けのCK獲得など川崎Fの攻勢が続く中、ついに均衡が破られたのは55分だった。

 敵陣内中央で前を向いたレアンドロ・ダミアンが、左サイドからエリア内へ斜めに走り込んだ三笘へスルーパスを通す。三笘は右足シュートで冷静に東口の横を抜き、ゴール左へ先制ゴールを送り込んだ。

 その後も谷口彰悟のヘディングやカウンターから家長のシュートなど川崎Fに決定的なチャンスが相次ぐ。終盤にかけてはG大阪もようやく反撃に転じてゴールに迫ったが、ゴールを奪うには至らなかった。

 1点差で緊迫した状況が続く中で、ベンチに入っていた中村憲剛に出場機会は訪れず。それでも川崎Fは1点差を守り抜いて試合を終え、天皇杯初優勝を飾るとともに今季二冠を達成した。

【得点者】
55分 1-0 三笘薫(川崎F)

https://news.yahoo.co.jp/articles/25b320485b7d792833d4011a855ee6160461f34a

1トップ起用で決勝弾の南野拓実が語る、久保建英「やりやすい」三好康児「相当レベルの高い選手」 

スクリーンショット 2020-11-14 10.17.48




1: 2020/11/14(土) 04:41:53.38 _USER9
日本代表のMF南野拓実(リバプール)が、パナマ代表戦後にメディアの取材に応対。試合について振り返った。

13日、日本代表は国際親善試合でパナマ代表と対戦。後半に久保建英のスルーパスを受けた南野がボックス内で倒されPKを獲得。これを自らしっかりと決めて、1-0で日本が勝利した。

PKのシーンについては「ラストパスの前の組み立てというのは正直覚えていないですが、シャドーの選手が前を向いてボールを持った時は斜めに動くことは前半からずっと意識していました」とし、動き方への意識を強く持っていたとコメント。「思い描いていた形がPKになり、ゴールに繋がって良かったと思います」と語り、意識したことが実を結んだことを喜んだ。

前半はいくつかコンビネーションで崩す場面もありながら、苦しい展開となっていたが一方で、後半はよりボックス付近でプレーする機会が増えていた南野。前後半の差については「チームとして大きく変えた部分というのはなくて、どちらかというと自分たちが前半やっていた部分を続けていこうという感じでした」とコメント。もう少しリスキーなパスが欲しかったようで、「個人的には植田がボールを持った時には、相手のスペースがあるとわかっていたので、もっとボールを出して欲しいと言いました。それは(板倉)滉にもです」とし、最終ラインからのパスも必要だと語った。

また、MF遠藤航が投入された後半はチームの戦い方も好転。「試合時間が経つにつれて、僕とタケ(久保建英)と(三好)康児の距離感もよくなって、そこにボールも入ったので、後半は良くなったかなと思います」とコメント。遠藤の効果については「航くんが相手のボールを奪ってしっかり繋ぐ部分とか、ビルドアップの部分でも前を見てボールをつけたり、サイドを変えたりという頼もしいプレーをしてくれたというのもあります」とし、中盤に変化が生まれたことも大きいと感じているようだ。

PKは低いボールを蹴った南野。「ふかさないようにという意識で蹴りました。ジャストミートはしなかったですが、ゴールになって良かったです」とし、しっかりと決められたことを喜んだ。

前線にはタレントが揃っている日本代表。PKに繋がるパスを出し、その他にも良い関係を見せた久保については「非常にタケは前を向けますし、それがチャンスに繋がる部分がたくさんあって、やりやすいです」とプレーしやすいとコメント。また、三好についても「康児も相当レベルの高い選手で、一緒に初めてやりましたけど、僕もあのポジションをやることもありますし、だからこそ質が高いと思うこともわかります」と、2シャドーとの関係は悪くなかったと語った。さらに「(鎌田)大地もいるし、このチームで競争というのは高いレベルで行われていて、タケけじゃないなと思います」とし、2列目のポジション争いのレベルの高さを語った。

今日は1トップという普段とは違うポジションでプレーした南野。攻守にわたって主導権が握れるポジションでのプレーについては「どのポジションにもやりがいを感じるし、楽しいですが、今日は攻撃の起点やゴールに一番近い位置でプレーできました。ディフェンスも自分がスイッチを入れる役割が多くなるポジションだったので、周りに質の高い選手がいるからこそ、僕も楽しくプレーできたし、監督もこのフォーメーションは1つのプランではあると思うので、そのやりやすさを今日感じられたのは良かったです」とコメント。一定の手応えを感じたと語った。

11/14(土) 2:52
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201114-00385124-usoccer-socc

横浜FC MF安永が決勝弾!父は元横浜M・聡太郎氏、Jで4組目の親子得点 

スクリーンショット 2020-11-09 11.03.09




1: 2020/11/09(月) 05:48:14.75 _USER9
明治安田生命J1第28節 横浜FC2―1神戸 ( 2020年11月8日 ニッパツ )

 横浜FCは19歳のMF安永がJ1初得点をマーク、かつて横浜M、清水などでFWとして活躍した父・聡太郎氏(44)と「親子得点」はJリーグ史上4組目の快挙となった。

 1―1の後半アディショナルタイム、ゴール左から豪快に右足を振り抜くとこれが4戦ぶりの勝利に導く決勝ゴール。「(コースは)ニアしかなかった。鳥肌が立ちました」とうれしそうに話した。



https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/11/09/kiji/20201109s00002179156000c.html

2020年11月9日 05:30

MF安永 玲央
フリガナヤスナガ レオ
背番号28
身長/体重177cm/72kg
生年月日2000年11月19日
出身地東京
血液型A
所属チーム名やはたFC-川崎フロンターレU-15-横浜FCユース-横浜FC-カターレ富山
https://www.youtube.com/watch?v=x3rIlFJFNSk


【第28節のピックアップゴール】横浜FCvs神戸 安永 玲央(横浜FC)90+1分

乾貴士が決勝弾となる今季2得点目!! エイバルを2連勝に導く 

20200717-43481892-gekisaka-000-3-view




1: 2020/07/17(金) 06:06:34.30
[7.16 リーガ・エスパニョーラ第37節 エイバル3-1バリャドリー]

 リーガ・エスパニョーラ第37節が16日に開催され、MF乾貴士の所属する15位エイバルはホームで14位バリャドリーと対戦し、3-1で勝利を収めた。乾は2試合連続でスタメン出場し、1-1の前半28分に決勝ゴールとなる今季2得点目をマーク。後半20分までプレーし、チームの2連勝に貢献している。

 すでに残留を決めているエイバルは前半21分に先制した。左CKからキッカーのMFペドロ・レオンが右足でクロスを供給。DFペドロ・ビガスがヘディングで合わせ、右ポストを叩いたボールがネットを揺らす。同28分にはバリャドリーMFフェデ・サン・エメテリオからGKホセ・アントニオ・カロへのバックパスがずれると、乾が素早く反応。ボールを拾って無人のゴールに決め、追加点を奪った。

 乾は昨年12月20日の第18節グラナダ戦(○3-0)以来、19試合ぶりとなる今季2点目を記録。2-1の後半20分にFWシャルレスとの交代で退いた。エイバルは同26分に1点を返されたが、同アディショナルタイム2分にMFパブロ・デ・ブラシスがPKを沈め、ダメ押し弾を奪取。3-1でバリャドリーを振り切り、6月以来の連勝を飾った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f0031c18207ff06ee0fc5f0937b363f70e380a0e

FW岡崎慎司が完璧ヘッドで今季10点目!! ウエスカを自動昇格圏に導く決勝弾 

20200703-43481471-gekisaka-000-3-view




1: 2020/07/03(金) 05:16:26.92
[7.2 スペイン2部第37節 ウエスカ1-0ラス・パルマス]

 スペイン2部リーグは2日、第37節を各地で行い、FW岡崎慎司所属のウエスカがラス・パルマスを1-0で破った。3試合連続で先発した岡崎がドンピシャのヘディングシュートで決勝点。今節ジローナ戦を3日に控えるMF香川真司所属のサラゴサと勝ち点61で並び、直接対決の結果で上回るため暫定2位に浮上した。

 スコアが動いたのは前半アディショナルタイム、左サイドを突破したMFダビド・フェレイロが右足インスイングのクロスを蹴り込み、相手守備陣と巧みな駆け引きを見せた岡崎がゴール前で反応。ラインを上げた相手を出し抜き、フリーでボールにアプローチすると、完璧にミートしたヘディングシュートを突き刺した。

 岡崎は2試合ぶりの得点で今季10ゴール目。2014-15シーズンにマインツで記録して以来、5季ぶりのシーズン2桁得点到達となった。過密日程の直近3試合で連続スタメンだった岡崎は後半23分、FWラファ・ミールとの入れ替わりで途中交代。指揮官から拍手で迎えられた。試合はそのままタイムアップ。前節終了時点で3位だったウエスカが自動昇格を射程圏内に入れた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec1d4fa18226dd52bedcb292eb6507624ecff6ba



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索