Samurai Goal

江蘇蘇寧


スポンサード リンク





<ガレス・ベイル>世界最高の年俸約70億2000万円で中国行きか?週給約1億3500万円..  

1: Egg ★ 2019/07/23(火) 13:11:49.72 ID:FYR+QPM19
写真
no title


スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)が、破格の年俸を手にする可能性が浮上している。

退団が決定的となったベイルは、移籍先としてイングランド・プレミアリーグのトットナムなど複数の欧州クラブの名前が挙がる中、スペイン紙「マルカ」などは中国1部の北京国安や江蘇蘇寧が獲得の意向を持つと報じている。

 中でも北京国安はビッグマネーを用意。英紙「デーリー・ミラー」によると、週給100万ポンド(約1億3500万円)を予定しているという。年俸にすると、約70億2000万円で世界最高額となるが、果たして実現するのだろうか。

7/23(火) 11:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000015-tospoweb-socc

レアル・マドリー退団決定的のベイル、移籍先は中国になる模様…スペインメディアが一斉に報道  

20190722-00010007-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/22(月) 10:12:51.54 ID:YzF6kuM89
レアル・マドリー退団が決定的となったMFガレス・ベイルの移籍先は、どうやら中国となりそうだ。スポーツ紙『マルカ』と『アス』など、スペインメディアが一斉に報じている。

先に行われたインターナショナル・チャンピオンズ・カップ、バイエルン・ミュンヘン戦で招集外となったベイル。試合直後にジネディーヌ・ジダン監督は、その理由について「なぜならクラブが放出に動いているからだ。明日にでも決まればいい」と、退団が既定路線となっていることを明かした。

『マルカ』と『アス』によれば、ベイルの移籍先は中国になることが濃厚であるという。ベイルの代理人ジョナサン・バーネット氏はマンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、パリ・サンジェルマンなどに売り込みをかけたようだが、最終的に中国の2クラブから届いたオファーを取り扱っているという。なおバーネット氏は、ベイル退団を明言したジダン監督を「彼は横暴だ。敬意というものを持ち合わせていない」と批判したが、『マルカ』曰くレアル・マドリーは同氏が試合での起用を控えるよう求めてきたと主張しているようだ。

ベイル獲得を目指す中国の2クラブは、インテルの株式70%を保有する蘇寧電器グループが経営する江蘇蘇寧と、北京国安。どちらもベイルがレアル・マドリーで受け取る年俸額(1450~1700万ユーロ)を賄う用意があるという。実際にベイルが移籍先としてどちらかのクラブを選択するとすれば、残る問題は移籍金となりそうだ。現在、中国のクラブが600万ユーロ以上の移籍金を支払う場合、その移籍金額と同額を中国フットボール発展ファンドに支払わなければならず、実質的に2倍の費用がかかる。そのため移籍金として提示できる額は必然的に少なくなり、レアル・マドリーとのクラブ間交渉は難航することも予想される。

果たして、ベイルはアジアに活躍の場を求めることになるのだろうか。いずれにしても移籍先は間もなく、数日中にも決定する見込みだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190722-00010007-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索