1: 2020/10/11(日) 11:22:33.83 _USER9
大荒れとなったパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユで、人種差別発言の疑いが持たれていたマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが殺害メッセージを受けていたことを明かした。


大荒れとなったパリ・サンジェルマン(PSG)vsマルセイユで、人種差別発言の疑いが持たれていたマルセイユのスペイン人DFアルバロ・ゴンサレスが殺害メッセージを受けていたことを明かした。

【動画】キュイザンスがマルセイユでの初トレーニングに参加

9月13日のリーグ・アン第3節で行われた当試合。両チーム合わせて5人の退場者の中の1人だったアルバロ・ゴンサレスは、PSGのブラジル代表FWネイマールに対する人種差別発言が問題視されていた。

結果的に、フランス・プロリーグ機構(LFP)は証拠不十分だったとして不起訴処分に。アルバロ・ゴンサレスも無罪を主張してくれたクラブやファンへの感謝を伝えていた。

ところが、人種差別発言の疑惑が浮上した直後は不特定多数の人物から恐喝まがいのメッセージが届くようになったという。フランス『RMC』のインタビューで同選手は「携帯電話のWhatsAppにメッセージがたくさんきた。200万件以上もあったよ」と告白。その中には殺害を連想させるものもあったそうだ。

また、「僕が使っていた車の写真も送られてきて、家まで来て○すつもりだと言っていた」と、家族にまで被害が及ぶ危険があったとも。

クラブからのサポートもあり、事態は徐々に収束した模様だが、「僕の身に初めて起きたことだったから怖かったよ」と、身の毛もよだつ体験を強いられていたようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ea93392494b031f3e599e1036dbcc31ea452ba2a
no title