Samurai Goal

残留争い


スポンサード リンク





<J1残留争い>湘南ベルマーレ-名古屋グランパス△の時…ジュビロ磐田、サガン鳥栖危険! 

1: 2018/12/01(土) 07:56:24.40 _USER9
no title


J1リーグ戦は、きょう1日に最終節を迎える。川崎フロンターレが2連覇を達成し、柏レイソルとV・ファーレン長崎のJ2自動降格がすでに決定。

そんな中、最大の関心は、どのクラブが16位になってJ1、J2の入れ替え戦に相当するJ1参入プレーオフ決定戦に回るのか。

勝ち点41の横浜F・マリノス、ジュビロ磐田、同40の湘南ベルマーレ、サガン鳥栖、名古屋グランパスの5チームに来季のJ2降格の可能性が残る。注目の最終節は全9カードが午後2時に同時にキックオフされる。

当該の5チームはいずれも勝てば自力でJ1残留を決められる状況にあり、名古屋以外の4チームは引き分け以上でJ1残留が決定する。その他の場合は他カードの結果により得失点差、総得点で順位が決まる。

鍵を握るのは名古屋-湘南の直接対決。ここで負けたチームが16位に終わる確率は高い。ただ、名古屋と湘南が引き分けた場合は、5クラブが勝ち点41で並ぶこともありうる。

湘南は得失点差で名古屋を必ず上回るが、磐田は川崎F、鳥栖は鹿島アントラーズの上位陣とのアウェー戦で勝ち点を奪わない限り、名古屋を下回ってしまう。

横浜はセレッソ大阪に大敗しない限りは残留できる優位な状況。得失点差がマイナス12と、5チームの中で唯一2桁台の磐田は、実はかなり厳しい状況にあるといえる。

磐田と鳥栖の試合状況次第では、名古屋と湘南がお互いに攻め合わず、引き分けで終了する可能性も高いのではないだろうか。

思い出されるのは今年6月のワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグの日本-ポーランド戦。日本は残りのおよそ15分間、失点のリスクを避け、攻めずにただただボールを回した。勝負に徹した。そこで「引き分け」に徹したとしても、名古屋と湘南のサポーターは文句は言わないはずだ。【石川秀和】

12/1(土) 7:45配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00407309-nksports-socc

【サッカー】<Jリーグ/12月1日・J1最終節>焦点はJ1参入プレーオフに回る16位をめぐる残留争い!絡むのは勝ち点差1の5チーム
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543590286/

J1最終節 焦点は参入プレーオフに回る16位をめぐる残留争い!絡むのは勝ち点差1の5チーム 

news_260362_1




1: 2018/12/01(土) 00:04:46.44 _USER9
サッカーJ1は12月1日、最終節を迎える。すでに川崎が2連覇を果たし、長崎と柏のJ2への自動降格が決まった。焦点はJ1参入プレーオフに回る16位をめぐる残留争いだ。

絡むのは現在12位の横浜Mから16位の名古屋までの5チーム。勝ち点差1の間にひしめいている。全チームとも勝てば自力で15位以上を決められる。引き分け、敗戦なら、他会場の状況にもよるが、16位となる可能性が出てくる。

 注目は14位湘南と16位名古屋の直接対決だ。

 両チームは勝ち点40で並んでおり、勝った方は無条件でJ1残留が決まる。目標へ明確だ。負けても15位以上の可能性がある湘南の梅崎は「勝つしかない。チームとしてステップアップするんだ、という思いでいけば結果はついてくる」と意気軒高だ。

 勝ち点40の15位鳥栖はアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位以上を狙う3位鹿島と引き分け以上なら残留を手にできる。勝ち点41の12位横浜Mも、C大阪に大敗しない限り残留できる。

 状況を複雑にしているのは勝ち点41の13位磐田だ。勝ち点が並んだときに順位を決める要素となる得失点差が5チームの中で最悪のマイナス12。すでに優勝を決めている川崎に敵地で敗れれば、残留への雲行きが怪しくなる。各チームは他会場の戦況にも目を光らせ、臨機応変に戦い方を変える必要性が出てくる。

 3位までに与えられるACL出場権争いも激しい。2位広島から4位札幌までの勝ち点差は2。広島と札幌は直接対決する。ともに天皇杯では敗退。ACL出場権はリーグ戦の順位次第で、ホームで戦う札幌は初のACL出場へ士気が上がる。

 最終節は1日午後2時に全9試合が同時にキックオフされる。この90分で命運が決まる。(小川寛太)

11/30(金) 22:10配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000625-san-socc

順位表
https://web.gekisaka.jp/competition/standings?id=208

<F・トーレス(サガン鳥栖)の告白!>「残留争いは人生で初めての経験だ」 

20180812_Fernando-Torres-1




1: 2018/11/30(金) 12:56:58.31 _USER9
11月24日、ベストアメニティスタジアム。サガン鳥栖はJ1残留を争う横浜F・マリノスとの一戦を戦っていた。1-1で迎えた78分。ストライカーを象徴する9番を背負ったフェルナンド・トーレスは、大観衆を最高の陶酔に導くゴールを決めている。

 センターバックとして頭角を表す高橋祐治のインターセプトから、前線の金崎夢生がパスを受け、そのボールをトーレスへ。トーレスは相手ディフェンダーに行く手を塞がれたものの、巧みなボールコーントロールによってシュートコースを作り出し、体をたたみ、右足を鋭く一閃した。その動作はしなやかで艶やかだったが、ボールの軌道も美しかった。ボールはゴールのファーサイドに導かれるように入っている。

 結局、このゴールが決勝点になった。負けたら自動降格の危険性もあった一戦。トーレスはその実力と度胸のよさを正念場で見せつけた。

 トーレスはここまでリーグ戦16試合出場で3得点目。入団以来、大きく注目された世界的ストライカーとしては決して満足のできる数字ではない。スペイン代表として欧州王者に輝き、W杯でも頂点に立った選手なのだ。

 この日も後半、決勝点を決める前にはオフサイドの判定に不満を覚え、足もとのボールをゴール裏の看板に向かってぶつけている。フラストレーションを抱えているのは明らかだった。

「いつも穏やかで落ち着いている」

 そう言われるトーレスらしくない取り乱し方だった。その胸中に迫るものは何なのか。

 試合後のミックスゾーンで、トーレスは20人近い記者たちに囲まれていた。英語の通訳を介して、質疑が続いた。ゴールを祝するのは当然だろう。しかし、そこに至る心理状態はどうだったのか。

 スペイン語で直接、質問をぶつけた。

――ゴールするまでの2、3本は、決定的シュートが完全に”当たって”いなかった。あなたのような選手でも、やはりプレッシャーを感じるものなのか?

 日本人の記者の質問に、一瞬、面食らったような表情を彼は浮かべた。日本では、シュートを外そうが入れようが、そこまで厳しい質問は浴びないのだろう。

「残留を争うというのは、自分にとって人生で最初の経験だから」

 彼は少し苦味のある笑みを洩らして言った。世界最高峰の欧州チャンピオンズリーグで優勝を争い、リーガ・エスパニョーラやプレミアリーグ、セリエAで覇権を争ったゴールゲッターの告白だ。

「このプレッシャーの感覚は、新しいものだよ。降格しないように戦うというのは、僕にとっても初めての経験なんだ」

 彼はそう言いながら、すでに余裕を取り戻していた。冷徹に物事を見極められる性格なのだろう。

「でも、そもそも全部のシュートを入れることはできないんだよ。それもフットボールの一部なのさ。(外したシュートも含めて)すべてが、チームを助けることになった重要なゴールにつながっているんだ」

 10月、鳥栖が降格圏の17位に転落すると、イタリア人のマッシモ・フィッカデンティ監督が解任され、U―18を率いていた金明輝監督に交代した。以来、4試合で3勝1引き分けと、その好転は結果に如実に表れている。

つづく

11/30(金) 6:21配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181130-00010000-sportiva-socc

今季のJ1は残留争いが熱すぎる!“史上最もハイレベル”な戦いを制するクラブは…? 

20181108-00858674-soccerk-000-1-view

J1残留争いは史上まれに見る大混戦。最も厳しい戦いを強いられるのは? 

20181102-00010001-goal-000-1-view

J2第39節夕 山口×栃木、熊本×岡山、大宮×京都、甲府×讃岐、愛媛×東京V 結果 


pcimage




1: 2018/10/28(日) 18:59:48.60 _USER9
山口 1-0 栃木
[得点者]
42'オナイウ 阿道(山口)PK

スタジアム:維新みらいふスタジアム
入場者数:6,333人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/102806/live/#live


熊本 0-0 岡山
[得点者]
なし
スタジアム:えがお健康スタジアム
入場者数:6,211人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/102810/live/#live


大宮 1-2 京都
[得点者]
4'レンゾ ロペス (京都)
10'カイオ    (京都)
31'大前 元紀  (大宮)PK

スタジアム:NACK5スタジアム大宮
入場者数:9,527人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/102802/live/#live


甲府 1-0 讃岐
[得点者]
83'森 晃太(甲府)

スタジアム:山梨中銀スタジアム
入場者数:7,633人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/102803/live/#live

愛媛 2-2 東京V
[得点者]
31'神谷 優太     (愛媛)
35'泉澤 仁      (東京V)
45+1'アラン ピニェイロ(東京V)
67'小池 純輝     (愛媛)
スタジアム:ニンジニアスタジアム
入場者数:3,594人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/102808/live/#live



J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

J1残留争い大混戦!戦力差小さく「一人負け」もなし!「昇格チームが簡単に負けなくなった」 

speed-800x512




1: 2018/10/26(金) 19:21:38.35 _USER9
 サッカーJ1は最終盤に入った。上位争いだけでなく、まれにみる大混戦の残留争いも注目される。Jリーグ設立から25年。各クラブが戦力を整え、群雄割拠の時代に入っていることが背景にある。【大島祥平】

 今季J1は17、18位がJ2に自動降格し、16位はJ2の3~6位のプレーオフ勝者と入れ替え戦を行う。

現在、初昇格の長崎が最下位の18位だが、勝ち点29は残留ライン15位の磐田の34まで5差と食らいついている。勝ち点33で17位の柏から、同39で10位のガ大阪までは2勝分の勝ち点6差内で8チームがひしめく団子状態だ。

 残留争いを激しくしている一因は「脱落チーム」がないことだ。J1が18チーム制となった2005年以降、最下位の平均年間勝ち点は19・3で、最多だった09年の千葉でも27だ。だが今季は長崎も既にそれを上回る。

 Jリーグの原博実副理事長が言う。「例年1チームは勝ち点10台に沈むが、今年は戦力差が小さく、長崎に絶対に勝てるチームもない。昇格チームが簡単に負けなくなったのも混戦の理由だ」

 J2はJ1経験のあるチームも増え、高いレベルでしのぎを削っている。だから長崎のように昇格初年度から戦いぶりが見劣りしない。復帰組も昨季J2の3位からJ1復帰した名古屋は序盤8連敗で最下位に沈んだが、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の長期中断期間も生かして夏の大型補強で7連勝と盛り返した。昨季J2優勝の湘南もルヴァン・カップで初の決勝進出を果たした。

 現行方式になった過去13年間の15位の平均年間勝ち点は36.7だが、今季は上回る可能性が高い。12月1日の最終節まで緊迫感のある残留争いが続きそうだ。

 ◆J1下位順位

順    勝 試  得

位    点 合  失

(10)ガ大阪 39 4 -7

(11)横浜マ 38 4  2

(12)神戸  37 4 -9

(13)湘南  36 5 -4

(14)名古屋 34 6 -5

(15)磐田  34 5 -12

……(残留ライン)……

(16)鳥栖  33 4 -7

(17)柏   33 4 -8

(18)長崎  29 4 -17

※試合は残り試合数。得失は得失点差。勝ち点が同じ場合は得失点差で順位が決まる。

毎日新聞 10/26(金) 19:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181026-00000074-mai-socc

J1残留争い大混戦 勝ち点9差に9チーム 下位猛追…苦しむ名門 

20180928_J

【大注目】J1リーグ見どころ~広島対東京、柏対鳥栖は正念場 

14b94c42-658b-e0e1-a8a8-40d76a8b9e10


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索