Samurai Goal

残留


スポンサード リンク





鳥栖残留決定も赤字転落、バルサ流失敗…苦難1年  

20191207-12070669-nksports-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/07(土) 19:54:42.99 ID:p3pSX++z9
<明治安田生命J1:清水1-0鳥栖>◇最終節◇7日◇アイスタ

サガン鳥栖が2年連続、最終戦でやっとJ1残留を決めた。清水に敗れ2連敗も、16位湘南が引き分けたため、勝ち点で並びながらも得失点差による15位で“他力残留”となった。

試合後、選手に笑顔があるはずもなく、元日本代表FW豊田陽平(34)は「負けて残留し、すごい複雑」とチームを代弁。
今季を振り返り「今年は(ルイス・カレーラス)新監督のもと、つまずいた部分があると思う。
来季は残留争いにならないようにしたい。来年(鳥栖に)いる、いないにかかわらず、みんなそう思っている」と再起を期した。

この日は、引き分け以上で自力残留を決められる条件だっただけに、金明輝監督(38)は「今まで積み上げたものを投げうってでも、勝つ、もしくは引き分けたかった」。
鬼気迫る思いで試合に臨んだが「勝ちにこだわり過ぎて、良さを半減させてしまった。
そこは反省している」と言い、攻守のバランスを欠いたことを悔いた。

それでも、一時は最下位から残留に導き「後ろに火がついた状況だったが、選手がひとつになってくれたのが唯一の救い」と安堵(あんど)の思いも吐露。

成績低迷のため昨季途中で解任されたフィッカデンティ監督の制約の多い守備重視の戦術から、今季は180度方針を転換した。
得点力アップを掲げ、元バルセロナのカレーラス新監督を招聘(しょうへい)し、ボール支配や攻撃で圧倒する“バルサ・サッカー”に活路を見いだした。

だが大幅なスタイル変更はチームにフィットせず、4連敗で1勝1分け7敗の最下位だった4月28日の湘南戦後に、またしても解任劇が起こった。

流れを好転させるため、昨季も途中から指揮をとったのに続き、金監督が“緊急再登板”。
劇的な変化は起こらず、結局また、残留争いに巻き込まれた。

苦しんだのは、チームだけではない。年間6億円の大口スポンサー契約を結んでいた、ユニホーム背中部分に掲出のサイゲームスが昨季限りで撤退。
18年度決算は、推定年俸8億円のトーレスや1億5000万円のFW金崎らよる人件費高騰や、フィッカデンティ監督解任の違約金がかさむなどして、4期ぶり約5億8000万円の赤字に転落した。
クラブにとっても試練の年だった。

ただ来季について、2年連続残留争いの経験や反省を踏まえ、竹原稔社長(58)は「地方クラブで財源がない中でやっており、反省はいっぱいある。
だがこの経験を生かして次はやっていかないといけない」としつつ、ビジョンについて「地方クラブとしてもう1度育成というクラブのキーワードを強化し、身の丈に合った経営をしていきたい」という。

巨費をつぎ込む大型補強に頼らない緊縮財政の方向で、竹原社長は、トップチームの編成については金監督の続投を問われ「そうです」と明かし来季も指揮を託す構え。
選手については「身の丈に合った予算の中でしてくれる選手と契約していかないといけない。若手も育てていく。
クラブとしては極端にシフトして行くでしょう」と語った。来季は、地方クラブの真価が試される年になりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12070669-nksports-socc
12/7(土) 19:01配信

札幌チャナティップ残留へ「来年もまだいます」「なんでみんな移籍するって思うの?」27試合4得点5アシスト   

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/04(水) 07:19:49.26 ID:4wQ1aVE/9
北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ(26)が3日、来季の残留を明言した。

札幌・宮の沢で最終節ホーム川崎F戦(7日、札幌ドーム)へ向けた練習に参加後、「来年もまだいます」と話した。
17年に来日し、今季から完全移籍したタイのスターは、札幌での4シーズン目を迎えることになる。

   ◇   ◇   ◇

チャナティップが来季も札幌でプレーする。
練習後、来季についての話題になると、間髪入れずにきっぱり言い切った。
「来年もまだいます」。そして不思議そうな顔で逆質問した。「なんでみんな移籍するって思うの?」。
サポーターなど周囲から届く移籍を心配する声を一蹴。三上大勝GM(48)も「今のところ基本的にはいる方向」と話した。

17年夏にタイ・ムアントンから期限付き移籍で加入した。
昨季は第2節C大阪戦でのJリーグ初ゴールを皮切りに、30試合8得点でチームの要として活躍。
Jリーグベストイレブンに選出された。今年2月から完全移籍で札幌の一員となっり、今季も前線の1人としてチームに欠かせない存在となっている。

クラブからは長期的な戦力として期待されているため、残留は既定路線。だが、海外クラブからのオファーがあれば、条件や交渉次第で移籍の可能性もある。
今季は欧州やアジアのクラブからのオファーの情報が、インターネットを中心に浮上することもあった。
同GMは「メディアで見たことはあるけど、こちらには話は来ていない」と、飛び交ううわさを否定した。

チャナティップは来季のためにも、今季の締めくくりが重要と理解する。
最終節の相手、川崎Fにはルヴァン杯決勝でPK戦の末に敗れた。
「リベンジしたい。今年最後の試合だし、勝たないと」。3度目の冬、借りを返して、札幌での4シーズン目となる来季に臨む。【保坂果那】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-12030766-nksports-socc
12/4(水) 0:00配信

no title

no title

鳥栖豊田(34)「いろんなものが交錯する一戦」 残留懸かるホーム最終戦 24試合4得点(1PK)   

20191127-00010015-nishispo-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/27(水) 14:49:29.85 ID:kukzF07p9
J1サガン鳥栖は、30日の今季ホーム最終戦、札幌戦に勝てば、他チームの結果に関係なく残留が決まる。
在籍10シーズン目のFW豊田陽平(34)は「ホームはラスト。1年間の集大成にしたい」と意気込みを示した。

鳥栖は前節の名古屋戦に勝てば残留確定の可能性があったが、0-0で引き分けた。
現在14位で、J1参入プレーオフ圏の16位湘南とは勝ち点4差。17位松本とは同6差だが、最終節で湘南と松本が直接対決するため、鳥栖の自動降格の可能性はなくなった。
豊田は「(名古屋戦は)もったいないゲーム。自分たちの実力、立ち位置を過信せずに最終戦に向かいたい」と気を引き締める。

8位の札幌には6月のアウェーでの対戦で前半にセットプレーから2失点を喫して1-3で敗れた。
金明輝監督はセットプレーを警戒ポイントに挙げながら「選手は勝つ気持ちを前面に押し出し、練習もモチベーション高くやってくれている。必ず勝つと思う」と自信を見せた。

佐賀県鳥栖市内での26日の公開練習では、ゲーム形式の練習などで汗を流した。今季残り2試合となり、残留争いでの重圧もある。
「いろんなものが交錯する一戦になると思うが、その中で冷静にやるべきことをやらないといけない」と豊田は次戦の勝利だけを見据えた。 (広田亜貴子)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00010015-nishispo-socc
11/27(水) 12:22配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1
順位表

磐田、J1残留に望みをつなぐ執念の勝利! 後半ATのPKが決勝弾…敵地で札幌を下す  

20191123-00230805-soccermzw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/23(土) 16:38:37.48 ID:dE17WtJF9
終盤に同点とされながら、アディショナルタイムにMF荒木大吾が決勝弾

J1最下位のジュビロ磐田は23日、リーグ戦第32節コンサドーレ札幌戦に敵地で臨み、2-1で勝利を収めた。この結果、磐田は今節での降格決定を回避。残留に向けて望みをつないでいる。

 磐田は前節終了時点で勝ち点25の最下位。J1参入プレーオフ出場圏の16位湘南ベルマーレとは「6」の差が開いており、残り3試合での逆転残留に向けて何としても勝ち点3が欲しい状況だった。

 そんななか、立ち上がりからホームの札幌にボールを持たれる展開となる。前半21分には左サイドを突破され、MF白井康介のクロスに合わせた日本代表FW鈴木武蔵にフリーでヘディングシュートを放たれたものの、これは枠の上に外れた。

 紙一重で失点を免れた磐田は、同26分にチャンス。右サイドを駆け上がったMF松本昌也がグラウンダーのクロスを入れると、中央でMF藤川虎太朗がわずかに触れたボールをファーサイドでMFアダイウトンが押し込む。劣勢を耐え凌いだ磐田が、先制に成功した。

 ホームで負けられない札幌も、後半開始から日本代表MF菅大輝に代えてMFルーカス・フェルナンデス、さらに同14分には元イングランド代表FWジェイも投入するなど、攻勢を強めていく。同24分にはペナルティーエリア内でボールを受けた鈴木が右足で鋭いシュートを放ったが、これは枠を捉えられなかった。

 1点リードのまま終盤に入った磐田は、全員が自陣に引いて体を張った守備を実行。ジェイや鈴木の迫力にタイ代表FWチャナティップの突破力が加わる札幌の攻撃に手を焼きつつも耐えていたが、アディショナルタイムが見えてきた後半43分に同点とされてしまう。札幌の左CKをDF福森晃斗が蹴ると、中央で合わせたのはMFが深井一希。ヘディングシュートがGK八田直樹を破り、土壇場でスコアは1-1となった。

 その後は互いに勝利を目指して攻め合う展開となり、5分間のアディショナルタイムに突入。オープンな展開となりながらもドロ―かと思われた後半アディショナルタイム7分に“ドラマ”が生まれる。カウンターからペナルティーエリア内でボールを受けた途中出場の磐田MF荒木大吾がDFに倒され、PKを獲得。これを荒木が自ら蹴り込み、最後の最後で磐田が2-1の勝利をつかみ取った。

 磐田の命運は他会場の結果次第となったなか、勝ち点30の17位松本山雅FCは横浜F・マリノスに0-1で敗れた一方、勝ち点31の湘南は首位のFC東京と1-1の引き分け。この結果、磐田は残り2試合に残留の可能性を残した。磐田は次節、ホームで名古屋グランパスとの一戦を迎える。

11/23(土) 16:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00230805-soccermzw-socc

順位表
https://www.nikkansports.com/m/soccer/jleague/j1/data/standings/

試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/score/2019/2019110203.html

ジダン、久保建英の残留を熱望! 「残ることを期待している。大切で、レアル・マドリーの未来なんだ」 

20190816-00010028-goal-000-2-view[1]

C大阪・柿谷曜一朗、残留決断の心境吐露「試合に出られない状況は自分に責任」 

20190718-00000058-dal-000-3-view[2]

ベイル、レアル残留へ。代理人がプレシーズン参加を明言  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/02(火) 22:11:22.01 ID:GWefSx/d9
7/2(火) 21:00配信
ベイル、レアル残留へ。代理人がプレシーズン参加を明言

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが同クラブに残留し、プレシーズンを戦うチームに帯同することになりそうだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の2日に報じた。


 2013年9月からレアルに在籍するベイル。これまでリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇など、様々なタイトル獲得に貢献してきた。昨季も公式戦42試合に出場し14得点6アシストを記録している。途中出場からゴールを決めるなど、少ないプレー時間で印象的な活躍を見せることもあるベイルだが、怪我の多さはレアルを悩ませている。

 そんなベイルにはマンチェスター・ユナイテッドやインテル、バイエルンやトッテナムなども興味を示している。インテルはベイル獲得に向け、レアルと交渉を行っていると報じられていた。だがベイルに移籍の意思はなく、同クラブ残留を希望している。

 さらに、ベイルの代理人が米メディア『ESPN』のインタビューで「ベイルはレアルを去ることを考えていない。来週から始まるプレシーズンへ向けて、準備を進めている」と話した。

 プレシーズン参加でレアル残留となるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00329081-footballc-socc
no title

仙台 西川社長、開幕5戦未勝利も「十分回復できる」渡辺監督と選手らの一体感評価  

20190404-00000000-sph-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/04(木) 07:15:05.74 ID:x6zTDTf89
J1ベガルタ仙台の取締役会が3日、仙台市内で行われた。25日の定時株主総会をもって任期満了で退任する西川善久社長(70)の後任に、宮城テレビで常務取締役、顧問などを務めた菊池秀逸専務取締役(66)が就くことが内定した。

西川社長は「J1上位で定着するところまでいけなかったのは力足らず。申し訳なかった。
市民クラブとしてJ2、J3の希望の星となれるようにJ1の上位に定着できるクラブになって欲しい」と話した。

トップチームは今季リーグ戦5試合未勝利(1分け4敗)で4連敗中と苦しんでいる。
開幕からの不振は公式戦8戦勝ち無し(リーグ戦は2分け4敗)だった14年以来。当時、アーノルド元監督(現オーストラリア代表監督)は途中退任した。
西川社長は「当時とは状況が違う。
選手が(アーノルド元監督の)サッカーになじめず、修復できなかったからクラブが退任の方向へ動いたが、現時点で渡辺監督と選手、スタッフの関係性、一体感はある。
今までの監督の粘りのサッカーを見れば、十分回復できる」と、渡辺晋監督(45)への信頼を口にした。

チームは6日の鳥栖戦へ向けて連日の非公開練習で巻き返しの準備を進めている。
まずは1勝、そこからはい上がる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00000000-sph-socc
4/4(木) 6:08配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索