Samurai Goal

死の組


スポンサード リンク





<U-17日本代表>“死の組”首位突破で海外メディアは衝撃! 「アフリカ人を驚かせた」  

1: Egg ★ 2019/11/03(日) 22:10:46.29 ID:mi1ORqs29
セネガル戦で途中出場のエース西川が決勝弾

 U-17ワールドカップ(W杯)がブラジルで開催され、日本代表は現地時間2日に第3戦セネガル戦で1-0の勝利を収め、グループ首位通過を決めた。

 第2戦アメリカ戦(0-0)から先発5人を入れ替え、後半途中出場した来季セレッソ大阪加入が内定しているFW西川潤(桐光学園)が決勝弾をマーク。アフリカの強豪を下し、スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」は「アフリカ人を驚かせた」と伝えている。

 森山佳郎監督率いる日本は、“死の組”と言われる厳しいD組で奮闘。初戦は欧州予選を制覇した優勝候補のオランダを来季湘南ベルマーレ加入が内定しているFW若月大和(桐生第一高)が2得点、エースの背番号10西川が1ゴール2アシストして3-0で撃破した。第2戦のアメリカ戦は0-0のドロー。セネガル戦開始前に他グループの結果から決勝トーナメント進出が決まっていた日本は、勝ち点4の2位で首位突破をかけてこの日の一戦を迎えた。

 先発5人を変更し、今大会で躍動している若月、西川の2トップコンビはベンチスタート。一進一退のゲーム展開で互いに好機を演出しながらも決め切れず。後半途中から西川、若月が途中出場してから、決定機を連続して作り出した。すると後半38分、左サイドでDFラインの裏に抜け出した西川が、得意の左足でニアサイドに決めて先制。エースが勝利へと導いた。

 スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」は「試合終了まであと7分、日本はアフリカ人を驚かせ、首位通過を奪った」と、最後に見せた森山ジャパンの“意地”に衝撃を受けたようだ。

 これで日本代表は、A代表の中心となる南野拓実(ザルツブルク)や中島翔哉(ポルト)が出場した11年メキシコ大会(ベスト8)、東京五輪世代の中心MF三好康児(アントワープ)が参加した13年UAE大会(ベスト16)、MF久保建英(マジョルカ)が臨んだ17年インド大会と出場した4大会連続でグループリーグを突破が決定。“死の組”を無敗、無失点の2勝1分で通過した森山ジャパンは最高成績の8強超えを目指して突き進んでいく。(Football ZONE web編集部)

2019年11月3日 15時45分 フットボールゾーン
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17328176/

写真
no title


動画https://www.football-zone.net/archives/226950/2

アジアカップ、最新FIFAランキングから見る“死のグループ”はどこ? 

20190108-00889046-soccerk-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索